まるで 魔法 の よう に 簡単 に 広まっ てく。 卍荒罹崇卍のきゅーと&てくにかる配信ちゃんねる!

卍荒罹崇卍のきゅーと&てくにかる配信ちゃんねる!

まるで 魔法 の よう に 簡単 に 広まっ てく

「ボクが挑戦される側……?でもボクは最近でも神様に負けてますし、彼のほうがよっぽどの存在ですよ」 「神様ねぇ。 俺はその配信は見てなかったから適当なことを言うけど……どうせ卍さんの事だ。 リベンジを果たしたんだろう?」 「……まあ、そうですね。 ボクの性格としてはリベンジしなきゃ気が済みませんので」 本当にまるで見てきたかのように言いますね。 確かに最終的にボクは神様を打ち倒したけれど……あれはまさに薄氷の上での戦いと呼ぶに相応しい物だった。 搦手しか通用しない以上、普段の臨機応変な戦術は通用しないし限られた手段による攻撃しか当たらない。 そして限られた攻撃しか効果を発揮しない以上、相手はそういった一部の攻撃にのみ対策を取れば良い。 そしてその時に使ったテクニックは対戦相手どころか全プレイヤーに割れていて、同じ戦術は間違いなく二度は通じない。 あの時のボクは全能系のテクニックを縛っていたから全力というわけでは無いけれど、少なくとも挑戦される側だなんてとても思えない。 そう説明しようと思ったのだけど、もはや言葉にする必要はなかった。 ボクの言いそうなことは〈ロールプレイング〉に機能を類する思考シミュレートによってすぐに予測がついたらしい。 そろそろ閉心みたいな技術を開発しないとプライバシーがヤバいですね。 「とがみんさん、どう思う?」 「我ながら自己評価が低いというかなんというか。 それに意外とメンタルも弱いよね。 【フォッダー】は意志が力を持つんじゃなかったのかな?」 「うっさいですね、普段はこんなもんですよ。 いざという時には意識的に上げてるんです」 怒りマークの 感情表現 エモート を飛ばして遺憾の意を表明すると、とがみんがハートの 感情表現 エモート を飛ばして対抗する。 2つの 感情表現 エモート がぶつかると相殺されて花火みたいなエフェクトが生じた。 「とにかく、だ。 卍さん。 君にはこれを提供しよう」 そう言って【ストレージ】から取り出したのは……【願いの石】!? 「いやいや、受け取れませんよ!?」 「俺は出場分の【願いの石】は持ってるからね。 さっき思考を読み取って知ったけど足りてないんだろう?これを受け取って大会に出てもらうよ」 ……おっさんは自分が出場する分の【願いの石】を確保しているというけれど、それこそ余った【願いの石】なら新しいフォルダさんみたいに装備の材料にするなり使い道はいくらでもある筈だ。 例に挙げた新しいフォルダさんは運ゲーをして盛大に爆死したお方なので必ずしもそういった選択肢を取ったからと言って優位に立てるとは限らないのだけど……それでもなおリソースとしての価値は未知数だ。 運ゲーはともかくとして、他に使い道はいくらでも出てくるだろう。 仮に大会に出ないとしても非常に重要なアイテム。 それをこんな簡単に手渡してくる。 ーー求められたなら答えなきゃいけませんよね?それが配信者ってものですから! 「いいでしょう。 やってやりましょう!おっさんの他にどれだけの挑戦者がいるのかは知りませんが、ボクがみなさんを薙ぎ倒して見せますよ。 おまえらエアプとは違うんだ ---- 凄まじい勢いで文字が流れていくコメント欄。 中身を読むといつもどおりのコメントばかりだけど、ボクが出場を決定しただけでこの盛り上がりよう。 ボクへの期待と言っていいのかは定かではないけれど、この大会には注目が集まっているんだ。 それならボクが度肝を抜いてやらないといけない。 おっさんの言うようにボクに対しての挑戦者が集まってくるというのならば、ボクは当然のようにそれを打ち倒す。 小数点のその果てなんて見せてやらない。 絶対に勝って1000億円を獲得してやりますよ! 「ただし、【願いの石】は受け取りませんよ。 最後の1個くらい、自分で集めますから」 「そうかい?二言はないね?当日に揃わなかったって言われても提供はしないよ?」 「当然ですよ!自分の力で出場権を得て、自分で優勝を決めてやりますよ!……まあ本当にボクが出る事でみなさんも出場してくれるならの話なんですけど。 実際どうなんでしょう?ゆうたさんとか出てくれるんですかね?」 あるいはAWPさんとかああああさんとかも。 かわいい。 さて、大会への出場を決めた以上、開催まで座してのんびり配信を続けているわけにはいかない。 ボクも早速動くとしましょうか!.

