アシカ の 赤ちゃん。 動物図鑑/カリフォルニアアシカ

動物図鑑/カリフォルニアアシカ

アシカ の 赤ちゃん

累計記事ランキング TOP20• 653,607 views• 536,616 views• 385,856 views• 353,304 views• 337,519 views• 315,476 views• 313,552 views• 302,546 views• 293,900 views• 255,530 views• 254,196 views• 247,037 views• 245,252 views• 222,299 views• 214,025 views• 212,146 views• 190,605 views• 170,320 views• 160,293 views• 144,744 views.

次の

行方不明だったアシカの赤ちゃん「キュッキュ」を保護。天王寺動物園

アシカ の 赤ちゃん

カリフォルニアアシカ アシカ 食肉目 アシカ科 学 名 Zalophus californianus 英 名 California Sea Lion 分布域 アラスカ南東部からメキシコの中央部辺り 生息環境 沿岸地域 体 長 雄は2. 2~2. 4m、雌は1. 8~2m 程度 尾 長 極めて短い 体 重 雄は250~350kg、雌は80~110kg 程度 カリフォルニアアシカは各地の動物園や水族館でもよく見かけられるアシカで、ふつうアシカと言えばカリフォルニアアシカのことを指している。 アラスカ南東部からメキシコの中央部辺りにかけて分布し、普通は海岸線に沿って生息しているが、北太平洋沿岸では河川でも発見されている。 また、桟橋や橋脚、ブイや石油プラットフォームなど、人が造った人工構造物の周辺に集まる傾向があるとされている。 体はトドやのように水中を泳ぐのに適した紡錘形をしている。 耳や尾は短く、下毛はなく体毛も極めて短い。 毛色は雄は黒褐色や暗褐色で、雌はやや明るく黄褐色などをしている。 のどと胸は濃く、四肢は黒色に近くて、成熟した雄の首の毛はやや長くてたてがみ状をしている。 また、雌よりも雄の方が体が大きく、成長したカリフォルニアアシカの雄は額がこぶのように盛り上がってくる。 四肢にはそれぞれ5本の指があるが、いずれも厚い水かきでつながっていて、魚のひれのようになっている。 また、尾はきわめて短く、後足の間に隠れるようになっている。 地上では這うようにして移動するが、アシカ類はとは違って前足と後ろ足で体を支えて腹部を地面から離して歩くので、カリフォルニアアシカは地上でも意外と速く動くことができる。 また、移動する距離も遠くまで移動することが出来る。 泳ぐ時には体を上下に運動させるだけではなく、前足を巧みに使って自由に泳ぎまわることができる。 潜水能力にも優れ、水に潜るときには鼻の穴を閉じることができ、長ければおよそ15分程も潜っていることができるほか、潜水深度は270~300mに達すると言われている。 主に魚類を食べるが、軟体動物や時には貝類なども食べ、特にイカを好むとも言われている。 餌が豊富でないところでは小さな群れや単独になる傾向があり、豊富なところでは大きな群れをつくる傾向が見られる。 また、餌となる魚が安定して得られるような河川では、その河口に集まることも知られていて、サケなどの遡上に合わせても、多くが集まってくる。 カリフォルニアアシカは注意深い性質で、岩の上で休んでいるときも、見張りのものがまわりを警戒している。 しかし、飼育下ではよく馴れ、利口で物覚えもよいため、動物園などでも人気がある。 一度覚えた芸などは忘れることがなく、一度中止した後、5年を経た後でも同じ芸を演じたことが知られている。 自然下では河川でも見られるが、淡水での飼育は目に疾患を起こすものが多く、目が白濁するとされている。 繁殖地はアメリカ合衆国のカリフォルニア州南部辺りからカリフォルニア湾を含むカリフォルニア半島にかけてで、繁殖は5~8月にかけて見られる。 繁殖の多くは7月上旬頃に見られ、一夫多妻で、この時期の雄は5~20頭程度の雌とハーレムを形成する。 妊娠期間は11~12ヵ月程あるが、受精卵の遅延着床があるため、実際には9ヶ月程度と言われている。 雌はふつう1産1子を出産し、生まれたばかりの子どもは全長50~75cm程度、体重は5~6kg程で、歯はすでに生えている。 育児は雌が行い、子どもは生後二週間ぐらいで、どうにか浅瀬を泳げるようになる。 この頃には、親が獲物を獲りに行っている間、子ども同士が集まってグループを作るようになる。 母親は、戻ってくると鳴き声を挙げて子どもを呼ぶが、子どもは、自分の親の声をよく聞き分けることができる。 授乳期間は6~12ヶ月と幅があるが、雌雄共に4~5年程で性成熟する。 また、毎年9月頃には繁殖地をはなれて回遊に出るが、オットセイのように大きな回遊をすることはない。 外敵はやホオジロザメなどで、野生でのは長いもので17年、飼育下は30年を超すものが知られている。 かつては様々な目的で乱獲され、生息数は著しく減少したが、現在は絶滅の恐れはなく、生息数も安定していると言われている。 尚、日本海の竹島付近にもかつてはカリフォルニアアシカの亜種とされるニホンアシカが生息していたが、近年絶滅したと考えられている。 Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。

