コロナ 相撲。 大相撲・三段目の勝武士がコロナで死去、28歳…受け入れ先見つからず症状悪化 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

【速報】相撲業界でも新型コロナウイルスの陽性反応

コロナ 相撲

勝武士 日本相撲協会は13日、大相撲の三段目力士の勝武士(本名・末武清孝さん、山梨県出身、高田川部屋)が新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため同日死去したと発表した。 28歳だった。 新型コロナウイルス感染で日本のプロスポーツ選手が死亡するのは初めて。 厚生労働省によると、国内で20歳代の死亡者はこれまで同省に報告されていないとしている。 相撲協会によると、末武さんは4月4日ごろに発熱症状がみられたが、受け入れ先の医療機関が見つからず、同8日に都内の病院に入院。 症状が悪化し、PCR検査で10日に陽性が確認された。 その後も入院して治療を受けていた。 末武さんが所属する高田川部屋では、師匠の高田川親方(元関脇安芸乃島)らも感染していたが、親方らは既に退院した。 相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は「力士らしく、粘り強く耐え、最後まで病気と闘ってくれました。 今はただ、安らかに眠ってほしいと思います」との談話を発表した。

次の

新型コロナ:相撲協会、力士などの抗体検査が終了 6月中に結果判明か :日本経済新聞

コロナ 相撲

このままだと本当に「右にならえ」ということになりそうだ。 の直撃に困惑しきりのスポーツ界。 東京は一般参加の取りやめが決まり、女子も国内開幕戦を無観客に踏み切った。 さらに大相撲では、3月8日初日の3月場所直前イベントと、28日に行われる予定の二所ノ関一門の連合稽古が中止になった。 このままでは本場所の開催も危うい。 仮に中止となれば、2011年の3月場所以来、3度目。 当時は八百長問題に揺れ、本場所どころではなかった。 ちなみに1回目は終戦直後。 空襲で焼けた旧国技館の改修が間に合わなかった1946年の6月場所だ。 しかし、ある親方は「中止の可能性は低いでしょう」とし、さらにこう続ける。 「まだ理事会の動きなどはわからないが、あるとすれば無観客ではないか。 どちらにせよチケットの払い戻しはせねばならず、費用の分だけ出費がかさむのは避けられない。 ただし、中止となればNHKの中継もなくなり、1場所5億円ともいわれる放映権料も入ってこなくなる。 それ以上に大事なのが力士のモチベーションです」.

次の

大相撲 新型コロナ感染の力士が死亡 28歳 20代以下は初めて

コロナ 相撲

日本相撲協会は10日、新型コロナウイルス感染の疑いがある幕下以下の力士1人のPCR検査結果について、陽性が判明したことを発表した。 力士の感染が明らかになったのは初。 この力士は発熱などの症状があり、8日に簡易的な検査を受けて陽性と伝えられていた。 しかし、9日になって病院側から陰性の誤りだったと連絡が入った。 その後、都内の病院に入院して再検査を受けていた。 芝田山広報部長によると、この力士は4日に発熱。 2日ほどでいったん熱は下がったが、再び高熱が出たという。 「体のだるさ、息苦しさを感じ、血痰(けったん)の症状もみられた。 持病も持っていた」とした。 この力士が所属する部屋では複数の体調不良の力士がいるとみられていたが検査を受けたのは1人。 力士が所属する部屋は稽古を中止している。 陽性だった場合は部屋の全員が検査を受けることとなっている。

次の