ゲーミングノートpc 2019。 ゲーミングPCはビジネス用途でも使える?|はじめてゲームPC

【2019年度改訂版】コスパ最強のゲーミングPCのおすすめ6選/コスパを気にするならゲーミング「ノートPC」が絶対にいい3つの理由

ゲーミングノートpc 2019

ゲーミングノートPCとは? By: ゲーミングノートPCとは、最新のゲームが快適にプレイできるハイスペックなノートパソコンのこと。 3D描写が少ない処理の軽いゲームであれば、一般向けのパソコンでもある程度は快適にプレイできますが、フォートナイトやApexのような最新の3Dゲームになると、グラフィックや複雑な処理などが追い付かず、プレイ中に動作がカクカクしたり、ゲームが起動できなかったりする場合があります。 その点、ゲーミングノートPCは、ゲームをプレイするうえで重要なCPUやGPUなどのスペックが高いため、処理の重い3Dゲームもストレスなく快適にプレイが可能です。 ちなみに、パソコンは長時間負荷がかかり続けると、発熱量が増えてパフォーマンスに大きな影響を与えてしまいますが、ゲーミングノートPCにはあらかじめ高度な冷却システムが備わっているので、長時間のゲームも発熱をしにくく安心して楽しめます。 ゲーミングノートPCの選び方 各種スペックをチェック CPUはCore i7以上がおすすめ By: ゲーミングノートPCが採用しているCPUは大きく分けて、Intel社の「Coreシリーズ」、AMD社の「Ryzenシリーズ」の2種類があります。 最新のゲームをノンストレスで楽しみたいなら、Intel社の「Core i7・i9」や、AMD社の「Ryzen 7」など、ハイエンドクラスのCPUがおすすめ。 それほど負荷のかからないゲームであれば、Intel社の「Core i5」や、AMD社の「Ryzen 5」といったミドルクラスのCPUでも快適に楽しめます。 ちなみに、CPUは同じシリーズでも、クロック周波数・コア数・スレッド数などの違いによって細かく型番が分類されているので、選ぶ際にはスペックの違いもしっかりチェックしておきましょう。 GPUはGTX 2070以上のものを GPUとは、3Dグラフィックスなどの画像描写を行う際に使われる半導体チップのこと。 ゲーミングノートPCのグラフィックス性能を大きく左右する重要なパーツのひとつで、どんな種類のGPUを選ぶのかによってゲームがサクサク動くかどうかが決まってきます。 現在、ゲーミングノートPCが採用しているGPUは、NVIDIA社の「GeForceシリーズ」と、AMD社の「Radeonシリーズ」の2種類。 最新のゲームを高グラフィックで楽しみたいなら、最低でもNVIDIA社の「GeForce RTX2070・2080」や、AMD社の「Radeon RX 5700」など、ハイエンドクラスのGPUが必要です。 画質設定にこだわりがないのであれば、NVIDIA社の「GeForce GTX1650・1660Ti」や、AMD社の「Radeon RX 570・580」など、ミドルクラスのGPUを選んでも快適にゲームが楽しめます。 メモリは16GB以上あると安心 ゲーミングノートPCのストレージには、「HDD(ハードディスクドライブ)」と「SSD(ソリッドステートドライブ)」の2種類があります。 ゲームをサクサク楽しみたいなら転送速度の速いSSD、コストパフォーマンスを重視するなら価格の安いHDDがおすすめです。 ストレージ容量はプレイするゲームにもよりますが、最近の3Dゲームは1本あたりの容量が約20~60GBと大きいため、最低でも「512GB~」、ゲームをたくさん楽しみたいなら「1TB~」を目安に選びましょう。 ちなみに、転送速度とコストパフォーマンスのどちらも重視したい方向けに、最近ではSSDとHDDのよいところを組み合わせた「デュアルストレージ仕様」のモデルもあります。 画面サイズをチェック By: ゲーミングノートPCの画面サイズは、大きく分けて13インチ・15インチ・17インチの3種類があります。 それぞれの画面サイズの特徴をしっかりと理解して、使う用途やシチュエーションにあったモノを選びましょう。 