グラブル 土2100万 ハイランダー。 【グラブル】土有利古戦場EX肉集め周回編成例|1556万編成【グランブルーファンタジー】

【グラブル】土古戦場2100万編成まとめ(マグナ/ティターン/通常軸等)【グランブルーファンタジー】

グラブル 土2100万 ハイランダー

どうもヌージです。 今回は土属性の神石ハイランダー編成での古戦場EX+2100万ワンキルを紹介。 神石ハイランダー編成ですがゴブロやマルドゥークの140%属性UP石でもOK。 というか紹介する編成はメインゴブロ。 なので武器の加護効果があるティターンなら尚更アップ。 ティターンは無いです… ジョブはクリュサオル。 船・炉無し。 リミ武器無し。 必要なもの 以下のキャラ・武器・召喚石・十天統べの楯 ウリエルと土のハイランダーなのでカイムは必須。 2.ルリア 3.最終オクトー 4.ダーント サブメンバー カイム 上記した様に土ハイランダーなのでカイムが必須。 エッセルの所はお好みで。 こちらはマグナ編成の時より余裕があるものの、やはりオクトーに久遠があると心強い。 船・炉ボーナスありなら4番手は入れ替えもありかも。 しかし、ダーントの奥義後追加ダメは強い。 武器 ハイランダーなので同一武器は不可。 とりあえずあるものを適当に入れただけですw リミ武器は無し。 メイン、上段左から紹介。 メイン ゼノウォフ剣• CW 無銘金重 奥義で全体10%ゲージアップの為必須。 宝剣アンダリス• ユグドラシル剣• ブラビューラ• ソロモンドライブ• 通常終末武器5凸渾身・チェンバ上限• 支配の天秤(必須)• 天司武器• オメガ(刀) 2本ガチャ武器こそあるものの、代用可。 アンダリス(アレーティア解放武器)は白虎拳邪で代用可。 ブラビューラ(ネモネ解放武器)は攻刃以外のスキルはそもそもワンキルに関わるスキルではないので攻刃スキルLv15のもので代用可。 無銘金重(CW)・支配の天秤・天司武器・終末5凸と上限武器一個くらいが必要で他は適当でも2100万でます。 マグナ枠でユグ剣かゴブロ刀は欲しいですね。 EX+戦でのポチ数は少なく無いですが、割と武器が自由に入れられるのが良いです。 総合的に見て、完全に終末5凸とカイムハイランダーの恩恵を受けているだけですけどw 終末Lv19なのは見逃して。 スキル餌が無いです。 召喚石 メインゴブロ ティターン ウリエル必須(無凸可) ハングドマン5凸(カイム必要なので) あとはステの高い石。 ダメージ プラスは石や武器に振っていますが、無くても余裕があったので無しでも良さげです。 船・炉も無しなので、本番は有りで伸びるでしょうし。 動き 1.ウリエル召喚 2.デュアルアーツ 3.アーセガル 4.オクトー1アビ 5.攻撃 1召喚とアビ3ポチの計4ポチ。 2100万他の編成はこちら.

次の

【水有利2100万】終末武器すら入ってないカツオ編成で1ポチ1召喚!?

