ベジータ2 数字。 ベジータ「甲種消防設備士四類だと!?」 : SS★STATION SSのまとめ SSの専門サイト

【ドッカンバトル】不敵な発進『ベジータ』の評価とおすすめパーティ!

ベジータ2 数字

見逃し配信リンク 配信期限: 2020年7月18日 土 23:59まで でも配信中! お目当ての回が配信中か、リンク先でご確認くださいね! ざっくり感想(ネタバレ含む) ちょっと今週は、 書きたいとこ全部書いてたら長くなってしまい失礼。 ・初戦で選ばれてしまう、ベジータ 初っ端から、R藤本さんの札が引かれてしまう。 ベジータ「 ジャンルは モノボケだ。 」 ジュニア「こいつと戦いたいなんて方はおられますか」 ベジータ「まずはこいつ しずる池田 をぶっ潰す」 池田「・・ジュニアさん、俺引いて下さい!!」 池田「ボケたいんです!お願いします!」 またまた逆指名😄😄 かっこええー そしてジュニアさんが引いた後攻は・・・ なんと、ロングコートダディ堂前! いや、並のバラエティならヤラセか演出かで、 しずる池田さんを当ててくるよ。 逆にびっくりしました。 ガチ中のガチですねこれは。 というわけで初戦からクライマックス。 先攻:R藤本 ビーチボール、バランスボール、スイカ、地球儀、鉄アレイを置いて、 最後にドラゴンボールを1個手に持ってる ベジータ「・・・なんとか、」 ベジータ「7個集めたことにしてくれないか!」 鉄アレイで2個分🤣🤣 これはスマッシュヒットで後攻を待ちます。 後攻:堂前 松葉杖で点滴を打ちながら、祭りのハッピとウチワ 堂前「なんとかお願いします!」 堂前「ちょっとだけで良いんで!」 堂前「絶対に盛り上げるんで!!!」 気ー使うわ!🤣🤣 こっちも爆笑で 差がつかず! いきなりの名勝負! ほんこんさんは即ドロー。 2本目 先攻:R藤本 モリもってシュノーケル姿のベジータ ベジータ「おい!」 ベジータ「天下一武道会『水中の部』ってなんだ!」 装備してから言うな😄😄 そこそこのヒットで後攻を待ちます。 後攻:堂前 バーベキューの前に札束が落ちてる 堂前「 札束を見つけて ・・・えっ」 堂前「うわ。。 えっ・・」 堂前「いや、でも俺は」 堂前「こいつら 肉 のめんどう見るわ!」 素晴らしい食事係😄😄 こっちもスマッシュヒット! 運命の、軍配は・・・後攻、堂前!! というわけで、ベジータが初戦敗退の大波乱。 2本目、ベジータが若干弱かったのを見逃さず、ヒット2発で勝利。 これは完全に相手が悪かったなー ・しずる池田、またも散る 先に結果書いた上で振り返る😄😄 3回戦で先攻に選ばれた池田さん。 池田「大喜利で」 なんで大喜利選んだんや。。。 勝負内容はカットしますが、 やはりハマらず、敗北後のコメント。 ジュニア「池田さん、あれ、宣言されてましたよね」 ジュニア「『もし負けたら、二度と座王に呼ばないで下さい』」 池田「・・まぁでもお任せします」 ジュニア「えっ!?」 池田「呼ばれたらあのーー、断る理由はないすもん」 ジュニア「オファーかけてもいいんですね?」 池田「はい、オファー・・・」 池田「なんなら、お金払うんで来させて下さい!」 出たいんかい😄😄 もう初勝利まで出続けて欲しい。 ・ロコディ堂前 vs マユリカ阪本 歌対決 若手の強豪ロコディ堂前さんと、 最近は歌で名作を生み出し続けるマユリカ阪本さん。 これも屈指の名勝負になりました。 お題:おもちゃの兵隊のマーチ 出だし部分 先攻:堂前 「見たこっとっない、聞いたこっとっない」 「全然知りーたーくもないさ」 「全然知らない、もういいかーら」 「やめてーよ、そのっ」 「群馬!」 群馬天丼きました。 字面がおいしそう😄 後攻:阪本 「蟻のっ巣をっ、石でふっさっぐ」 「パニくーる、アーリが見れますよ」 「お金ない、暇なとっき」 「ぜひ ど・う・ぞ!」 オススメすなよ!!🤣🤣 ほんこん「悪いなお前!」 軍配は・・・後攻!阪本さん! 堂前さん、若干読めたかなー 今度は2本目で若干弱いところを突かれ惜敗。 両者むちゃくちゃ面白い対決でした。 ・コウテイ 九条 vs ヤナギブソン 神社対決 この勝負も好対照でした。 お祈りをする女性の心の声でボケる対決 先攻:九条 お祈りをする高橋アナ 「どうかこれ以上・・・」 「ラニーノーズが、売れませんように!」 これどっちのボケなんだろなー、 「それお前のヤッカミやないか!」が正しいのか、 ルール通り「ラニーノーズファンのファン心理」なのか。 