テンゲル スタンダード。 テンマクデザインの「テンゲル」が廃盤になっちゃうけど「テンゲルスタンダード」もいいね|バイクで旅ツーリングに行こう!

ノマディカの新作ツーリングテントを紹介しちゃいます

テンゲル スタンダード

テンマクデザインの「テンゲル」、良かったとこ 虹色のパイピングがかわいいし、メッシュポケットもたくさん付いてて便利そうな辺りが女性ならではの発想だったかなと思います。 でも普通にバイクツーリングのテントとして考えても、よかったんですよね。 前室広くていい感じだし、インナーテントのなかもちょっと高くて、普通のテントが100cmくらいなのに対し140cmもありました。 インナーテントなしでフライシートだけでも使えたし、出入口二つあるし。 ロングキャノピーは、愛車に繋げられるのはうれしいけど、正直そんなに魅力的でもないかなぁ・・・人それぞれだよね。 ちょっと高かったってのはあるけど、総合的に見れば女性キャンプライダーとしてかなり魅力的でした。 もし気になる方はAmazon、ヤフオクを確認してください。 廃盤商品なのでお買い得で出てます。 ショッピングは定価より高く売り出されてます) インナーテントの高さが少し低くはなってますが、それでも130cm弱なので、他のテントと比べると高いですね。 ロングキャノピーはなくなったけど、前室部分のフレームが変わったので、前室で過ごすには広くなりました。 インナーテントなしでフライだけの使用はできないけど、出入口は二つあるし。 虹色のパイピングがなくなったのでかわいさは減っちゃったけど、これなら男性でも普通に使えるんじゃないかな? 何よりも!これで約2万円なんですよ! 消費税付くと2万超えちゃいますけど、元々のテンゲルは約4万円でしたからね。 それが半分の2万ってすごい! 他の前室が広めなツーリングテントと比較しても安い方です。 入り口二つあって、インナーテントに入るパネル大きいし、メッシュポケットいっぱいあるし、これかなり魅力的です! ただ、原付には辛い重さです。 110ccのハンターカブなら大丈夫だと思うけど、50ccのリトルカブにはちょっと辛いかな。 W400には余裕ですが。 個人的には初代テンゲルの虹色パイピング好きだったので、2代目テンゲル(スタンダード)が初代のカラー(虹色パイピング付)バージョンで、フライだけで自立できる付属品を付けてくれて3万以下だったら、買いますね。 キャンプの予定ないのに 笑 キャンプするにしても子連れの3人だからみんなで寝れないのにw まとめ? テンゲル好きだったので、廃盤&二代目への思いを残しておこうかなと(笑) 初心者には、「とりあえず激安テントでキャンプにチャレンジしてみよう!」というスタンスなんですが、ちょっと快適性を求める人にはマジでおすすめしたいな。 感想も聞きたい。 男の人にはちょっとかわいい色になっちゃうのかな? カッコいいではないよね。 コールマンがAmazon限定でオリーブ色のツーリングテントを出してるから( )、色的にはそっちの方がカッコいい仕様。 でも機能的には私は絶対テンゲル.

次の

「前室が広い」おすすめツーリングテント2015|バイクで旅ツーリングに行こう!

テンゲル スタンダード

今年こそキャンプデビューしたいと思っているあなた。 キャンプギアはもうそろえ始めていますか? まだこれから、という方は、そろそろご準備のほどを。 特に初めてのテント選びは、キャンプギアの中では値の張る大物だし、選択肢も多いので、あれやこれやと目移りしているうちにあっという間に数ヶ月。 キャンプシーズンが来てしまいますよ! …という具合に読者様のお尻に火をつけつつ、自分がプロデュースした新作テントを紹介しようとしているあざといコバユリであります。 まあ、こんなのもあるのかと、ひとつの参考としてごらんいただければこれ幸い。 アウトドア総合メーカー「」とMOTOアウトドアブランド「」が共同開発してご好評をいただき完売したツーリングテント「テンゲル」の第二弾。 「」です。 「テンゲル」の、天井の高い、広々とした空間をそのまま残しつつ、ポールを1本加えることで広い前室が生まれ、さらに広々と使えるようになりました! それでいて収納サイズは「テンゲル」とほぼ変わらず、気になる幅は積むバイクを選ばない45cmとなっています。 この機能性で19,800円(税抜)は本当にお得! テントを買ったあとには、設営の予行演習と、バイクへの積載の練習も待っていますよ。 さあさあ、テント選び、始めましょう~! 「日々の暮らしをよりアクティブ&ナチュラルに。 」をテーマに執筆するエッセイスト。 執筆歴は十年余り。 北は北海道、南は沖縄の離島まで日本中をバイクで旅して回り、ときに海外へもアクセルを開けて、愛すべき人々、自然、アウトドア、食、乗りものなど、バイク旅だからこそ全身で受け止められたかけがえのない出逢いの数々をエッセイに綴っている。 公社 日本アロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー。 【web】 <コバユリ> <nomadica>.

