ミズノプロ 920。 カッコいいのに、やさしい。ミズノプロ920/520/120アイアン|ゴルフサプリ

ミズノ|ゴルフ|製品情報|【Mizuno Pro】|Mizuno Pro 920

ミズノプロ 920

グローバルナビ• ジャンルナビ• コンテンツエリア ここからこのページの本文です• メインコンテンツ• ミズノ「ミズノプロ520」アイアン コラム KAZ 69年1月19日生まれ50歳。 身長173cm、体重72kg。 ゴルフデビュー98年10月。 05年夏オフィシャルハンディ取得。 現在は『12. 持ち球はドローと言いたいところだがフック。 好きなクラブはAW。 一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。 ツイッター kazkawata 2019年9月25日0時00分 ミズノ「ミズノプロ520」アイアン どーもです。 ミズノのニューモデル「ミズノプロ」シリーズ最新モデルアイアンですが、今日紹介するのは「ミズノプロ520」です。 5シリーズは〝チタンマッスル〟を掲げるモデルですよねとは何が違うのか? そしてそれはボクレベルでも感じられるモノなのでしょうか? 早速いってみましょう! まずは見た目から。 バックフェースのチタン部ですが、「ミズノプロ518」のストレートに対して、ミズノプロ520」はトゥ側に山を持ってきています。 これは重心距離を伸ばす効果があると思います。 たいていのクラブの芯はフェース中心ではなかったりしますが、おそらくフェース中心付近に芯を近づけようという試みではないかと思われます。 フェースですが、ボクには大きすぎず、小さすぎずで、ちょうど良い感じの大きさでした。 形状は「ミズノプロ518」とほぼ同じかな! ソール幅もボクには良い感じ! 「ミズノプロ518」はトゥ側に見た目でも分かるようにタングステンウエートが配置されていましたが、「ミズノプロ520」は見た目では分かりません。 でもしっかり配置されています。 なお、先代の18gに対して今作は12gとなっているようです。 ネックはストレートですね。 ボディの厚みですが、「ミズノプロ520」はかなり低重心を意識したような形状に見えました。 「ミズノプロ518」とは別モノでした。 構えてみるとこんな感じ。 「ミズノプロ518」ではトップブレードがやや厚めに感じましたが、「ミズノプロ520」は若干狭めになったように感じました。 その分シャープな顔つきに見えました。 今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH neo」Sフレックス装着モデルの 7。 スペックは、ロフト角32度、ライ角61. 5度、長さ36. 75インチ、総重量418. 0g、バランスD0. シャフトスペックは、重量98g、トルク1. 7、中調子。 試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。 持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽めかな。 でも、グリップは良い感じの太さでした。 「ミズノプロ920」よりは確実に太めです。 シャフトを手でしならせてみると、まぁ、しっかりしていますよね。 昨日紹介した「NSPRO Zelos7」がかなりしなる感じでしたので、よりしっかり感を感じたというのもあるかもしれません。 ワッグルしてみると、ヘッドの動き方はそれほど大きくなく、素振りしてみてもシャープに振れるイメージでした。 実際に打ってみると、あらビックリ!! 「何この球の上がり方!? 」って思わず突っ込みたくなるような球の上がり方でした。 「ミズノプロ520」恐るべし・・・!! ここまで球が上がると正直「アレッ!? 」となって飛距離ロスも心配ですが、そんな心配はもちろん不要です。 弾道を見ても吹け上がっているようなイメージはなく、打ち出しからドーンと高弾道です。 しかも、スピン量も適量で最高到達点から良い感じの放物線を描くイメージで、最後にひと伸びがある感じ。 そんな感じで奥のネットに突き刺さっていました。 スカイトラックのデータ的にも平均して5300rpmあたりなので、スピン量は適量でしょうね。 このアイアン、すごいかも!! スカイトラックの弾道データはこんな感じで その各球データはこちら。 【3球平均】 HS40. 1度、バックスピン量5365. 4rpm、サイドスピン-1089. 3rpm、飛距離180. 3y 【ベスト】 HS41. 2度、バックスピン量5292. 3rpm、サイドスピン-1391. 7rpm、飛距離182. 7y 打感が柔らかめ。 吸い付くような柔らかさは、ミズノならでは!! 音も違和感のない中高音系で、心地良いですね! 弾道はこんな感じで そのスカイトラックデータはこちら。 弾道的には文句なしの高弾道で、超高弾道といっても過言ではないでしょう! 最近のアイアンは、球を上げる意識は全く必要のないモデルが増えていますが、中でもこの見た目でここまでのモデルは意外と少ないかもしれません。 出球傾向ですが、ボクのスイングで良い感じのドロー系。 この「ミズノプロ520」は「同920」のようにヘッドを右前に放り出すイメージ無しで、良い感じのドローが打てました。 つかまりはほどよいつかまりで、ボクのようなフッカーでもつかりすぎないのは好印象でした。 シャフトフィーリングですが、かなりニュートラルなイメージで、このヘッドとのマッチングもかなり良い感じでした。 打つ前のイメージでは。 もうちょっと大きめのヘッドで低深重心モデルのほうが合いそうかなたとも思いましたが、それは全くの杞憂でした! 切り返しでのヘッドの感じ方、ダウンからインパクトにかけてのしなり感など、このマッチングに文句のつけようがありませんでした。 球の上がり方を考えれば、払い打ち系でもしっかり球は上がりそうですね! でも、おすすめしたいのはボクレベルのプチヒッタータイプかな。 つかまりも程よい感じなので、それほど左を気にせずに打てるアイアンだと思います。 さらに言えば、メッチャシャープに振れます!! 捻れ感なし! フィーリングはもちろんですが、それで計測値180yって・・・!! マイアイアン「Xフォージド」にはまだまだ頑張ってもらうつもりですが、もし変えるとしたらこの「ミズノプロ520」は確実に筆頭候補です。 カーボンシャフト「MFUSION i」「OTi85」「MCI80」「ツアーAD75」ほか。