前者の気がしますけど😅 対する後攻ギブソンさん。 後攻:ヤナギブソン お祈りをする高橋アナ 「神様、 私は学生時代、」 「同級生が恋愛やファッションにうつつを抜かしてる時も」 「一心に、部活の水泳に打ち込み、血のにじむような努力をしてきました」 「来週、初めての大会に出場し、メドレーのアンカーに選ばれました」 「神様!どうか!」 「私のかかとに、 ちっさなフィンを付けて下さい」 そう来たか😄😄 また読めないとこ来るなあ~~ 軍配は、後攻ギブソンさん! 前回、鬼・西田を破ったときと同じく、 ゆっくり階段を上がっていってからストーン。 オチまでのストーリーが効いてくる神社対決は、 テクニシャン・ギブソンさんには合ってるかも。 もしかしたら「神王 じんおう 」になるかもしれない。 ・ミサイルマン岩部 vs ヤナギブソン 1分トーク 決勝がこのカード。 どちらも得意分野対決です。 岩部氏は、いつも武将キャラを捨てるのが特徴的。 先攻:岩部 武将キャラが通用しない人が居る 「一筋縄じゃ行かないのが、西川忠志さん」 「『武将様が来たぞ~』って言うと」 「『お待ちしておりました、拙者、忠志でございます』」 「乗ってくんねやと思って」 「『あんたの首、いつの日かふっとばしてやるぞ、さらばじゃ!』って帰ろうとしたら」 「『待て待て待て~!!』っていうんで」 「唯一『勘弁してください!』っていうのが忠志さんです」 忠志さんそんなキャラやったんか😄 前々から思ってましたが、あの人も もっと売れても良いですよねえ。 後攻:ヤナギブソン 今までで一番耳を疑った話 「うめだ花月終わりでご飯行こうってことになって」 「僕と、野性爆弾ロッシーさんと、ランディーズ高井さん 3人で」 「ロッシーさんが『ギブソン、店予約しといてくれるか』て言って」 「ちょうど 楽屋の テレビで政見放送やってたんですねNHKで」 「で、ロッシーさんが、『1、2、3、4人で』て」 「政見放送の人まで数えてました」 ロッシーさんやなあ😄😄 シンプルに面白い😄 運命の・・軍配は、後攻ギブソンさん!! というわけで、 混戦に強いギブソンさん、 ついに5回目の座王です。 ギブソン「バカーン受けて優勝という感じでも無かったんで」 テクニシャンの宿命というか、 安定して競り勝つのが多いですねギブソンさんは。 というわけでエンディングトーク。 ギブソン「僕ね、『学 まなぶ 』っていうんです」 ギブソン「娘が『奏 かなで 』と『環 たまき 』」 ギブソン「全部 漢字1文字で、読み方が3文字なんです」 ギブソン「唯一の例外が、はとこのサキちゃん」 ギブソン「誰が興味あんねん!!」 カメラ寄る 出た。 混戦から岩部氏、ギブソンが抜け出し、最後は頭1つ、ギブソンの勝利! 5回目の座王達成! データ 過去対戦成績・勝率など詳しくは 、 歴代座王や連勝記録などは に載せてます! タイ記録 今週の座王は後攻勝利、返り討ちが目立ち、 後攻の7勝2敗。 これは、 不利と言われる後攻の最多勝利数タイ記録。 先攻に関しては全勝が過去2回あり なお、 データ的には得意ジャンルを選べる序盤は60%くらい先攻有利、 後半にかけて差がなくなるという数字出ていますが、 負ける可能性がある以上、 なるべく戦わないほうが座王の確率自体は上がると言えます。 タイ記録その2 しずる池田、初回登場から6連敗。 ウーイェイよしたかの持つ、 未勝利の歴代最多連敗記録に並びました。 (勝利経験者で最多は祇園木崎の7連敗) 初登場の 96 から、 わずか半年足らずで6連敗という猛追を見せています。 試合の外ではむちゃくちゃ面白いのに、 対戦するとなぜか敗北。 何度も書きますが、 爪あとを残せないと呼ばれ続けない座王にあって、 連敗記録もまた誇っていい記録。 今週の勝数ランキング 1位🥇 ザ・プラン9 ヤナギブソン:3勝 2位🥈 ミサイルマン 岩部:2勝 3位🥉 ロングコートダディ 堂前:1勝 3位🥉 マユリカ 阪本:1勝 3位🥉 コウテイ 九条:1勝 3位🥉 コロチキ ナダル:1勝 勝者が6人、完全な「つぶし合い」回でした。 その中で後攻で3勝を挙げたギブソンさんの地肩の強さが目立ちます。 さいごに ここまで乱戦になったのも珍しく、 くじ引きに「ヤラセなし」感が半端なかった今回。 ベジータの初戦敗退が衝撃でしたねー 来週は阿佐ヶ谷姉妹がAグループに襲来だと!? そして久々のタナからイケダ登場と「イケダ違い」で。 またまた楽しみなメンツが勢揃い😄😄 そいではー.

