行政書士 予備校 おすすめ。 【注意】行政書士の資格取得に学校・予備校はおすすめしない理由

行政書士通信講座を合格者がおすすめ!【比較ランキング・目的別・学習スタイル別】

行政書士 予備校 おすすめ

司法試験、司法書士試験、行政書士試験など多くの資格試験の受験を経験してきましたが、法律系資格に合格するためには、マスターすべき項目がハッキリしています。 「それらを全てマスターできれば合格、できなければ不合格」、資格試験に合格することは、実はとてもシンプルなロジックなのです。 でも一般の資格スクールのカリキュラム体系では、経済的な理由でカリキュラムを全て受講できない受講生もでてきます。 どの資格スクールであっても、「用意しているカリキュラムを全てマスターすれば必ず合格できる」のですが、全てのカリキュラムを継続的に受講するには、多額の受講料を用意する必要があり、しかも、受験に失敗した場合は、翌年も同様に大きな負担を強いられることになります。 こうした従来の体系では、受験生はいつまでたっても、マスターできていない論点を継続的に克服していく「シンプルな学習」ができません。 藤井予備校の「月額制サービス」は、1ヶ月3,480円で藤井予備校のカリキュラムを全て無制限に受講することができます。 これにより金銭的負担が大幅に解消され、全カリキュラムを継続的に受講することが可能になります。 行政書士試験は、正しい法律の学習法を継続すれば必ず合格できる資格です。 多くの受験生がこのサービスを活用し、行政書士合格を手にされることを強く願っています。 藤井 慎哉 「月額制」は、以下の条件に当てはまる行政書士受験生だけの「お得な割引サービス」です。 1 10ヶ月間以上、月額制サービスを継続できる方。 2 紙ベースのテキストではなく、PDFファイルのテキストで行政書士合格に向けた学習が可能な方。 3 ダウンロードした教材の「横流し行為禁止」「再販売禁止」を遵守できる方。 <注意> 10ヶ月経過前の受講解約は可能ですが、その場合、「割引対象外での購入扱い」として返金計算をおこないますので、ご注意ください。

