スコープ。 照準器

スコープ

スコープ

スコープとは、領域、範囲などの意味を持つ英単語で、プログラミングの分野ではプログラム中で変数名などのシンボルが参照可能な有効範囲のことを指す。 プログラム中で定義されたや、などを参照・利用できる有効範囲を表し、多くの言語では変数名などの宣言や定義が記述されている位置によって決定される。 スコープの種類や分類は言語仕様によって様々だが、古くからあるの言語では、ある関数や手続き、などのコードブロック中で宣言された変数などはその中からしか参照できないようになっており、これをローカルスコープ(局所スコープ)という。 一方、プログラム冒頭などすべてのの外で宣言されたシンボルはプログラム全体を通じて有効であり、グローバルスコープ(大域スコープ)という。 では、あるの内部でしか通用しないことをインスタンススコープ、全体から参照可能なことをクラススコープなどと分類する場合がある。 また、プログラムのソースコードに記述されたブロックなどの包含関係()に従ってスコープが決定される方式をレキシカルスコープ(スコープ)、の関数などの呼び出し元、呼び出し先の関係に基づいてをにスコープを決定する方式をダイナミックスコープ(動的スコープ)という。 そのような変数のことは(global variable)あるいは大域変数という。 グローバルスコープを利用できる手続き型言語などでは、プログラムの冒頭など、どのブロックにも含まれない場所で変数や定数などのシンボルを宣言することができ、そのプログラム中のどこからでも同じものとして参照することができる。 プログラム全体で共通して利用される定数の宣言などに利用されることが多い。 変数での使用はプログラムの見通しが悪くなり、ある箇所での変数の書き換えが別の箇所で思わぬ副作用を起こすなどの温床となりやすいため、最低限に抑えるべきであるとされる。 そのような変数のことは(local variable)あるいは局所変数という。 多くのプログラミング言語では、変数などを宣言すると、その宣言を含むコードブロックの内部からしか参照できないよう設定される。 どのような種類のブロックがスコープを形成するかは言語によって異なり、関数やプロシージャなど外部から呼び出し可能なものはほとんどの言語でスコープとなるが、や繰り返しなどの制御構文が指定する対象範囲がスコープとなるか否かは対応が分かれる。 (ループがローカルスコープを持つ言語で)ループ内に別のループがある場合など、ブロックが入れ子状になっている場合は、外側のブロックで宣言したシンボルは内側でも同じものとして参照可能だが、内側で宣言したものは外側では参照できないようになっているのが普通である。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

SALE

スコープ

スコープとは、領域、範囲などの意味を持つ英単語で、プログラミングの分野ではプログラム中で変数名などのシンボルが参照可能な有効範囲のことを指す。 プログラム中で定義されたや、などを参照・利用できる有効範囲を表し、多くの言語では変数名などの宣言や定義が記述されている位置によって決定される。 スコープの種類や分類は言語仕様によって様々だが、古くからあるの言語では、ある関数や手続き、などのコードブロック中で宣言された変数などはその中からしか参照できないようになっており、これをローカルスコープ(局所スコープ)という。 一方、プログラム冒頭などすべてのの外で宣言されたシンボルはプログラム全体を通じて有効であり、グローバルスコープ(大域スコープ)という。 では、あるの内部でしか通用しないことをインスタンススコープ、全体から参照可能なことをクラススコープなどと分類する場合がある。 また、プログラムのソースコードに記述されたブロックなどの包含関係()に従ってスコープが決定される方式をレキシカルスコープ(スコープ)、の関数などの呼び出し元、呼び出し先の関係に基づいてをにスコープを決定する方式をダイナミックスコープ(動的スコープ)という。 そのような変数のことは(global variable)あるいは大域変数という。 グローバルスコープを利用できる手続き型言語などでは、プログラムの冒頭など、どのブロックにも含まれない場所で変数や定数などのシンボルを宣言することができ、そのプログラム中のどこからでも同じものとして参照することができる。 プログラム全体で共通して利用される定数の宣言などに利用されることが多い。 変数での使用はプログラムの見通しが悪くなり、ある箇所での変数の書き換えが別の箇所で思わぬ副作用を起こすなどの温床となりやすいため、最低限に抑えるべきであるとされる。 そのような変数のことは(local variable)あるいは局所変数という。 多くのプログラミング言語では、変数などを宣言すると、その宣言を含むコードブロックの内部からしか参照できないよう設定される。 どのような種類のブロックがスコープを形成するかは言語によって異なり、関数やプロシージャなど外部から呼び出し可能なものはほとんどの言語でスコープとなるが、や繰り返しなどの制御構文が指定する対象範囲がスコープとなるか否かは対応が分かれる。 (ループがローカルスコープを持つ言語で)ループ内に別のループがある場合など、ブロックが入れ子状になっている場合は、外側のブロックで宣言したシンボルは内側でも同じものとして参照可能だが、内側で宣言したものは外側では参照できないようになっているのが普通である。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