次の

[想いの爆発]超サイヤ人2ベジータ&ブルマの評価

ベジータ2 数字

「サイヤ人は戦闘種族だっ!!!! なめるなよーっ!!!! 」 概要 声: 漫画『』に登場するキャラクターで、宇宙最強クラスの戦闘種族の。 本名は「ベジータ四世」。 母星・の名を冠し、生まれた時から戦闘能力が高い超で、それに裏打ちされたも非常に高い。 物語中盤から登場し、ラストまで の格だった。 悟空の事は他人称を除けば一貫してサイヤ人としての本名である「カカロット」呼びを徹底している。 の中では比較的小柄。 そのため他人の指図を受けるのを嫌い、単独行動を取ることが多い反面、自分の力が通じない状況に直面すると敵対者(クリリンや悟飯)に協力を要請(利用)するだけの柔軟性は持っている。 その性格からくる自信や好戦的な面から、やの策略に乗ってしまったり、先陣を切って相手に向けて飛び出して行ってしまうため、相手の反撃や特殊能力に対し真っ先に餌食になってしまうなど、その性格が事態を悪化させる要因になってしまうこともしばしば。 原作ではあまりプライベートな姿は描かれていないが、彼もサイヤ人の例にもれず凄まじい。 魔人ブウ編の序盤では、悟飯たちと一緒に結構な量の食事を食べている。 アニメ版では大食いであることが強調されるシーンが多く、「」では悟空に楽しみとして取っておいたを食べられて激怒するシーンがある。 「ベジータ」という名前はサイヤ人の王が代々襲名する名前であり、彼の父親の名もベジータ(こちらは「」と呼ばれている)。 なお作中でベジータは最後まで王子として扱われていたが、これは王に即位する前にが破壊されてしまった為。 劇場版「」ではサイヤ人としての正式な名前は「ベジータ四世」である事が明らかになった。 最初は悪役としての登場で、の配下としてと共に星々を侵略していた「宇宙の地上げ屋(の構成員)」だった。 ナメック星にて会うたびに強くなっている悟空に一目置くようになり、地球に転移してからは悟空を意識して自分を鍛え始めた。 悟空に対しては反抗的な態度を取ることも多いが、時に協力したり、彼やその仲間のピンチを救ったりする事も多く、その事からファンからは「王子」などと呼ばれることもあるようだ。 デレるどころか対抗心バリバリだが。 アニメでは「悪人」としての側面が強調されており、ナメック星にて協力関係を結んだクリリンたちに対して「用が済んだら始末する」と独白したり、悟空とフリーザが潰し合って消えれば自分の天下と言い放って悟飯を怒らせたり。 また悟空への同族意識も強調され、フリーザからの勝利を諦める悟空の心の中に幻影として現れ彼を叱咤したり、悟空がフリーザとの戦いで超サイヤ人に覚醒した時は、その姿を見て嬉しそうに笑っていた。 原作最終章「編」ではや、などの登場により戦闘力のインフレについていけなくなるが、終盤で重要な役割を果たしている。 アニメオリジナル作品である「」ではブルマの協力もあってとなり、劇場版「」以降の作品では悟空と並んでへの変身を可能としている。 そんなベジータも・誕生以後は徐々に丸くなり、かつての様な悪行を辞め、家族想いな一面も。 トランクスはとの子供だが、トランクスが誕生した時点では少なくとも正式に結婚していない。 が来た未来では結局結婚しないまま死亡してしまっているが、「」発言の件ではブルマの事を「妻」と呼んでいる そもそもこの世界での婚姻や戸籍の管理がどうなっているのか自体不明だが。 原作終盤にはトランクスの他に娘のを授かり、一男一女、2児の父となった。 子供たちに対してはで、トランクスを彼と同世代の悟空の息子・と張り合わせ、トランクスが勝った時は悟空に勝ち誇っている。 「GT」では伸ばしていた髭をブラにダサいと言われてショックを受けたり、娘をナンパしてきた男たちの車を破壊して酷い目に遭わせたりもした。 自らに強いプライドや誇りを持つが、フリーザやなどといった格上の存在には歯向かわず、うまく立ち回るなど先見性も高い。 劇場版「」では破壊神ビルスの来訪に対し、彼を怒らせて地球が害される(=家族に危害が及ぶ)ことがないよう、プライドを投げ打ってまでに奔走する姿が描かれ、この事は悟空にも強く影響を与えた。 ちなみにTVアニメ版では、彼のご機嫌を取るため美味しいたこ焼きを作っている。 「神と神」での事件後も地球や家族を彼の脅威にさらさないために一貫してビルスに対しては下手に振る舞っているが、チームとの試合後の祝勝会におけるゴタゴタの中で「ビルスの野郎」と本音がもれたこともある。 また、神クラスの相手に対しても遠慮というものが殆どない悟空に対して彼がフォローに回らざるを得ない場面も多く、神絡みのエピソードでは気苦労の絶えない苦労人ポジションが定着しつつある。 同時に過去の悪行に対して罪悪感も抱いており、「超」の銀河パトロール囚人編ではナメック星人を守ろうとしている。 変身形態 作中では初めて悟空と戦った際に変身した。 