次の

行政書士試験に独学1ヶ月で合格した勉強法・おすすめテキスト

行政書士 予備校 おすすめ

初めて受験する人や法律初学者におすすめのテキスト 行政書士試験に初めて挑戦する人や法律を初めて学ぶという人におすすめのテキストを紹介します。 まずは試験を初めて受ける人や法律初学者がテキストを選ぶときのポイントから見ていきましょう。 初学者がテキストを選ぶポイント 見やすいテキスト 行政書士試験に初めて挑戦する人や初めて法律を学ぶという人にとって一番の天敵は何でしょうか? それは挫折です。 法律は独特な表現を使う部分もあり、あまり馴染みのないものです。 勉強していても、難しいと感じる場面も多いでしょう。 そうなってくると勉強していても楽しくなくなって次第に勉強から遠ざかっていきます。 最悪の場合、受験を諦めて挫折してしまいます。 従って、いかに挫折しないで勉強を続けるかということが課題になってきます。 その課題の解決を左右するものがテキストです。 勉強を続けるには「難しい法律用語を難しく感じさせない」「わかりやすい」「楽しく学べる」、こういったテキストを選ぶと良く、特に法律初学者にはおすすめです。 まずはいかに挫折せず、勉強を続けられるかに注目してテキストを選んでください。 そのためには実際に自分の目で中身を見てから購入することをおすすめします。 大きな書店に行けば、色々なテキストがあります。 なので、どれを選べば良いか迷うと思います。 しかし、どれを選んでも大きなハズレはありません。 ページをめくって読みやすい、見やすい、面白そう、そういった感覚で選んでも構わないと思います。 繰り返せる分量のテキスト 学習において重要なのは繰り返し勉強することです。 繰り返すことで記憶に定着していくからです。 テキストも何度も読み込み、記憶に定着させていきます。 なので、テキストの分量に気をつけてください。 分量が多いと繰り返し勉強することができません。 メモ欄や余白があるテキスト テキストも完璧ではありません。 なかには解説を読んでも理解できないこともあります。 そんな時はテキストに直接書き込んでいきましょう。 自分なりの言葉で解説を補助する内容やテキストには書かれていない語句や解説を書き込んでいきます。 そうやってオリジナルのテキストを完成させていくのが大切です。 そのためにはメモ欄や余白があったほうが良いでしょう。 余白がないと、書き込むスペースがなく、せっかく書き込んでも見づらくなってしまいます。 カラーのテキスト 人はモノクロよりカラーのほうが記憶に残りやすく、また記憶できる情報量も増加すると言われています。 従って、モノクロのものよりはカラーのものを選んだほうがいいと言えます。 モノクロでも蛍光ペンなどで線を引いて自分で見栄え良くする方法もあります。 しかし、これは意外とセンスが必要で、反対に見づらくなってしまう可能性もあります。 特に初めて法律を勉強するという人は何が重要なのかがまだわからないので、重要ではない箇所に線を引いてしまい、「何でこんなとこに線を引いたんだろう・・・」となってしまいます。 イラストや図表を多用しているテキスト 文字だけだと、どうしても飽きてきてしまいますのでイラストなどがあったほうが飽きずに学習できます。 またイラストがあるとイメージがしやすく、記憶にも定着しやすいです。 イラストがあると子供っぽくて抵抗がある人もいるかもしれませんが、前述したようにまずは挫折しないことが大切です。 また行政書士試験に出題される条文のなかには混同しやすいものも多く存在します。 そんなときは比較表などが効果的です。 こういった図表を多用しているテキストのほうが覚えにくい箇所や間違えやすい箇所を効果的に学習することができます。 おすすめテキスト 合格革命行政書士基本テキスト 受験2回目や法律学習経験者におすすめのテキスト 次に、前回残念ながら行政書士試験に失敗してしまい2回目の受験をする人や他の資格試験で法律学習を経験したことがあるという人におすすめのテキストを紹介します。 経験者が選ぶべきポイント 受験2回目の人は個別テキストを追加することをおすすめします。 恐らくは前回使用しているテキストは全ての科目がまとまった総合テキストだと思います。 総合テキストは初学者には向いていますが、経験者にとっては情報量が足りないと感じる場面もあると思います。 1回目で、ある程度の基礎は出来ていると思いますので、2回目ではもっと情報量を増やしても良いでしょう。 そのため、総合テキストではなく、個別テキストを用意することをおすすめします。 おすすめ個別テキスト よくわかるシリーズ 「よくわかる」シリーズは科目毎にテキストが出版されているので通常のテキストでは掲載しきれないところまで、詳細な情報を収録しています。 