次の

新・貧打爆裂レポート『ミズノプロ520 アイアン』

ミズノプロ 920

ミズノプロ120の特徴 ソフトな打感!そして抜けが最高に良いアイアンです! これぞ日本のミズノという伝統を遺憾無く発揮しているクラブ。 打感、形状の美しさを兼ね備えたアイアンです。 昔のミズノに比べたら球が上がりやすくなってますし、難しいという印象はありません。 【クラブスペック】 ロフト角34度 長さ36. 軟鉄とチタンを融合した素材で作られてます。 そしてその素材のつなぎ目が完璧で、打感は軟鉄のソレなのに、飛距離はチタンで伸びるという。 見事に打感と飛距離をフュージョンさせたクラブなのです。 【クラブスペック】 ロフト角32度 長さ36. ミズノといえば球が上がりにくい、難しいという印象がありますが、920は球の上がりやすさを感じるクラブです。 また直進性が高く一度スイングに入ると自動的に打つことができます。 アマチュアでも扱いやすいのがグッドですね。 【クラブスペック】 ロフト角30度 長さ36. ということで、大まかにまとめると、 やさしさ+打感ソフト+飛距離を求めるならミズノプロ920 飛距離よりも操作性を重視するならミズノプロ120 920と120の間をとったバランス重視ならミズノプロ520 といったところでしょうか。 ってことで、参考になれば幸いです。

