それ 以上 食べ ない で くれ ネタバレ。 かりそめの公爵夫人|ネタバレ!24話から25話までの感想も!|漫画Plus!

八男って、それはないでしょう!:アニメ第9話感想・ネタバレまとめ!〜ヴィルマって何者?〜

それ 以上 食べ ない で くれ ネタバレ

2020年3月22日 日 に、 日曜ドラマ・テセウスの船「最終回 第10話 」が25分拡大放送されました。 みんな 最後まで ありがとう 最後まで『テセウスの船』を応援してくださって本当にありがとうございました。 父さん母さん姉ちゃん兄ちゃん みんな大好き。 これからも幸せに暮らして行けますように…。 佐野家のみんなとワイワイ生き、心さんと並んで走ったこの冬。 皆さんにこんなにも愛していただけて、僕たちは本当に幸せ者でした。 心さんの頑張りが、笑顔が、文吾の記憶と皆さんの心の中にずっと残り続けますように。 俺たちは、いつまでも家族だ。 鈴木亮平 — 鈴木亮平 ryoheiheisuzuki コチラの記事では、 テセウスの船「最終回 10話 」の テセウスの船「最終回 10 話 」のあらすじです。 駐在所のワープロから犯行日記が、庭から青酸カリが発見されて逮捕されてしまった文吾(鈴木亮平)。 しかも……文吾は一連の事件の連続殺人の容疑を認め、自供する。 「俺が犯人だ」。 心(竹内涼真)と和子(榮倉奈々)は文吾から「家族の縁を切る」と言われ、ショックを受ける。 すべては黒幕の仕掛けた罠なのか、それとも本当に文吾が殺人犯だったのか。 大きく揺れる心と家族。 バラバラになってしまった家族は最大のピンチをどう乗り越えるのか……? そして、事件の真相を追う心の元に黒幕から最後のメッセージが届く。 それは、心に究極の選択を迫るものだった。 過去を変えて家族の未来を救うため、心はある決意をする。 やがて迎える黒幕との対峙。 そこで事件のすべての真相が明らかにされる。 心と家族の未来はどう変わるのか……? 公式サイトより引用 Sponsored Search テセウスの船「最終回 10話 」結末・ネタバレ 仙南署に連行された文吾は、馬渕からこれまでに起こった殺人事件を読み上げられる。 みきおが犯人だと言う文吾に、馬渕からは 小屋を隅々まで調べたが手がかりは何も出てこなかったと言われてしまう。 そして森刑事からは、みきおが意識を取り戻したので、医師の許可が出しだい証言を聞くと告げられた。 みきおの病室にいたのはサツキと 心はすぐにみきおの病室を訪れたが、そこにいた木村サツキから 「みきおくんは記憶が無くなった」と言われる。 心は無理やり病室に入ろうとしたが、鍵が掛けられ開けることが出来ず、木村サツキに怒鳴られ突き飛ばされしまう。 「廊下にいたのは心先生ですか?」 そこに校長の石坂もいて 「もう、あんな思いは二度としたくないですねぇ」と話していた。 牢屋にいた文吾のもとへ、差し出し人不明の人物から 俵万智の「サラダ記念日」が届けられる。 そしてページをどんどんめくっていくと「これ…」と呟いた文吾。 〜翌日〜 午後13時から文吾と面会することになった和子は、心と一緒に向かった。 面会では文吾から 「犯人は俺だ。 みきおの共犯者は俺なんだ。 」と言われる。 そして 「これ以上、お前らと話すことはねぇ。 家族の縁も切る。 」と告げられてしまう。 心は、馬渕から何か言われたのか?と信じない。 そして和子が、鈴と慎吾が書いた絵を見せたが、文吾は 「お前らに父親はいない、そう思えって言ってくれ」と言い残し、面会部屋から出ていった。 一方、森刑事は 「何で急に認めたのか。 そして、認めてからは何も話さなくなった。 」と不思議がっていた。 「ホントに佐野が犯人かなんてどうでもいい、佐野は認めた。 証拠も見つかった。 警察の威信は保たれた」と話す馬渕。 