スコープとは

スコープ

エアライフルのマイクロサイト 主になどに装備されている照準器。 の除去などピープサイトの精度を上げ、より細かな調整機能を持たせた物。 アイリス(照門のピープ部)をサイズの違う物に交換したり、偏光・着色フィルターを装着する機能を持たせた物も多い。 ポストタイプまたはリングタイプの照星と組み合わせて使用する。 通常のピープサイトよりさらに精密な照準が可能だが、極端に視野が狭いため標的射撃専用である。 バックアップアイアンサイト( BUIS, back-up iron sight) [ ] 光学照準器が破損・故障などで使用不可能になった際に用いるアイアンサイト。 光学照準器使用時に邪魔にならないよう折りたためるものもある。 光学照準器の装着を前提にした銃の中には、BUISとしての側面を重視したアイアンサイトを備えたものもある。 オプティカルサイト(Optical sight) [ ] 光学照準器(こうがくしょうじゅんき)とも。 テレスコピックサイト [ ] 倍率が20倍のテレスコピックサイト(スコープ) 主にに装備され、長距離精密射撃()を目的とする機能を持つ小型の照準器。 狙撃眼鏡(そげきがんきょう)・照準眼鏡・眼鏡 、 スコープなどとも。 眼鏡を覗いたときに見えるレティクル(照準線)を目標に合わせて狙い、目標とレティクルの双方に眼の焦点を合わせる事ができる。 レティクルにはさまざまな形状があり、十字線からなるクロスヘアが一般的だが、その他の形状としては・(各狙撃銃型)のT字や、に見られるサークル(円)、のようなクロスヘアの中心がサークルといったものがある。 眼鏡には射撃距離などを調整する(アジャスト)機能を有している物が多いが、・(九七式狙撃眼鏡・九九式狙撃眼鏡)などはアジャスターを有せず、距離補正はレティクルの縦目盛を使用した。 同狙撃銃は生産時ににて調整を行ってから出荷・配備しており、複雑なアジャスターがない利点として眼鏡は小型・頑丈となっている。 着け外しする度に調整が必要になってしまうため、一度固定したらそのまま運用しその場合も定期的に調整をするのが原則であるが、・移動中は眼鏡の破損などを考慮して本体から外される場合もある。 また、最近ではエッチングなどレティクル製造技術の進歩により測距用のスケールや距離による照準の補正目盛りなど複雑な機能を持たせた物も多い。 通常は精密射撃を行う狙撃銃に装備されるが、低倍率のスコープが標準装備ないし装備可能な・・・も多数存在する。 初期頃にかけては・・といったの固定の照準器としても広く用いられていたが、の増大と視界の狭さという欠点のため、光像式に移行していった。 [ ] テレスコピックサイトの一種であり、特に夜間の視野確保のための装置。 暗視装置の開発当初は小型化が難しかったため銃本体に取り付けられていた。 初期の物であるの用の暗視装置 ZF. 1229'Vampirは、眼鏡と赤外線投光器、さらに電力供給用のパックで構成されていた。 これらは眼鏡と投光器が約2kg、バッテリーが約13kgとかなりの重量であった。 もに暗視装置を取り付けた M3カービンを開発したが、重量が嵩み過ぎること(細い銃にの大きな塊が付いたも同然になる)、赤外線投光器により自身の位置を暴露してしまうこと(相手も暗視装置を持っていた場合は、発光部が真っ白に浮かび上がって見えることになる)などから採用されなかった。 暗視ゴーグルの配備が進んだ現在では、狙撃用モデル以外はほとんど見られない。 