ガク アジサイ。 アジサイの種類と人気品種、上手な育て方と剪定のしかた、さらに花言葉まで詳しくご紹介!

【ガクアジサイ(額紫陽花)とは?】花言葉や種類は?

ガク アジサイ

「スポンサーリンク」 アジサイの種類と名前 このメモを書き始めて・・・はっきり言って後悔しました。 アジサイの種類って本当に本当に多い・・・多いどころか無限にあるし、色も形も本当に様々。 「ピンクです」といっても、その後紫に変わったり、緑に変わったりもします。 厄介なのは土のphによって色が変わってしまうこと。 それはアジサイの最も大きな魅力の一つなのですが、「これはなんという品種だろう?」と探している人は混乱してしまうかもしれません。 突然変異や先祖返りといって原種の花が突然現れることも多々あるのだとか。 このように本当に自由で移ろいやすい花、アジサイではありますが、そんな中にもどんな種類があるのか、ちょっと追ってみましょう。 アジサイの咲き方 アジサイは、花のつき方に以下のようにたくさんの種類があります。 小さな粒のような花の周りに装飾花が咲くタイプ。 総称「ガクアジサイ」と呼ばれます。 ガクアジサイを観賞用に改良したもので、以下では「ホンアジサイ」と呼びます。 花弁が内側に巻き込んでいて、独特の表情をつくります。 カシワバアジサイを代表に、ピラミッドアジサイなど沢山の種類があります。 そして装飾花の萼の色や形にも以下の種類があります。 ———————— ここから先は色別にアジサイの品種名を並べてみました。 お断りしておきますが、とても全品種はあげられませんでした。 「どこどこ農園の誰々さんが開発した新種です」なんてのが、たっくさんあるんですから。 囧でも、あなたの探しているアジサイの特徴に近いものを選び、画像検索をしてみたら、ひょっとして見つかるかもしれません。 萼がピンとしたシンプルな形) ・夏の雪(ガクアジサイ・八重・八重の花びらが綺麗に重ならずに広がる・萼はオーバル型) ・隅田の花火(ガクアジサイ・八重・大玉の花火がさいたように装飾花が広がる) ・おてもやん(ガクアジサイ・一重・たっぷりと大きな白い萼) ・フイリガクアジサイ(ガクアジサイ・一重・葉を白い斑が縁取る) ・ホワイトレオン(ホンアジサイ・一重・フリル状に広がる萼は縁取りだけ細く紫色が彩る) 赤 ・ロシタ(ホンアジサイ・一重) ・ロイヒトフフォイエル(ホンアジサイ・一重) ・レディスインレッド(ホンアジサイ・一重) ・レディサチコ(ガクアジサイ・一重) ・ムーブ(ガクアジサイ・一重) ・カルメン(ホンアジサイ・一重・萼は四角のような形状) ピンク ・ルビーレッドボール(ホンアジサイ・一重・ビビットなピンク色とシンプルな形状) ・シンシア(ホンアジサイ・八重・洋服の襟のようにふわふわした形。 一つひとつがベゴニアに似ている) ・ピンクアナベル(ホンアジサイ・一重・装飾花の一つ一つが大変細かい) ・レンベル(ガクアジサイ・一重・白に近いピンク) ・モモイロアジサイ(ガクアジサイ・一重) ・ミセスクミコ(ホンアジサイ・一重) ・ミヤマヤエ(変形・八重・ピンクベージュ、紫色になることも) ・マダムブルムコック(ホンアジサイ・一重。 萼の外側が洋服の襟のようにふわふわした形) ・伊予獅子手毬(テマリ状ヤマアジサイ・小さくこんもりとしたパステルピンク) ・ベニヤマアジサイ(ヤマアジサイ・一重) ・ベニガクアジサイ(ガクアジサイ・一重・萼の先端が少しギザギザしている) ・ベニテマリ(ホンアジサイ・一重・白をベースに染めたようにピンクが入る) ・プレジオサ(ホンアジサイ・一重・丸っこい大きな萼が所狭しと広がる) ・フランビュー(ホンアジサイ・一重・濃いピンク) ・ティンカーベル(ガクアジサイ・八重・細めの額が白から中央に向けてピンク、幾十にもなっている) ・モナリザ(ホンアジサイ・一重・先端がギザギザしている) ・ダンスパーティ(ガクアジサイ・八重・オーバル型細めの萼。 小柄な装飾花が四方に飛び散るようにして沢山つく。 プレゼントによく使われる) ・ピンクマナスル(ホンアジサイ・八重・丸みを帯びた、緞子ばりやボタンがついたような装飾花。 ) ・ピーチ姫(ホンアジサイ・一重・やや原始種的。 オタフクアジサイに近い。 小柄な装飾花) ・筑紫(つくし)ルビー(ホンアジサイ・八重・小さくて丸い萼が幾重にもなる。 一つの装飾花がバラのようにも見える。 プレゼントによく使われる) ・チボリ(ホンアジサイ・一重・鮮やかなピンクの萼に白い縁のバイカラー) 紫 ・ロートロッセル(ガクアジサイ・一重) ・夏まつり(ガクアジサイ・一重・ハナミズキに似た形状) ・ユキノシタ(ホンアジサイ・一重・びらびらと踊躍のついた大きな萼が特徴) ・ミヤマヤエムラサキ(ガクアジサイ・八重) ・マキヒメアジサイ(ホンアジサイ・一重) ・紫式部(ガクアジサイ・一重・白に縁取られた紫色の萼。 先端は少しギザギザしている) 「スポンサーリンク」 青 ・エンドレスサマー(ホンアジサイ・一重・装飾花の大きさは中ぐらい。 公園などでよくみられる品種。 スタンダードな形状) ・藍姫(ヤマアジサイ・一重・花全体が小柄で色が濃い) ・ヤエアマチャ(ガクアジサイ・一重・白に近い青) ・モスリーン(ホンアジサイ・一重・白に近い青) ・ミス・ヘップバーン(ホンアジサイ・一重・萼同士が覆いかぶさるようにして咲く) ・ブルースカイ(ガクアジサイ・一重・萼は先端に向かって細くなる) ・ブルーラグーン(ホンアジサイ・一重・萼が大きく先端に向かって細くなる。 