法然とは。 法然上人の生涯《開教~東大寺講説まで》

法然寺(アクセス・見どころ・歴史・・・)

法然とは

浄土宗をひらく(43歳まで) 善導大師への傾倒は伝統という厚い壁をやぶることでもあったので、強い抵抗を廃除しつつ漸次かためられていきました。 師の叡空との間に観仏と称名との優劣について行われたはげしい論難往復は、その一つのあらわれでした。 上人にとってこのような抵抗を廃除することよりも、称名による往生に関して自分のこころのなかに残って消えない疑いを、うちやぶることに懸命でした。 つまり上人のこころのなかは、称名によってかならず往生が得られるという確たる証拠を、人の上にこの眼でたしかめたい、直接善導大師にお会いして疑いをはらしたいという気持ちで一杯でありました。 あるとき上人は、西山連峯の吉峯の往生院に 高声 こうしょう 念仏の行者である遊蓮房 円照 えんしょう をたずね、その霊験に接するとともに、称名による往生を眼のあたりにみとどけることを得て、称名往生に確信をいだくことができました。 「浄土の法門と、遊蓮房とにあえることこそ、この世に生をうけた思い出である」と述懐された上人のこころは、このことを指しています。 善導大師に導かれて -「散善義」との出会い - さらにこれと平行して一方では、国をことにするばかりでなく、六百年のへだたりのある善導大師にお会いする道はただ一つ、 遺 のこ された著作に接し、熟読して疑いをはらすよりほか道のないことに気付かれました。 上人はあちら、こちらと宝蔵をかけめぐって、善導大師の著作をさがし求められました。 「ひろく諸宗の章疏を被覧し、叡岳になきところのものは、これを他山にたずね、かならず一見をとぐ。 黒谷の宝蔵に欠くところの 聖教 しょうぎょう をば書写したてまつりて、これを補う」ほどの人であったから、比叡山のどこにも見あたらなかった『 観経疏 かんぎょうしょ 』『散善義』を、かろうじて宇治の宝庫にさがしだし、これを一度ならず、二度、三度と読みかえすうちに、「こころのみだれたままで、ただ阿弥陀仏のみ名をとなえさえすれば、本願のみこころによって、かならず往生ができる」という確信をもつにいたりました。 ときまさに承安五年(1175)春、上人四十三歳のことでありました。 上人のこころのなかに成立した称名往生に関する確信によって、今までの疑いの雲はのこりなく晴れ、今までとはうってかわったこころの世界が展開するにいたりました。 この宗教的回心をさして浄土開宗というのです。 したがって浄土開宗とは、既成の他宗教団に対抗して新しく教団をうちたてようという組織的、計画的な意図によって行われたわけではないのです。 上人の心底は「ただ善導和尚のこころによって浄土宗をたつ。 和尚はまさしく弥陀の化身なり。 所立の義あおぐべし。 またく源空の今案にあらず」という一語につきるのです。 大原談義(43~53歳) その後、上人は一求道僧として誰からの束縛もうけずに、自由に称名念仏に打ち込むべく、三十年このかた住みなれた比叡の山をおりて、西山の広谷というところに居を占められましたが、しばらくして東山の吉水に住房をうつして、ここを根拠とされることになりました。 「われ聖教をみざる日なし。 木曾の冠者花洛に乱入のとき、ただ一日聖教をみざりき」と述懐されているように、嘉永二年(1183)、木曾義仲が京都に乱入した日以外は、称名念仏と聖教の読破にあけくれ、たまたま「たづねいたるものあれば浄土の法門をのべ、念仏の行をすすめる」という静かな生活を続けられていました。 大原談義 上人の日ぐらしはこのようでありましたが、その人格のひかりは暗夜のともしびのように、多くの群萌をひきつけ、その説く専修念仏の教えは各階層の人たちにうけいれられていきました。 