次の

卍荒罹崇卍のきゅーと&てくにかる配信ちゃんねる!

まるで 魔法 の よう に 簡単 に 広まっ てく

まるで魔法のように簡単に広まってく噂話 偏見を前にピュアも正義もあったもんじゃない 仕方ないどうしようもない そう言ってわがまま放題大人たち どうぞご自由に嫌ってくれて別にかまわない Let me show 神様もハマるほどの大嘘を oh 誰も ハリボテと 知るよしもない完璧な Lie and lie lie and lie そして少しの愛で Let me show 欲張りのその向こうを STOP! 偽のウォーアイニーまき散らして暴走してるあなたたち 使って華麗に浴びるわ9桁のビルシャワー 怪しい おかしい それ以外何も感じれない私 時代の声に責め立てられる筋合いはない Let me show 神様もハマるほどの大嘘を oh Let you show そのbeautiful その奥の野生のかけら はやくデマカセに気づいて 騙したわけに気づいて 誰に何度裏切られても 目を覚まして笑って one more time Let me show 神様もハマるほどの大嘘を oh 誰もハリボテと知るよしもない完璧な Lie and lie lie and lie そして少しの愛で Let me show 欲張りのその向こうを はじめに 2018年に発売されたOfficial髭男dismのファーストシングル『ノーダウト』。 月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』の主題歌です。 メジャーデビューシングルがいきなりドラマの主題歌として起用されたため、 大きな話題となりました。 Youtubeでの再生回数は1000万回を突破しておりその注目度の高さが伺えます。 そんな『ノーダウト』ですが果たして歌詞はどのようなものなのでしょうか。 歌詞考察 嘘や噂話ばかりの世間で まるで魔法のように簡単に広まってく噂話 偏見を前にピュアも正義もあったもんじゃない 仕方ないどうしようもない そう言ってわがまま放題大人たち どうぞご自由に嫌ってくれて別にかまわない 一番Aメロ〜Bメロです。 「まるで魔法のように簡単に広まってく噂話」 「仕方ない どうしようもない そう言って わがまま放題大人たち」 と根も葉もない噂話を止めようともせず、広める世間に辟易する歌詞が綴られます。 そしてそれに対して「どうぞ ご自由に 嫌ってくれて 別にかまわない」と、 そんな噂話には付き合わず、その態度によって嫌われるのであれば構わないと 決意表明をする歌詞が続きます。 くだらない噂話や嘘を許容する世間に対して異を唱える。 これが『ノーダウト』のテーマです。 嘘を見せて欲しいわけとは Let me show 神様もハマるほどの大嘘を oh 誰も ハリボテと 知るよしもない完璧な Lie and lie lie and lie そして少しの愛で Let me show 欲張りのその向こうを 一番サビです。 