淡い青から濃い青へ変色する) ・てまりてまりブルー(ホンアジサイ・八重・小柄な装飾花がぎっしりと詰まったまんまるなテマリ状の花をかたちづくる) ・ドリップブルー(ホンアジサイ) ・三河千鳥(オタフクアジサイ系・一重) ・ヒメアジサイ(ホンアジサイ・一重・公園などでみられる一般的な品種一つの装飾花が大きくボリュームがある) ・コンペイトウ(ガクアジサイ・八重・青い萼は外に向かって白くなる。 先端が尖っている) ・ヒミコ(ホンアジサイ・八重・ホンアジサイだが中央の花が小さく、ガクアジサイの名残が感じられる。 小さい装飾花ながら花びらが多くボリュームがある) ・雨に唄えば(ガクアジサイ・八重・肉厚で幾重にもなった萼の装飾花が散るように四方へ広がる) 緑 ・ファーストレッド(ホンアジサイ・一重・緑色と赤のグラデーション。 秋色アジサイ) ・ロイヤルグリーン(ホンアジサイ・一重・緑から赤に色が変わる。 緑と赤がかなりコントラストの強い花をつける) ・グリーンシャドウ(ホンアジサイ・一重・咲き始めが緑、のちピンクや紫。 秋色アジサイ) 【サイズ】 小さい ・六甲ヤエテマリ(ホンアジサイ・一重・白に近い淡いピンク) ・マイコアジサイ(ホンアジサイ・一重・白に近い淡いピンク) ・ベニバナアマチャ(ヤマアジサイ・一重で花全体の密度が少ない・やや複雑な色。 ピンク・白・青) 【長い・円錐形】 ・ピラミッドアジサイ ・カシワバアジサイ 「スポンサーリンク」 アジサイの種類の一種ガクアジサイとは ガクアジサイとは、前述の通り花の周りを装飾花が彩る、アジサイの咲き方の種類のことです。 アジサイの一種であることに間違いはないのですが、歴史を追うと、こちらのガクアジサイが今一般的なアジサイの原種、ホンアジサイがヨーロッパでその後品種改良して現れた新種、という流れです。 日本にファンの多い、ヤマアジサイもガクアジサイです。 素朴ながら発色の良い花をさかせたりもするなど、独特の魅力を持ちます。 また、ガクアジサイの中でも装飾花のつき方が様々で、花の周りにすぐ装飾花をつけるものや、打ち上げ花火が散った様子のように花から離れて装飾花をつけるものもあります。 後者は華やかさが一層増すため、プレゼントによく用いられる「ダンスパーティ」などが代表的です。 アジサイの種類で人気な品種はどれ? プレゼントに人気のアジサイ 近頃は母の日に贈る花としても定着してきた紫陽花は、品種改良が進んで色も花の形も(こてこての)奇抜なデザインになってきており、どんどん新しい品種も出てきています。 色形共に華やかなものが大変人気です。 「ダンスパーティ」 「ダンスパーティ」は、ガクアジサイの一種で、花部分は比較的大人しく、それを覆いかぶさるようにシンプルな八重咲きの装飾花が咲きます。 花と装飾花が前後に層を成すので立体感に富み、その名の通りダンスパーティでドレスをきたダンサーが輝いているように見えます。 色もピンクが主流ですが白や青なども展開されています。 「フェアリー」 「フェアリー」もピンク、青、紫などいろんな色が作られています。 八重咲きの装飾花がボリュームタップリのホンアジサイです。 浅くギザギザが切り込まれたような萼が放射状に綺麗に広がり、満開になると木が見えなくなるほどの大きなテマリになります。 発色も良く、時間と共に色変わりが楽しめるタイプもあります。 地植えに人気のアジサイ お庭を彩る地植えには、鉢植えでギフトのようにきらびやかなものよりも、もう一段と落ち着いた色の花が人気です。 「アナベル」 ヨーロッパの民家のアプローチなどで大輪の花を咲かせているホンアジサイの「アナベル」。 色は真っ白で形状もシンプルさが人気です。 特徴は何よりその大きさで、大きいものでは直径30センチ近いものも咲きます。 緑がかったり、ピンクのアナベルなどもあり、切り花やドライフラワーとしても人気です。 「カシワバアジサイ」 こちらもシンプルな白〜緑がかったシンプルな色の花をつけますが、その特徴はぐっと下に花を垂らすこと。 まんまるではなく細長い形状で、満開時の迫力は素晴らしいものです。 カシワバアジサイにもピンクの品種があり、色を混ぜて植えたり単色で植えてもかっこいい庭が出来上がります 「ヤマアジサイ」 育て方がちょっと難しいヤマアジサイも実に沢山の品種があり、手塩に育てた分花の魅力もひとしお。 ボリュームい派手さはなくても鮮やかな発色やプリミティブな形状は日本の庭にもよく合います。 人気が高くお庭でコレクションしている人も多いようです。 もちろん白ばかりでなく、公園などでも馴染みのある水色やピンクの「ヒメアジサイ」などのベーシックな品種から「小町」「隅田の花火」などアイキャッチにもなるビビットな色の品種まで、お庭に合わせた幅広いコーディネートを楽しまれています。 アジサイの種類と名前まとめ 種類豊かなアジサイは探せば探すほど、美しい品種ばかりでどっぷりはまってしまいそうです。 土壌や季節によっても常に色を変化させるアジサイは、飽きることなく私たちを楽しませてくれます。 私がここにご紹介できたのはほんの一部ですが、お手元のアジサイの品種が一体なにか見つけ出すきっかけの一つになったら幸いです。