このなか、とくに南都北嶺の僧たちの注視の眼は、文治二年(1186)の秋、五十四歳の上人をとらえました。 それは天台宗の 顕真 けんしん (1130~1192)が発起して上人の主張を聴取し、たがいに意見を交換しようとして、三論宗の明遍(1142~1224)、法相宗の 貞慶 じょうけい (1155~1213)、天台宗の証真や湛がく (たんがく) 、さらに嵯峨往生院の念仏房(1157~1251)、東大寺大勧進の俊乗房 重源 ちょうげん (1121~1206)らを洛北大原の里、勝林院に招じて会合を催しました。 世にこの会合を大原談義と呼んでいます。 ときに上人は居ならぶ各宗の碩学を前にして、諸宗の法門、修行の方軌、得脱の有様についてのべ、さらにこれに対して浄土の法門こそ現今、万人に適したただ一つの教え( 時機相応 じきそうおう の法門)であることを強調されたのです。 この主張は「教えをえらぶにあらず、機をはかろうなり」という上人のことばどおり、いくら教えの優秀さを誇っても、末法の今どき(時)、 人間 にんげん の 性 さが に翻弄されている自分自身(機)に堪え得ない教えであるならば、その教えは存在理由を失ってしまうというものでした。 成等正覚という深い宗教体験に輝きたもう大聖釈迦牟尼世尊が、すでにこの世を去りたもうて、その人格のひかりは時の経過とともに次第に消え去った現今(時=末法時)、そのひかりに包まれながら直接その教えを仰ぐことができない、いわば教えを乞う師大聖釈尊をもたない自分、しかも人間の性にふりまわされている自分(機=底下の凡夫)にとっては、ただひたすらに時機に適した教え、現在仏であり、しかもすべての 群萌 ぐんもう をもれなく救いとろうとなさる阿弥陀仏の本願のみこころのままに、そのみ名を南無阿弥陀仏と高声にとなえるよりほかに、出離生死の道はひらかれないという、上人ご自身の体験からにじみでた意見でありました。 上人のこの主張に対して共感をもっても、 反駁 はんばく すべき道理は微塵もなく、来聴者にふかい感銘を与えて、この会合の幕は閉じられました。 顕真や湛がくはただちに発起して、勝林院や来迎院で不断念仏を始めるという、予想だにしなかったもりあがりのある結果をみるにいたりました。 これこそ上人が「機根くらべには源空かちたり」という述懐を証してあまりあると言えましょう。 ともかく大原談義は一種の浄土開宗の宣言として、伝統の厚い壁の一画をうちくだいたことを意味するのです。 それは上人が比叡山をくだられて十二年目の出来事でありました。 その翌年、東大寺の復興に上人を動員せしめようとする後白河院の内命がくだされましたが、上人はかたく辞退して、その大勧進職に俊乗房重源が推挙されました。 かくして東大寺の復興は重源を大勧進に仰いで進められましたが、文治六年(1190)、上人五十七歳のとき、後白河院の命による重源の特請をうけた上人は、まだ半作りの東大寺大仏殿の軒下で、三日間にわたり浄土三部経を講説されることになりました。 ときに南都各宗の碩学や覆面した大衆は、自宗のことについて問いかけて、もしその解答にあやまりがあれば、恥をかかさんばかりの意気込みで会座につらなったので、会場には異常な緊張感がみなぎりました。 しかし上人はこともなげに、称名念仏こそ凡夫出離の最適の教えであることを、浄土三部経の講説をとおして披瀝 ひれき し、教えが時機に相応してこそ、教えは人に生き、人は教えによって生かされる所以を強調されたのです。 この講説はある意味で、南都の諸宗を相手とした浄土開宗の宣言でもありました。 今日伝えられている「浄土三部経釈」というのは、このときの講録です。 重源はこの翌年、上人に対して十箇条にわたる疑問を提出したので、上人はこれに解答をよせられました。 世にこれを『東大寺十問答』といっていますが、その記録は現在に伝わっています。