とは言え、安くはない価格なので全てを購入する必要はないと思います。 苦手分野や強化したい科目のテキストを購入すると良いでしょう。 また、受験経験者だけでなく初学者にもおすすめできるテキストです。 1冊にまとまったテキストで物足りないという人は個別にこのテキストを用意しても良いと思います。 但し、あくまでも物足りないという人です。 恐らくは1冊にまとまった合格革命などのテキストだけでも、こなすのに苦労すると思われます。 下手にあれこれ手を出すよりも、初学者は1冊のテキストを繰り返し勉強したほうが効率的です。 「合格革命行政書士基本問題集」は過去問の重要問題を中心に掲載されていますが、過去問だけでなくオリジナル問題も交えて収録しています。 過去問だけだと各テーマにどうしても偏りが出てしまいますが、そこをオリジナル問題で補充しているので問題を解きながら自然と各テーマを満遍なく学ぶことができます。 基本テキストともリンクしているので復習にも最適です。 一問一答式の問題集を用意しよう 行政書士試験は5肢択一式がメインとなります。 そのため問題集も5肢択一式のものが多いですが、一問一答式の問題集も用意しておきましょう。 5肢択一式の場合、消去法などによって正解を導き出すことが可能な問題もあるため、問題を解く効果が減少してしまう可能性があるからです。 一問一答式の場合は、1問の問題に対して正解を導き出す作業がおこなられるため、純粋に学習効果を高めることができます。 合格革命行政書士肢別過去問集 上記の「合格革命行政書士肢別過去問集」に対して、「一問一答式出るとこ千問ノック」は過去問ではなくオリジナル問題の一問一答式問題集です。 過去問をやり尽くしたという人や過去問だけでは物足りないという人におすすめの問題集です。 オリジナル問題ですが、基本テキストと連動しているので、解説を読んでも理解できない部分についてはテキストで確認することができます。 一問一答式と5肢択一式のどちらがおすすめ? 純粋に問題と向き合うなら一問一答式が良いので、「なら一問一答式の問題集だけでいいじゃん」と思う人もいるかと思います。 しかし、一問一答式問題集だけで学習するのはおすすめできません。 必ず5肢択一式の問題集でも学習してください。 5肢択一式の過去問題集を解く理由は、本試験で使える解法テクニックを身につけることができるからです。 5肢択一式の過去問題集では、解法テクニックを掲載しているものもあるので、そういった過去問題集を利用しましょう。 上記でも述べましたが、5肢択一式の設問は消去法などの解法テクニックで正解を導き出すこともできるので、本試験では自身の知識だけでなく、こういった解法テクニックも駆使して設問を解いていきます。 従って、5肢択一式の過去問題集も利用して、解法テクニックも学んでいた方が有利なのです。 出る順行政書士ウォーク問過去問題集 一般知識のおすすめテキスト&問題集 一般知識は試験範囲が広く、学習しても得点に結びつきにくいため、あまり深入りしないことがポイントです。 基本的には合格革命などのような1冊にまとまったテキストで一般知識も学習してOKです。 特に政治・経済・社会は範囲が広く学習効果が薄いため、情報通信・個人情報保護と文章理解の2つを中心に学習していくのが一般的な戦略です。 また模試などを利用して自分の苦手な科目に絞って学習していくのも良いでしょう。 行政書士試験用に作られた一般知識のテキストは数が少ないため、一般知識の対策はセンター試験や公務員試験など他の試験用に作成されたテキストや問題集を利用しましょう。 政治・経済・社会のおすすめテキスト&問題集 センター試験 政治・経済の点数が面白いほどとれる本 中古のテキストについて テキストなどを揃える際に、新品ではなく中古のものを用意しようと考えている方もいるかと思います。 中古のテキストや参考書を使って学習することについては賛否両論あります。 中古のテキストを使うメリットは、何と言っても費用を抑えられることです。 今はネットオークションなどで中古のテキストを購入することができます。 なかには最新版のテキストや問題集なども出品されているので、うまくタイミングが合えば格安で試験年度対応のテキストを手に入れることができます。 問題は中古テキストは古いものだと、法改正や試験委員など、その年の試験内容に対応していない可能性があることです。 また前の持ち主が使っていた場合、色々と書きこんでいたり、最悪は汚れている場合もあります。 その年の試験に対応しているもので、未使用であれば、購入を検討しても良いかと思います。

