うっう 育成論。 【ポケモン剣盾】ウッウの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

【育成論】襷ウッウ【ポケモン剣盾】

うっう 育成論

ハマれば非常に強力なものの、「バタフリー」自身のそもそもの素早さはそれほど高くないため、1回目のちょうのまいが使える状況を、他のポケモンで作る必要性があります。 みがわりを貫通できるため、ねむりごなを警戒して使われた時も気にせず攻撃できる。 攻撃技を一切覚えていないため、エースのポケモンが倒れてしまうと何もできなくなってしまうため、気をつけましょう。 戦い方は、「ねむりごな」で相手をねむり状態にした後に「ちょうのまい」を使うまでは上記と同じです。 能力を上げたら「バトンタッチ」でエースに交代します。 上記同様、1回目のちょうのまいが使える環境にする必要があります。 特に「バタフリー」が苦手な炎や電気、岩タイプの技を受けられるポケモンだと交代後のポケモンがすぐに倒されないため動きやすくなります。 この特性によって普段は命中率が低く使いにくい「ねむりごな」を高確率で当てることができ、相手を自分の能力を上げるための起点にすることができます。 ただし、バタフリー自身の種族値は決して高く、能力を上げるまでに倒されてしまう場合が多いです。 また攻撃技の選択肢も多くないため、一緒に手持ちに加えるポケモンとの組み合わせが重要になります。 バタフリーの対策 積まれる前に一気に倒す 「バタフリー」は「ちょうのまい」で能力が上がるまでは、決して手強いポケモンではありません。 そのため、「ねむりごな」で起点にされる前に一気に倒してしまいましょう。 弱点である炎・岩・飛行技を使うと、より安定して倒すことができます。 そのため、補助技を使わせない戦い方をするようにしましょう。 特にねむりごなを跳ね返せる特性「マジックミラー」のポケモンや、ねむりごなが効かない草タイプのポケモンは、交代で後から出すことも出来るため動きやすくおすすめです。

次の

【ポケモン剣盾】ウッウの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

うっう 育成論

もくじ• マンタインは耐久型ですが、 ウッウは特性を活かした害悪型として活躍できます 笑 特性の仕様上、特攻に努力値を振るのは当然と言えますね。 「うのミサイル」は、 どんな相手にも麻痺をばら撒いたり、ただでは倒されずに爪痕を必ず残せる厄介な特性です。 使う方はいいですが、使われる方はなかなか対処が難しいですよ! ウッウの育成論 特性 【うのミサイル】 自分が技『なみのり』か『ダイビング』を使った時、HPが最大HPの半分以上の時は『うのみのすがた』に、半分以下の時は『まるのみのすがた」にフォルムチェンジする。 弱点 「4倍」でんき 「2倍」いわ 耐性 「0. 最速にすることで、先手で「なみのり」を発動させやすくし、特性「うのミサイル」を確実に発動します。 なみのりで特性「うのミサイル」を発動• 相手の攻撃を受ける• こらえる 最後のこらえるは、相手が自分より速い場合に有効です。 こらえるが無い場合は、相手が速いときは「倒されるor相打ち」になります。 ただし、 「こらえる」があれば、ピカチュウを咥えている場合は相手が麻痺し、ほぼ確実に上を取ることができます。 この状態で「なみのり」を使えば、 相手を倒した上で、再度ピカチュウを咥えて次のポケモンにも確定で麻痺を入れられます。 この麻痺はタイプや特性の影響を受けないため、特性「ちくでん」やじめんタイプでも関係ありません。 持ち物に「ヤタピのみ」を採用することで、上を取った際により倒しやすくなります。 まぁ、 「なみのり」の際に特性「ちょすい」のポケモンが来る可能性は頭に入れた方が良いですね。 残りは、弱点を突けるポケモンを突破する用の「れいとうビーム、エアスラッシュ」を入れます。 特攻もそこまで悪くはないので、普通にアタッカーとしても機能しますよ! まとめ かなり嫌がらせに特化した特性ですが、これが自分で使てみると本当に楽しい! 今ではお気に入りのポケモンとなり、かなりの頻度で使っていますね。

次の

【ポケモン剣盾】ウッウの育成論と弱点・対策まとめ【タスキこらえる型】

うっう 育成論

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の