コーヒー 豆 保管。 コーヒー豆の正しい保存方法とおすすめの保存容器

コーヒーの保管方法はジップ袋で大丈夫?長期保存するなら冷凍庫へ

コーヒー 豆 保管

自宅で飲むコーヒーもインスタントや缶コーヒーばかりではなく、コーヒーメーカーやハンドドリップで淹れて楽しむ人も増えてきています。 コーヒー豆や挽いたコーヒー粉を購入するとなると、気になるのはおいしさを保てる保存方法ではないでしょうか。 保存方法の大事なポイントを見ていきましょう。 コーヒー粉 豆 の保存方法 コーヒーは生鮮食品と言われるほど、鮮度が大切な食品です。 時間が経っても見た目でから劣化している様子はわかりにくいですが、味は変化し、香りもなくなってしまうのです。 コーヒー粉 豆 を劣化させる要因は、高温・多湿な環境や直射日光、酸素などです。 これらを避けるための保存容器や場所を考える必要があります。 コーヒーの保存容器 コーヒー粉 豆 が缶や瓶に入っている場合は、空気に触れないよう蓋をしっかりしめるようにしましょう。 袋の場合は空気を抜きながら口を閉じ、クリップなどでしっかり留めてください。 数日で飲みきってしまう場合はこれでも良いのですが、数日では飲みきれない場合は小分けにして密閉容器に入れ、できるだけ空気を抜いて口を閉じてください。 小分けにしたり、移し替えたりする際に、どうしても空気に触れてしまいますので、できれば大容量パックなどではなく、100g・200g位の少ない量で購入しましょう。 購入したコーヒー粉 豆 が袋入りであれば、しっかりと口を閉じ、それをそのまま密閉容器や密閉できる袋に入れるのも、空気に触れる機会が少なくなりおすすめです。 コーヒーの保存場所 開封前のものは高温多湿をさけ、直射日光の当たらない冷暗所で保存してください。 開封後は、短期であれば冷暗所や冷蔵後、長期であれば冷凍庫で保存しましょう。 ただし、冷蔵庫・冷凍庫に入れておけば安心というわけではなく、いくつか注意点があります。 冷蔵庫や冷凍庫で保存する際の注意点 1. 必ず密閉すること コーヒー粉 豆 は周りの湿気やにおいを吸収してしまいます。 特に冷蔵庫では様々な食品が入れられ、中にはにおいのある食品もあることでしょう。 コーヒー本来の風味を守るため、必ず密閉容器・袋に入れましょう。 コーヒー粉は温度差に弱い 特に冷蔵庫で注意が必要なのは、開け閉めによる温度差です。 頻繁になると庫内が低温に保たれませんし、温度差で水滴が付きやすくなってしまいます。 冷蔵庫をよく使う場合は、長期でなくとも冷凍庫での保存をおすすめします。 コーヒー粉は小分けにして保存すること 冷蔵庫でも冷凍庫でも、保存している容器や袋を庫内から出して使う分を出そうとしている内に温度が上がり、水滴が付いてしまいます。 これを何度も繰り返していると劣化が進みやすくなってしまいますので、「コーヒーの保存容器」の項目でも述べましたが、小分けして保存するのがベストです。 いつもの淹れる量が決まっていれば、それに合った分量ずつ小分けしても良いでしょう。 できれば豆のまま購入し、淹れる直前に飲む分量だけ挽く方が、風味も保たれ、おいしく飲める期間も長くなります。 コーヒー粉の保存方法まとめ コーヒーは保存方法を間違えると、賞味期限内であっても、すっかり風味の変わったあまりおいしくないコーヒーになってしまいます。 できるだけコーヒー本来のおいしさを楽しめるよう、ぜひ、保存方法にも気を配ってみてください。