機種によって、後述のブースターのように、ドットサイト・ホログラフィックサイトの後部、スコープの前部にセットすることで暗視機能を付与できるものもある。 詳細は「」を参照 レーザーサイト [ ] 直進する性質を持つを直接目標に当てて狙う照準器(ドットサイトも、機種によってはレーザー光を使用しているが原理が違うため別分類になる)。 遠距離での照準精度を上げるのではなく、連射可能なアサルトライフルや短機関銃、に組み合わされ、正しい照準姿勢以外でも狙いを付けられる利点を利用して即応性が要求されるなどに使用されることが多い。 を使用したものでは光線によって敵に存在を知らせる事に繋がるため、赤外線レーザーを使用したタイプもある(暗視装置を使用すると見える)。 のではと同じ扱いを受ける(原理的には全く同じである)。 かつては映画『』の宣伝ポスターに登場したように、スコープ並の大きさだった が、近年では部品の小型化が進み、拳銃の下に取り付けるタイプやグリップパネル内蔵型、のリコイルスプリングガイド内蔵型も実用化されている。 光像式 [ ] ドットサイトの光学構造 光像式の一種で、特にに装着され、照準用の光像が点(ドット)状の物がこう呼ばれ、赤色のドットを表示するものは特に「レッドドットサイト」とも呼称される。 覗いたときに見える光のドットに目標を合わせて狙い、アイアンサイトやピープサイトが照星、照門を合わせるのに対し、こちらは単純に点に合わせるだけなので、素早い照準が可能となるほか、照準点が発光するため薄暮時や暗所でも照準が見やすいという利点もある。 ドットサイトは、原理的には光源から発せられた光を曲面状のハーフミラーに投影することで、光の屈折と直進性を利用し、擬似レーザー照射を照準対象へ行う形式の照準器である。 構造が複雑で、やレーザーなどを用いた機種ではバッテリーが必要なためが必要、の蛍光を利用した機種には寿命があるなどの欠点がある。 スコープのように筒型の外装を持つチューブ式と、外装を持たず、むき出しになったレンズにドットを映すオープン式の二種類がある。 想定外の利用法として、野鳥撮影や航空機撮影、天体撮影の補助照準器として使われるケースが増えている。 これらの撮影では高倍率の望遠レンズで撮影対象を追跡しなくてはならず、視野の狭いファインダーの映像だけでは迅速な追跡が困難なためである。 通常は銃器用のものを転用するが、中には撮影専用の製品やカメラ本体に内蔵した製品なども登場している。 ホログラフィックサイト(ホロサイト) [ ] ホログラフィックサイトの光学構造 ホログラフィックサイトでは、照準の光点が浮かび上がる点はドットサイトと同じであるが、を用いたレンズにレーザーで像を投影する点が異なる。 そのため、レンズやハーフミラーを使用するドットサイトと異なり、レンズに多少ダメージや汚れがあっても問題なく使用することができるほか、ドットサイトより投影部のレンズがクリアで明瞭な視界を得やすい。 斜めから見た場合の照準もドットサイトより優れている。 ブースター(マグニファイア) [ ] ドットサイト・ホログラフィックサイトの後ろに設置することで、通常無倍率であるドットサイトに倍率を与える拡大鏡。 交戦距離の変化など、必要に応じ倍率の有無を使い分けることができ、ワンタッチで付け外しが行えるマウントによって設置される。 調整 [ ]• 200mでの狙点• 円(400m先の1. 75m等身大)• 水平線• 400mでの狙点• 600mでの狙点• 800mでの狙点• Xm(200, 400, 600, 800m)における1. 75m等身大の指標 などの投射物がを描くのに対し、は直進する。 