「Let me show 神様もハマるほどの大嘘を」。 要約すると嘘を見せて、という歌詞で始まるこのパート。 これは先程説明したテーマとは矛盾しているように感じますね。 この理由は大サビで明らかになります。 「一体なぜ矛盾する言葉を並べるのか?」とリスナーの耳を離さない秀逸な構成です。 嘘を信じる人達を利用して STOP! 偽のウォーアイニーまき散らして暴走してるあなたたち 使って華麗に浴びるわ9桁のビルシャワー 怪しい おかしい それ以外何も感じれない私 時代の声に責め立てられる筋合いはない 二番Aメロ〜Bメロです。 まず言葉の解説をしましょう。 「ウォーアイニー」とは中国語で「愛してる」を意味します。 「ビルシャワー」とは紙幣の雨、ここでは大金を手にしている様子を指します。 つまり、「偽のウォーアイニー まき散らして 暴走してる あなたたち」とは、 言葉だけの愛を並び立てる冒頭で描かれたような大人達のことです。 そしてそんな大人達を「使って華麗に浴びるわビルシャワー」と、 利用して大金を得る様が描かれます。 一番Aメロで語られたように嘘や噂話は嫌っているはずの主人公が 何故このようなことをするのでしょう。 答えは一番サビの時と同様に大サビにあります。 騙していた理由とは Let me show 神様もハマるほどの大嘘を oh Let you show そのbeautiful その奥の野生のかけら はやくデマカセに気づいて 騙したわけに気づいて 誰に何度裏切られても 目を覚まして笑って one more time Let me show 神様もハマるほどの大嘘を oh 誰もハリボテと知るよしもない完璧な Lie and lie lie and lie そして少しの愛で Let me show 欲張りのその向こうを 二番サビ〜大サビです。 一番サビと二番Aメロ〜Bメロで説明した通り、主人公がなぜ嘘を許容し、 人を騙していたのかが大サビで描かれます。 それが「早くデマカセに気づいて 騙してたわけに気づいて」という部分。 つまり、自分達がいかに愚かであったか分かってもらうためにあえて騙すことをしていたのです。 また、その後に「誰に 何度裏切られても 目を覚まして 笑って」と続くきます。 己の愚かさに気づいた後でも、人に騙されたり裏切られたり といったことはどうしても起こりうることです。 しかし、嘘や噂話を闇雲に信じる自分の愚かさに気づいた後であれば、 きっと立ち直りも早いと思いを込め、上記のように歌うのです。 あえて悪者になることによって、嘘や噂話を盲信する人々の目を覚まさせる 主人公の姿が眩しく映りますね。 終わりに 今回は月9ドラマに起用され話題を集めたOfficial髭男dismの デビューシングル『ノーダウト』を特集しました。 歌詞考察をした結果、世の中に広く知れ渡るきっかけとなるデビューシングル とは思えないほど、世間への痛切なメッセージが込められています。 自分も「まるで魔法のように簡単に広まってく噂話」を盲信していないか、と はっとさせてくれる曲です。

