プルームテックプラス 種類。 辛口解説!新型PloomTechプラスのこの味や使用感で買う価値はあるのか!?

プルームテックプラスの味の人気ランキングは?新作レビューと全種類の感想

プルームテックプラス 種類

プルームテック製品は4種類 プルームテックには現在、4タイプの製品が販売されています。 プルームエス• プルームテックとプルームテックプラスは低温加熱タイプに分類され、プルームエスは高温加熱タイプに分類されます。 プルームエス2. 0は次世代モデルでメントール特化型デバイス。 見た目はほぼプルームエス同じなのですが、メンソールフレーバーの持続性や喫味をアップさせた製品になります。 プルームテック 最初に発売されたプルーム製品で低温加熱タイプに分類されます。 プルームテックの特徴をまとめると、• 持ち運びしやすいペンタイプ• 操作性がシンプル。 吸引すると煙が発生• 煙が少なく匂いもクリア 最大の特徴はタバコの嫌な匂いがしないことです。 壁のやに汚れも大幅に削減できるのでマンション住まいの人にもおすすめです。 プルームテックプラス プルームテックプラスは、さらに喫味をアップさせたモデルです。 低温加熱型の特徴として、タバコの匂いはカットされますが吸い応えが物足りないという意見もあります。 低温加熱ゆえのデメリットですが、その喫味をしっかりアップさせたのがプルームテックプラスという製品です。 具体的には下記のような点が改善されています。 たばこカプセルの葉の量が増えた• リキッドタンク方式にすることでたっぷりの水蒸気が出せるようになった プルームテックに比べると重量やサイズも増していますが喫味が大幅に改善されています。 ライトな味わいはプルームテック、さらに吸いごたえを求める人はプルームテックプラスという選択肢になります。 なお、プルームテックとプルームテックプラスのタバコカプセルに互換性はないのでコンビニで間違って購入しないようにしましょう。 関連記事 プルームエス プルーム製品の中で高温加熱型に分類されるタイプです。 プルームエスはプルームテック、プルームテックプラスと構造が大きく異なります。 まずタバコカプセルについて。 プルームエスではタバコカプセルというものはなく、短い紙巻きタバコのようなタバコスティックを使用します。 これを高温で加熱することによって紙巻きタバコに近い喫味を実現しています。 同じような製品にはフィリップモリス社のアイコスという製品があります。 プルームエスの特徴をまとめると、• 紙巻きタバコに近い吸いごたえ• プルームテックに比べるとタバコの匂いがする 上記の特徴が挙げられます。 関連記事 プルームエス2. 0 記事冒頭でも少し触れましたが、プルームエス2. 0はメンソール特化型デバイス。 メンソールフレーバーにおける清涼感の持続性や喫味などが改善されています。 内部のバッテリーも改善されており、前モデルのプルームエスに比べてバッテリー時間や連続使用本数など細かい点もアップグレードされています。 プルーム製品の比較 それぞれの商品の特徴が何となく分かってきたと思います。 ここで、さらにこの3つの商品の比較をしていいきます。 機能的な部分や金額、使用時間など含めて表にまとめてみました。 フル充電までの時間は全て90分ということで変わりませんでしたね。 一番人気のプルーム製品は? これまで4つの特徴や比較をしてきましたが、どれが一番人気なのでしょうか? やはりプルームテックプラスが大きく支持を集めています。 も豊富で、選択肢が多いのも魅力の1つですね。 一方で、スモーキーな喫味を味わいたい人にはプルームエス2. 0がオススメ。 特にメンソール系の銘柄を好んで吸う人であれば、さらにおすすめです。 まとめ 今回はプルームテック商品の比較をしました。 プルーム製品の購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。 関連記事.