選び方の目安として、常に持ち歩いてどこでもゲームを楽しみたいなら13インチがおすすめ。 コンパクトで扱いやすく外出先にも気軽に持ち運んで使えますが、画面が小さいゆえにチャットなどの文字が見にくい、映像に迫力がないなどの欠点があります。 取り回しは少し悪くなりますが、画面の見やすさや映像の迫力を重視するなら、画面サイズのひと回り大きな15インチがおすすめです。 お気に入りのゲームを大迫力の映像で楽しみたいなら、さらに画面の大きな17インチもありますが、使えるシチュエーションが大きく限られるため、あくまでも携帯性は重視せず自宅に据え置いて使いたい方はチェックしておきましょう。 ゲーミングノートPCのおすすめメーカー エムエスアイ MSI 価格と性能のバランスに優れたゲーミングノートPCです。 最大4. 10GHzで駆動する「Intel Core i5-9300H」や、NVIDIA Game Readyテクノロジに対応した「GeForce GTX 1050」を搭載。 画質設定にこだわりがなければ、最新のゲームもサクサク快適に楽しめます。 ストレージ容量には「HDD 1TB」を採用しているので、たくさんのゲームを楽しみたい方にもおすすめです。 リーズナブルな価格ながら、2基のファンで本体を冷却する「Acer CoolBoost」、臨場感あふれるサウンドが楽しめる「Waves MaxxAudio」、全情報を素早くモニタリングできる「NitroSense専用キー」など、便利な機能を多数搭載。 リフレッシュレートは最大144Hzの高速駆動に対応しているので、動きの激しいFPSやレースゲームも滑らかな映像でプレイ可能です。 携帯性に優れたゲーミングノートPCです。 6インチの見やすい大きなディスプレイを搭載していながら、薄さ21. 7mm・軽さ1. 86kgのコンパクトなボディを実現。 自宅はもちろん外出先にも気軽に持ち運んで使えます。 Androidエミュレータソフト「MSI APP PLAYER」を使えば、普段遊んでいるスマホゲームが大画面で楽しめるのも大きなポイントです。 スペック面では、第9世代の「Intel Core i5-9300H」や、ミドルクラスの「NVIDIA GeForce GTX 1650 Max-Q」を搭載。 最新の3Dゲームもノンストレスで快適に楽しめます。 合計4つのUSBポートに加えて、HDMIやギガビット有線LANなど、便利なインターフェイスが充実しているのも魅力のひとつです。 基本性能が充実したレノボのゲーミングノートPCです。 一回の充電で最大約10時間使える「長時間バッテリー」を採用。 外出先でもバッテリー残量を気にせず長時間ゲームが楽しめます。 CPUには第9世代の「Intel Core i5-9300H」、GPUにはエントリー向け「GeForce GTX 1050」を搭載。 ストレージ容量は1TBと大容量なので、たくさんのゲームを楽しみたい方にもおすすめです。 これからゲームを始める初心者の方にピッタリの1台です。 第2世代の「AMD Ryzen 7 3750H」を搭載したゲーミングノートPC。 ミドルクラスのGPU「AMD Radeon RX 5500M」との組み合わせで、最新の3Dゲームもサクサク快適に楽しめます。 ディスプレイには、リフレッシュレート120Hz対応の「ゲーミング液晶パネル」を搭載。 動きの速いゲームも滑らかな映像でプレイが可能です。 機能面では、キーカスタマイズに対応した「SteelSeriesゲーミングキーボード」や、2台の外付け液晶モニターに映像出力可能な「MATRIX DISPLAY」、大迫力のサウンドが楽しめる「ステレオ2スピーカー」を搭載。 冷却システムには、7本のヒートパイプと2基のファンで内部の熱を外部へ排出する「Cooler Boost 5」を採用しているので、長時間のゲームも発熱を気にせず安心して楽しめます。 3インチの大画面ディスプレイを搭載したゲーミングノートPC。 お気に入りのゲームが臨場感あふれる大迫力の映像で楽しめます。 