次の

「法然」の思想とは?その生涯や弟子の親鸞との違いも解説

法然とは

法然上人は平安の末、長承2年(1133)4月7日、美作国(現在の岡山県)久米南条稲岡庄に押領使・漆間時国(うるまのときくに)の長子として生まれ、幼名を勢至丸(せいしまる)といいました。 勢至丸が9歳のとき父・時国が夜襲され、不意討ちに倒れた時国は、枕辺で勢至丸に遺言を残します。 「汝さらに敵をうらむ事なかれ。 これ偏(ひとえ)に先世の宿業(しゅくごう)なり。 もし遺恨(いこん)をむすべばそのあだ世々に尽きがたし。 早く俗をのがれ家を出て、我が菩提を弔い、みづからが解脱を求めよ」 この言葉に従い勢至丸は菩提寺で修学し、その後15歳(一説には13歳)で比叡山に登って剃髪受戒、天台の学問を修めます。 久安6年(1150)18歳の秋、黒谷の慈眼房叡空の弟子として法然房源空(ほうねんぼうげんくう)の名を授けられました。 叡空のもとで勉学に励んだ法然上人は「智恵第一の法然房」と評されるほどになり、以後、遁世(とんせい)の求道生活に入ります。 『法然上人行状絵図』巻三段一 勢至丸、比叡山に登る この時代は政権を争う内乱が相次ぎ、飢餓や疫病がはびこるとともに地震など天災にも見舞われ、人々は不安と混乱の中にいました。 ところが当時の仏教は貴族のための宗教と化し、不安におののく民衆を救う力を失っていました。 学問をして経典を理解したり、厳しい修行をし自己の煩悩を取り除くことが「さとり」であるとし、人々は仏教と無縁の状態に置かれていたのです。 そうした仏教に疑問を抱いていた法然上人は、膨大な一切経の中から阿弥陀仏のご本願を見いだします。 それは「南無阿弥陀仏」と声高くただ一心に称えることにより、すべての人々が救われるという専修念仏(せんじゅねんぶつ)の道でした。 承安5年(1175)上人43歳の春、ここに浄土宗が開かれたのです。 『法然上人行状絵図』巻六段三 法然上人、吉水の草庵で念仏の教えを説く 加えて、上人の弟子である住蓮(じゅうれん)、安楽(あんらく)が後鳥羽上皇の怒りをかう事件を起こし、建永2年(1207)、上人は四国流罪となります(建永の法難:けんえいのほうなん)。 5年後の建暦元年(1211)に帰京できましたが、吉水の草庵は荒れ果てており、今の勢至堂(せいしどう)のある場所、大谷(おおたに)の禅房に住むことになりました。 翌年、病床についた法然上人は、弟子の勢観房源智上人(せいかんぼうげんち)の願いを受け、念仏の肝要をしたためます。 それが「智者のふるまいをせずして、ただ一向に念仏すべし」と述べた『一枚起請文』(いちまいきしょうもん)です。 そして建暦2年(1212)正月25日、80歳で法然上人は入寂されたのです。 『法然上人行状絵図』巻三十七段五 法然上人のもとに、三尊仏が来迎.