次の

行政書士試験におすすめの予備校8選!@合格実績・安い費用・通信講座で比較

行政書士 予備校 おすすめ

予備校はこんな人におすすめ 勉強を続ける自信のない人 独学の場合、勉強するもしないも自分次第です。 サボろうと思えばサボれてしまうわけです。 予備校を利用したとしても同じこと、と思うかもしれませんが予備校の場合、独学よりも費用がかかります。 予備校は得られるものも大きいですが、サボればその代償は大きいわけです。 勉強をサボることはお金を捨てることと同じになるので、高い費用を払ったことを考えればそんな気は起こらないでしょう。 自宅で勉強できない人 受験勉強は自宅ですることが多いと思いますが、子供がいたり、スペースがなかったりと勉強する環境がない人もいるでしょう。 予備校によっては個別ブースでDVDなどを利用して講義を受けることができます。 誰にも邪魔されずに自分のペースで学習することができます。 短期合格したい人 予備校を利用したからといって必ず短期合格できるわけではありませんが、独学の場合、勉強の管理を自分でしなければならず、うまくいかなければ勉強が長期化してしまうこともあります。 モチベーションも低下し、最悪の場合、受験をやめてしまうことにもなりかねません。 おすすめの予備校は伊藤塾 行政書士試験対策としても開業の面からしてもメリットの多い予備校ですが、数ある学校の中からどれを選べばよいかわからないという方もいるでしょう。 しかし、どの予備校を選んだからといって大きく失敗するということはないと思います。 どの予備校も受験生が合格できるように日々、研究し改善し続け質の高い講義やテキストを用意し受験生の合格の為に熱い指導を行ってくれます。 その中でも、一番おすすめする予備校は です。 法律業界では知らない人はいないほど有名な学校なので、名前を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。 では、なぜ伊藤塾なのか。 伊藤塾をおすすめする理由を紹介していきます。 伊藤塾は法律系専門の予備校 伊藤塾は司法試験、司法書士試験、行政書士試験、公務員試験といった 法律系資格専門の予備校です。 他の資格も扱う総合的な予備校が多い中、法律系専門の予備校は稀有です。 総合的な予備校の場合、資金や人材の関係上どうしてもその力が分散されてしまいます。 しかし伊藤塾は法律系試験専門の予備校なので、その分野に特化することにより、集中的に資金と人材を投入することができます。 資金と人材を集中して投入できるということは、それだけその分野の研究や対策が打てるということです。 従って、法律系試験を目指すなら数ある予備校のなかでも伊藤塾の右に出るものはいないと言って過言ではなく、伊藤塾をおすすめする最大の理由です。 伊藤塾行政書士OB・OGの会 秋桜会の存在 秋桜(コスモス)会とは、伊藤塾の講座で合格した実務家 1,300人以上が会員となっている伊藤塾行政書士 OB・OG の会です。 こういったOB・OGの会があるということも、伊藤塾をおすすめする理由です 行政書士として成功するには様々なネットワークを形成していくことが大事です。 特に開業当初、大事になってくるのは行政書士同士のネットワークです。 仕事や実務のことを相談しあったり、仕事を紹介しあったりと、そのネットワークを形成しておくメリットが多いからです。 初めは、支部や単位会の研修会や情報交換会などでネットワークを拡げていくことになると思いますが、その取り組みへの力の入れようについては、支部や単位会によって様々です。 なかには、あまり積極的にそうした取り組みを行っていないところもあります。 そうした支部に在籍することになると、なかなか自分でネットワークを形成するのは難しいものです。 そんな、要望に応える形で実現されたのが秋桜会です。 同じ釜の飯を食ったなか、という気持ちもあってか伊藤塾のネットワークは固い絆で結ばれています。 支部や単位会の垣根を超えたネットワークを形成できる、というのも魅力のひとつです。 行政書士の業務は全国どこの依頼を受けても構いませんから、例えば、隣県の行政書士とのネットワークを形成しておくのも仕事に繋がる可能性があるので非常にメリットがあります。 法律家として活躍している人材が多い 伊藤塾は、法律系試験専門の予備校として多くの法律家を輩出してきました。 行政書士のみならず、弁護士、司法書士、公務員といった様々な分野で多くの方が活躍しています。 行政書士は他士業から仕事を紹介されることも多い為、他士業とのネットワークも大事です。 伊藤塾は法律系専門の予備校なので、行政書士の他にも、弁護士や司法書士など他士業の方ともネットワークができることも、おすすめするポイントです。 交流会などでも同じ伊藤塾出身者なら自然と会話も弾むでしょう。 行政書士の業務は他士業との関わりも必要となってくるので、伊藤塾出身の法律家が多いということも自身の活動において、大いに役立つと思われます。 個別指導 伊藤塾では「個別指導」を重視し、校舎担任制を採用しています。 これは 教室受講でもweb受講でも、どちらでもです。 これは受験生にとって非常に大きなメリットです。 