リフレッシュレートはノートパソコン最速クラスの240Hzに対応しているので、レースゲームやバトルロイヤルゲームなど動きの激しいゲームでも滑らかな映像でプレイが可能です。 スペック面では、第10世代の「Intel Core i9 10980HK」、リアルタイムレイトレーシングに対応した「GeForce RTX 2070 SUPER」、SSDとHDDのよいところを組み合わせた「デュアルストレージ」を搭載。 ネットワークの帯域を自動的にゲーミング向けに最適化する「Killer LAN」を使えば、遅延かつ安定したネット接続でゲームが楽しめます。 オムロンのメカニカルキースイッチを採用したゲーミングノートPCです。 高さ2. 5mmのゲームに最適なキーストロークと、最大1500万回の耐久性を誇るキーストローク寿命を実現。 高速入力と安定した操作性でどんなゲームも快適にプレイが可能です。 8個のコアを搭載した第9世代「Intel Core i9 9980HK」をはじめ、ハイエンドGPU「GeForce RTX 2080」や、HDD 2TBとM. 2 SSD 1TBを組み合わせた「大容量デュアルストレージ」など、全体的なスペックが高いのも魅力。 パソコン内部を強力に冷却する独自の「WINDFORCE Infinity」を採用しているのも大きな特徴です。 By: エイスースの最新技術が詰まったハイエンドゲーミングノートPC。 8コア16スレッドのハイエンドCPU「Intel Core i9 9980HK」に加えて、大容量メモリ「DDR4 PC4-21300 64GB」や、SSD 1. 536TBとハイブリッドHDD 1TBを組み合わせた「大容量デュアルストレージ」を搭載。 リフレッシュレートは144Hz、応答速度は3msに対応しているので、動きの激しいゲームも快適にプレイが可能です。 GPUには、ノートPC向けの薄型タイプではなく通常版の「GeForce RTX2080」を採用しているので、処理の重いVRコンテンツや高解像度のゲームもノンストレスで楽しめます。 ホコリやゴミを排気ごと吹き飛ばす大型ファンと、強力な8本のヒートパイプを組み合わせることで、高負荷時でもパソコン内部の温度を均一に保つことが可能。 ワンランク上のゲーミングノートPCが欲しい方におすすめの1台です。 世界トップクラスのスペックを備えたエイスースのモンスターマシーン。 ターボ時5GHzで駆動する「Intel Core i9-9980HK」をはじめ、リアルタイムレイトレーシング対応の「GeForce RTX 2080」や、大容量の「DDR4 PC4-21300 64GB」など、ハイエンドパーツを多数搭載。 ストレージには512GBの大容量SSDを3個搭載しているので、思う存分好きなだけゲームが楽しめます。 ほかにも、本体から取り外して使える「着脱式キーボード」、埃やゴミがヒートシンク付着するのを防ぐ「セルフクリーニング冷却システム」、高速なLAN接続を実現する「Intel Wi-Fi 6」など、便利な機能を多数搭載。 迫力ある映像が楽しめる「17. 3型ワイドTFTカラー液晶」を採用しているのも魅力です。 最新のクーリングシステム「AeroBlade 3Dファンテクノロジー」を採用したゲーミングノートPCです。 59枚のブレートを用いたメタル製ファンを3基と、5基の銅製ヒートパイプを組み合わせることで、パソコン内部の熱を効率的に排除し冷却。 長時間負荷がかかるようなゲームも発熱を気にせず安心して楽しめます。 CPUには第9世代「Intel Core i7 9750H」、GPUにはハイエンドクラスの「GeForce RTX 2080 Max-Q Design」を搭載しているので、最新の3Dゲームはもちろん、VRコンテンツやマルチタスクも快適に動きます。 デルの人気シリーズ「ALIENWARE」のハイエンドモデルです。 デスクトップPC並みの性能を備えた「GeForce RTX 2070 Max-Q Design」を搭載。 複雑な3Dグラフィックのゲームも高速で描画することが可能です。 プレミアム素材の「マグネシウム合金シャーシ」を採用することで、ほかのゲーミングノートPCとは違った高級感のあるスタイリッシュなデザインに仕上がっています。 