ライン 着信 音 音量 アンドロイド。 【Androidスマホ】音量を調整する方法

【基本設定】着信音量とメディアの音量は別なので、消音し損なわないように注意! (2014年6月30日)

ライン 着信 音 音量 アンドロイド

電話の着信音• アプリの通知音• システム音 音量変更時の特徴は機種によって異なりますが、例えばNexus 6P(Android 8. 0)では画面上に「ベル」アイコンが表示されます。 「着信音」と表示されますが、同時に「通知音」・「システム音」も含まれ、3つの音量は連動して設定されます。 そのため、例えば「電話の着信音量は大きく、LINEの通知音量は小さく」と設定できないのが基本です。 そこで今回はAndroid向けアプリ「RingtoneControl」を導入することで、「着信音」と「通知音」の音量を強制的に分けて設定できるようにします。 RingtoneControl — 使い方 Price: Free アプリを起動します。 下記よりアプリの基本機能を解説します。 着信音量と通知音量を別々に設定する 「着信音量」スライダを左右に動かし、「電話の着信音量」を決めます。 調整後、下部の「サービス開始」ボタンをタップすればアプリが有効となります。 例えば「RingtoneControl」内の着信音量(=電話の着信音量)は大きく、Android標準設定の着信音量(=アプリの通知音量)は小さく設定してみます。 この状態で「電話の着信」と「アプリの通知」受信時の音量を比較し、差異を確認できれば成功です。 「RingtoneControl」はバックグラウンドで常駐するため、スリープ状態の受信も音量設定は反映されます。 マナーモード中も「電話の着信」の音量を設定する ここまでの説明の通り、「RingtoneControl」内の着信音量(=電話の着信音量)は、Android標準設定の着信音量(=アプリの通知音量)に左右されず設定できます。 ただ「マナーモード」が有効になっていると、「RingtoneControl」の設定に関わらず「バイブレーションモード」または「サイレントモード」が適用され、「電話の着信音量」は無音となります。 もしマナーモード中も「電話の着信」時に音量を出したい場合、「RingtoneControl」アプリ内の追加設定で解決可能です。 まず「独自に着信音を鳴らす」トグルをタップして有効にします。 次に「バイブレーションモード」または「サイレントモード」時の「電話の着信音量」を決めます。 「バイブレーションモード」中も電話の着信を鳴らす もし「バイブレーションモード」時も「電話の着信」時に音を出したいなら、「バイブレーションモード」トグルをオンにすればOK。 試しに「バイブレーションモード」をオンにした後、電話の着信音が「RingtoneControl」で設定した音量で流れれば成功です。 「サイレントモード」中も電話の着信を鳴らす もし「サイレントモード」時も「電話の着信」時に音を出したいなら、「サイレントモード」トグルをオンにすればOK。 試しに「サイレントモード」をオンにした後、電話の着信音が「RingtoneControl」で設定した音量で流れれば成功です。 もちろん「バイブレーションモード」と「サイレントモード」両方のトグルを有効にすれば、マナーモード中は常に電話の着信音が鳴る設定にできます。 まとめ:RingtoneControlで着信音と通知音を自由に分けよう 記事中では「電話の着信音量」を大きく「アプリの通知音量」を小さくするケースを例に説明しましたが、逆の場合も同様に設定できるので、ユーザーの好みに合わせて着信音と通知音を自由にコントロールできます。 同様の機能を持つアプリは他にもありますが、今回の「RingtoneControl」は「着信音と通知音を個別に音量調整する」ことに特化したアプリなので、シンプルな設定画面が魅力です。 ただ音量系のカスタマイズはAndroidのシステム設定の影響を受けやすい分野でもあるため、上でもうまく動作しない報告が見受けられます。 まずは使用中のAndroidへインストールしてみて事前検証をしてみて下さい。 参考 補足:Android OSバージョンや機種ごとの音量設定の違い 先述の通り、Androidでは「電話の着信音」・「アプリの通知音」・「システム音」の音量はすべて「着信音」として設定がまとめられます。 が、ややこしい点として、AndroidのOSバージョンや機種によってこのルールに例外があります。 Android 2. 「着信音」・「通知音」・「システム音」の音量は個別に設定可能 Android 4. 「着信音」・「通知音」が統合(個別設定不可)• 「システム音」は個別に設定可能のまま Android 5. x 以降• 「着信音」・「通知音」・「システム音」がすべて統合(個別設定不可) このように近年のAndroidではすべて1つの音量として認識されるため、個別設定ができません。 Android機種ごとの音量設定の違い 上記Androidバージョンによる違いは、一部機種に当てはまらないケースがあります。 ボクが確認できた範囲では、Galaxy S7 edge(Android 7. 0)は標準設定の「音量」にて、「着信音」・「通知音」・「システム音」の音量を個別に設定可能でした。 Price: Free そのほか、標準機能だけでは使いづらい音量調整の欠点を補う様々なアプリがあります。 詳細は関連記事【】でまとめて解説しています。 スマートフォンのボリュームを独立して調整しよう の説明でした。 電話の着信を見逃したくないため「着信音量」を大きくすると、ほかのアプリの通知音も大きくなり困っている方もいるでしょう。 今回の「RingtoneControl」を使えば、それぞれの音量を分けて調整可能となるため、状況に合わせて最適なボリュームを実現できます。 ぜひ、お試しあれ。