次の

tent

テンゲル スタンダード

栃木県の観光地といえば、中禅寺湖、日光江戸村、日光東照宮、華厳の滝など著名な観光スポットが多い日光エリアや鬼怒川温泉を思い浮かべますが、グランピング施設は、コテージなどが多い避暑地として有名な那須高原周辺に集中しています。 栃木県では年々、グランピング施設が増加しており、愛犬と泊まれるグランピングやモンゴルのゲルに泊まれるグランピング、水上ハウスのグランピングなど個性的な施設がぞくぞくと開業しています。 栃木県のグランピング事情もふまえて、全7施設を詳細に紹介していますので、ぜひ、参考にしてください。 冬の寒さが厳しい那須高原ではコテージ宿泊のグランピング施設が中心になっています。 那須高原周辺では、冬は雪遊びやスキー、スノーボードが楽しめる場所もあります。 また、夏場でも那須高原には那須ハイランドパークがあり、子連れファミリーに人気を博しています。 そのツインリンクもてぎ内には、グランピングが楽しめる「森と星空のキャンプヴィレッジ」があります。 ツインリンクもてぎには、子供が楽しめるテーマパークレベルのアトラクションが充実しており、1日中退屈しないグランピング施設として、森と星空のキャンプヴィレッジは関東エリアでも屈指の人気施設となっています。 また森と星空のキャンプヴィレッジと同じ茂木町には、水上ハウスでのグランピングができる昭和ふるさと村という廃校を活用したグランピング施設もあります。 カフェや農場、ドッグランを備える栃木県では最もおしゃれなグランピング施設です。 4種類のテントは「ノーマルサイト(ウッドデッキ80㎡)で20,000円」、「ドッグラン付きサイト(ウッドデッキ80㎡とドッグラン400㎡)25,000円」、「ダブルテントサイト(ウッドデッキ160㎡ と2テント)35,000円」、「プレミアムドッグラン付きサイト(ノーリードエリア1,000㎡とウッドデッキ100㎡ )35,000」があります。 テントはキャンバスキャンプ Sibley600 Pro Tech DD(直径6m)を使用しています。 直径6mありますので、ダブルベッドも2台あり、室内は広々しています。 トイレやエアコンはテント内にありませんが、24時間利用可能な集合トイレがあり、管理棟には、大浴場も完備されています。 もともとゴルフ場のあった場所に農園が作られており、季節によってはいちご狩りなども楽しめます。 また58ロハスクラブは愛犬とグランピングしたい方に向いており、ドッグランは7か所も整備されています。 また、犬用のプールや犬用のシャワーなどの設備も充実しており、家族同様に愛犬と過ごしたい方にはおすすめのグランピング施設です。 58ロハスクラブの基本情報• エアコン・トイレ:扇風機、共同トイレ• お風呂・シャワー:共同浴場• 料金:ノーマルサイト、20,000円~• 子連れ・幼児:農業体験やペットとのふれあい• 住所:栃木県矢板市安沢2180• アクセス(車):東北自動車道、矢板IC下車10分• ペット:愛犬家向きのグランピング施設 2.モンゴリアビレッジ テンゲル(栃木県那須郡那須町) モンゴルの移動式住居「ゲル」に泊まってグランピングが楽しめる国内でも珍しい施設。 遊牧民のモンゴル民族は1000年以上にわたって、ユニークな移動式住居で生活を送ってきており、今、日本で流行しているグランピングの原点はモンゴルのゲルにあると言う人もいます。 モンゴリアビレッジ テンゲル公式HPより モンゴリアビレッジ テンゲルの敷地内にはゲルがいくつも立ち並び、砂漠を移動する遊牧民になったかのような雰囲気を味わえるグランピング施設です。 ゲルの中もモンゴルに滞在しているかのような雰囲気を味わえる家具や調度品が設えられています。 夜には、自然豊かな森の中でライトアップされた白いゲルが幻想的な雰囲気を作り出します。 他の場所では体験できない珍しい光景はSNS映えも間違いなしでしょう。 グランピングディナーのBBQは黒毛和牛の肩ロースや那須三元豚などの食材を活かした贅沢なもの。 