戦闘力は約10倍にも跳ね上がる。 悟空や悟飯などと違って理性を失うことはない。 満月の光ではなく、一部のサイヤ人だけが作り出せるというパワーボールという特殊なエネルギー弾を作成し、そこからブルーツ波を浴び変身した。 そのため若干戦闘力がダウンしている。 悟空を瀕死の状態まで追い詰めるが、に尻尾を切られ元に戻った。 なお、切られた尻尾はいずれ生えてくると言っていた(悟空はそうだった)が、なぜか二度と生えてこなかった。 本人曰く「醜くて嫌」なので本当は変身したくないという。 との戦いまでの3年間の修行中に悟空を超えられない自分への怒りで覚醒した。 心臓病の影響で悟空が苦戦していたを相手に圧倒的な実力を披露し、最後は新技で破壊した。 だがその後、に達の起動を許してしまい、との一騎討ちに敗れる。 その後、未来トランクス共にに入り、超サイヤ人をもう一段回進化させる。 ベジータはこの姿を自ら「 」と呼称し第二形態を圧倒した。 しかしそれで調子に乗ってしまいセルを完全体にさせてしまったことで敗北。 なお、この後トランクスはベジータを超えたとし、ここから更に進化させたを披露するが、実はベジータも変身可能で、その弱点に気づいており、敢えて変身せず。 セル編後は、作中に登場する超サイヤ人は全員第四段階へと移行していった。 悟空同様に後に、7年間、激しい修行を積んだ事で変身できるようになった。 バビディに洗脳されて覚醒したと勘違いされる事も多いが、で悟飯の超サイヤ人2を見て今では自分たちの方が上という発言や悟空対ヤコン戦での「(やはりカカロットの野郎『も』壁を超えやがったか…。 超サイヤ人の壁を…)」という発言、更にバビディに洗脳されてセルと同格になったダーブラを見ても普通に倒せる相手といったことから悟空の超サイヤ人2には劣るだけで洗脳前から変身可能であると考えられる。 純粋ブウとの最終決戦ではの悟空がフルパワーになるまで時間稼ぎをした。 ビルスとの戦いではご機嫌斜めな彼が思わずブルマに手を上げたことに激昂、超サイヤ人3の悟空を大きく凌駕する力を発揮した。 アニメ版ではこの際、ビルスに自身の約一割ほどの実力と評された。 一割というとあまり大したことのない数字に聞こえるが、超サイヤ人3の悟空はデコピンと「触れるような」手刀という小手調べですらないであろう攻撃で倒されてしまっている。 後に悟空は超サイヤ人ゴッドで(ビルスの自己申告とはいえ)6割程度の実力を出させていたが、それでも彼に一割の力を出させるというのはかなりのものと言える。 を倒し、との約束を果たすために自らの殻を破って覚醒した。 瞳がの瞳孔と似た銀と青のものへと変化し、全身が銀色に光輝き、髪色やオーラはより青みを増す。 悟空が覚醒した身勝手の極意とは別のやり方で限界の突破を試みたベジータ独自の変身で、曰く「今までの超サイヤ人ブルーをはるかに凌駕する力を我が身に集約させた」姿なのだという。 破壊神となったをも上回る戦闘力を持ち、かつてブウとの戦いで使用したを使用しても死亡せず耐えられる耐久力を持つ。 作中では名称は語られず「」やDBオフィシャルサイトでは「超サイヤ人ゴッド超サイヤ人・進化」、設定画には「超サイヤ人ブルー・強化」と記載されている。 漫画版では、これと同じ立ち位置の変身が登場。 アニメ版と異なり瞳の変化はなく、外周が濁りのある濃い青色のオーラを纏っているのが特徴的。 覚醒の経緯はアニメ版と似た理由で、戦闘力はジレン曰く身勝手の極意 兆 の悟空の次に強いとのこと。 悟空はこの少し前にアニメ版のと同じ原理の技を披露しており、つまりこのベジータの変身はその時の悟空より強いということになる。 なおこちらも正式名称は語られていない。 漫画版「」及び劇場版「」で登場。 漫画版が初出であり、との二度目の戦いで変身する。 既にこれより上の形態である超サイヤ人ブルーに変身できるが、漫画版では独自の設定として超サイヤ人ブルーはパワーは強いが負担も非常に大きいというデメリットがあった。 そのため一度目の戦いでブラックに敗北した後で打開策を発明、それがこの超サイヤ人ゴッドの活用であった。 超サイヤ人ゴッドは超サイヤ人ブルーより負担が少ないという特性から、普段は超サイヤ人ゴッドで戦い、攻撃時だけ超サイヤ人ブルーになることでパワーを溜め込んで攻撃するという戦法でブラックを圧倒した。 アニメ版では、前述の通り自ら変身を拒否し一貫して変身しなかったが、劇場版「ブロリー」では映像作品としては初めて変身した。 戦いの中で急激に戦闘力を上げていくに対抗し、超サイヤ人から一気に変身。 空気弾の様な技を使ったり見切りや躱しなど神らしい戦い方でブロリーを圧倒したが、彼がの力を解放すると弾き飛ばされ、そのまま悟空とバトンタッチした。 余談 設定の変遷 登場当初はのような姿で描かれており、口調も幼さを感じさせるものだった。 