次の

振り向けばアシカ!ガラパゴス諸島で見た衝撃の光景

アシカ の 赤ちゃん

話題のもふもふの正体は、2月22日に生まれた、鳥羽水族館では初めてとなるバイカルアザラシの赤ちゃんです。 バイカルアザラシとは、ロシアのバイカル湖だけに生息する小型のアザラシ。 アザラシやアシカなどが含まれる鰭脚類の中でも唯一、淡水に暮らしています。 日本では10施設29頭で飼育されていますが、赤ちゃんの誕生に成功したのは鳥羽水族館で3例目。 一般公開の時期は未定ですが、SNSで赤ちゃんの姿を身近に見られるのは、貴重な機会といえます。 タオルドライで大事にケアしてあげています」。 生まれたばかりのバイカルアザラシは真っ白のもふもふの毛で覆われていますが、生後1カ月ほど経つとすっきりとした黒い毛に生え替わるそう。 黒い毛が下から押し上げる形で、白い毛が抜けていく仕組みで、「はげる訳ではないのでご安心ください」。 「動画の赤ちゃんも生後1カ月を過ぎ、25日頃から抜け毛が目立つようになりました。 1カ月半くらいで真っ黒になる予定です」 大人のバイカルアザラシ。 体は黒い毛で覆われている 出典: 写真提供:鳥羽水族館 隅っこが大好きだった赤ちゃんも、最近はやんちゃな性格を見せるようになってきたといいます。 担当者は「いろんなものに興味を示し始めて、触ったり嚙んだりという行動が増えてきました」と話します。 「癒やしになればうれしい」 鳥羽水族館のアカウントでは、バイカルアザラシの赤ちゃんの写真や動画が日々投稿されています。 毎回数万単位での「いいね」が集まり、担当者は「多くの方に見ていただいていてうれしいです」。 入館前に職員の方がお客さんの体温測定(非接触式)や手の消毒を実施するなど対応し、21日に営業を再開しています。 しかし例年であれば、大学生の卒業旅行などで賑わう館内ですが、担当者は「お客さんはかなり少なくなっています」。 「こういった状況ですが、どうやってお客さんに喜んでもらえるか、元気な動物たちを身近に感じてもらえるかと思い、SNSで発信してきました。 成長を楽しみにしてくださっているお客さんや、『動画や写真が癒やし』というコメントをいただけることに、当館としてはとてもうれしいです」 期間限定のもふもふの赤ちゃん。 ぜひ鳥羽水族館のツイッターアカウントで見てみてください。 そして、成長して黒くなった姿を、より多くの方に生で見てもらえるようになりますように。

次の