次の

プルームテックの種類を比較!3製品の違いを詳しく紹介

プルームテックプラス 種類

煙やニオイはそのままで味だけ深い味わいになったので濃い味が好きな人はこちらをお試しください! プルームテックプラスのたばこカプセル全フレーバーを評価! マイルドブレンド レギュラータイプ パッケージの見た目からはお茶系のフレーバーや渋そうな味わいが想像されます。 吸った感じもパッケージのイメージそのもので渋みのある 抹茶のような味わいでした。 若干甘みもあるのですが渋みの方が強く、レギュラータイプでも少し クセが強い印象です。 ローストブレンド レギュラータイプ カカオなどの甘みにプラスして 香ばしい味わいと奥深いコクが感じられます。 お茶系フレーバーとは違い渋みはないので クセは弱い印象です。 紙巻きタバコに寄せて作った味と感じられるフレーバーです。 クリアミント メンソールタイプ ガツン!と系のメンソールではなく 爽快感のある爽やかなメンソールです。 キシリトールガムを噛んでいるような感じなのでとても吸いやすいです! 特別すごいクセが強いわけではないので万人受けする味だと思います。 コールドミント メンソールタイプ とにかくスースーします! 味に奥深さとかはなく とにかくスースー感が強いです。 口の中全体が涼しい感じになるので冷涼感をメインに考えている方はおすすめのフレーバーです! レッドミント メンソールタイプ ほんのり りんごの甘みが口に広がるフルーツ系のフレーバーです。 電子タバコなどのリキッドタイプに多い味?のような気がします。 フルーツの甘みにミントの爽やかさがプラスされているのでとても吸いやすく、女性に人気のフレーバーです。 パープルミント メンソールタイプ ブルーベリーの甘みとメンソールの爽快感が合わさったとても爽やかな味わいです。 ブルーベリーガムとメンソールガムを同時に噛んだような感覚?です。 (あまりおいしそうでない?笑) 表現は下手くそですが味のバランスはとてもよく、甘すぎないので後味も爽やかです。 ゴールドロースト レギュラータイプ ゴールドリーフを使用することで 通常のローストフレーバーより奥深く、コクのある味わいです! より紙巻きたばこに近づいたのではないでしょうか! 煙やニオイを抑えながらこの味の奥深さは素晴らしいです! コクや味の深みを味わいたい人におすすめです! ゴールドクリアミント メンソールタイプ メンソール感は通常のクリアミントとあまり変わりはありません。 しかし、ゴールドリーフを使用しているからなのか深みがあります。 メンソール感ばかりが強いフレーバーとは違いしっかりと深みがあるので少し高級感のある味わいです! 単なるガツン!とメンソールよりコクを味わいたい方におすすめです! ゴールドマスカットグリーンミント メンソールタイプ パッケージを開けるとマスカットの爽やかな香りがします! とても期待大で吸いましたが吸ってみるとなんとも微妙な感じ。。。 ゴールドリーフの深みやコクがマスカットの味を消してしまってると感じました。 マスカットとゴールドリーフがお互いの良いところを消してしまってます。 すごく美味しくないわけではないのでマスカットなどの フルーツ系のフレーバーが好みの方は試してみる価値はあると思います! ゴールドレッドミント メンソールタイプ アップルの味が通常のレッドミントに比べてかなり濃くなりました! マスカットグリーンミントが微妙だったのであまり期待していなかったのですがかなり美味しいです! アップル感もあり、程よいメンソールとゴールドリーフのコクが絶妙なバランスで混ざってます。 フルーツ系のフレーバーが好きな方はまずハマるでしょう! ゴールドイエローミント メンソールタイプ 優しいレモンの甘酸っぱさが口に広がりますが少し味が薄いです。 柑橘系のフレーバーは味が薄くなりがちなのですがやはりこちらもそうでした。 優しい口当たりでメンソールも程よくきいてるので、あまり濃い味が好きではない方にはおすすめできるフレーバーです! まとめ プルームテックプラスはゴールドリーフを使用した ゴールドシリーズがコクのある濃い目の味。 通常のシリーズが程よい味と程よいメンソール感を味わえる2種類のフレーバーシリーズに分かれます。 味の好みはそれぞれ異なるので一個人としての感想は、ゴールドシリーズの方がよりたばこに近い味わいが感じられ、安っぽい味になってなかったので好みでした。 ゴールドシリーズは少し高級感が感じられたのに値段は通常のタイプの変わりません。 新商品が発売されると売れていない商品はどんどんカットされてしまうのでぜひ色々なフレーバーを試してみてください! ありがとうございました!またお越し下さいませ!.