これはの「と同じように赤ん坊の頃に他の星に送り込まれていた」という言葉にもあるように、現在よりが低く設定されていたからである。 ちなみにベジータは、悟空よりずっと若いつもりで僕は描いてるし、でも今度アニメででるやつ(アニメスペシャル・バーダックのお話)は、悟空が赤んぼの頃、もうベジータは子供だったみたい。 そう、あーこの辺り云っとくの忘れちゃったなー」「(ベジータの年齢は)二一、二じゃないかなー僕の雰囲気としては」と語っている。 つまり、 最初の少年のような感じが本来のベジータの年齢設定であり、悟空より年上というのは鳥山が関わっていないアニメオリジナル設定に過ぎないということである。 で初登場した時(及びその直前のアーリア星漂着時)には、戦闘服の色はなど明るい色であったが、に来たときにはよく知られる青のスーツと白いアーマーに変更された(「改」では初登場時から青のスーツと白いアーマーを着ていた)。 長らくとなっていたカラーであったが、近年では色違いとして採用しているゲーム作品も散見されている。 二人称 原作では二人称に「てめえ」等の言葉を使っていたがアニメでは「きさま」で統一されている。 これは声を担当した堀川が ベジータはすぐ死ぬだろうから最後を飾る巨悪として演じようと思い、原作以上に尊大に演じたためである。 当時アニメが連載に追いつきかけており、敵キャラは「4週かけて死ぬ」というパターンが制作サイドのお決まりになっていた。 堀川自身も「彼もそうなるだろうから、チンピラみたいな安い演技はやめよう」と思い、必要以上に「貴様」等の言葉を使った為と言われている 台本にも「てめぇ」と記載されていたと堀川自身が「ぼいすた」にゲスト出演したさいに語っている。 原作者の鳥山明も 「悟空と戦って死ぬただの悪役」という認識で書いていたが、予想以上に人気を博し、読者の反応が怖くて殺すに殺せなくなったと語っている。 ちなみにナッパが先に戦ったこともあってか、ベジータは 悟空の仲間を1人たりとも殺していない。 とはいえベジータは元々仲間になるキャラではなかったため、メインキャラを殺したようなキャラが仲間になる時のことを配慮した訳ではないようだ。 天津飯からも「おれはお前たちに殺されたんでな」と怨み言を言われている。 純血のサイヤ人としては悟空と二人だけ生き残った存在であり、一応そういった意味で悟空を特別視している面が描かれる事もある その貴重な存在のを自ら殺した事もあるのだが。 絶望の未来 未来トランクスがいた時代を描いた劇場版「絶望の未来」では、17号に殺されている。 超サイヤ人になっていたがまるで歯が立たず、地面に倒れたところへ気弾を撃ち込まれ消し飛ばされてしまった。 意外な弱点? 実はベジータはとは非常に相性が悪く(元々シリアスなバトルキャラなので当然と言えば当然だが)、のキャラと共演するたびに酷い目に遭っている。 鳥山氏のギャグマンガ「」にゲスト出演した時は、主役のネコマジン達に散々振り回されたため、「 二度とギャグマンガには出ない……」と言って逃げ帰っている。 さらには、「超」でと戦った時も、普通の戦い方が全く通用せず「 このデタラメな強さは、恐らくギャグマンガのキャラ」とメタ発言をしてしまうほどにボコボコにされ、最後には遥か彼方に吹っ飛ばされて「 二度とギャグマンガの奴とは闘わん……」とすらこぼした。 同名の商品() ベジータの名前の由来は ()。 たまたま発想が同じだったためか、野菜を扱った商品に「ベジータ」の名をつけられることがまれにある様子。 発売されてもファンの間で噂される程度だったが、2015年発売の「カップヌードルベジータ」では初めてアニメと公式コラボしたが放送され、当時話題になった。 ベゲタ(VEGETA)(、ポドラヴカ社、1958年-発売中)• ベジータベータ(、、1991年-2015年)• VEGETA(、、2010年-発売中)• カップヌードルベジータ(、、2015年-2016年)• ベジタブルコンソメ味(、2015年-)マスコット・とと丸の遠い親戚「ととベジータ」が登場している。 その他、同名ではないが、影響が疑われる商品名に「ベジタマゴ(ケンタッキー)」「ベジートスムージー(森永)」「野菜シート・ベジート(アイル)」等がある。 ちなみに東芝の冷蔵庫「VEGETA」は野菜収納に特化しているのが売りだが、2014年から「メガフリーザー」という名の冷凍室に特化した冷蔵庫が発売されている。 正気か冷蔵庫業界。 …と思っていたら、 東芝の冷蔵庫「VEGETA」がベジータとキャンペーンコラボしている。 キャンペーンの内容は、キャンペーンサイトにあるドラゴンボールマークを探して、の答えとして専用と共にツイートするというもの。 ゲーム作品への出演 初登場作品はファミコンソフト『強襲サイヤ人』のラスボス。 戦闘力18000とラスボスらしい圧倒的な数値を持つ。 