次の

法然上人の生涯《開教~東大寺講説まで》

法然とは

親鸞聖人の尊敬 親鸞聖人は、法然上人を非常に尊敬されています。 例えば、法然上人にめぐり会うことができなかったなら、この世も救われなかったし、未来永劫苦しみ迷い続けたであろうといわれています。 昿劫多生のあいだにも 出離の強縁しらざりき 本師源空いまさずは このたびむなしくすぎなまし(高僧和讃) 「 源空」というのは法然上人のことです。 本師というのは、本当の先生ということです。 色々なことを教えて頂いたけれども、一番大切なことを教えて頂いた、忘れることのできない先生のことです。 「 昿劫多生のあいだにも出離の強縁しらざりき」というのは、果てしなくを繰り返してきた遠い過去から、救われる道を知らなかった、ということです。 「 本師源空いまさずはこのたびむなしくすぎなまし」というのは、法然上人がおられなければ、今生も救われなかったし、またこれからも未来永遠苦しみ続けなければならなかった、法然上人によって救われた、ということです。 ですから親鸞聖人は、法然上人になら騙されてに堕ちても後悔しないと『 』にいわれています。 たとえ法然上人にすかされまいらせて念仏して地獄に落ちたりともさらに後悔すべからず候(歎異抄) 「 すかされまいらせて」というのは、騙されてということですから、親鸞聖人は、法然上人になら騙されて地獄に堕ちても後悔しないとまでいわれています。 親鸞聖人は、法然上人をいかに信じておられたかが分かります。 この方の教えは絶対に間違いないと、親鸞聖人が絶対の信頼を寄せておられた方が法然上人です。 では法然上人とは、どういう方だったのでしょうか。 9歳・お父さんを殺される 法然上人は、 1133年という平安時代の末期、まもなく貴族の世が武士の鎌倉時代になる時代の変わり目に生まれられました。 お父さんの名前を漆間時国(うるまのときくに)といいます。 法然上人の幼名は「 勢至丸」といいます。 の智慧を表す勢至菩薩からつけられたものです。 その名前の通り、ものすごく賢い子供でした。 ところが、勢至丸が9歳の時、お父さんの仕事のトラブルで、ある晩、自宅が源定明の襲撃に遭いました。 勢至丸がお父さんの寝室に駆けつけた時には、もうお父さんは虫の息でした。 「お父さん、大丈夫ですか?」 「おお、勢至丸か。 わしはもうダメじゃ、すまんのう、こんなことになって」 「何という卑怯な奴らでしょう。 寝首をかくとは武士の風上にもおけません。 必ずかたきを討ってご覧に入れます」 「 何?かたきなど討ってはならぬ。 わしが今日こうして死んで行かなければならないのは、、自分のまいたたねまきじゃ。 しかしお前が定明を殺したら、お前が殺生罪を造ってしまう。 やがて定明の子供がお前を殺しに来る。 そのたねまきはそなたが刈り取らねばならないのだぞ。 だから決してかたき討ちなどせずに、仏門に入って極楽に往生し、自分も他人も幸せにしてくれ」 こう言って、念仏を称えると、息を引き取ったのでした。 ところが、この臨終の一言が、その後の日本に多大な影響を与えたのでした。 こうして、お寺の住職だった叔父の観覚得業(かんがくとくごう)から、学問を学び始め、15歳の時に出家して、比叡山に登ったのでした。 これを親鸞聖人は、こういわれています。 15歳・出家、法然上人の求道と救い 法然上人は、はじめ源光(げんこう)という先生に学びましたが、その後すぐ皇圓(こうえん)という先生につきます。 そこで生死(しょうじ)の解決のみを求めて仏教を聞き求めたのでした。 生死というのは、生まれたら必ず死ななければならない一大事のことで、ともいいます。 当時の比叡山は、出世して地位や名誉を求める僧侶もありましたが、法然上人はやがて18歳で地位や名誉の道を捨て、ただ後生の一大事の解決のみを求める僧侶が集まっていた黒谷に移りました。 その黒谷で、叡空(えいくう)につきます。 その先生の叡空から、法然房源空という名前をつけてもらったのでした。 それから、5年間、法然上人は一心に後生の一大事の解決を求めました。 法然上人は、修行に励めば励むほど、の逆巻く自分の姿が知らされます。 来る日も来る日も修行に打ち込んだのですが、天台宗の教えではどうしても後生の一大事の解決ができず、24歳の時に比叡山を下りて、奈良で華厳宗や法相宗などの学問を学んで、解決を求めました。 ところが華厳宗や法相宗でも後生の解決はできずに、比叡山に戻ります。 煩悩の塊の自分を導いてくだされる先生がおられないと知った法然上人は、黒谷の報恩蔵にこもります。 報恩蔵というのは、一切経七千余巻のおさめられた経蔵のことです。 はどこかに煩悩でできた凡夫にも、後生が解決できる道を教えられているはずだと、探し求めたのでした。 その間、一切経を5回拝読し、やがて43歳の時、の『 観無量寿経疏』に記された 「 一心に専ら、弥陀のを念じ、行住坐臥、時節の久近を問わず、念々に捨てざる者これを正定の業と名く。 