文吾を信じる鈴と慎吾 家に帰ると、マスコミたちが押し寄せていたが、井沢と徳本がキンチョールで助けてくれた。 今野、そこに愛あったやん… — 一般ピーポー xpxaxnxpxexax そして井沢から 「子供たちが可愛そうだ、あの男とは縁を斬って仙台の実家に帰った方がいい!」と、和子は言われてしまう。 鈴は 「ご飯ちゃんと食べてるかな…」と心配すると、和子は 気にしないで早く食べなさい!とイライラを募らせる。 そして鈴と慎吾は嫌になり、学校へ向かった。 文吾は警察で、 君にはすべてを話す義務がある。 お宅の一家は 「殺人一家の家族として猛烈な批判を浴びている」と馬渕に言われる。 一方、和子は仙台の実家から子供たちを連れて帰ってこいと連絡が入った。 すると、慎吾がクラスの子と言い合いになり、止めに入った鈴たちと一緒に喧嘩になったと担任たちが連れてきた。 和子は、仙台のおばあちゃんの家へ行こうと伝えると鈴から、 30年後のみんなへ。 楽しく暮らしてるか?鈴と慎吾はどんな大人になったかな? 鈴へ 負けず嫌いでがんばり屋の鈴。 俺に似て真っ直ぐなのはいいが、俺と違って単純だからな〜。 都会に出て、悪い男に騙されたりしてないと良いんだが。 それに意地っ張りで、友だちとすぐ喧嘩になるところも直した方がいい。 腹が立ったら深呼吸して、10数えてみよう。 それでも収まらない怒りなら、そのときは怒っていい。 自分を裏切ってまで、気持ちを抑えつける必要なない。 なぜなら鈴は、正しいことを正しいと言える人間だとお父さんは思うからだ。 それから、人参は食べられるようになったか? お母さんになる前に、好き嫌いは無くさないとダメだぞ。 文吾はセロリが食べられない。 慎吾へ 喧嘩になると、すぐお姉ちゃんの後ろに隠れてしまう泣き虫慎吾。 ちょっとは強くなったか? 男が泣くのは赤ん坊のときと、自分がやりたいことを死ぬ気で頑張ったときだけだ。 頑張って頑張って、もう出来ないと思うまで頑張ったら、成功しても失敗しても結果なんかどうでもいい。 そのときは思いっきり泣け。 できることならそのときは、お父さんも一緒に泣いてやりたい。 慎吾は勉強は苦手だけど、お母さんに似て優しくて、周りのみんなを笑顔にする不思議な力がある。 きっといい男になるよ。 お父さんが保証する。 俺はお母さんと結婚できて、鈴と慎吾のお父さんになれて本当に幸せだ。 みんなで騒がしく飯を食ったり、プロレスしたり、お母さんに怒られたり、笑ったり全部が楽しかった。 俺には勿体ないくらい、いい人生だった。 みんなと家族になれて、本当によかった。 ありがとう。 鈴は 「やっぱり、お父さんが悪いことなんてするわけないよ。 逃げたくない、後悔したくない。 」と言った。 慎吾も 「お父さんを守りたい!強くなりたい!」と言ってくれた。 そして鈴は 「この家でお父さんのこと待っててもいい?」と聞くと、和子は笑顔で許してくれた。 この家族から、父親を奪うなんて絶対に許さない!俺が父さんを取り戻す!と決意する心だった。 みきおの動機 心が再びみきおの病室を訪れると、みきおが病室から居なくなったと木村サツキが荒れ狂っていた。 そして、置いてあった手紙を見た心はすぐに音臼小へ戻った。 電気が点いていた部屋へ行くとみきおがいた。 遅いよ心先生〜!と言うみきお、やっぱり記憶は失っていなかった。 お前の共犯者と青酸カリを飲ませたのは誰だ!と聞く心に、僕には関係ないというみきお。 みきおは 「僕はただヒーローになりたいだけだったのに、鈴ちゃんの」と言い、 作戦変更だ!と言い出した。 転校してきたばかりのみきおは、毎日いじめられていた。 でも、鈴だけが味方し助けてくれたという。 ・千夏ちゃんに薬を飲ませて実験した。 ・明音ちゃんは鈴をイジメたから、翼に任せた。 