アメリカ it 企業。 世界のユニコーン企業ランキング【2020】

アメリカの優良企業30社からなる、「ダウ工業株30種平均」

アメリカ it 企業

アメリカ成長株:エンダバ Endava の概要 エンダバ Endava PLC ティーカーコード:DAVA 上場市場:NYSE(ニューヨーク証券取引所) 業績についてのリンク イギリスのロンドンに本社を置くITサービス企業です。 デジタル化、アジャイル化、オートメーション化の3つのIT変革を活動の主軸としています。 2006年に設立され、2018年7月にニューヨーク証券取引所に上場しました。 2019年度の売上は2億8793万ドル、従業員は約5700名です。 デジタル化とはデジタルトランスフォーメーション(DX)とも呼ばれ、IT技術を人々の生活に浸透させることで生活をよりよいものに革新するという概念です。 エンダバがこのデジタル化を行う一つの領域として、モノとインターネットをつなぎ情報連携を行うことで相互に制御するIoTがあります。 インターネットを通じて遠隔操作が可能なスマート家電といった家電が販売されていますが、これもIoTの一つになります。 エンダバではクライアント向けにこのIoTや様々な技術を生かしたアプリケーションの開発を行うことで、生活にITを浸透させ世の中をより便利にすることに貢献しています。 次にアジャイル化についてです。 アジャイル(agile)とは「機敏な」「すばやい」というような意味があり、とりわけITの側面では、システム開発において初めから100%の完成度を目指すのではなく、開発サイクルを短期間で何度も回して次第に全体の完成度を高めていくという開発手法を指す用語になります。 消費者のニーズは取り巻く環境に伴い常に変化していくため、ビジネスにおいてはその変化に追従して競合他社よりも迅速に価値提供を行う必要があります。 そのためエンダバではアジャイル開発を採用して迅速にITサービスを開発するほか、エンダバが独自に持つアジャイルフレームワークにより、コンサルティングとしてクライアント内部にもこのアジャイル開発を導入するサポートを行っています。 最後にオートメーション化です。 オートメーションはその意味のまま自動化を差し、エンダバではソフトウェアのテストといったITプロセスや日々の定型的な事務作業のような業務プロセスなど、ビジネスに関わるあらゆるプロセスの自動化を行います。 その中でもエンダバが得意とするのはソフトウェアテストの自動化です。 ソフトウェア開発において、テストは開発そのもの以上に期間や人員を割く工程です。 そのためテスト自動化のためのシステムを導入することで、テストにかかる負担を大幅に削減することができます。 また自社のサービスが正常に動作しているか、最新のシステムアップデートにより既存機能に障害が起きていないかを自動でチェックすることにより、サービスを安定して提供できるようになることや、障害が起きた際も社内で迅速に察知することで被害を最小限に留められるようになります。 上記ではデジタル化、アジャイル化、オートメーション化の3つのIT変革を軸にエンダバを紹介しましたが、これら技術を生かしたITサービスを提供する業界は金融、保険、小売など多岐に渡ります。 また支社もヨーロッパおよびアメリカを中心にグローバル展開を行っていますが、2019年11月、エンダバはルーマニアの最高業績企業2019年のランキングにおいて2位の獲得や、同月にドイツおよびスコットランドのITサービス業の2社の買収を行うなどニュースは絶えず、近年益々勢力を伸ばしています。 世界中のクライアントで実施した顧客満足度調査でも満足度88%という高い評価を得ており、世界中が今後も同社の活躍に期待しているでしょう。 会社ウェブサイト.