次の

「120」「520」「920」どれがいい? Mizuno Proアイアン3モデルを比較試打

ミズノプロ 920

『ミズノプロ920 アイアン』は、ミズノが2019年の9月20日に発売したクラブです。 復活したミズノプロとして二代目になる『ミズノプロ920 アイアン』は、カスタム専用オーダーモデルとしてのこだわりが詰まっています。 まず最初に「銅下メッキ」です。 20世紀末まで、「銅下メッキ」は当たり前の加工でした。 何層かに分けてメッキをする際に、銅の層を入れると打感が軟らかくなるということで、常識になっていましたが、軟らかく感じることを数値で証明できずに、コストも高いことから廃止されていました。 しかし、トッププロを対象にした目隠しテストを行うと圧倒的多数が「銅下メッキ」のほうが軟らかいとわかるのです。 理屈ではなく、体験できるものとして、コストをかけて「銅下メッキ」を採用したのです。 ミズノの「銅下メッキ」は、軟鉄鍛造のボディーがあって、ニッケル、銅、ニッケル、クロムと四層です。 新しい技術は「デュアルT-SLOT加工」です。 ポケットキャビティのように深く溝を彫る場合に、ロフトの角度があるので、深く彫り過ぎるとソールに穴が開いてしまいます。 誤差を考慮して彫った結果、フェースの下部やリーディングエッジに厚みが残ってしまう弱点がありました。 それを、2つの別々の加工をすることで、横幅も広げることができて、深さもギリギリまで加工することができたそうです。 前モデルの約2倍のサイズの穴になったのです。 他のメーカーは、このような加工に限界を感じて、カップフェースを選択していますが、『ミズノプロ920 アイアン』は軟鉄鍛造のヘッドで、同じような構造を作ることに挑戦し、達成したという訳です。 最も多くのゴルファーに向いているアイアンを目指して、『ミズノプロ920 アイアン』は開発されました。 少しフェース長はありますが、気になるほどではなく、構えやすいところは、さすが、ミズノプロだと感心します。 とにかくやさしさを前面に出してくる『ミズノプロ920 アイアン』のロフトは7番で30度です。 20度台の7番アイアンが市場に増えてきている中で、大人しいロフトです。 いわゆるスタンダードなロフトに比べると4度の差しかないので、ちょうど1番手分の距離差があるはずです。 試打したクラブは、4番~ピッチングウェッジ(PW)で、シャフトは「N. PRO 950GH neo」のSフレックスでした。 動画を見てください。 『ミズノプロ920 アイアン』の4番アイアンを最初に打ちました。 左に行かせたくないシーンで使ったのですけど、きれいなフェードボールで、飛距離は175ヤード。 打音はやや抑えめで良い音ですが、少しミズノのアイアンとしては不満が残ります。 悪い打感ではないのですが、ミズノ独特の雑味がない澄んだ音と打ち応えとはいえません。 とはいえ、他のメーカーであれば問題なく良いというレベルです、 PW、8番、9番、7番…… と次々に使いました。 高弾道ですが、やや棒球系の弾道です。 オートマチックに打ち出しから高めのボールになります。 引っかけにくい代わりに、フェード専用アイアンのように右に切れるボールが出ます。 飛距離は、僕の場合、クラシックなロフトのアイアンの1番手アップでした。 ただ、ボールがグリーンに落下してワンピンぐらいは前に行くのです。 高さで止める感じで、スピン性能はあまり発揮されません。 ダフり、トップ目、左右にミスヒットしても、上下3ミリ、左右は1センチ弱ぐらいまでは、『ミズノプロ920 アイアン』が働いてくれて、大きなミスにはなりません。 これはお見事です。 やさしいアイアンであることは、間違いありません。 また、『ミズノプロ920 アイアン』は、どの番手でも同じ感覚で打てます。 これもお見事です。 もう一つ良い点は、わかりづらいですが、抜けの良さです。 どんなライからでも、抵抗なく抜けます。 『ミズノプロ920 アイアン』は、どうしても芯に当たらなくて困っているゴルファーにオススメします。 腕に自信がないけれど、本格的なアイアンで、スイングをしっかりと固めたいと考えているゴルファーにもオススメです。 『ミズノプロ920 アイアン』は、最初はパワー不足になってきたゴルファーを助けるアイアンだと考えていましたが、打っていて、そうではないと思うようになりました。 未来を見据えて、初級者が使うのもオススメです。 カスタム専用オーダーモデルですので、フィッティングの結果で推薦されるゴルファーのためのアイアンです。 『ミズノプロ920 アイアン』は、『ミズノプロ』らしくないとも言えますし、『ミズノプロ』らしいとも言える不思議なアイアンです。 ミスショットを助けてもらいながら、徐々にナイスショットを増やしてレベルアップできるアイアンなのです。

次の