担任講師が講義からカウンセリングまで一貫してサポートしてくれます。 講義内容の質問や、受験期間中の不安や悩みの解消まで、的確にアドバイスをしてくれます。 学習方法やスケジュールの立て方なども相談できます。 講師がサポートしてくれるということはもちろん大事なのですが、一番大切なのは 自分のことをきちんと理解してくれている講師がサポートしてくれるということです。 的確なアドバイスをする為には、総合的にその人の事を理解していなければなりません。 伊藤塾では一貫して講師がサポートしてくれます。 これが受験生のモチベーション維持に繋がり、勉強を続けていけるのです。 こういった、身近に相談できる相手がいるというのも伊藤塾をおすすめする理由です。 高い的中率 伊藤塾は本試験の的中率がとても高いです。 過去には、本試験において模試と同じ内容の問題が57問中52問出題されたこともあります。 法律系試験専門の予備校である強みがここにも活かされています。 本試験を徹底的に分析、研究し、講義やテキストなどに反映させています。 法律系試験専門であることから、その分析力は他の追随を許さないほどの高さです。 また伊藤塾のテキストは本試験の300満点中260点も的中させる内容になっています。 つまりテキストをしっかりと勉強していれば260点取れるということです。 伊藤塾の模試は、解説も丁寧に掲載されていますので、予備校の利用を考えていないという人も伊藤塾の模試は受験することをおすすめします。 得点に結びつくカリキュラム 行政書士試験合格において必要なのは、合格基準点を上回るよう得点することです。 つまり、知識を持っていても、いざ試験でその知識を発揮できなければ意味がありません。 試験において得点する為には、アウトプットできるように訓練することです。 試験に失敗するひとつの要因として、このアウトプット不足が挙げられます。 特に予備校や通信講座を利用していない独学の受験生などの場合、どうしてもインプット中心の勉強になりがちで自身でバランスをとってアウトプットを行うことが、なかなか困難です。 伊藤塾では、講義やテキストなどによるインプットと、問題集や演習などでのアウトプットを繰り返す「スパイラル学習法」を導入しています。 これにより、アウトプットの訓練ができ学んだ知識を自然に定着させ、試験でもその知識を発揮させることができます。 段階的に組まれた学習カリキュラムにより勉強した知識を徐々に、しかも確実に定着させ試験で得点できるよう実践的な知識へと変えていきます。 合格後を考えた取り組みを行っている 伊藤塾には、他の予備校にはない合格後を考えるという理念があります。 資格というものは取って終わりではなく、むしろ資格取得したときがスタートです。 単に試験に合格するだけでなく、真の法律家として活躍していくためのプログラムが伊藤塾にはあります。 私はこの理念とその取り組みに対して心から共感します。 試験に合格することはもちろん大事ですが、本当に大切なのは合格後に行政書士として羽ばたいていくことだと思います。 しかも、こういった取り組みは行政書士試験合格後のみならず合格前にも行われ、受験生に合格した後を具体的にイメージしてもらい、それを実現するために今何をすべきなのかを考えてもらうために様々な取り組みを行っています。 行政書士試験合格の為だけの指導ではなく、法律家としての人材育成を理念としているところも伊藤塾をおすすめする理由です。 まだあるおすすめ予備校 LEC東京リーガルマインド LECは大手総合資格予備校です。 行政書士試験などの法律系資格だけでなく、簿記・会計系や福祉・医療系、不動産系など様々な資格に対応しています。 LECは本校と提携校を含め、全国展開しています。 日本全国津々浦々というわけではありませんが、主要都市はもちろん地方にも展開しています。 模試を受ける際は自宅ではなく、教室など会場で本番さながらで受けた方が良いので近くに校舎があると助かりますね。 また有名な講師である横溝慎一郎先生が在籍しているのがLECです。 大手資格学校だけあって他にも多くの優秀な講師陣が在籍しています。 資格学校TAC TACもLECと並ぶ大手総合資格予備校で全国各地に展開してます。 市販テキストで人気の「合格革命」シリーズを出版しているのがTACです。 予備校の活用法 予備校の活用法としては通学や講義だけではありません。 模試 予備校の模試は是非、活用して欲しいと思います。 各予備校では本試験を研究して、できるだけ多く的中させることに取り組んでいます。 なので、予備校を受講しない人も模試だけは受けておくことをおすすめします。 単科講座 予備校の受講コースはセットになっているものが一般的ですが、単科講座や科目別講座などもあります。 記述式や一般知識など、苦手分野を中心に個別で受講する活用法もあります。 最短で合格したいという人は、こういった講座を利用していくと良いでしょう。 様々な情報が流れていますので、色々と悩むこともあると思います。 しかし、そこに時間をかけ過ぎるのは非常に勿体ないです。 失敗を恐れていては何も始まりません。 失敗を恐れて何も始めないことこそが失敗であると私は思います。 自分の判断を信じて、勇気を持って一歩踏み出しましょう!.

次の