次の

海外の会社情報の調べ方

アメリカ it 企業

アメリカ成長株:エンダバ Endava の概要 エンダバ Endava PLC ティーカーコード:DAVA 上場市場:NYSE(ニューヨーク証券取引所) 業績についてのリンク イギリスのロンドンに本社を置くITサービス企業です。 デジタル化、アジャイル化、オートメーション化の3つのIT変革を活動の主軸としています。 2006年に設立され、2018年7月にニューヨーク証券取引所に上場しました。 2019年度の売上は2億8793万ドル、従業員は約5700名です。 デジタル化とはデジタルトランスフォーメーション(DX)とも呼ばれ、IT技術を人々の生活に浸透させることで生活をよりよいものに革新するという概念です。 エンダバがこのデジタル化を行う一つの領域として、モノとインターネットをつなぎ情報連携を行うことで相互に制御するIoTがあります。 インターネットを通じて遠隔操作が可能なスマート家電といった家電が販売されていますが、これもIoTの一つになります。 エンダバではクライアント向けにこのIoTや様々な技術を生かしたアプリケーションの開発を行うことで、生活にITを浸透させ世の中をより便利にすることに貢献しています。 次にアジャイル化についてです。 アジャイル(agile)とは「機敏な」「すばやい」というような意味があり、とりわけITの側面では、システム開発において初めから100%の完成度を目指すのではなく、開発サイクルを短期間で何度も回して次第に全体の完成度を高めていくという開発手法を指す用語になります。 消費者のニーズは取り巻く環境に伴い常に変化していくため、ビジネスにおいてはその変化に追従して競合他社よりも迅速に価値提供を行う必要があります。 そのためエンダバではアジャイル開発を採用して迅速にITサービスを開発するほか、エンダバが独自に持つアジャイルフレームワークにより、コンサルティングとしてクライアント内部にもこのアジャイル開発を導入するサポートを行っています。 最後にオートメーション化です。 オートメーションはその意味のまま自動化を差し、エンダバではソフトウェアのテストといったITプロセスや日々の定型的な事務作業のような業務プロセスなど、ビジネスに関わるあらゆるプロセスの自動化を行います。 その中でもエンダバが得意とするのはソフトウェアテストの自動化です。 ソフトウェア開発において、テストは開発そのもの以上に期間や人員を割く工程です。 そのためテスト自動化のためのシステムを導入することで、テストにかかる負担を大幅に削減することができます。 また自社のサービスが正常に動作しているか、最新のシステムアップデートにより既存機能に障害が起きていないかを自動でチェックすることにより、サービスを安定して提供できるようになることや、障害が起きた際も社内で迅速に察知することで被害を最小限に留められるようになります。 上記ではデジタル化、アジャイル化、オートメーション化の3つのIT変革を軸にエンダバを紹介しましたが、これら技術を生かしたITサービスを提供する業界は金融、保険、小売など多岐に渡ります。 また支社もヨーロッパおよびアメリカを中心にグローバル展開を行っていますが、2019年11月、エンダバはルーマニアの最高業績企業2019年のランキングにおいて2位の獲得や、同月にドイツおよびスコットランドのITサービス業の2社の買収を行うなどニュースは絶えず、近年益々勢力を伸ばしています。 世界中のクライアントで実施した顧客満足度調査でも満足度88%という高い評価を得ており、世界中が今後も同社の活躍に期待しているでしょう。 会社ウェブサイト.

次の

ITバブルとはなんだったのか?崩壊の原因と日本のIT株への影響

アメリカ it 企業

アメリカの優良企業30社からなる、「ダウ工業株30種平均」。 各企業の分析を見れるページを作りました。 ダウ工業株30種平均の企業ランキング 2019年2月時点の、ダウ工業株平均の採用銘柄30種を、時価総額順に並べています。 6億 1. 9億 1. 8億 2. 7億 3. 7億 4. 4億 0. 3億 2. 3億 1. 2億 3. 3億 2. 9億 3. 5億 2. 9億 4. 8億 2. 22 $2213. 4億 2. 8億 2. 3億 3. 9億 2. 6億 1. 8億 2. 4億 1. 6億 4. 9億 2. 8億 2. 6億 2. 9億 1. 3億 2. 3億 1. 2億 2. 2億 2. 時価総額でいくと、マイクロソフト【MSFT】とアップル【AAPL】が8,000億ドル超えと、飛び抜けています。 大企業が名を連ねている、ダウ工業株30種ですね。 43 ボーイング【BA】が、ダントツの株価となっています。 44です。 配当利回りTOP5 1位 : アイ・ビー・エム【IBM】 4. 株価推移 30年 過去30年間の、株価の推移になります。 30年間で、11. 2倍になっています。 もし、100万円投資していれば、30年間で1,120万になっていると考えると、かなりの破壊力を持った資産運用になります。 ただ、1999~2007年までの8年間は、株価がほぼ上昇していなかったり、リーマンショック時の6,000ドル超えの下落など、苦しい時期もありました。 そういった中での大きな上昇を取り込める長期投資が、資産を大きく増やす為には必要となりそうです。 10年 続いて、過去10年間の株価の推移がこちら 3倍の上昇と、きれいに右肩上がりに株価が上がり続けた10年間でした。 2009年に投資を開始できた方は、資産を大きく増やせた時期となりました。 ちなみに、2018年に資産運用を開始した、しまじとしては苦しい時期が続いています。 次の株価上昇時期まで、継続して資金を増やし、大きく資産を増えるのを気長に待ちます。 採用年数TOP5 最後に、採用年数が長い企業TOP5を見てみましょう。 長ければ長いほど、信頼感は抜群です。 1位 : エクソン・モービル【XOM】 91年間 2位 : プロクター・アンド・ギャンブル【PG】 87年間 3位 : ユナイテッド・テクノロジーズ【UTX】 80年間 4位 : スリーエム【MMM】 43年間 5位 : メルク【MRK】 40年間 5位 : アイ・ビー・エム【IBM】 40年間 80年以上、採用され続けている企業が3社。 3位と4位で40年の差が開いています。 110年以上に渡り採用され続けていた、ゼネラル・エレクトリック【GE】が2018年6月に、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス【WBA】に入れ替わったこともあり、長きに渡り、優良企業として業績を上げ続ける事の難しさが反映されています。 まとめ ダウ工業株30種平均について、各企業の株価推移と企業分析へ飛べる、まとめページでした。 初めに書いた、アップル【AAPL】と、最近書いたシェブロン【CVX】の見やすさの違いも、なかなか面白いくもあります。

次の