大阪 パチンコ 屋 営業 中。 【新型コロナ】大阪府のパチンコ店が営業再開|大阪市・堺市・高槻市で営業中のパチンコ店はどこ?

大阪府営業中のパチンコ店はどこ?店名は?公表は逆効果!処分は??|トレンド口コミ~コーヒーイノベート~

大阪 パチンコ 屋 営業 中

世界も注目。 大阪府が休業要請に応じないパチンコ店の名前公表 全国で初めて、休業要請に応じないパチンコ店、6店の名前の公表に踏み切った大阪府。 27日にも新たに3店の名前を追加公表した。 東京都も、28日にも応じない店名の公表に踏み切るとみられている。 加藤綾子キャスター: 休業要請に応じないパチンコ店、どう思われますか? パトリック・ハーラン氏: これは日本独特の悩みだと思うんですよ。 世界では強制・強要をもってロックダウンさせるんですけど、日本だと自粛を要請するだけですよね。 ということは自己判断に任せているんですよ。 昔から「恥の文化」と言われているんですけど、この恥をもって国民を動かそうとすると、恥にビビらない。 恥を恐れない人はそれだと動かない。 これがこの制度の「落とし穴」でもあるんですね。 加藤綾子キャスター: そこが難しいところですよね。 公表すると宣伝になってしまうんじゃないかなと。 パトリック・ハーラン氏: 逆効果なところもありますよ。 加藤綾子キャスター: さらに実は、海外メディアもこのことについて報じている。 」 『大阪が休業要請を無視するパチンコ店の実名公表で辱め』というのがあるんですけど。 パトリック・ハーラン氏: これは 「Name and Shame」というこの行為が注目されているんですよ。 名前を出して恥をかかせる。 これは昔から注目されているんですけど、日本は国民の道徳に訴えて、力ではなくて、その良心で動かそうとするんです。 米プリンストン大学のシェルトン・ギャロン教授が「道徳を使った説得法」というんですけど、今回は果たして効くかどうか世界が注目しています。 加藤綾子キャスター: 世界が注目しているやり方ということですよね。 パトリック・ハーラン氏: 「個人とかお店の行動を、制限するんだったら制限すればいい」と世界は思っているんですよ。 加藤綾子キャスター: また店名の公表をめぐっては、26日タレントのラサール石井さんがTwitterでこのように書き込みました。 「『皆さん、パチンコ屋が軒並み閉まって大変でしょう。 今ならここが開いてますよお」と宣伝した結果になるのわからんかったかな」と批判したことに対し、吉村大阪府知事は 「『分からんかったの?』とはお気楽な立場だよ。 影響力ある立場なら『今だけはやめましょう』位言えないのかね」と反論している。 風間晋フジテレビ解説委員: 特措法に基づく対応策が、店名の公表くらいしかありませんから。 それを使わないという選択肢はないですよね、大阪府にとってみれば。 ただその程度のことしかできないっていうふうに、パチンコ店側に見透かされているのもまた事実だと思います。 ただ、人が集まってしまったという所に、どうしても注目がいってしまいますけれども、大阪府が最初に公表した6店のうちの3店は、実際に休業したわけですから。 公表した成果はあったという点も評価してあげないといけないのではないかなと思います。 日本の道徳に訴える自粛要請 罰則など法律による制御が必要なのか? パチンコ店の男性客A: こういう所じゃないとストレス解消できないと思っているので。 調べて開いているってなったらパチンコ好きな人からしたら、そういう所目指して行くじゃないですか パチンコ店の男性客B: 休んだら行かなかったらいいや、やってるから行こうぐらいの気持ち 街の80代男性: とんでもない話ですね。 公表どころかもっと徹底的にできればね。 法律でできるんだったらやった方がいい。 迷惑ですよね。 街の40代女性: 開ける方も問題あると思うんですけど、集まってきちゃう方も問題あると思うので。 街の30代女性: やっぱり罰則とか設けてもらって、完全にやめてほしいというふうに知事の方から言ってもらうのがいいかと。 街の40代女性: 大阪の方で(店名)公表されて殺到したって見て、そういうのがこっちでも起きるので葉と懸念している。 要請に応じないパチンコ店に対して、町からは怒りや戸惑いなどさまざまな意見が上がっている。 加藤綾子キャスター: どうすれば要請に応じないパチンコ店は、お店を閉めるのでしょうか? 特措法では 「協力要請」に続いて、 「要請」それに応じない場合に施設名の「公表」となっているんです。 この先どうなるのかと言いますと、 「要請」に応じないときは「指示」ができる。 罰則はないのですが、法的履行義務が生じるということになっているのです。 この指示と法的履行義務これはどういうことなんでしょうか? 風間晋フジテレビ解説委員: 罰則がなかったら誰も言うことを聞かないですよね。 ただ弁護士の方に聞いてみたんですけれども、日本の法律は意外とそういうことがあちこちに書いてあるそうです。 要するに「社会的な圧力を強めて言うことを聞かせる」ということなんですけれども、結局は今の要請をして、「聞いてくれなかったら店名を公表する」というやり方と、程度の差こそあれ同じなんですよね。 一部のパチンコ店やパチンコに出かけている人は「空気を読めよ」と言われても、それは「関係ないね」って動いているわけですから。 今回効果は期待薄かなと思う。 こちらの約777分の24。 これはなにかと言いますと、東京都内のパチンコ店のうち営業中と思われるお店の数が24店なんですよ。 つまり、残りの753店舗は自主的に休業しているんです。 なので休業しない理由を「やむを得ずやっている」とかいろいろ言いますけど、特段な理由は考え難いかなと思います。 加藤綾子キャスター: 確かにこの数字見ると、やるところはほとんどやっているということですよね。 パトリック・ハーラン氏: すばらしいですよ、本当に。 道徳と良心に基づいて行動しようとする個人とか、お店もすばらしいと思うんですけど、僕はパチンコ店だけじゃなくて、他の店もやってますし、実際に制御しようと思えば、別に特別措置法にこだわる必要はない。 健康増進法も4月から改正されまして、店内・室内の喫煙が全面罰金の対象になりました。 罰金制度を作ることはできるのですから、条例でも法案でも通して、ちゃんと力を持った法律を作ってもいいのかなと思う 風間晋 解説委員: 日本はなかなか罰金だとか罰則を作ることに関しては、ハードルが高いと思われるので、実際行政はですね。 例えば業界の監督組織みたいなものに、抜き打ちの立ち入り調査を行わせたりとか、そういう形で個別の店舗にプレッシャーを与えるという、次の策、次の策ってきっと考えているのではないかなとは思います。 加藤綾子キャスター: 一人一人の意識。 さらに、業界団体がもう少し足並みをそろえるような取り組みがあってもいいかもしれないですね。 (「Live News it! 」4月27日放送分より).