次点がナッパの4000なので、以下に強大か分かる… …のだが、原作と違い「5人は戦闘に参加する」システムの為か、バランスを考慮して数値に反して実力の方はやや控えめで前座のナッパとステータスを比べると戦闘力と防御以外は全て劣っている。 ・ベジータ HP:1200 戦闘力:18000 攻撃:25 守備:7 最大技威力:ギャリックほう:140 ・ナッパ HP1800 戦闘力:4000 攻撃: 65 守備:6 最大技威力:クチからエネルギーは:160 もちろん戦闘力の関係でナッパより格段に強いのでラスボスとしての面目は保っている。 次作『激神フリーザ』以降のカードバトルでは基本的に仲間キャラではあるが、原作再現か基本的に 命令不可、常に強制オート戦闘という扱い。 そのせいで『烈戦人造人間』では イベント戦闘以外で超サイヤ人にできないハメになり、 『サイヤ人絶滅計画』では カードの組み合わせで必殺技を覚えさせる仕様なのに命令できないため、いつまでたってもちっとも技を覚えてくれない。 「ファイナルフラッシュ」と「ビッグバンアタック」の習得が 本作最大の難関と言われるのは語り草である。 例外として『烈戦人造人間』のベジータソロシナリオと『超サイヤ伝説』では命令が可能。 しかし、『超サイヤ伝説』では 戦う気がない!と無駄行動をとるほか、ベジータのみを戦闘に出すと 仲間を盾にして戦闘しない、全体攻撃の「ばくはつは」を使う 時々仲間を巻き込むなどやりたい放題で基本的にあまりアテにならないが、悟空が到着するまでは紛れもなく仲間最強キャラであり、特にザーボン戦やリクーム&グルド戦は順当に進めていればベジータ抜きではとても太刀打ちできないので頼らざるを得ない。 『』では、主人公の師匠として登場したり、ストーリーでは敵として登場したりもする。 厳しい性格だが主人公の成長には不器用ながらも喜びを見せる。 『』では前作と同様の役回り。 このトランクスはあえて黒幕の仲間になることでベジータと主人公の試練として立ちはだかり、この世界を守れるだけの力があるかどうか試そうとしていたのである。 それを知ったベジータは「親不孝な息子だ」と言いながらも、どこか嬉し気に息子との勝負を展開。 追い詰められたトランクスが弱音を吐いた時は、父として叱咤し戦意を取り戻させた。 悟空がパートナーのルートでは、逆に「別の歴史から連れて来られたベジータ」が敵として立ちはだかる。 このベジータは悟空との決着を強く望んでおり、あえて黒幕の仲間になることで悟空と戦う理由を作ったのだ。 しかし悟空からは「そっちの歴史のオラとやり合えばいいのに、わざわざ別の歴史から邪魔しに来るなんて気持ち悪りぃぞ」と引かれている。 追い詰められた際は「やはりオレはカカロットには勝てないのか……」とくじけそうになるが、悟空から「そんなことを言うためにここへ来たんか?」と叱咤され、戦意を取り戻して立ち向かっていった。 『ワールドミッション』では、ベジータ:ゼノと孫悟空:ゼノが登場。 元になっている『ヒーローズ』と同じく超サイヤ人4までの変身しかしない。 時の界王神からの依頼で悟空と共に「異変」の調査に向かう。 ヒーローズ(主人公たち)の面々に対してはやはり「ガキども」という認識が強いようで、弱音を吐くなら置いて行くと厳しい姿勢を見せる。 が、ビートを始めにヒーローズはどれも気合十分なので弱音を吐く者など一人もおらず、終盤では自分と悟空が敵の足止めをする間にシーラスとの対決を任せるなど「背中を守る」姿勢を見せた。 4章では異変の影響で大幅にパワーアップした「別の歴史のミスター・サタン」と対決する。 このサタンはシャンパから破壊神候補に任命されるほどの実力者だが、当初ベジータは「バカの世界チャンピオンが宇宙一になっただけだろう」と侮っていた。 戦闘後は「サイヤ人の王子であるこのオレが……地球人に、 それもサタンなんぞにここまで追い込まれるとは……」といたくプライドを傷つけられていた。 幸いにもチーム戦だったのでベジータ側の勝利となったが、もしも負けていたらどうなっていたことやら。 5章では異なる歴史の「力の大会」に仲間たちと共に参加。 そこで「ドラゴンボール超の悟空とベジータ」と遭遇し、対決することに。 当初は優位に立っていたが、向こうが合体してベジットになったことで形勢逆転される。 しかしポタラの力が尽きて合体が解け、その間隙を突いて反撃に成功。 だが攻撃が命中する寸前、二人は「身勝手の極意」と「超サイヤ人ブルー(進化)」へと至る。 決着はつかず、別れ際にはベジータ同士で「次に会う時までに鍛えておけ」と言葉を交わした。 ) 関連タグ 作品関連 仲間・ライバル () 親族 …父 …弟 …妻 …長男 …長女 …遠い子孫。 ドラゴンボールGTに登場。 天敵(?) 台詞・技 体格 ネタ・二次創作など :作品としては全く繋がりが無いが、身長と体重が共に一致する男性。 他の記事言語 関連記事 親記事.