機能面では、視点をより精確に追跡できる「Tobii視線追跡機能」、パソコンの設定をひと目で確認できる「ALIENWARE COMMAND CENTER」、目に有害なブルーライトを軽減させる「ブルーライトカット」を搭載。 薄さわずか18. 5mm・重量2. 63kgのコンパクトボディを実現しているのも大きなポイントです。 コンパクトなボディにレイザーの最先端技術を詰め込んだモデル。 ディスプレイには15. 6インチの「有機EL 4Kタッチディスプレイ」を搭載しており、お気に入りのゲームが色鮮やかな高精細映像で楽しめます。 CPUには第9世代「Intel Core i7 9750H」、GPUには「GeForce RTX 2080 Max-Q Design」を搭載。 独自の冷却システム「真空密閉・液体充填式銅製ベーパーチャンバー」を採用することで、常に最大限のパフォーマンスが発揮できるのも魅力です。 最新の3Dゲームが快適に楽しめる高いスペックを備えていながら、薄さわずか17. 8mmとコンパクトサイズを実現。 室内はもちろん外出先にも気軽に持ち運んで使えます。

次の

【2019年度改訂版】コスパ最強のゲーミングPCのおすすめ6選/コスパを気にするならゲーミング「ノートPC」が絶対にいい3つの理由

ゲーミングノートpc 2019

ゲーミングPCをビジネスで活用できる? 基本概念として普通のパソコンとゲーミングPCの違いはグラフィックカードが搭載されているかいないかというというのが大きな違いです。 上の画像は管理人の所有しているGeForce RTX2070 SUPERですが、CPUと同じく発熱があるので冷却する為にファンが付いているのがグラフィックボードです。 専門のグラフィックボードを搭載しているゲーミングPCまでのハイスペックな性能は必要無いので一般的なパソコンがおすすめです。 なので用途次第で必要かどうかというのはケースバイケースになります。 性能としては高くないですが、本格的な作業やゲームなどをやらないなら十分使えます。 ビジネスでゲーミングPCがダメだと思う場合 ここが一番気になるポイントでしょう。 持ち運びを重視する場合にはゲーミングノートPCはグラフィックカードが搭載されているので重量が重いです。 薄型軽量だと1kg程度で購入できるノートPCもあります。 本格的なゲーミングノートPCだと2kg~3kg等になってきます。 もちろん大は小を兼ねる理論であらゆる処理を高速にとなるとハイスペックが有利になるでしょう。 しかし必要無いのであれば無駄になってしまいます。 なので 持ち出して作業やゲームをプレイしないのであればゲーミングノートPCは必要が無いと思います。 (自宅の環境を省スペースにするならアリ) 例えば静かな場所での打ち合わせでパソコンを持っていってファンが盛大に鳴ったら恥ずかしいので付属アプリケーションで静音モードにするなどの工夫は必要になるでしょう。 それでもファンレスモデルなどファンがほとんど鳴らないノートPCの方が普通のビジネスの現場の打ち合わせとして持っていくなら適しているかもしれません。 デスクトップPCの場合にはそもそも持ち出せないので自宅で出来ない仕事の場合には使えないという事になりますが、 自宅で出来るお仕事の場合には有利になります。 スペックが高く快適に使えるのでデスクトップのゲーミングPCはおすすめです。 パソコンでお金を稼ぐ代表的なジャンル 次にビジネス=お金を稼ぐという観点でゲーミングPCが活用できるのかという部分に迫ってみようと思います。 パソコンでお金を生み出す代表的なのは下記の感じになります。 音楽制作• イラスト制作やデザイン• Webサイト制作・Webデザイン• 3DCG制作• プログラミング• プロゲーマー• 写真加工(ブログなど)• 動画編集(YouTuberなど) 音楽制作、イラスト・デザイン全般、3DCG、Webサイト制作・Webデザイン、プログラミング、プロゲーマーに関しては専門技術でお金を稼ぐという事になるので 一般的には写真加工、動画編集や動画投稿・配信になるかと思います。 