せいや 週刊誌。 【ハニトラ】霜降り明星のせいやを盗撮、既婚者を隠し自らも自慰行為をした女と週刊文春は民事だけでなく刑事訴訟される可能性

「泣きそうになる」霜降りせいや、下半身出し報道で上白石萌音に生謝罪!

せいや 週刊誌

霜降り明星せいやさんはそれに留まらず、一人で行為をすると言う暴挙に出ました。 その女性は、霜降り明星せいやさんの大ファンだったと言いますが、この件で一気に嫌いになったと言います。 女性は霜降り明星せいやさんのファンでSNSのDM機能などで応援メッセージを多く送っており、5年越しの今年3月30日に霜降り明星せいやさんから「 ^v^ 」と言う顔文字が送られてきて、やり取りするようになったと言います。 その5日後の4月4日に返信があり、霜降り明星せいやさんは「会えるなら会わないか」と女性を誘いました。 女性は会いたいとは思ったものの、新型コロナウィルス禍の状況や、結婚もしており、子供もいる為、さすがに会わなかったようですが、その約1ヶ月後、5月6日に女性宛てにDMが来て「Zoom飲み会しよ」と言われ、当日の23時から飲み会を始めたと言います。 しかし霜降り明星せいやさんは、既に酔っており、普通の会話の際は気のない返事ばかりだったと言います。 ところが、女性が看護師と知ると、下ネタ系の質問をし、「興奮してきた」などと1人で盛り上がっていたそうです。 1人で盛り上がり続け、延々と下ネタを続けると、行動がエスカレート、何とズボンと下着を脱ぎ1人で行為を始めてしまったと言います。 女性はこれに激怒、二度と顔も見たくないと思ったと言います。 霜降り明星せいやさんの行為にネットではどんな声が上がっているでしょうか。 霜降り明星せいやサイドは週刊誌を訴える? さて、そんな霜降り明星せいやさんですが、「文春オンライン」で報じられた件で、所属事務所の吉本興業は、報道に問題があるとして「法的措置を取ります」と明言しました。 更に「週刊文春」に直撃された霜降り明星せいやさんは「女性側から誘ってきた」、「女性も下半身を見せてきた」、「合意の上でやった」と曰く「ハニートラップにかかった」と主張しているようです。 2人の主張は大きく食い違っているものの、女性はそれでも30分以上動画での接触を続け、嫌なら動画を切れば良かったのではと言う声が非常に多いようです。 確かに嫌なことをされて、好きだった芸人が嫌いになるほど嫌悪感を抱いたのなら長時間見ているのはおかしいと言えます。 また、キャプチャーも撮っており、女性は動揺しておらず意外に冷静だったことがうかがえます。 その写真を警察に持ち込んだとしても事件扱いされますが、あえてそれをせずに週刊誌に売り込んだというところが確信犯とも言える行動です。 その為、「女は最初から週刊誌に売る気満々だったのでは?」と言う声も出てきています。

次の

霜降り明星せいや、芸能活動休止の可能性も…Zoomで女性に“一人行為”見せつけ

せいや 週刊誌

yahoo. これは、はめられたと思う。 この女画面から目を逸らしているようには見えないし、絶対嫌がってなかっただろ。 しかも、嫌だったら即切れや。 せいやさんも軽率だったけど、これは女が仕組んだと思うぜ。 — ゆう 勉強と政治の垢 danielederossi 記事によるとせいやさんは1回だけでなく、2回一般女性A子さんとオンライン飲み会をしたようです。 ファンとして会話していただけだった。 看護の話をしていた時に、「勃ってきた」と言われた。 1回目(5月6日)はお酒を飲んでいたから、2回目(5月8日)は普通の話ができるかなと期待していた。 2回目(5月8日)のZOOMは10分ほどの通話だった。 せいやさんだけ自慰行為をされてイッてすぐに(ZOOMを)切ってしまった。 文春の突撃取材に応じたせいやさんは、 この一連の騒動がハニートラップで、A子さんにはめられたと終始主張しています。 文春に載せられたいうせいやさんとA子さんのラインやりとり。 えこの女本当クソすぎない? 文春全部読んだし、正直せいやのこと好きだから贔屓目でみるのあるけど、普通に騙してない?せいやのこと。。 せいやさんは本当にはめられたのか、それともA子さんの主張が正しいのか・・・ 真相は今現在、本人達のみぞ知るという状態です。 「 私は、旦那も小さい子供もいますし、せいやさんと不倫関係を持ちたいなど誓って思っていません。 当時、自粛で一歩も外に出られない中、 家事と子育てに追われ、精神的にも限界でした。 せいやさんから連絡が来たことは本当に嬉しかった。 昔から大ファンですし、繋がりたい、仲良くなりたいという思いはありました。 でも、それはファンとしてであって、ハートマークの入った文面を送ったのも、ファンレターとしてです。 yahoo. 文春の記者は、何度もA子さんに「自分も脱いだのか」「同意の上だったのか」など、星矢さんが主張する部分を確認。 ばかだね〜(口悪くてすみません) 女性にはめられた感もあるけどそもそもどういうシチュエーション?と思ってしまう。 普通は見せへんよ。 — KOICHI 11nu1 LINE一方的に送ってるのは女じゃん。 都合よくせいやを使っときながら、『なんか都合よく使われただけかと思って』それせいやのコメント。 お前が言うコメントじゃないだろ。 騙されてるのに謝るせいやに騙して金を稼ぎ何も謝らない女🙄 旦那子供もいるのによくこんな下品なこと出来たな — 🐱 armbt0612 文春へリークするといくらもらえる?.