次の

LINEの通知音の音量だけ大きい?小さい?調整する方法

ライン 着信 音 音量 アンドロイド

記事の目次• LINE無料通話の呼び出し音を鳴らす方法とは? LINE無料通話の呼び出し音・通知などを鳴らすには、以下の 3つを確認する必要があります。 端末自体の通知設定• LINEアプリ内の着信許可設定• これを許可しておかないと相手はこちらに無料電話をかけれなくなります。 LINEアプリ内の通知音設定 それぞれを詳しく見ていきます。 端末自体の通知設定 端末自体の通知設定がオフになっていれば、当然ですが、LINE電話がなっていても通知されません。 音も出ません。 そのため、もし鳴らしたいのであれば、端末自体の通知設定をオンにしておかないといけないです。 iPhoneの場合 iPhoneであれば、• LINE• 通知を許可にオンにして• 通知センターに表示するかどうかは任意 通知センター• サウンドをオンにする• アップアイコンにバッジを表示は任意 アイコンに数字が出るかどうか• ロック画面に表示は任意 にしておきます。 もし、突然の会議などでどうしても鳴らしたくない場合には、• 電源をオフにする• 設定>機内モードに設定する などにより対処しましょう。 LINEアプリ内の着信許可設定 この設定をオンにしておかないと、 相手はこちらにLINE無料電話をかけれなくなります。 ですから、オンにしておきましょう。 LINEアプリ• その他• トーク・通話• 通話の着信許可をオン で設定可能です。 LINEアプリ内の通知音設定 そして、最後にLINEアプリ内の通知音設定を変えていきましょう。 LINEアプリ• その他• 通知をオンにする• 一時停止はオフにしておく• 通知サウンドは好みのものを選択• 新規メッセージ 新しいメッセージが届いた時の通知音です• メッセージ内容表示 メッセージを表示させるかどうかです。 アプリ内通知 LINEを起動している時に相手からメッセージが無料通話などがあった時に通知するかどうか? ここはオンにしておく• アプリ内サウンド LINEを起動している時に通知があった際、音を鳴らすかどうか ここをオンにしておく• アプリ内バイブレーション LINEを起動している時に通知があった際、バイブレーションするかどうか ここは任意 以上のように設定をしておきます。 太文字にしておいたところだけでもオンにしておくと大丈夫です。 このように• 端末自体の通知設定• LINEアプリ内の着信許可設定• LINEアプリ内の通知音設定 3つのポイントを確認することで、LINE無料通話があった時に着信音を鳴らすようにできます。 LINE無料通話の呼び出しを消去消音する方法 逆に消去消音するには、同様のことの逆をやればOKです。 一応説明をしておきます。 突然の会議などで消音したい場合 突然の会議などがあって、消音しておきたい場合には、• iPhoneの場合、機内モードをオフにする、電源をきる• Androidの場合 電源を切る で対応可能です。 一番安全なのは電源を切ることですね。 電源を切らずにLINEの通知音だけを無くしたい場合 LINEの通知音だけを無くしたい場合には、以下のように設定をしておきましょう。 LINEアプリ• その他• 通知をオフにする• アプリ内通知 LINEを起動している時に相手からメッセージが無料通話などがあった時に通知するかどうか? ここはオフにしておく• アプリ内サウンド LINEを起動している時に通知があった際、音を鳴らすかどうか ここをオフにしておく• アプリ内バイブレーション LINEを起動している時に通知があった際、バイブレーションするかどうか ここもオフにしておく• 連動してないアプリ ここもオフにしておく 一時的に通知音をオフにしたい場合 一時的に通知音をオフにしたいということもできます。 LINEアプリ• その他• 通知をオンにする• 一時停止で1時間停止、午前8時まで停止などを選べばOKです。 残念ながらそれ以外の選択肢はありません。 今後の追加に期待です。 以上の方法で可能です。 ちょっと不便な機能ですが・・・。

次の

「ライン♪」LINEの通知音を変更する方法!可愛い通知音がいっぱい!