次の

プルームテックプラスの新フレーバー2種類を試してみた

プルームテックプラス 種類

モノ系ライターのナックル末吉です。 さて、発売から約2カ月が経とうとしている「Ploom TECH+(プルーム・テック・プラス)」。 4月1日には、6都府県(宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県)内の約2万店舗のコンビニと、約800店舗のタバコ店での販売開始される予定となっています。 ということで、より入手しやすくなるこのプルーム・テック・プラスについて、改めて紹介してみたいと思います。 Ploom TECHの「強化版」では片付けられない骨太感 とかく同時発売された高温加熱タイプの「Ploom S(プルーム・エス)」に注目が集まりがちですが、なかなかどうしてこのプルーム・テック・プラスも、かなり攻め気味の加熱式タバコデバイスなんですよ。 「所詮、Ploom TECH(プルーム・テック)の強化版なんでしょ?」というのは、完全に素人考えです。 たしかに低温加熱タイプという意味では、プルーム・テックと同じ方式ですが、味わいも爆煙ぶりもデバイスのデザインに漂う骨太感も、無印プルーム・テックや新型のプルーム・エスとはまた違った荒々しさすら感じられます。 まずは、改めてプルーム・テック・プラスのディティールを見て行くことにしましょう。 従来の無印プルーム・テックとの違いを交えて解説します。 ただし、ニコチンなどのたばこ成分はプルーム・テック・プラス専用(右)のほうが濃い目 また、カートリッジの形状は明らかに違います。 無印カートリッジがそのままボディの上半分になるのに対して、専用はボディに内蔵するタイプ。 透明な容器なのでリキッドの量が見やすくなっています。 この専用のたばこカプセルは、1個で約50回ほど吸い込む(パフする)ことができます。 また、カートリッジには、たばこカプセル5個分が使用できる量のリキッドが注入されています。 つまり、1パッケージ(たばこカプセル5個+カートリッジ1個)で250パフ可能ということになります。 では、プルーム・テック・プラスにカートリッジとたばこカプセルを装着してみたいと思います。 これは加熱式タバコ界の傾奇者(かぶきもの)だ!では、実際にプルーム・テック・プラスを喫煙してみます。 喫煙するには、ボタンを3連射。 これでスリープ状態が解除されます。 あとは吸い込むだけ。 軽く、しかしゆっくりと吸い込むことで、リキッドがプツプツと気化されていく感触が指や口を通して伝わってきます。 蒸気の量やフレーバーの濃さが段違い。 深く吸い込まなくても、十分な喫煙感が味わえるほど。 この濃さと味わいであれば、紙巻きタバコを吸っている人や高温加熱タイプを愛用している人でも、大満足とはいかないまでも十分な喫煙感を感じられると思います。 しかも、無印と同じくニオイはほとんどしません。 ただし「爆煙」と言ってもリキッドを気化させた蒸気なのでニオイはほぼ皆無。 プルーム・テック・プラスは、ニオイが少なく起動の待ち時間不要で喫煙できるという低温加熱タイプの特徴と、喫煙の満足感が高いという高温加熱タイプ良いところ取りした製品となっております。 そのうえで、喫煙の満足感でも高温加熱式に引けをとらないとなると、プルーム・テック・プラスは他の製品と比べて明らかに異端な存在。 強いて言うなら加熱式タバコの傾奇者(かぶきもの)と言っても過言ではないでしょう。 そんな傾奇者が、今後の加熱式タバコ界に巻き起こる風雲の中心になるのではないかと筆者はにらんでいます。

次の