次の

[想いの爆発]超サイヤ人2ベジータ&ブルマの評価

ベジータ2 数字

次々と大猿と化すサイヤ人が、圧倒的戦力差でツフル人を滅ぼした。 惑星プラントを惑星ベジータと改名し、一代でサイヤ人王家を築き上げる。 ベジータ王の戦闘力は、バーダック( 1万 )を鎮圧できるほどには高い。 エイジ732 ・サイヤ人の宇宙進出 ・ベジータ王が妃を娶る - ツフル人から奪った科学力を利用して宇宙進出。 フリーザ一味と手を組み、宇宙の地上げ屋を始める。 ベジータ王妃(ベジータの母)の詳細は不明。 エイジ732 某月某日 ・ベジータ誕生 0歳 ベジータ (以下、名前無表記はベジータの戦闘力) 3000 サイヤ人は生まれてすぐに戦士としての素質を検査される。 王族とて例外ではなく、ベジータも戦闘力測定を受けただろう。 生まれも育ちも超エリートを自負するベジータだ。 (ブロリーの出生時 1万 は例外中の例外として) 赤ん坊の頃から 3000 はあったものと推測できる。 エイジ733~ 734? ・ターブル誕生 1~2歳 ターブル 0歳 5000 ~ 7000 ターブル 2000 ベジータの弟・ターブル誕生。 ターブルは性格的に戦闘に不向きなだけで戦士としての素質は高い。 ベジータとターブルの年齢差は1~2歳程度かと思われる。 エイジ737 某月某日 ・惑星ベジータ消滅 5歳 ターブル 3~4歳? 1万3000 ターブル 8000 ~ 1万 ガキの頃に王( 1万2000 )は超えていたというベジータ。 素質の面からいえば、ターブルも5歳になれば王に並ぶだろう。 だが、ターブルは性格的な問題から辺境の惑星に追いやられた。 存在を抹消されたも同然のサイヤ人王族なのだ。 ベジータはこの頃ビルスに会っている。 フリーザの下で戦い続け25年、ようやくキュイと互角の戦闘力に。 ベジータを苦戦させる強敵がいなかったせいもあるだろう。 しかし、悟空との出会いを境に30代で爆発的成長を遂げていく。 この時点では気(戦闘力)のコントロールはできない。 独自に気(戦闘力)コントロール技術を習得し、キュイを油断させた。 「かまわん、そのうち生えてくる」と言った尻尾は二度と生えてこない。 (尻尾が失われるというのもサイヤ人の限界を超える条件かもしれない? 油断した変身ザーボン( 2万9000 )を上回る 3万 の戦闘力で撃破した。 エイジ762 12月24日 ・対リクーム戦 この時点の最大戦闘力は「 3万 を軽く超える」(DB改ジースの言)。 回復直後は悟空(瞬間 6万 )を上回る 7万 程度。 仙豆でも回復しきれなかった睡眠不足。 仮眠をとったおかげか、発揮できる最大値が大幅上昇。 フリーザの新型スカウターを測定不能で破壊した。 対最終フリーザ戦 戦闘力を限界まで下げ、わざとクリリンに半殺しにされた。 デンデ回復を経て、第三フリーザ(最大 200万 )を超える。 (当然、界王拳は使えない。 それに類する戦闘力倍加法も存在しない) だが、最終フリーザが「ちょっと本気」(2. 5% 300万 )になっただけで敗北。 (最終形態に変身直後のフリーザは2%、戦闘力 240万 ) エイジ763 10月某日 ・魔凶星(ガーリックJr. )編 31歳 300万(最大) 悟空を追い求め宇宙放浪。 「一度死んで生き返った」ことでパワーアップした? (アニメDBZでの言) エイジ764 8月某日 ・フリーザ親子来襲 32歳 350万(最大) 秘密特訓でパワーアップ。 300倍以上の超重力特訓で悟空(超1-1: 7億5000万 )を超えた。 超化時期も未来の自分より早いだろう。 (トランクスが生まれる前) 18号( 9億 )にも肉薄するが、スタミナの差で敗北する。 修行開始から2ヶ月で超サイヤ人 第二段階に到達。 第三段階を欠陥形態として封印し、地力をひたすら伸ばす。 多少1年をオーバーしてようやく納得し、外界に出た。 不完全ながら「超サイヤ人1 フルパワー(第四段階)」へ移行した。 (悟空や悟飯ほどの境地には達していない。 悟空との差は 1. 5倍 ) 以降、肉体年齢には計2年がプラスされる。 超サイヤ人2変身を身に着け、セルゲーム時の悟飯を超えた。 しかし悟空との戦闘力差( 1. 5倍 )は変わっていない。 (カードやゲームの超3ベジータの戦闘力を想定するならこの時点) バビディにわざと支配され魔人化することで悟空と互角に。 ファイナルエクスプロージョン(自爆)は超2限界値の 3倍 の威力。 