子 宮頸 が ん 手術 入院 期間。 子宮頸がんとは|症状や検査、治療、ステージなど【がん治療.com】

子宮頸がんの手術方法。妊娠や月経の女性機能温存について

子 宮頸 が ん 手術 入院 期間

腹腔鏡下手術は、開腹手術と比べると、痛みも少なく、手術後の回復が早いため、患者さんの負担が軽減されます。 しかし、腹腔鏡下手術は、大変高度な医師の技術が必要です。 では、その腹腔腹下手術を行う医師、病院の選び方はどうすればいいのでしょうか。 患者さんには手術前に4点ほど確認していただきたい点があります。 内視鏡手術の認定医であること。 腹腔鏡の手術、大変高度な技術が求められます。 「認定医」は、執刀経験数と論文が認められなければなれません。 まずは、、「認定医」であることがひとつのポイントになるでしょう。 腹腔鏡下手術の件数が多い医師、病院であること。 大学病院など大病院では、病院全体の手術数が公表されていることがあります。 手術担当の医師の腹腔鏡下手術に限っての件数を確認しましょう。 手術のデメリットまで話してくれること。 手術は、必ずしも成功するとは限りません。 メリットとデメリットを、あなたが納得できるまでしっかりと説明してくれる医師でこそ信用できるといえるでしょう。 相性があう医師であること。 医師に対して、不信な感情をもったまま手術を受けるのは不安です。 よく話ができて、あなたが納得できる医師であることが、なによりの選択ポイントでしょう。 また、あなたの目をしっかり見て話をしてくれる医師であることも大切です。 今、本や雑誌、インターネットのHPや、病院の口コミ情報など、多くの情報が収集できます。 かかりつけ医師からの紹介や、知人の経験談なども参考にされるとよいでしょう。

次の

子宮頸がんの手術方法。妊娠や月経の女性機能温存について

子 宮頸 が ん 手術 入院 期間

【子宮頸がん予防ワクチン接種後の主な副反応】 頻度 サーバリックス ガーダシル 10%以上 痒み、注射部位の痛み・腫れ、腹痛、筋痛・関節痛、頭痛 など 注射部位の痛み・腫れ など 1〜10%未満 じんま疹、めまい、発熱 など 注射部位の痒み・出血、頭痛、発熱 など 1%未満 注射部位の知覚異常、しびれ感、全身の脱力 手足の痛み、腹痛 など 頻度不明 手足の痛み、失神、 など 疲労感、失神、筋痛・関節痛 など (平成25年6月時点の添付文書に基づく) また、ワクチン接種後に見られる副反応については、接種との因果関係を問わず報告を収集しており、定期的に専門家が分析・評価しています。 その中には、稀に重い副反応の報告もあり、具体的には以下のとおりとなっています。 子宮頸がん予防ワクチンの副反応の発生状況については、ワクチン接種の有効性との比較考量の中で、定期接種の実施を中止するほどリスクが高いとは評価されませんでした。 しかし、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が子宮頸がん予防ワクチン接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされました。 今回の措置は、あくまで一時的な措置であり、より安心して接種を受けて頂くためのものです。 厚生労働省では、早急に調査すべきとされた副反応等について可能な限り調査を実施し、速やかに専門家による評価を実施する予定としております。 (2013年6月現在)。 A21. 針を刺した直後から、強い痛みやしびれが生じた場合は、担当の医師にすぐに伝えて、針を抜いてもらうなどの対応をしてもらって下さい。 また、その後の対応についても相談してください。 予防接種直後に、注射による痛み、恐怖、興奮などをきっかけとした失神が現れることがあります。 失神し、倒れて怪我をする例も報告されているため、接種後の移動の際には、保護者の方が腕を持つなどして付き添うようにし、接種後30分ほどは体重を預けられるような場所で、なるべく立ち上がることを避けて待機して様子を見るようにしてください。 その他、予防接種一般に言えますが、予防接種当日は激しい運動は避け、接種部位を清潔に保ち、また、接種後の体調管理をしっかり行ってください。 接種部位の異常や体調の変化、さらに高熱、けいれん、長期間持続する激しい痛みなどの異常な症状を呈した場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

次の

【医療監修】子宮筋腫の手術方法と術後の過ごし方。手術を受けても妊娠できる? [ママリ]