また、朝食にはモンゴル風のメニューが採用されています。 また、テンゲルではモンゴルの伝統的な楽器「馬頭琴」のコンサートが毎日開催されます。 コンサートには、実際にモンゴルの演奏家が参加し、本場の音楽を聴くことができます。 テンゲルのフロントでは、モンゴルの民族衣装も借りることができます。 子供用の民族衣装もありますので、家族そろって民族衣装での記念写真も撮ることができます。 ゲルの定員は最大6人なので、子連れファミリーや仲間とのグループ旅行も楽しめます。 ゲルの中には、エアコンやテレビも完備しています。 入浴設備は共同タイプで、グランピングフィールド内の地下800mからくみ上げる天然温泉の露天風呂が楽しめます。 温泉の泉質はメタケイ酸が100mg以上あり、美肌の湯といわれています。 10名以上のグランピングの場合は、アクティビティとして、ゲルの組み立て体験も可能(15,000円)。 ゲルは31棟あり、最大収容人数は190名。 大人数の団体グランピングにもおすすめの施設です。 「アルスラン」というモンゴル語で「獅子」を意味する言葉から名付けられた最大級のゲルでは、会議や研修なども可能。 屋外バーベキュー会場には飲み物などの持ち込みはできません。 モンゴリアビレッジ テンゲルの基本情報• エアコン・トイレ:エアコン完備、トイレは共同(フロント含め4か所)• お風呂・シャワー:天然温泉の大浴場• 子連れ・幼児:ユニークなゲルに宿泊できる• 住所:栃木県那須郡那須町大字高久丙1577-9• アクセス(車):東北自動車道、那須IC下車、約15分 3.森と星空のキャンプヴィレッジ(栃木県芳賀郡茂木町) 栃木県のグランピング施設としては、最も有名で人気の施設。 「森と星空のキャンプヴィレッジ」は、本田技研工業株式会社の系列施設でサーキットと遊園地の複合施設であるツインリンクもてぎの中にあります。 基本的にはファミリーをターゲットにしたグランピング施設となっており、子供が喜ぶ施設が充実しているのが特徴です。 グランピングサイトはスタンダードが定員4名、グランピング・ワイドは定員6名で、グランピング・ワイドにはハンモックやファイヤーピットが完備されています。 森と星空のキャンプヴィレッジ公式HPより 他にもグランピングができる宿泊施設として、フルシーズン快適に過ごせることが人気のトレーラーハウスもあります。 2段ベッドが設置されているトレーラーハウスは、テントや寝袋での宿泊に抵抗のあるビギナーや赤ちゃん連れファミリーにおすすめです。 テント内には入浴設備はありませんが、「のぞみの湯」と名付けられた温泉大浴場がありますので、安心してグランピングを楽しむことができます。 食事も本格的で、併設のホテルのシェフが作ったBBQ料理をダッチオーブンで温めていただく「グランピング・ワイド 森のテラススペシャルBBQ」というプランもあります。 また、スペシャルBBQプランでは、シェフが時間をかけて煮込んだ日光霧降高原牛ビーフシチューをメインとした料理をグランピングサイトで楽しむことができます。 プライベートのデッキスペースでは、天体望遠鏡を使った星空観賞も可能。 朝食は併設ホテルのバイキングを利用します。 他にもグルメでは、周辺観光スポットとして、全国No. 1の道の駅グルメが楽しめます。 「道の駅グルメナンバーワン」を決定するイベント、道-1グランプリでグランプリを獲得した「ゆず塩ラーメン」なども近隣の道の駅で食べることができます。 その他、洋菓子工房&カフェ「ゆずの木」の茂木産の米粉を使用したバウムクーヘンも人気です。 また、鮎で有名な那珂川最大のやなが茂木町にあり、やなが仕掛けられる7月~10月には、足元で川の流れを感じながら鮎の手づかみ体験と川辺の座敷で炭火焼きもイチオシのグルメです。 子連れファミリーにおすすめなのが、ツインリンクもてぎの多彩なアトラクション。 森の生態系を体感できる「迷宮森殿 ITADAKI」では、14か所のスタンプラリーと2か所のクイズに答えて、頂を目指すアトラクションが人気です。 