次の

コーヒー豆の保管 正しい方法で風味が長持ちします

コーヒー 豆 保管

紫外線• コーヒーの状態 湿度 例えば、お煎餅なんか一回封を開けてしまうと、数日後には湿気てしまいますよね? お煎餅自体の水分 湿度 に比べて空気中の湿度が高い為、 吸湿していることが原因です。 コーヒー豆も同じです。 焙煎後のコーヒー豆にも僅かながら水分は含まれていますが、周りの湿度の方が高い為どうしても吸湿してしまいます。 これを防ぐにはできるだけ乾燥した場所に、もしくはそのような状態で保管するようにしましょう。 紫外線 光、とりわけ 紫外線はコーヒーの色合いや風味に影響を与えます。 ですので 直射日光に当たるような場所での保存は避けるようにしましょう。 コーヒーも冷蔵・冷凍庫内で保管すれば、常温で保管するより経時変化を遅らせることができます。 ただし、ちょっとした 注意が必要なのですが、それは後述します。 コーヒーの状態 いわゆる「 豆」か「 粉」かのことです。 もちろん「豆」の状態で保管した方が良いです。 このことについて細かく書いた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。 冷蔵庫・冷凍庫での保管で気を付けること コーヒーの状態は「豆」だとして、防湿・遮光、低温保管できる 冷蔵庫や冷凍庫は非常に有効であると思います。 ただし、コーヒー豆の包装方法がしっかりしていることが前提になります。 包装方法 外部からの品質を低下させる要因を遮断する働きをバリア性といい、気体レベルで透過させにくいものをガスバリア性が高いといいます。 例えば透明なビニール袋にセロハンテープでとめただけの状態はガスバリア性の低い包装だと言えます。 このような状態で冷蔵庫や冷凍庫に保管してしまうと、庫内に漂う他の 食品の匂いがコーヒー豆に吸着してしまい、香りが著しく悪くなります。 このようなアルミ製の専用のガゼット袋はガスバリア性が高いといえます。 専用のガス抜きバルブがついており、外部の酸素は遮断し、コーヒー豆から放出されるガスは排出できる優れものです。 これなら室温が高くなければ常温保管でも持ちは良いです。 しかしながら、 この袋も封を開けてしまえば再びシーラーで口を閉じない限り、結局のところビニール袋にセロハンテープの状態と変わらなくなってしまいます。 ご家庭でわざわざガゼット袋とシーラーを用意するのはコスト的にもあまり現実的ではありません。 もう少し簡単に用意できるガスバリア性の高い包装材を考えるなら、 ジップロックが良いと思います。 ただし、長期保管していると炭酸ガスがジップロック内に充満して、場合によってはパンパンに膨らみ破裂する可能性もあるので気を付けましょう。 取り出す際の注意点 低温保管したコーヒー豆を使用する場合は、 必ずコーヒー豆が室温 常温 に戻ってから封を開けましょう。 というのも、取り出してすぐに封を開けてしまうと、冷えたコーヒー豆と室温との温度差によって 結露が発生してしまい、コーヒー豆が吸湿してしまうからです。 また、冷えたままのコーヒー豆 粉 を使用してしまうと、 湯と粉の接触時の温度が変わってしまい、いつもと同じ風味のコーヒーに仕上がりません。 良かれと思って冷蔵庫や冷凍庫に入れても、正しい方法で保管しなければ逆効果になってしまいますよ。 常温に戻す手間を考えると個人的には「冷蔵保存」が良いのかなぁと思っていたりします。 まとめ どうしても飲み切れない時は冷蔵庫や冷凍庫での保管でもいいと思います。 ですが できれば飲み切れる分だけを購入し、すぐに飲み切ることが理想ではあります。 また、常温の際も高温多湿の環境は避け、直射日光に当たらない場所に保管するようにしましょう。

次の

【横浜】富士倉庫のコーヒー豆保管業務 01入庫作業

コーヒー 豆 保管

紫外線• コーヒーの状態 湿度 例えば、お煎餅なんか一回封を開けてしまうと、数日後には湿気てしまいますよね? お煎餅自体の水分 湿度 に比べて空気中の湿度が高い為、 吸湿していることが原因です。 コーヒー豆も同じです。 焙煎後のコーヒー豆にも僅かながら水分は含まれていますが、周りの湿度の方が高い為どうしても吸湿してしまいます。 これを防ぐにはできるだけ乾燥した場所に、もしくはそのような状態で保管するようにしましょう。 紫外線 光、とりわけ 紫外線はコーヒーの色合いや風味に影響を与えます。 ですので 直射日光に当たるような場所での保存は避けるようにしましょう。 コーヒーも冷蔵・冷凍庫内で保管すれば、常温で保管するより経時変化を遅らせることができます。 ただし、ちょっとした 注意が必要なのですが、それは後述します。 コーヒーの状態 いわゆる「 豆」か「 粉」かのことです。 もちろん「豆」の状態で保管した方が良いです。 このことについて細かく書いた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。 冷蔵庫・冷凍庫での保管で気を付けること コーヒーの状態は「豆」だとして、防湿・遮光、低温保管できる 冷蔵庫や冷凍庫は非常に有効であると思います。 ただし、コーヒー豆の包装方法がしっかりしていることが前提になります。 包装方法 外部からの品質を低下させる要因を遮断する働きをバリア性といい、気体レベルで透過させにくいものをガスバリア性が高いといいます。 例えば透明なビニール袋にセロハンテープでとめただけの状態はガスバリア性の低い包装だと言えます。 このような状態で冷蔵庫や冷凍庫に保管してしまうと、庫内に漂う他の 食品の匂いがコーヒー豆に吸着してしまい、香りが著しく悪くなります。 このようなアルミ製の専用のガゼット袋はガスバリア性が高いといえます。 専用のガス抜きバルブがついており、外部の酸素は遮断し、コーヒー豆から放出されるガスは排出できる優れものです。 これなら室温が高くなければ常温保管でも持ちは良いです。 しかしながら、 この袋も封を開けてしまえば再びシーラーで口を閉じない限り、結局のところビニール袋にセロハンテープの状態と変わらなくなってしまいます。 ご家庭でわざわざガゼット袋とシーラーを用意するのはコスト的にもあまり現実的ではありません。 もう少し簡単に用意できるガスバリア性の高い包装材を考えるなら、 ジップロックが良いと思います。 ただし、長期保管していると炭酸ガスがジップロック内に充満して、場合によってはパンパンに膨らみ破裂する可能性もあるので気を付けましょう。 取り出す際の注意点 低温保管したコーヒー豆を使用する場合は、 必ずコーヒー豆が室温 常温 に戻ってから封を開けましょう。 というのも、取り出してすぐに封を開けてしまうと、冷えたコーヒー豆と室温との温度差によって 結露が発生してしまい、コーヒー豆が吸湿してしまうからです。 また、冷えたままのコーヒー豆 粉 を使用してしまうと、 湯と粉の接触時の温度が変わってしまい、いつもと同じ風味のコーヒーに仕上がりません。 良かれと思って冷蔵庫や冷凍庫に入れても、正しい方法で保管しなければ逆効果になってしまいますよ。 常温に戻す手間を考えると個人的には「冷蔵保存」が良いのかなぁと思っていたりします。 まとめ どうしても飲み切れない時は冷蔵庫や冷凍庫での保管でもいいと思います。 ですが できれば飲み切れる分だけを購入し、すぐに飲み切ることが理想ではあります。 また、常温の際も高温多湿の環境は避け、直射日光に当たらない場所に保管するようにしましょう。

次の