子 宮頸 が ん 手術 入院 期間

腫瘍について 子宮頸癌検診で異常といわれたら 子宮頸癌のできるまで 子宮頸癌は子宮の入口の部分にできる癌ですが、突然できるものではありません。 これから説明するように5~10年の間にだんだんとできてくるものです。 子宮頸癌は上に示すように異形成という前癌状態を経て上皮内癌となります。 上皮内癌は出来上がったばかりの癌で、まだおとなしく浸潤することができません。 妊娠中に上皮内癌が見つかった場合には予定日まで待つことが可能です。 しかし上皮内癌を数年放っておくと、浸潤が始まり広がっていきます。 異形成・頸癌の診断 頸癌は細胞診で検査を行いますが、その判定は上に示すようにNILM(正常)以外のものは精密検査が必要になります。 あなたは何といわれましたか?もしLSILと言われたなら、それは軽度異形成ぐらいの病変があることが疑われます。 また、正常と軽度異形成の判定に迷う場合、異形成があるかもしれないけれども断定できないときなどの場合にASC-USと診断される事があります。 しかし、細胞診はあくまで目安であって最終診断にはなりません。 LSILと診断された方の中には正常な方もたくさんおられますし、上皮内癌の方もおられます。 従ってさらに精密検査を行い診断することが必要です。 精密検査はまずコルポスコピ-を行います。 これは子宮口を拡大してみるものです。 コルポスコピ-でみると、病巣は白く見えます。 そこでこの部分を米粒程の大きさに切除します。 これを生検といいます。 生検を顕微鏡でみることを病理診断といいますがこれが最終診断となります。 異形成・上皮内癌の取扱い 軽度異形成 CIN1 半分程度は自然に軽快するので様子を見ます。 中等度異形成 CIN2 自然に軽快する事も多いので様子みますが、パピローマウイルスの型を調べて、高度異形成に進む可能性が高い場合には治療をする事もあります。 高度異形成・上皮内癌 CIN3 高度異形成・上皮内癌は区別がつきにくいため最近では同じ様に扱われています。 基本的には治療が必要です。 治療法は病変の状態によりいろいろな方法が選択できます。 浸潤するまでにしばらく時間がかかるので妊娠中に発見された場合は分娩後まで待てる可能性が高いです。 浸潤癌 可及的速やかに治療をする必要があります。 浸潤がはっきりしない場合は円錐切除をして診断を確定する必要があります。 円錐切除については後に述べます。 治療法 各治療法の治療可能な範囲を示しました。 もしあなたが上皮内癌といわれたなら、1)レ-ザ-蒸散、2)円錐切除、3)単純子宮全摘術のどれかを選択しなければなりません。 ご自身の価値観にあった治療法を選択される必要があります。 1)レ-ザ-蒸散 病巣をレ-ザ-で蒸発させる方法です。 局所麻酔で行い、2日間の入院で可能です。 95%くらいの方がこの治療で治ります。 蒸発させるので組織の検査ができなくなります。 術前に確実な診断が必要です。 上皮内癌が疑われる場合はLEEP切除(病変部をうすく切除)し、レーザー蒸散を加える事で対応しています。 切除をする事で、診断もできます。 子宮の欠損は最小限となる方法です。 2)円錐切除 病巣を円錐形に切除する方法です。 脊椎麻酔で、5日間程度の入院です。 切除したものを病理検査できるので診断が確実にできます。 95%治りますがきれいに取りきれなかった場合は治療を追加する必要があります。 3)単純子宮全摘術 子宮を摘出する方法で、全身麻酔で行います。 開腹の方法と膣から摘出する方法があります。 腹腔鏡下に摘出する方法も行なっており、この場合は6-7日間の入院で退院可能です。 HPVに感染しているグループからは高率に頸癌が発症することが判明しています。 HPVは主に性行為を介して感染します。 HPVに感染しても多くの場合は自然に治癒します。 一部の人ではHPVが持続感染し、持続感染した人の一部の人に子宮頸癌の前癌状態の異形成が発症します。 異形成になったとしても癌になるまでには5-10年かかるとされているので、この間に見つけることができたら治療が必要な場合でも簡単な治療で治癒します。 HPVの感染を予防するHPVワクチンは、頸癌発症の減少効果が明らかになっています。

次の