次の

ノーダウト Official髭男dism 歌詞情報

まるで 魔法 の よう に 簡単 に 広まっ てく

まるで魔法のように簡単に広まってく噂話 偏見を前にピュアも正義もあったもんじゃない 仕方ないどうしようもない そう言ってわがまま放題大人たち どうぞご自由に嫌ってくれて別にかまわない Let me show 神様もハマるほどの大嘘を oh 誰も ハリボテと 知るよしもない完璧な Lie and lie lie and lie そして少しの愛で Let me show 欲張りのその向こうを STOP! 偽のウォーアイニーまき散らして暴走してるあなたたち 使って華麗に浴びるわ9桁のビルシャワー 怪しい おかしい それ以外何も感じれない私 時代の声に責め立てられる筋合いはない Let me show 神様もハマるほどの大嘘を oh Let you show そのbeautiful その奥の野生のかけら はやくデマカセに気づいて 騙したわけに気づいて 誰に何度裏切られても 目を覚まして笑って one more time Let me show 神様もハマるほどの大嘘を oh 誰もハリボテと知るよしもない完璧な Lie and lie lie and lie そして少しの愛で Let me show 欲張りのその向こうを はじめに 2018年に発売されたOfficial髭男dismのファーストシングル『ノーダウト』。 月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』の主題歌です。 メジャーデビューシングルがいきなりドラマの主題歌として起用されたため、 大きな話題となりました。 Youtubeでの再生回数は1000万回を突破しておりその注目度の高さが伺えます。 そんな『ノーダウト』ですが果たして歌詞はどのようなものなのでしょうか。 歌詞考察 嘘や噂話ばかりの世間で まるで魔法のように簡単に広まってく噂話 偏見を前にピュアも正義もあったもんじゃない 仕方ないどうしようもない そう言ってわがまま放題大人たち どうぞご自由に嫌ってくれて別にかまわない 一番Aメロ〜Bメロです。 「まるで魔法のように簡単に広まってく噂話」 「仕方ない どうしようもない そう言って わがまま放題大人たち」 と根も葉もない噂話を止めようともせず、広める世間に辟易する歌詞が綴られます。 そしてそれに対して「どうぞ ご自由に 嫌ってくれて 別にかまわない」と、 そんな噂話には付き合わず、その態度によって嫌われるのであれば構わないと 決意表明をする歌詞が続きます。 くだらない噂話や嘘を許容する世間に対して異を唱える。 これが『ノーダウト』のテーマです。 嘘を見せて欲しいわけとは Let me show 神様もハマるほどの大嘘を oh 誰も ハリボテと 知るよしもない完璧な Lie and lie lie and lie そして少しの愛で Let me show 欲張りのその向こうを 一番サビです。 「Let me show 神様もハマるほどの大嘘を」。 要約すると嘘を見せて、という歌詞で始まるこのパート。 これは先程説明したテーマとは矛盾しているように感じますね。 この理由は大サビで明らかになります。 「一体なぜ矛盾する言葉を並べるのか?」とリスナーの耳を離さない秀逸な構成です。 嘘を信じる人達を利用して STOP! 偽のウォーアイニーまき散らして暴走してるあなたたち 使って華麗に浴びるわ9桁のビルシャワー 怪しい おかしい それ以外何も感じれない私 時代の声に責め立てられる筋合いはない 二番Aメロ〜Bメロです。 まず言葉の解説をしましょう。 「ウォーアイニー」とは中国語で「愛してる」を意味します。 「ビルシャワー」とは紙幣の雨、ここでは大金を手にしている様子を指します。 つまり、「偽のウォーアイニー まき散らして 暴走してる あなたたち」とは、 言葉だけの愛を並び立てる冒頭で描かれたような大人達のことです。 そしてそんな大人達を「使って華麗に浴びるわビルシャワー」と、 利用して大金を得る様が描かれます。 一番Aメロで語られたように嘘や噂話は嫌っているはずの主人公が 何故このようなことをするのでしょう。 答えは一番サビの時と同様に大サビにあります。 騙していた理由とは Let me show 神様もハマるほどの大嘘を oh Let you show そのbeautiful その奥の野生のかけら はやくデマカセに気づいて 騙したわけに気づいて 誰に何度裏切られても 目を覚まして笑って one more time Let me show 神様もハマるほどの大嘘を oh 誰もハリボテと知るよしもない完璧な Lie and lie lie and lie そして少しの愛で Let me show 欲張りのその向こうを 二番サビ〜大サビです。 一番サビと二番Aメロ〜Bメロで説明した通り、主人公がなぜ嘘を許容し、 人を騙していたのかが大サビで描かれます。 それが「早くデマカセに気づいて 騙してたわけに気づいて」という部分。 つまり、自分達がいかに愚かであったか分かってもらうためにあえて騙すことをしていたのです。 また、その後に「誰に 何度裏切られても 目を覚まして 笑って」と続くきます。 己の愚かさに気づいた後でも、人に騙されたり裏切られたり といったことはどうしても起こりうることです。 しかし、嘘や噂話を闇雲に信じる自分の愚かさに気づいた後であれば、 きっと立ち直りも早いと思いを込め、上記のように歌うのです。 あえて悪者になることによって、嘘や噂話を盲信する人々の目を覚まさせる 主人公の姿が眩しく映りますね。 終わりに 今回は月9ドラマに起用され話題を集めたOfficial髭男dismの デビューシングル『ノーダウト』を特集しました。 歌詞考察をした結果、世の中に広く知れ渡るきっかけとなるデビューシングル とは思えないほど、世間への痛切なメッセージが込められています。 自分も「まるで魔法のように簡単に広まってく噂話」を盲信していないか、と はっとさせてくれる曲です。

次の