ライン 着信 音 音量 アンドロイド

着信・通知の音量• メディアの音量• アラームの音量• イヤホンの音量• 受話音量 それぞれ独立して音量が設定されるため、一方の音量変更は他方の音量と連動しません。 下記より各音量の意味と、それぞれ調整する方法を解説します。 着信・通知の音量 着信・通知の音量 — 意味 「電話の着信音」・「アプリの通知音」・「システム音」の音量を指します。 音量変更時の特徴は機種によって異なりますが、例えばNexus 6P(Android 8. 0)では画面上に「ベル」アイコンが表示されます。 「着信音」と表示されますが、同時に「通知音」・「システム音」も含まれ、3つの音量は連動して設定されます。 そのため、例えば「着信音は小さく、通知音は大きく」と設定できないのが基本です。 が、ややこしい点として、AndroidのOSバージョンや機種によってこのルールに例外があります。 また別途アプリを用意することで、全ての機種で「着信音」と「通知音」の音量を別々に独立して調整可能となります。 詳細は関連記事【】で解説しています。 着信・通知の音量 — 調整方法 大きく2通りの調整方法があります。 「設定」より調整する 音量設定より調整可能です。 例えばNexus 6P(Android 8. 音量ボタンより調整する Android側面の音量ボタンでも調整が可能です。 ただしバックグラウンドでミュージックを再生している状況など、音量ボタンを押しても「着信・通知」の音量以外が変更されるケースがあります。 この場合、トグル端の矢印アイコンをタップするとそれ以外の音量スライダを表示・調整ができます。 メディアの音量 メディアの音量 — 意味 「ゲームの音量」や「音楽の音量」など、アプリ起動中に流れる音全般の音量を指します。 音量変更時の特徴は機種によって異なりますが、例えばNexus 6P(Android 8. 0)では画面上に「音符」アイコンが表示されます。 後述する「イヤホンの音量」と見た目が同じですが、それぞれ独立して音量値は設定されます。 メディアの音量 — 調整方法 大きく2通りの調整方法があります。 「設定」より調整する 音量設定より調整可能です。 例えばNexus 6P(Android 8. 音量ボタンより調整する ミュージック再生やYouTube視聴など、アプリから音が流れている状況では、Android側面の音量ボタンでも調整が可能です。 ただし特にバックグラウンドでサウンドが流れていない状況では、音量ボタンを押しても「メディア」の音量以外が変更されるケースがあります。 この場合、トグル端の矢印アイコンをタップするとそれ以外の音量スライダを表示・調整ができます。 アラームの音量 「アラームの音量」は、アラームやタイマーなど「時計」アプリから流れる音全般の音量を指します。 アラームの音量 — 基本的な調整方法 「着信音」や「メディア音」と異なりAndroid側面の音量ボタンで調整はできず、基本的に音量設定から変更をします。 例えばNexus 6P(Android 8. ただし下記に記載の通り、一部機種で例外があります。 ボクが確認できた範囲では、Galaxy S7 edge(Android 7. 0)は標準設定の「音量」にて「アラームの音量」がありませんでした。 この機種の場合、「時計」アプリ内のアラーム設定にて音量を調整する項目を確認できました。 今回はGalaxy S7 edgeの例でしたが、それ以外の機種でも設定内にアラーム音量の項目がなければ、直接「時計」アプリから探してみて下さい。 ボクが確認できた範囲では、Xperia Z3(Android 6. 1)は標準設定の「音と通知」にて「アラームの音量」がある一方、時計アプリ内でも音量スライダが存在しました。 そして「どちらからでも調整できる」という仕様ではなく、それぞれ独立してアラーム音量が設定されることを確認しました。 具体的には下記のような違いがありました。 音量変更時の特徴は「メディアの音量」とほぼ同様ですが、Bluetooth接続している場合はマークが付きます。 イヤホンの音量 — 調整方法 「イヤホンの音量」は接続先の再生デバイスごと音量が記憶され、それぞれ独立して調整可能です。 例えば、Bluetoothスピーカーに接続してAndroidの音楽を流した後、イヤホンを接続して音楽を聴こうとすると、自動的に「スピーカーの音量」から「イヤホンの音量」へ切り替わります。 調整方法は基本的に「メディアの音量」に準じて2通りありますが、どちらも共通して再生デバイスへ接続中に操作する必要があります。 「設定」より調整する 音量設定より調整可能です。 例えばNexus 6P(Android 8. もし非接続中に調整しようとすると、先述した「メディアの音量」を変更する操作となる点にご留意下さい。 受話音量 受話音量 — 意味 「通話中の音量」を指し、電話で相手が話す声の大きさに影響します。 通話中の音量変更時の特徴は機種によって異なりますが、例えばNexus 6P(Android 8. 0)では画面上に「通話」アイコンが表示されます。 受話音量 — 調整方法 通話中のみAndroid側面の音量ボタンから調整が可能となります。 トグル端の矢印アイコンをタップして表示される音量スライダに「受話音量」が確認されるのも通話中のみです。 そこでオススメなのが、携帯各社で用意される着信テスト専用番号の利用で、下記番号へ発信して通話試験中に音量ボタンを押して「受話音量」を調整可能です。

次の