ベジットの戦闘力は悟空( 30億 )とベジータの平均値( 25億 )が基本。 エイジ776 5月? ・対アボカド戦 44歳 肉体年齢 46歳 ターブル 42~43歳? 悟空(カカロット)の後を追うことを止め、自分なりの強さを究める道へ。 ターブル 初登場時のベジータ( 1万8000 )に次ぐ戦闘力に自然成長。 サイヤ人王族として素質は高いが、性格的に戦闘向きではない。 (外見も悟飯に近く、おっとりとした雰囲気の青年) 自ら進んでパワーアップする機会もなかっただろう。 尻尾があり、大猿化が可能。 「よくもオレのブルマを! 」と怒りの超絶大変身。 見た目は超1~超2と変わらないが、発揮された力は超3悟空以上。 いや、アルティメット悟飯さえも上回るとんでもないものだった。 単なる怒りでは説明がつかない超強化率だ。 サイヤ人の王子様が愛の零地点突破? 名付けて超サイヤ人0(ラブ)!? (超0のパワーアップ率は通常時の 4万5000倍 ) ビルスとの戦いの後、ベジータも超ゴッド化した模様。 10年前の自分(魔人ベジータ)に追いついた。 サイヤ人の特性で若いまま。 自力で変身できるのは超2までだが、超3覚醒段階にはある。 スーパーベビー2はベジータ未覚醒の超3ベースの変身体。 超ブルーツ波を過剰吸収することで限界突破。 (尻尾がないため自力で超4化できない) 肉体年齢が還暦を迎えたとは思えないほどに若々しい。 ドラゴンボールヒーローズGM7弾でGTベジータの超3化も達成された。 エイジ890 5月7日? ・GT最終回 ・第63回(? )天下一武道会 ベジータJr. 10歳? ベジータJr. は推定年齢10歳前後。 「なんで? だって今 確かに おじいちゃんは神龍と一緒に…」 「そいつは大事に取っておけ…」 -限界突破ルート- 紫数字 :完全推定数値 解釈を変え、純粋ブウ消滅後からドラゴンボールGTまでの戦闘力を「限界突破」させた数値。 詳しくはを参照のこと。 地球暦 年齢 戦闘力 備考 エイジ776 5月? 超2でかつての無邪気ブウ( 1兆 )を倒せるレベル。 しかしアナザーブウはもっと強かった。 ゴッド吸収でパワーアップ。 (「神と神」以降のゴッド吸収が永続) さらに超サイヤ人変身することもできる。 ・GT最終回 ・第63回(? )天下一武道会 ベジータJr. 10歳? ベジータJr. アニメでは超サイヤ人に目覚めているが、原作では不明。 宿敵カカロットが亡くなり、そのやりきれない怒りが超サイヤ人を目覚めさせたのか。 しかし、人造人間には及ばず戦死する。 (ブルマの推測では地獄に落ちた) -劇場版ドラゴンボールZ- 紫数字 :完全推定数値 タイトル 敵 戦闘力 備考 激突!! 本編に組み込むことはできないパラレルストーリー。 精神と時の部屋で修行開始した直後の戦闘力。 実際に変身したのは超1-1まで。 潜在パワー膨大さは超1-3クラス。 (メタルクウラ・コアが吸収しきれなかった) 極限バトル!! (人造人間が倒されセルも出現しなかった世界) 精神と時の部屋で数ヶ月修行した戦闘力。 燃えつきろ!! (セルゲーム開始までの空白の3日間) だが、やはり設定上食い違いの多いパラレルストーリー。 (セルが完全体化する前に倒された世界) セルゲーム前後とは異なる戦闘力に超化状況。 基本値ではセルゲーム時( 8億 )を下回っている。 だが、超1-2変身時はセルゲーム時の超1-4( 400億 )以上。 銀河ギリギリ!! (セルゲーム直後) 戦闘力もセルゲーム直後のものを採用できる。 悟空が亡くなり戦う意欲を失っていたが、トランクスの危機に立ち上がる。 復活のフュージョン!! ( ゴテンクスが無邪気ブウを倒し平和にした世界) 純粋ブウ消滅から1年後に相当する世界だが、ベジータは変化なし。 生き返ることも肉体を得る機会もなく、魂のまま地獄の責め苦を味わってきた。 ジャネンバの影響で一時的に肉体を取り戻す。 超サイヤ人はオーラがスパークしておらず、超2未満。 ベクウ・ゴジータの戦闘力はベジータ( 20億 )基本。 ドラゴンボールヒーローズGM3弾で超3ゴジータが登場。 龍拳爆発!! (純粋ブウ消滅後) 純粋ブウ消滅から1年10ヶ月後の戦闘力。 オーラはスパークしていないが、状況的に超2変身したと見てよい。 (純粋ブウ消滅の4年後) -ベジータグッズ- ・主要キャラクター別戦闘力 スポンサード リンク.

次の