森の生き物のすみかをモチーフにした「巨大ネットの森 SUMIKA」では、ネットが張りめぐらされた「巨大ネットの森 SUMIKA」で逃げたり、隠れたりと体を動かすアクティビティが充実しています。 さらに巨大などんぐりの木に隠された多くの難関を乗り越えて木のてっぺんを目指すというこれまでにない新感覚の木登り型アスレチックで人気の「森感覚アスレチック DOKIDOKI(しんかんかくアスレチック どきどき)」もあります。 日帰りグランピングも入場料、駐車料、会場使用料が必要ですが、可能。 ペットや犬と同伴はできません。 森と星空のキャンプヴィレッジの基本情報• エアコン・トイレ:共同トイレ、エアコン無し(扇風機)• お風呂・シャワー:のぞみの湯• 料金:BBQ付き、らくらくプラン59,040円~(1家族)• 子連れ・幼児:アクティビティや遊具が充実、幅広い年齢におすすめ• ペット・愛犬:同伴不可• 日帰りグランピング:入場・駐車・会場使用料が必要ですが、可能 4.キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原(栃木県那須郡那須町) 東北自動車道、那須ICのほど近くのオートキャンプからコテージ宿泊のグランピングまで楽しめるグランピング施設。 キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原は、北関東の避暑地、那須高原の豊かな四季が楽しめる絶好のロケーションにあります。 施設全体に、アメリカンエッセンスが豊富でおしゃれなグランピング施設です。 キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原公式サイト キャビンやコテージ派も様々な種類があり、スタイルに合わせて、カップルから三世代ファミリー、初心者でも手軽にグランピングが楽しめます。 宿泊に必要な基本的な設備も露天風呂、温水キッチンなど充実しています。 また、キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原は子供が喜ぶコンテンツが豊富にあります。 遊具はじゃぶじゃぶ池・クリスタルハンター・YAJIROBEなどがあり、幅広い年齢層の子供が楽しめる施設が充実しています。 また、共同の炊事場には、子供が手伝えるよう低いキッチンカウンターも完備されており、家族の共同作業で連帯感や絆を深めることができるのもファミリーにおすすめの理由です。 大人向けには、お酒を販売している店舗や石窯ピザを食べられるピザハウス、キャンプギアがそろうグッズショップなどもあり、アウトドアが好きな方は1日中、退屈せずに過ごすことができます。 宿泊グランピングの料金は、コテージ宿泊22,000円~、スイートコテージ宿泊23,000円~と良心的な値段設定となっています。 日帰りバーベキューができる屋根付きの全天候型BBQスペースもあります。 キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原の基本情報• エアコン・トイレ:コテージは個別に完備• お風呂・シャワー:コテージは個別に完備• 料金:コテージ22,000円~、スイートコテージ23,000円~• 子連れ・幼児:遊具やじゃぶじゃぶ池など、遊べる施設が充実• 住所:栃木県那須郡那須町高久甲5861-2• アクセス(車):東北自動車道、那須IC下車、7分 5.那須高原TOWAピュアコテージ(栃木県那須郡那須町) 那須ハイランドパークに隣接するグランピング施設。 那須高原TOWAピュアコテージは名の通り、多種多様なコテージがある高原リゾートですが、ドームテントでのグランピングも体験できます。 日本初となる透明なグランピングドーム「AURA(アウラ)」では、ヨーロッパ製のフレームレスの透明ドームで森の雰囲気をダイレクトに感じながら、宿泊グランピングが体験できます。 