そのため、狙点(狙いを定めた点)と着弾点は一致させることが難しい。 そこで、照準器の調整はある距離で狙点と着弾が一致するように合わせる。 これができた状態を ゼロイン(Zero-In)という。 「30mでゼロイン」という場合、標的と射手の距離が30mのとき狙点と着弾が一致するということになる。 一部には複数のゼロイン距離が刻まれた照準器も存在する。 中央の狙点を調整するだけで複数の着弾点が利用できるため調整が容易となるが、の種類やのレシピごとに弾道特性が違うため、基本的に「対象の銃で特定の種類の実包を使用する場合」専用となる。 特定の装備を大量に配備する軍隊では時間短縮に有効であるため、銃とセットで納品されることが多い。 火砲の照準器 [ ] 後座式装輪砲架においては、砲身の方向は砲架の旋回によって付与し得るが、架尾を固定したまま砲架の一部を移動し、迅速かつ容易に小角度の方向移動をする必要があり、このため通常は照準器を小架と揺架との間に装置し、垂直軸を中心に揺架よりも上を移動させ、砲身に方向を付与する。 また、大架と小架との間に装置し、小架の軸を中心に小架よりも上を移動させる物、架身と車軸との間に装置し架尾を中心に大架よりも上を車軸上に移動させる物がある。 固定砲架においては、照準器を架匡と匡床または砲床、もしくは砲架と架匡との間に装置し、架匡よりも上もしくは砲架よりも上に旋回させ、砲身に方向を付与する。 採用された方向照準器は、その様式は一様ではないが、主要なものを以下に挙げる。 螺桿と牝螺とを主具とするもの - 、• 螺桿と歯弧とを主具とするもの -• 歯輪または螺桿と歯弧とを主具とするもの -• 歯輪と鏈鎖とを主具とするもの - 勝利克式大、海岸砲 爆撃用の照準器 [ ] 照準器の位置を調整する選手 ではハンドル(弓の持ち手)の上部に取り付ける。 公式大会で使用するに使用出来るのは一点照準器のみであるため、倍率が異なる照準器が多数販売されている。 また照準器はレンズと細かく位置を調整できる台座がセットになっており、選手自らが視力、体格、姿勢にあわせて調整する。 軽量にするためマグネシウムやチタンが多用される他、サイトのドットを強調するサイトピンに集光用の光ファイバーを使うオプションも登場している。 公式大会のルールに対応した照準器は『リカーブサイト』の名称で販売されていることが多い。 大会では的に刺さった矢の位置を正確に把握するため、を併用する選手が多い。 コンパウンドボウの場合は弦に取り付けたピープサイトも併用される 脚注 [ ]• 長距離精密射撃では目標との距離に差があり過ぎてのが合わず照準は困難となる。 「狙撃眼鏡」「照準眼鏡」「眼鏡」は、・での呼称。 ターミネーターがの上部にマウントしていたもの。 当時としてはあのサイズでも小型の部類だった。 旋回中に機銃を発射すると、弾丸には自機の自転によるコリオリ力が働くため、パイロット目線では弾道が逸れてしまうのを補正する。 ジャイロ式に対し敵機の未来位置を計算する物という解説がなされることも多いが、それができるようになったのはこの戦後のレーダー連動型になってからである。 敵機の未来位置を計算させるにはその敵機を機器に認識させねばならないため、高精度な射撃管制用の機上レーダーが必要。 オリンパス株式会社. 2015年2月1日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、・に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の