次の

樹木シリーズ36 アジサイ 、ガクアジサイ、ヤマアジサイ

ガク アジサイ

カシワバアジサイとは• 基本情報• 特徴 カシワバアジサイは、北アメリカ東部原産のの仲間(アジサイ属)です。 アジサイ属の野生種は、アジア東部と南アメリカに約30種が分布しています。 いずれの種類も木本ですが、低木から亜高木、つる性と変化に富んでいます。 育てやすく、花の少ない初夏に開花し、花も美しいために世界で広く栽培されますが、品種改良では、日本原産のガクアジサイとその品種のアジサイ、が重要な役割を果たしてきました。 そのほかにも、日本には、ツルアジサイ、タマアジサイ、、コアジサイやガクウツギなどが自生し、栽培もされます。 これらのアジサイに加えて、近年は北アメリカ原産で、育てやすく、花の美しい園芸品種が導入されています。 カシワに似た形の5~7つに深く裂けた葉、円錐形の花房が特徴的なのが、カシワバアジサイです。 花だけではなく、秋の紅葉も美しく、長期間観賞できるアジサイです。 栽培も容易で、特別な管理も必要なく、一般のアジサイと同じように栽培できます。

次の

樹木図鑑(ガクアジサイ)

ガク アジサイ

ガクアジサイは、 額紫陽花と書くこともあり、 周りの花のような部分で、 真ん中の花を、まるで 額縁(がくぶち)のように囲っていることから、 このような名前がついたようです。 大きい花びらを持った 周りの花のような部分についてですが、 実はこれは花では無く、 萼(ガク)の位置づけになります。 ガクアジサイの 花のような見た目を持つガクの位置づけになる部分は、 装飾花(そうしょくか)と呼ばれ、雄しべや雌しべはありません。 ガクアジサイの場合、真ん中の小さな花の部分が、 雄しべと雌しべをもつ本来の花( 両性花)になります。 装飾花は、目立つことで 本来の花の部分に 昆虫(受粉を助ける)を誘引するためにあり、 スイカズラ科のヤブデマリという花もこのような構造を持っています。 では、一般的なあじさいは…? 一般的なあじさいについて 一般的なアジサイ(西洋あじさい)といえば、 花がびっしり集まって咲いている、 下のイラストのような花を想像するかと思います。 ガクアジサイでいう、 装飾花が集まっている形をしていますね。 一般的なアジサイであっても、 その 花のように見える部分は 装飾花で、 雄しべや雌しべはほとんどありません。 それ故、種ができることはほとんどなく、 枝を切り取って行う 挿し木や 根から切り分ける 株分けという方法で増やして行きます。 なんだかわりと人為的な方法で繁殖しているようですが、 その理由は、 この一般的なアジサイ(西洋あじさい)が、 ガクアジサイの 品種改良の過程で出来た品種であるからでしょう。 まとめ つまり、ガクアジサイとアジサイの違いは、 その花の構造が違うと言って良いかと思います。 茎に対する花の付き方・配列を 花序(かじょ)と言うのですが、.

次の