次の

新型コロナ:大阪府、パチンコ6店公表 休業要請応じず 全国初 (写真=共同) :日本経済新聞

大阪 パチンコ 屋 営業 中

当時、日替わりの営業をする店舗も少なくなかった。 国からの補償が無いのだから 土日だけ休業や 3. 4日休業後に再開する というパターンで凌いだのである。 系列的には、楽園、エスパス、ガイア系は早々と自粛を始め 後からガーデン系、ゴードン系、ヒノマル系、スターダスト系が続いた形である。 パチンコ屋は安全なのか? パチンコ愛好家「人と話さないから蜜ではない」という意見があるが、 最近は、スーパーなどの話さない環境での感染が確認されている為、 段々と安全とは言えない状況になってきたのである。 特に、トイレからのエアゾル感染が注目されている。 (小便の湯気から感染等) ニューヨークではレジの感染が院内感染より多く 野菜1つ買うのにも命がけというのだから気が抜けない。 また、現在でも営業している店舗は ・時短営業(10:00~21:00) ・店内BGMの音量減 ・広告宣伝の自粛 ・ネオンの消灯 ・台間引きで距離確保 ・飛沫感染防止用ビニールシート設置 ・従業員の体温測定、マスク着用 ・離席後の台消毒 ・毎時間の店内換気 ・ 来店時に客の体温チェック徹底 などの対策を掲げている店舗も多いが 営業時間を短くしたところで感染防止にはならなそうである。 また、店員の体温チェックは(長い潜伏期間がある為) 熱が出た頃には多くの方に移した後の可能性もある。 マスコミは入口側に待機、お店側は相手にせずとのことでした。 なんでもそうだが、人間欲がある。 確かに行く人間は危機感足りんは思うが、それでパチンコ屋が最低とかは別の話。 慈善活動も社会貢献経済貢献は他業種を圧倒しておるし、ほとんどのパチンコ屋は休業しておるわけで極一分のどうしようもならない店が営業している。 小を見て大を責めるとか鬼畜の所業。 アムディを責めれば良いのに言うにこと書いてパチンコがダメとか脳の機能がおかしいよ。 まぁさらに言うなればアムディを責める前に休業出来ない現状をどうにか出来るよう補償するのが区の責任だし、区長はそれを都に言う必要があるし都は国に言う必要がある。 さらにさらに言うならば、たかだか1ヶ月の休業で経営が傾く自転車操業なんて経営のセンスない。 どこも苦しいのは理解しておるが、ある程度の資金は留保して然るべき。 言うなれば両方悪い。 でなにも考えず、ただただ悪と評する奴は己が1番の悪と認識する必要がある。 回路が元にもどるまで何年もかかりますよ 自分も 自分はたまたま良かった ギャンブルを最優先するようになるとりっぱな中毒だとおもいます.