那須高原TOWAピュアコテージ公式HPより 透明で視界を遮るものがないため、自然との距離をより近く感じることができます。 透明ドームの大きさは、直径約7m、約38㎡の広さがあり、ホテルの部屋並みの大きさが特長です。 夕食はBBQレストランでの食べ放題。 朝食は併設ホテルのバイキングを利用します。 アウラドームは2棟あります。 ドームテント内には、お風呂やトイレがありませんので、大浴場、フロント棟の設備を利用します。 徒歩5分ほど。 また、エアコン設備がありませんので、夏季は扇風機での対応となっています。 那須ハイランドパークへは徒歩3分ほどで到着できます。 また、森の空中アスレチック「NOZARU ノザル 」 も徒歩5分圏内と那須高原TOWAピュアコテージはアクティビティが充実していますので、ファミリーグランピングに最適です。 また、犬と泊まれるコテージも充実しており、コテージ(スタンダード 8室)、スーペリア 4室、デラックス 8室、ペットリゾートハウス 4室がペット同伴で宿泊可能です。 犬の同伴には、1頭につき2,200円(税込)が必要です。 頭数制限は特になし。 那須高原TOWAピュアコテージの基本情報• エアコン・トイレ:ドームテントはエアコン無し、扇風機、トイレは共同• お風呂・シャワー:共同の大浴場を利用• 子連れ・幼児:NOZARU、那須ハイランドパークなど子供向け施設が充実• 住所:栃木県那須郡那須町高久乙3375• カーナビの設定について:那須ハイランドパークを設定すると便利 6.フレーバーグランピング(栃木県鹿沼市近辺) フレーバーグランピングは宿泊施設ではなく、鹿沼市周辺でオーダーが入るとグランピングを設営するサービスです。 もともと作られたものではなく、オーダーメイドのグランピングができる上級者向けのサービスです。 フレーバーグランピングFacebookより フレーバーグランピングは、日光市内の鬼怒川でラフティング事業などを展開する企業が運営していますので、安心して利用することができます。 モデルケースとしては、里山に囲まれた休耕田にテント2棟やソファなどを設置し、地元産野菜を使ったフランス料理店によるグランピング料理を楽しむといったパターン。 宿泊ではなく、日帰りのグランピングになりますが、1人当たり7,500円ほどの料金設定です。 1グループ最大8人で、料金は5万円~7万円ほど。 フレーバーグランピングの基本情報• エアコン・トイレ:なし(日帰り)• お風呂・シャワー:なし(日帰り)• 子連れ・幼児:要相談• 住所:栃木県鹿沼市近辺 7.昭和ふるさと村(栃木県芳賀郡茂木町) 使われなくなった学校を活用したグランピング施設。 屋外プールのプールサイドにテントを設営した星と水辺のグランピングが楽しめます。 国内でも珍しい水上ハウスでのグランピング体験もできます。 昭和ふるさと村公式HPより 設備などは、少し年季が入っていますが、田舎ならではの貴重な体験が特徴のグランピング施設です。 平日の素泊まりであれば、大人5,500円、小学生4,400円、幼児2,200円幼児 2歳未満 1,100円と料金も格安です。 1泊2食付きでも、大人9,680円(平日)~と安い料金設定が特長です。 昭和ふるさと村では、茂木の豊かな自然や素朴な田舎暮らし、歴史や文化を伝える手作りの様々な体験プログラムを実施しています。 陶芸体験や勾玉作り体験、そば打ち体験が可能。 テント内には、エアコン、セミダブルベット2台、キャンプ用マット2セット 、冷蔵庫(約45L)が完備されています。 その他には、手ぶらBBQが楽しめるように、食器セット 、(お皿2種類、マグカップ、フォーク、スプーン各4セット)、調理器具 、BBQグリル(ガスタイプ)、ガスコンロも完備されています。 昭和ふるさと村の基本情報• エアコン・トイレ:エアコン完備• お風呂・シャワー:共同• 料金:大人5,500円~• 子連れ・幼児:水上ハウス。 格安でグランピングできます。 住所:栃木県芳賀郡茂木町木幡252• 電車でのアクセス:真岡鉄道、茂木駅よりバスで約8分•

次の