グラブル 土2100万 ハイランダー

7月20日:追記 『マッチョ』の方の終末武器第2スキルが『 アビ上限UP』になっておりました。 比較として、正しくは 『通常攻撃上限UP』です。 比較もやり直して、記事を訂正・更新致しました。 お詫びして訂正致します。 尚、訂正した箇所は 赤字で訂正注釈を入れてあります。 いい機会なので、試しに 【説明編・実戦編】の2部構成記事 にチャレンジします。 拙劣な内容かもしれませんが、どうぞ最後までお楽しみください。 皆さん、こんにちは。 右: ゆぐゆぐ。 こちらは 『 無理なく =火力を落とさず 入る、守護の質・多さ』 がキモになりますよね。 つまり、 『刃鏡片』 とゴブロ刀 が無理なく入る 『 マッチョ』に軍配が上がりました。 想定敵にも因りますが、 おそらく、 ハイランダー編成において、 HPを確保しやすいのは 『 マッチョ』の方でしょう。 『 リミレオナ斧』も 神威ついていましたし。 未所持ですが。 左: マッチョ。 右: ゆぐゆぐ。 マグナ 参考までに。 4% 技巧:小のみ ・・・・ 56. 2%、TA: 7. マッチョの方は、 体感できるほどクリティカルが出ません。 特にジータちゃん。 連撃の方は、 キャラLBやらジョブ補正やらが邪魔してよくわかりません。 体感的には 神石の方が高確率で連撃していました。 しかし、 実数だけで比較すると、 『 マッチョ』の勝利でした。 クリティカル率や連撃率を加味した、 『ダメージ期待値』的なものは・・・ ご覧いただいた皆さんの判断で。 言ってしまえば、比較というより、 『マグナハイランダーは作るべき価値があるか?』 そこに切り込んでいきます。 単純に『 将来、神石マッチョを目指している方』の参考になれば幸いです。 とにかく 上限が高い方が勝利です。 但し、主人公の 大伐断効果 会心と上限UP と クリスマスナルメアの3アビ 除く 早速、参りましょう。 左: マッチョ。 右: ゆぐゆぐ。 マグナ おやぁ?予想とは違う結果があるんですが・・・?なぜか、 『通常攻撃上限はマグナの方が高い』という結果になりました。 不思議・・・観測点を間違えてると思って何度も見直したんですが… 理由がわかりません。 一つ、理由があるとすれば 『クリティカルの有無』。 『クリティカルで上限が上がる』なんて聞いたことないんですが… 会心効果を除く グラブル博士に教えてもらいたいです。 訂正前、原文ママ。 いやぁ、 お恥ずかしい。 そら、 『終末5凸第2スキルが違う』のだから、差が出ますわ。。 よくよく考えれば、 『上限UP系スキルが同じなら、マグナも神石も同じになる』 当たり前ですよね。 なんなら、 比較しなくていい 、 まである。 大変失礼しました。 ちなみに、 奥義の方は変わらなかったので、 訂正前と同じ画像を使っています。 ターンダメージ比較 カカシを15ターン殴って、総ダメージ量を比較してみました。 前述の 『 ダメージ上限比較』の数値が間違えでなければ、 いい勝負すると思うのですが、果たして・・・?早速、結果をどうぞ。 こちらも、訂正前原文ママ。 マグナ 超余談なんですが、 オクトーのアビ使用回数に差が出るのはなぜですかね・・・? それはさておき、 結果としては 『 マッチョに軍配が上がりました。 』 特に 主人公のダメージ差が著しいですね。 この差は正に 『連撃率の差』と言えるのではないでしょうか。 ちなみに、ここで サラーサを入れている理由がありまして… 『グラゼロでほぼ瀕死状態』なので、 サラーサのダメージ差で 『渾身依存度』 をチェックできると思って編成していました。 あまり差が無くて、 正直ガッカリです。 マグナの方は結構火力落ちると予想してました。 フルオート適性比較:vsマキュラN 易 ・vsエウロペ 難 これに関しては、 1つ反省点があります。 『キャラ選抜が悪かった』特に vsエウロペの方。 途中、『 青の禊』効果でめちゃくちゃグダりました。 フルオート討伐は出来ましたが… が、しかし。 非常に面白い結果になりました。 是非、ご覧ください。 これも、訂正前原文ママ。 結論から言うと、 『訂正前はマグナの方が早かった』のです。 マッチョ移行に多大なリソースを割いたのに。 私としては 非常に耐えがたい結果だったのですが、 正直結果が逆転して欲しい。 では、見ていきましょう。 右: ゆぐゆぐ。 マグナ まさかの 『 ゆぐゆぐの勝利。 』 正直、開幕早々の与ダメを見て、 『あっ、これはマグナの方がつえぇわ。 』ってなってました。 ・・・ま、まぁ相手が相手ですし。 僅差ですし。 おすし。 たまたま、 ゆぐゆぐ編成が『連撃』しまくったのかもしれません。 つぎ、行きましょう。 訂正前原文ママ。 なんか、 『負け惜しみ』がにじみ出ている文章です。 訂正後の結果はこちら。 そりゃ、 『貴重なダマスカス』沢山使ってるんだもん! 負けちゃダメだよなぁ!! 僅差という現実に目を背けながら。 右: ゆぐゆぐ。 マグナ ・・・ やっちまったなぁ。 『ゆぐゆぐ、2連勝』しかも、ここで 衝撃的な事実を公表します。 ゆぐゆぐの方は 途中でサラーサが退場しています。 火力要因のサラーサが落ちても尚の勝利・・・。 これは、 『マッチョ』の方は『耐久力』で優っているという証拠ではないでしょうか!?そうですよ。 それに、神石の方はたまたま 『 青の禊がクリメアに直撃して、3アビでTAしちゃった』 のかもしれません。 しかし、 『マグナに負けた』のが相当ショックだったんでしょうね。 文章から、 『ダマと金剛返せ』 という思いが伝わってきます。 さて、訂正後はどうでしょう。 ・・・見ました? これが 『マッチョ』の本気ですわ。 ・・・ ・・え? 『 サラーサは途中で落ちたか?』ですって? …それ、今関係あります? 勝ちは勝ちでしょう。

次の

土有利古戦場に向けて2100万とかフルオとか模索する

グラブル 土2100万 ハイランダー

キャラはマキラ、クリメア、水ブロになってます。 ついにオクトーはスタメン落ちしちゃいましたね。。 ハイランダーなので裏にカイム置いてます。 硬いなw 武器編成はメインに終末5凸。 奥義上限+渾身です。 リミは一期一振だけ。 他は火力が高くなるように編成しています。 土でハイランダーやる場合は最低限終末5凸、出来れば一期一振くらいは欲しい気がします。 弓にいい武器がないので、戦斧を入れたWハイランダーにはしていません。 メイン召喚石はゴブロ1凸。 フレンドにティターンです。 ティターンも1凸を持っているのですが、金剛晶不足のため土古戦場までは様子見の予定。 サブはハングドマン、ウリエルに他はステの高いものって感じですね。 本日はこんなところで。 ではでは.

次の