次の

せいやのZOOMセクハラはハニートラップ?はめられたとの同情も!|こあらの散歩道

せいや 週刊誌

週刊誌は信用できない? 人々の中には週刊誌は信用できない、という人も 一定数存在します。 確かに、雑誌にもよりますが、週刊誌には 虚実が混ざっています。 もちろん、本当のことも書いてはありますが、 憶測や、完全な証拠がない状態で記事を書いて、 結果的に間違いだった、などということも 週刊誌においては実際にあるのです。 このあたりは、ネットと同じようなものだと 考えると良いかと思います。 ネットでも、本当の情報が転がっていることもありますし、 嘘の情報が転がっていることもありますよね。 それと同じことです。 読む人によって、役に立つ情報に出来るかどうか 決まってくると言っても、過言ではないでしょう。 では、週刊誌との上手な付き合い方や、 何故、大げさなことを書くのか、について それぞれご紹介していきましょう。 週刊誌との上手な付き合い方 週刊誌との上手な付き合い方。 それは「面白い読み物」として考えることです。 ニュースや、何らかの解説本とは違い、 週刊誌には、少なからず虚実が混ざっています (ニュースにも混ざっていると言えば、混ざっているのですが) そのため、週刊誌と上手に付き合っていくためには 「面白い読み物」として、 つまり、面白半分で読むようにする、というのが 一番良いように思います。 実際に、週刊誌から真実を手に入れようとするのではなく ネタとして読む、ということですね。 あまり情報を鵜呑みにはしない方が良い、と言うことです。 もちろん、真実の記事もあれば、 先にも書いたように、適当なことを書いている場合もあります。 全てを鵜呑みにしたりする人には、あまり向いていないのでは ないかと思いますね。 あくまでも、ネタ的な読み物として、 あまり真剣に捉えずに「へ~」みたいな感じで 読めると、上手く付き合っていくことができるのでは ないか、と思います スポンサーリンク 嘘や適当なことを書く理由は? 嘘や適当なことを週刊誌が書いたりする理由… それは何なのでしょうか。 まず、週刊誌の嘘にも3パターンが存在します。 ひとつめは 「単純な取材不足」 取材不足により、誤った情報をそのまま出してしまったりだとか、 全然事実と違う記事をそのまま出してしまうパターン 人員的な問題や、一刻も早くスクープを、という流れが こういった間違いを生み、結果的に 紙面に嘘を載せることになる、ということですね。 週刊誌などは、いかに表紙の文言で 注目してもらうかも非常に大切なポイントになります。 週刊誌の見出しもそうですが、これは、食料品の 「写真イメージです」みたいに書いてあるものと 同じように考えることができます。 そのため、大げさな見出しを作ったり、誇張する見出しを作ったりして 売上を伸ばそうとしているわけですね。 みっつめは 「悪意のある嘘」 週刊誌の中には、明らかに悪意のある嘘を書くものもあります。 何を目的としているかと言うと、 上と同じですね。 売上や注目度を集めるためです。 流石に、他の人が絡む(芸能人など)の完全に嘘の記事は あまりないとは思いますが 誰も絡まないような嘘は、結構日常茶飯事的についています。 地震が来る~!だとか、富士山が噴火する~だとか、 その辺が、代表例になりますね。 こういった記事には信憑性はないと考えて 間違いありませんから、惑わされないようにすることが とても大切なことになります 週刊誌は必ずしも必要なものではない 週刊誌の中でも、悪質な情報が多いタイプの 週刊誌と、比較的正しいことが書かれている場合が 多い週刊誌もあります。 ものによって内容は色々なので、信じる・信じないは 読む側の判断です。 自分がどの週刊誌を読むのか、 あるいは読まないのかは、自分自身でしっかりと判断を していくようにしましょう。 娯楽の一種です。 自分が面白い!と思うのであれば 週刊誌を手に取って読んでみるのも良いと思いますし、 不快に思うのであれば週刊誌など、相手に しなければいい。 たった、それだけのことです。 あまり、過剰に反応したりだとか そういう必要はあまりないかとは思います。 世の中の動きやニュースを知りたいのであれば、 週刊誌ではなく、新聞やネットニュースなどを 見ていた方が、まだ信憑性もありますし、 有用であるかと思います。 訴えられないの? 週刊誌が訴えらえている事例はたくさんあります。 その結末も様々。 週刊誌が話が敗訴している例も あれば和解しているケースもあります。 ですが、それでも週刊誌は、今のやり方を 変えることはないと思いますし、 仮に裁判沙汰になっても最終的には 利益が出る、というそういう計算なのだと思います。 ですので、訴えられても問題ない、 というのが週刊誌の内心なのだと思います。 実際に、訴える、というのは 訴える側にもリスクがある行為ですし、 お金も、時間もかかる行為です。 なので、そもそも最初から週刊誌を訴えない、という 選択肢をする人も多く存在するようです。 色々と難しい部分ではあるみたいですね。 スポンサーリンク 天災関係に注意 地震や噴火など、そういったものに関する不安をあおるような 記事は週刊誌系統では特に多く見受けられます。 そういったものに惑わされてしまい、 不必要に不安を感じたりしないようにすることは とても大切なことになります。 くれぐれも、パニックを起こしたりしないようにしましょう。 週刊誌編集部は神様ではありません。 地震も予知できませんし、噴火も予知などできません。 まとめ 週刊誌にも色々とあります。 ある程度のスクープを取る為に強引な取材をしたり、 地震災害などのあることないことで不安を 煽ったりするのは仕方がないのかもしれません が、取材する側も、人として最低限のマナーは 身に着けて取材することはとても大切であると思います。 ハイエナではなく人間なのですから、 そのあたりはしっかりと会社側が判断していく必要が あるでしょう。 また、読む側も全ての情報を鵜呑みにしないことです。 全ての情報を鵜呑みにすることは、結果的に 自分自身にとって、マイナスを招く可能性もあります.

次の