彼の仏願に順ずるが故に」という一文によって、が法然上人の心に届いた瞬間、後生の一大事が解決でき、煩悩あるがままで死ねば浄土間違いなしの変わらない幸せに救われたのでした。 43歳・浄土宗を開く 黒谷を出られた法然上人は、京都東山の吉水に草庵を結ぴ、阿弥陀如来の本願を伝え始められたのでした。 天台宗では、出家して戒律を守り、厳しい修行をしなければ助かりませんが、 阿弥陀如来の本願は、どんな人でも煩悩あるがままで本当の幸せに救われます。 この すべての人が救われる真実の仏教を、浄土宗として明らかにされたのでした。 その教えは余りにもすばらしく、これまで法然上人の先生であった観覚や叡空も法然上人に帰依します。 また、法然上人に真言宗を教えた重宴阿闍梨(じゅうえんあじゃり)も法然上人の弟子になります。 また、時の後白河天皇、高倉院、後鳥羽院、関白九条兼実をはじめ、貴族たちも法然上人に帰依します。 こうしてたくさんの人々が法然上人の教えを聞くようになり、真実の仏教は急速に広まっていったのでした。 法然上人54歳の時には、その勢いを無視できなくなった従来の宗派の僧侶たちが、結託して勝林院に呼び出し、論争をしかけます。 これを 大原問答(おおはらもんどう)といいます。 ところが、これぞ真実を明らかにするまたとないチャンスと、一人で勝林院に出向かれた法然上人は、当時の仏教学者380余人を完膚なきまでに撃破してしまったのでした。 こうして、智慧第一、勢至菩薩の化身といわれるようになります。 法然上人66歳の時には、関白九条兼実の要請によって、主著『 選択本願念仏集(せんじゃくほんがんねんぶつしゅう)』を著します。 そしてついに69歳の時、29歳の親鸞聖人とめぐりあわれ、阿弥陀如来の本願を伝えて、まで導かれたのでした。 ところが、こうして広まって行く他力念仏を苦々しく思った比叡山の僧兵たちは、法然上人72歳の時、他力念仏を停止すべきと議決します。 それに対して法然上人は『 七箇条の起請文』を書いて妨害を防がれました。 しかし74歳の時には、奈良の法相宗の僧侶が「 興福寺奏上」を朝廷に提出し、75歳の時に土佐(高知県)に流刑になられたのでした。 この時35歳の親鸞聖人も、越後(新潟県)へ流刑となっています。 ようやく79歳で許されて京都に戻りますが、疲労で寝たきりになってしまい、80歳で浄土へ往生されたのでした。 では、法然上人の教えられた真実の仏教とは、どんな内容だったのでしょうか? 法然上人の教えとは 法然上人の教えというと、1回でも念仏を称えれば極楽に往生できると多くの人が思っていますが、そうではありません。 法然上人の教えは、主著の『 選択本願念仏集』に教えられていますが、その一番大事な所を、親鸞聖人は『 』にこのように明らかにされています。 還来生死輪転家(げんらいしょうじりんてんげ) 決以疑情為所止(けっちぎじょういしょし) 速入寂静無為楽(そくにゅうじゃくじょうむいらく) 必以信心為能入(ひっちしんじんいのうにゅう) (正信偈) これは「 『生死輪転の家に還来することは決するに疑情を以て所止と為す。 速やかに寂静無為の楽に入ることは必ず信心を以て能入と為す』といえり」と読みます。 最後の「 いえり」が大事です。 これは親鸞聖人が言われたことではなく、法然上人がこうおっしゃっている、ということです。 まず「 生死(しょうじ)」とは、生まれたり死んだりということで、生きているものが死ぬことは大変苦しいことですので、苦しみ悩みのことです。 「 輪転(りんてん)」とは、車の輪が転がると書くように、同じ所をぐるぐる回って果てしがないことです。 輪廻ともいいますが、際限がないことを輪転といいます。 「 家」とは、私達は家を離れては生活することができないように、苦しみ悩みが限りなくやってきて、決して離れることができないことを家にたとえて「 生死輪転の家」といわれています。 「 還来」というのは、行ったり来たり、来たり行ったりすることで、私たちは家から離れて生きられないように、際限もなく苦しみ続けなければならない、ということです。 苦しみ迷いの世界とは 具体的には、私たちが生死を繰り返すのは、六道という6つの迷いの世界です。 苦しみのなくならない世界が6つあると仏教では教えられています。 地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上の6つです。 それは苦しみの強弱によって分けられています。 一番苦しみの激しい世界を地獄といいます。 地獄よりはましですが、苦しい世界を餓鬼道といいます。 餓鬼よりはましですが、苦しい世界を畜生界といいます。 修羅界というのは、争いばかりで苦しむ世界です。 私たちが今生まれているのは人間界です。 この6つの中では、苦しみが少ない世界を天上界といいます。 