特に注目を集めているのはプログラミング、ブログ、動画(YouTuber)あたりが本業とは別の副業としても注目を集めているかもしれません。 プログラミングに関しては教育的な部分の『論理的思考能力』を付けるや『コンピューターを積極的に道具として使っていきましょう。 』という部分の意味合いもあるかもしれませんね。 ブログやプログラミングに関しては経験上パソコンのスペックとしてはそこまで高い性能は必要無いと言えますが、どちらも上級者レベル(余裕でご飯を食べていけるだけのスキルを持っている)になってくるとハイスペックが選ばれる傾向は高いかと思います。 Macでゲームは実質快適に出来ないので用途は分ける必要があると思います。 動画編集に関してはゲーミングPCでも代用可能になります。 高スペックが必要な用途はゲームと動画編集 ゲーミングPCはゲームしか使えない訳では無くゲームというパソコンの中でも性能が必要な用途に適しているパソコンになります。 動画編集も同じくパソコンの用途の中でも重い作業になりますが、ゲーミングPCの中でもハイスペックなモデルの場合には大抵快適に動いてしまいます。 一般的なパソコンは『ビジネス用途』『法人向けPC』 クリエイティブを快適にする『クリエイター向けのパソコン』『Mac』 ゲームを快適にプレイできる『ゲーミングPC』 ビジネス向けパソコンについて 一般的なパソコンは基本的にはビジネス用途です。 『Microsoft Office』を使用したりがメインなので普通の使い方の用途の場合にはスペック的には低くても快適に使える場合が多いです。 低価格や薄型軽量モデルだったり堅牢性があったり、長時間駆動だったりが特徴的ですね。 快適に使うならCPUはある程度性能の高いCore i5~がおすすめです。 知り合いの開業医のお医者さんは『』を持っていて『軽くて長時間使えて頑丈だから良い』と言っていました。 つまり普通の作業であればグラボが搭載したモデルで無くても十分使えるという事になります。 クリエイティブ向けについて クリエイティブならクリエイター向けPCブランド『』や『』が最適解でしょう。 WindowsかMacかが選定基準。 管理人はWindows出身なのでMacはあまり使いこなせないです。 Macだと基本ゲームは出来ないですね。 クリエイティブでもデスクトップPCの場合には基本的にはスペック依存なのでゲーミングでもクリエイティブでもそこまで変わらないです。 Quadroなど専用のビデオカードが業務に必要な場合に選択肢に上がってくる場合はあります。 ノートPCの場合は液晶が特化している製品が多いでしょう。 ゲーミングPCについて 2Dゲームなら軽いですが3Dゲームとなるとパソコンの中でも重い処理性能を要求されます。 そこでビデオカードが搭載されたゲーミングPCの出番です。 価格を抑えたモデルから高いモデルまで揃っていて、ライトな使用用途でもヘビーな使用用途でも豊富な選択肢からスペックを選ぶ事が出来ます。 また、コスパも高いのでおすすめです。 ゲーミングPCの選び方はこちらでまとめています。 まとめ パソコンはあくまで道具やツールと言った類のものです。 それを使ってビジネスにどう活かすのかはあくまで使用者側の使い方に大きく依存します。 ですので今現在ビジネスとしてパソコンを使っていて『ブログでお小遣い稼ぎをしたい』『プロゲーマーを目指す』『これからYouTuberを目指して大きくお金を稼ぐ』『専門スキルで収益を生み出している』『業務上必要不可欠』という場合には用途に応じて適切な道具を揃えていくのが良いでしょう。 あくまで管理人の使い方が中心の解説になっているので現場に高スペックノートPCを持っていく必要があるお仕事をしている方はゲーミングノートPCを検討されたりすると思うのでその辺りはケースバイケースになります。 まずは今使っているパソコンで代用出来ないかを色々試行錯誤して試してみてそれでもスペックが不足していると感じたら道具を切り替えていくという感じですね。 お仕事だとパソコンは経費で落ちますもんね。 では、参考になったら幸いです。 良きPCライフを!.