次の

大阪府が休業要請に応じないパチンコ店名を公表…店は盛況、公表に効果はあるのか?

大阪 パチンコ 屋 営業 中

Contents• 大阪で休業要請無視のパチンコ屋6店舗はどこ? 休業要請に応じずに、4月24日に店名公表された大阪のパチンコ屋は、次の6店舗です。 店 名 住 所 1 丸昌会館 大阪市平野区背戸口5-3-12 2 だるま屋 大阪市平野区背戸口5-7-18 3 P. 25日に休業が確認されたため、リストから削除されました。 これに対して、残りの4店舗については、4月25日も営業を続けています。 特に、堺市の「P. KING OF KINGS大和川店」と「HALULU」には、25日の朝から客が押し掛けて長い列を作り、店内はほぼ満席で営業している、ということです。 常連客は、「いつもと変わらない」、「名前が出たから、他の店を探さずにここに来る人も増えるんじゃないか」と話している、とのこと。 残念ながら、事前に懸念されていたとおり、大阪府による店名公表が、これらのパチンコ屋の「宣伝」になってしまったようです。 【 公表パチンコ店に客殺到 】 大阪府が休業要請を無視して営業しているパチンコ店の店舗名を公表しましたが、逆効果で大勢の客が殺到しているとの情報が入りました。 開店前から客が殺到したのはキングオブキングス大和川店とHALULU。 約300人が長蛇の列をつくった模様。 他のパチンコ屋が閉まる中、一人勝ちが狙えると踏んだのだろう。 その策にまんまとハマってしまった大阪府。 やはり、強制的な施策の必要性が高まっている」 「数日の小銭稼いで、クラスター感染で営業停止。 風評被害で閉店。 営業を自粛しないパチンコ店を叩いている方々はなぜ?パチンコ屋が悪いってなるのかな。 そもそも自粛しろと言っているのにパチンコに行く人が悪いんでしょ。 どんな店もお客様がいなければ営業継続はできないし、売上、利益だってない。 叩かれるべきなのは行く人じゃん。 この状態で休業すると倒産し、従業員や取引先への責任を放棄することになりかねない。 (従業員の検温や消毒液の設置などの対応策をとっているので、)『パチンコ屋』というイメージのみで判断しないで。 公表を受けて当社店舗に来ることは控えて。 しかし、飲食店など他の業態も苦しい事情は同じです。 こうしたパチンコ屋の主張は、到底支持を得られるものではありません。 東京都知事の小池百合子は、4月28日から、都内で休業要請に従わずに営業を続けているパチンコ屋の店名を公表する意向を示しています。 しかし、このままでは、大阪府と同じく、結果的に我儘で営業を続ける店舗の「宣伝」になってしまうだけになってしまいそうです。 やはり、風営法上、パチンコ屋の許認可権を握っている警察が動くしかないと考えます。 通常であれば望ましい対応ではありませんが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、非常時の対応に踏み込むべきです。 また、こんな状況でもパチンコ屋に通い続ける客は、もう自分では自分をコントロールできない「ギャンブル依存症」になってしまっているわけです。 吉村知事や大阪市長の松井一郎の言う通り、パチンコは遊戯ではなくギャンブルとして禁止すべきです。 国会での早急な対応が必要です。 緊急事態宣言下、行政の呼びかけも関係なくパチンコ店に押しかける。 一律10万円配っても一緒。 パチンコの依存症問題に正面から取り組むべき。 国はパチンコをギャンブルと認めず、何らの規制もない。 依存症対策も正面から論じてこなかった。 IRは入場制限や依存症対策を様々とる。 パチンコもやるべきだ。 — 吉村洋文(大阪府知事) hiroyoshimura 今後、ギャンブル依存症対策を進める為にも、これまで既得権となってきたパチンコ業界のグレー規制を見直すべきです。 国会議員団のみなさん、パチンコは遊戯では無くギャンブルと規定し必要な対策を議論して下さい。 — 松井一郎 大阪市長 gogoichiro 記事をご覧いただき、どうもありがとうございました! < この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます!>.

次の