天上界といっても死ねば地獄へ生まれることもある、迷いの世界です。 私たちの命は、人間に生まれた時に始まって、死んで終わるのではありません。 それは肉体のことです。 私たちの永遠の生命は、果てしない遠い過去から、6つの迷いの世界を生まれ変わり死に変わり、生死を繰り返しているのです。 仏教では (あらやしき)といわれていますが、それはちょうど、とうとうと流れる大河のようなものです。 肉体は、その大河の上にポッとできた泡のようなものです。 しばらく流れてパッと消えます。 すると、また新しい泡ができてしばらく流れてパッと消えます。 今までどれだけの泡ができたり消えたりしたか分かりません。 地獄に生まれたり、畜生に生まれたり、餓鬼に生まれたりして、今人間に生まれて流れているのです。 やがて死ぬと、またどこかの世界に生まれます。 順番は決まっていないのですが、その時の因縁によって、あっちへ生まれたりこっちへ生まれたり、果てしなく行ったり来たりすることを「 生死輪転の家に還来する」といわれています。 生まれたら必ず死ななければならない迷いの世界です。 不安がなくならない理由 生まれたら必ず死ななければならない生死のある世界なので、親鸞聖人は、「 生死の苦海」ともいわれています。 生死の苦海ほとりなし(高僧和讃) 「 ほとりなし」ですから、離れることはできません。 果てしなくこの生死の苦しみは続いて行きます。 この生死がある限り、不安はなくなりません。 私たちが本当に安心満足できるのは、生まれても死ぬことのない、生死のなくなった世界です。 それなのに私たちは、科学がもっと進歩したら幸せになれるとか、 もっと経済が豊かになれば幸福になれると幻想を抱いていますが、 どんなに世の中便利になって、お金が豊かになっても不安はなくなりません。 それは、 必ず死んでいかなければならないという不安を抱えているからです。 どんなに科学が進歩しても、経済が発展しても、この生死輪転の家から離れることができなければ、果てしなく苦しみ続けなければなりません。 それはどうしてなのかというと、 生死輪転の家に還来する原因を知らないからです。 原因を知らなければ、その原因を断ち切ることもできません。 そこで法然上人は、次に原因を明らかにされています。 苦しみから離れられない原因 「 生死転輪の家に還来することは」というのは、全人類の苦悩の原因は、ということです。 これは誰しも知りたい全人類の共通するテーマです。 そのすべての人が知りたくても知ることのできない、私たちが苦しみ悩みから離れられない原因を、次にズバリ、 「 決するに疑情をもって所止となす」 といわれています。 「 決するに」とは、これで決まるということで、これ一つということです。 これさえ取り除けば、苦しみが断ち切られて、幸せになれるということです。 そして次にこういわれています。 速やかに寂静無為の楽に入ることは、必ず信心をもって能入と為す。 (正信偈) 「 寂静無為の楽(じゃくじょうむいのみやこ)」というのは、極楽浄土のことです。 法然上人は、1回でも念仏を称えたら極楽に往けると教えられたわけではありません。 「 信心によって極楽へ往くことができる」といわれています。 しかも、信心はあってもいい、なくてもいいということではありません。 「 必ず」といわれています。 信心といっても、自分の心で何かを疑わないように信じることではありません。 これはですから、「 疑情」がなくなったことをいいます。 ですから、疑情がなくなったことを 「 (しんじんぎゃくとく)」とか 「 信心決定(しんじんけつじょう)」といいます。 信心獲得したら、念仏を称えずにおれなくなりますから、法然上人が教えられたは、信心獲得した後に称える他力の念仏なのです。 法然上人と親鸞聖人の教えの違い 法然上人が他力の念仏を教えられ、親鸞聖人が他力の信心を教えられたと聞くと、法然上人の教えと親鸞聖人の教えは違うことのように思います。 ところが実際は 法然上人も他力の信心を教えられていますので、教えられたことは同じです。 ただ、教え方が違うだけです。 それはちょうど、法然上人が念仏を強調されたのは、財布が大事ですよ、と教えられたようなものです。 ところが、財布が大事なのは、中に入っているお金が必要だからなのに、お金の入っていない財布を大切にする人が出てきたので、親鸞聖人は間違いが起きないように、財布からお金を取り出して、「 お金が大事ですよ」と、より鮮明に教えられたのです。 それが、他力の信心一つで救われる親鸞聖人の教えです。 他力の信心とは何かというと、苦悩の根元である疑情がなくなったことをいいます。 疑情というのは暗い心ですが、疑情とはどんな心で、どうすれば疑情がなくなるのかについて、詳しくは、以下の小冊子に分かりやすくまとめてありますので、今すぐお読みください。

次の