次の

【2020】ゲーミングノートPCのおすすめ比較|コスパ最強の人気パソコンとは

ゲーミングノートpc 2019

2020年1月Windows 7サポート終了前で買い替え時期到来 冒頭でも記載しましたが、 2020年1月にWindows 7の延長サポートが終了するとWebの広告やパソコンの通知からご存じの方もいるかと思います。 過去にWindows XPから7への移行で手こずった企業では、Windows 10対応モデルに入れかえ済みも少なくありません。 しかし個人では半分近くがWindows 7を利用している、とのデータもあり、2019年夏はボーナスを利用するなどして最新のWindows 10対応モデルに買い替える時期です。 買い替え促進の時期なのでお得に購入できるチャンス 2020年1月のWindows 7延長サポート終了を利用して、多くの家電量販店やパソコンショップでは買い替えキャンペーンを開催しています。 ユーザーにとっても Windows10対応モデルにお得に買い替えるチャンスなので、前向きに購入を検討するべきでしょう。 ではどんなパソコンを選ぶべきかを紹介する前に、2019年夏時点でノートパソコンとデスクトップの最新トレンドを簡単に解説します。 ノートパソコンの2019年トレンドは軽量化と高性能化が極端 2019年のノートパソコンは、 軽量化に進むか高性能化に進むかの二極化が進んでいます。 1kg前後の重量で持ち運びしやすく価格も抑えたモデル• 高性能なCPUを搭載し高機能・高価格化を進めたモデル それぞれのモデル特性を詳しく見ていきましょう。 1kg前後の重量で取り回しの良いノートパソコンがトレンドの1つ 2019年のノートパソコンでユーザーからの視線を集めているのが1kg未満の重量のノートパソコン市場で以下のようなノートパソコンが該当します。 重量1kg前後• 価格帯は3~5万円前後のエントリーモデル• CPUはi3~i5• HDDやSSDを搭載• 学生からノマドワーカーまで幅広い人が利用可能 価格が安く重量も1kg未満と持ち運びがしやすいので、 学生からビジネスマンまで幅広く利用出来るのが特徴です。 専門的な使い方よりも文書作成やWeb閲覧を目的とするなら、このモデルを選ぶのがおすすめです。 高性能を追求したノートパソコンもトレンド 軽さと価格の安さを追求したモデル以外にも、技術力向上でより高性能化を図ったモデルも最新ノートパソコンのトレンドの1つです。 中にはデスクトップのゲーミングパソコンすら上回る程のスペックを持つノートパソコンもあり、 ゲーミングパソコンはデスクトップという定説を覆す物もあります。 本格的にゲームをしたい人はゲーミングノートパソコンを選んだり、ビジネス用に高機能なモデルを選ぶのもおすすめです。 デスクトップの2019年トレンドは大型化・高性能化の傾向 一方のデスクトップはノートパソコンの性能が上がった事でより大型化、高性能化に進んでおり利用するユーザーも プロフェッショナル向けの傾向にあります。 音楽作曲家や3Dグラフィッカー• 動画編集者• プログラマーやSE• トレーダー といった専門職に好まれるハイスペックマシンが、デスクトップに多くなっているのが2019年の最新のトレンドです。 モニターにつないで大画面で操作できるのがデスクトップのメリットですが、HDMI出力可能なノートパソコンなら外部モニター出力も出来ます。 モニターが大きいからという理由でデスクトップを選ぶ理由は薄れており、高度な使い方を利用したい人がデスクトップを選ぶのがおすすめです。 安価なデスクトップもある もちろん2019年時点でも 安価なデスクトップも販売されているので、デスクトップにこだわりたい方はそちらを選ぶのも良いでしょう。 ただモニターが付随していなかったり、MicrosoftのOfficeソフトがインストールされていないモデルも少なくないのでご注意下さい。 おすすめのノートパソコンを4モデル紹介 それではここからは2019年夏におすすめのノートパソコンを、• 取り回しに優れて安価なモデル• ハイスペックなモデル をランキングで紹介します。 なお今回紹介するノートパソコンとデスクトップは、Windows 7ユーザーが買い替えると想定し、Windows 10搭載モデルを全て選んでおります。 1位 重量がたった1kgの『ASUS E203MA』 画像引用元: 項目 内容 機種名 ASUS E203MA メーカー ASUS CPU インテル Celeron N4000 OS Windows 10 Home メモリ 4GB LPDDR4 2400MHz 価格 36,800円 ASUS Store 2019年おすすめのノートパソコンの1台が『ASUS E203MA』で、価格36,800円と購入しやすい格安モデルとなっています。 重量が1kgなので持ち運びがしやすく、 価格が安いWindows 10搭載ノートパソコンが欲しい! という方におすすめです。 他にも『ASUS E203MA』には以下の特徴をもっています。 『ASUS E203MA』は安価でバッテリーが長持ちするモデル 『ASUS E203MA』の大きなメリットは 最長14. 6時間のバッテリー駆動時間を持っているので、外出時でもバッテリー持ちを心配する必要性が薄い点です。 電源が無い場所でビジネスで使う資料や文書の作成、プライベートではSNSやブログの更新等がしやすくなっています。 重量も1kgなので外出時の負担になりにくいのも大きなメリットと言えるでしょう。 com参考 5万円台まで出せるなら『Acer SWIFT1』も、安価なWindows 10搭載ノートパソコンの選択候補に挙がってきます。 Windowsマルチタスク機能を搭載しており、複数のタスク処理を並行して処理できるので様々なアプリやソフトウェアを同時に動かしたい方におすすめです。 ほぼ1日中充電無しで利用出来るタフネスさが売りの『Acer SWIFT 1』 『Acer SWIFT 1』のメリットは 最大20時間の持続時間を持つバッテリーで、最初におすすめしたASUS E203MAよりバッテリーが更に長持ちするポイントです。 バッテリーの持続時間が伸びた分、重量は1. 3kgと重くなってしまったものの1日中ほぼ充電無しでも利用できるのは大きなメリットです。 バッテリーの長持ちは人を選ばないメリットなので、外出時に持ちだす人は勿論、たまに外出時に持ち出して利用する人にもおすすめです。 3位 ハイスペックなビジネス向けノートパソコン『SONY VAIO SX12』 画像引用元: 項目 内容 機種名 VAIO SX12 VJS1218 メーカー ソニー CPU VAIO TruePerformance適用 Core i7-8565U(1. 80GHz)、 VAIO TruePerformance適用 Core i5-8265U(1. 60GHz)、 Core i3-8145(2. 10GHz)、 Celeron 4205U(1. 重量888~897gと非常に軽く様々な場所に持ち運べる他、更に12. 5型ディスプレイで見やすい液晶画面が特徴です。 静寂キーボードを搭載し静かなオフィスに適している『SONY VAIO SX12』 『SONY VAIO SX12』はフルサイズの静寂キーボードを搭載しており、デスクトップや大画面のノートパソコンと同じ19mmのキーピッチのキーボードとなっています。 キーピッチが大きいのでミニサイズのノートパソコンでありがちな、誤ってタイピングしてしまう 『誤タイプ』が起きにくいというメリットがあります。 更にクリック音を抑えたタッチパッドも搭載しているので、静かなオフィスでも使えるよう配慮しているのも評価点です。 『SONY VAIO SX12』はVGA端子からHDMI端子など幅広く入力端子に対応している ビジネスの現場でノートパソコンは資料作成の他に、プロジェクターと接続してプレゼンに使用したり映像機器と接続してデモ映像を流す用途に使われます。 『SONY VAIO SX12』はそれらの用途に利用できるように下記の 幅広い入力端子に対応しております。 4K出力対応のHDMI端子• VGA端子• 有線LAN端子• USB-Type C端子• フルサイズUSB端子• SDメモリーカードスロット 資料や文書の作成から、仕事でのプレゼンまで幅広いビジネスシーンで『SONY VAIO SX12』の活躍が期待できるでしょう。 次の章では、おすすめのデスクトップを3モデル紹介します。 こちらもOSリカバリオプションや本体カラー等、一部オーダーメイドタイプとなっており、 お好みに合ったノートパソコンを購入する事が出来ます。 『 Dell G3 15プラチナ』はターボブーストモードとデュアル冷却ファンでゲームをサポート 『Dell G3 15プラチナ』はゲーミングパソコンを前提として設計開発されており、下記のゲームを快適にプレイする為の機能がいくつも備わっております。 第9世代i7プロセッサーとSSDを含むストレージでスムーズなゲームプレイと起動時間短縮・静音性を実現• キーボードのF7キー押下でターボブーストモードが瞬時に起動し、ダイナミックパフォーマンスモード起動• ダイナミックパフォーマンスモード起動時、デュアル冷却ファンの速度を最大化しシステムを高速冷却 元々高いスペックを持っておりますが、更にゲームを快適にプレイできるモードに瞬時に切り替えられるので 長時間のゲームでも熱暴走が起きにくいパソコンになっています。 GeForce専用グラフィックスカードと高画質なディスプレイ描写が『Dell G3 15プラチナ』の売り ゲーミングパソコンに求められるグラフィックスカードですがGeForce GTX1650を搭載し、144Hzディスプレイを『Dell G3 15プラチナ』搭載しています。 これにより細部まで高画質な描写がなされるので、 美麗なグラフィックが売りのゲームに没入して楽しむことが出来ます。 また僅かな動きも見逃さないTPSやFPSのようなゲームでも、細部の高画質な描画は生きてくるので対戦ゲームにもおすすめなゲーミングノートパソコンです。 おすすめのデスクトップを3モデル紹介 続いて、2019年のおすすめデスクトップをランキング形式で紹介していきます。 傾向の通りクリエイティブやビジネス、ゲーミングに向いたモデルが並びました。 パソコン本体とディスプレイが一体型のオールインワンタイプなので、大型ディスプレイなのに占有面積を比較すると実は他のデスクトップとあまり変わりません。 ディスプレイの周囲はスリムベゼルで縁取りも目立ちにくく、IPS液晶なので斜めから見ても美麗な画面を楽しめるディスプレイとなっています。 リビングに置いて家族で動画を楽しむのも良いですし、高画質な大画面を独り占めする欲張りな使い方も出来るオールインワンパソコンです。 3TBの内蔵HDDで大量の高画質な写真や動画を保存可能• また19. 5型液晶のオールインワンタイプなので、スペースを取らず設置場所に困りにくいのもメリットです。 『Lenovo V330 All-in-One』はセキュリティが強固でビジネス向けのデスクトップ• Smart USB Protection機能で特定のUSBデバイスのみ反応する設定が可能• TCG2. 0準拠のセキュリティチップ、2. 0によるデータ暗号化搭載• 重要なシステムソフトウェアやドライバーをパソコンを保護しつつ更新 『Lenovo V330 All-in-One』は上記の特徴を持っており、 ITに最適化された設計をキャッチコピーを謳ったビジネス向けのデスクトップとなっています。 セキュリティ機能が高いのでビジネス用としてはもちろんですが、安価な点を生かして普段使いに利用するのもおすすめです。 3位 ゲーミングデスクトップ『Acer Nitro 50 N50-600-N78G』 画像引用元: 項目 内容 機種名 N50-600-N78G メーカー Acer CPU インテル Core i7-8700 プロセッサー 3. ノートタイプのゲーミングパソコンと異なり、 外部モニターと接続する必要があるので大画面で遊べますが『Acer Nitro 50 N50-600-N78G』には以下の特徴があります。 システムメモリを8GBから最大64GBまで搭載可能 デスクトップのゲーミングパソコンはメモリ増設の拡張性が売りですが、『Acer Nitro 50 N50-600-N78G』は高速DDR4の8GBを最大64GBまで拡張可能です。 更に128GBのSSD搭載と、ストレージに1TBのHDDと ゲームの高速起動からインストールも余裕を持って行えるのがメリットです。 別売りのG-SYNCモニターで低遅延のプレイ環境が実現可能 『Acer Nitro 50 N50-600-N78G』は本体のみとなっています。 したがって、モニターを別途購入する必要がありますが『NVIDIA G-SYNC搭載モニター』の購入がおすすめです。 映像が左右に引き裂かれる、あるいは左右にずれたように描画されるティアリング現象の解消• 入力遅延が解消される これらのメリットがあるので『Acer Nitro 50 N50-600-N78G』は、 1フレームのシビアな描画を求める対戦ゲーマーにおすすめのモデルです。 2019年おすすめパソコンは用途で選ぶのがおすすめ 2019年のノートパソコンとデスクトップのトレンドと、おすすめのパソコンをランキングで紹介させていただきましたがパソコンの数は無数に存在します。 今回紹介させていただいたパソコンの他にも、価格やスペックの異なるパソコンが存在するのでメーカーホームページを見て回ってみるのも良いでしょう。 もしWindows 7対応モデルからWindows 10に買い替える際は、是非今回の記事も参考に検討してみて下さい。

次の