あのドジのせいで死ななかったけど。 ・田中のおじいちゃんは割と苦しまずに死んだ。 そしてみきおは 「とにかく、僕だけが鈴ちゃんのヒーローになる完璧な計画だったんだ!」 「でも、作戦変更。 」 「今、鈴ちゃんが一番喜ぶのは、佐野文吾を無罪にしてあげることだよね〜」 と言い出すと、ポケットから心のボイスレコーダーを取り出した! そしてみきおは「THE ENDぉ〜」と叫びながら、瓶の中に入った液体を飲み苦しみだした。 12年前の音臼村祭りの出来事 心は、ボイスレコーダーを馬渕と森に渡し、聴いてもらった。 無事に文吾は釈放され2人は抱き合った。 しかし、その様子を物陰から見る馬渕。 — おじいさんの古い斧 gfsoldaxe すると、和子も土下座して少しでも疑ったことを謝罪した。 そして、123ダー!で締めくくった。 すると文吾は当時のようすを思い出した。 12年前の音臼村祭りでキノコ汁に誤って毒キノコを入れたは、田中正志の母親だったことを思い出した。 文吾は誰かが間違って入れたんだろうと事故で処理しようとしたが、議員に立候補しようとしていた田中義男が 「村に不安を残すな、絶対探してくれ!」 と言われ、調査したところ正志の母親だった。 すると義男は県警にまで掛け合い、奥さんの罪をもみ消そうとしたが上手くはいかなかった。 その後、義男は村祭りを中止した。 やっぱり徳本かもしれないと考えたが、自分が恨まれる動機がないと話す文吾。 その後、文吾が12年前の駐在日誌を調べると、音臼村祭りに石坂校長の息子・石坂徹 当時18歳 が来ていた。 その徹は、東京の大学から里帰りした時に、音臼村祭りで喧嘩に巻き込まれ軽いけがをしていたことが分かった。 文吾はキノコ汁のせいでそれどころではなかった。 それだけで恨まれるか?と疑う、心。 木村サツキの過去 一方、木村サツキと石坂校長はみきおの病室にいた。 高校一年生の木村サツキは妊娠していて、中学の担任だった石坂のもとへ相談に来たときはすでに妊娠4ヶ月だった。 当時、石坂は狭い田舎で後ろ指を刺されるといけないと、木村サツキを説得し妊娠させなかった。 そして、 「あんたの身になって考えてやれんかった。 申し訳なかったね。 」 と謝罪された。 木村サツキが教師になったのは、産まれてくることが出来なかった子供のためにも、教え子をしっかりと育てていきたいと思ったからだった。 みきおを守ってやれなかったと、サツキは悔やんでいた。 黒幕からの犯行予告! その後、心と文吾は石坂校長の息子について井沢に尋ねた。 東京の会社でイジメられていると校長から聞いたことがあるが、それから10年以上は誰も行方を知らないとのことだった。 石坂を尋ね小学校へ行くと、親子を黒く塗りつぶした絵が無数に置いてあった。 石坂の机を調べると、鉛筆削りに使っていたナイフが見当たらない。 そして、自宅にもおらず夜まで探しまわったが、石坂はいなかった。 その後、心だけ佐野家へ戻ると「佐野文吾様」と書かれた封筒が、駐在所の入り口に挟んであった。 そして、心だけ先に封筒を読んだ。 そこへ文吾が帰ってくると、心は慌てて封筒と中の手紙をリュックに隠した。 明日は、12年前に音臼村祭りが開催された「3月19日」だと警戒する文吾。 心が先に見た封筒には、未来ノートのコピーと家族3人皆殺しと見出しに書かれたツギハギの記事があり、文末には と書かれていた。 その夜、久々に佐野家全員で晩ごはんを食べた。 このシーンが1番好き。 2人だけの秘密。 未来を変えてくれてありがとう。 — MI yokaryo4000 〜翌朝〜 心はメモを残し、居なくなっていた。 その心は予告通り、明朝8時に音臼神社へ向かっていた。 すると、文吾のもとへ心と思われる男性が倒れていると無線連絡が入った。 すぐに向かおうとしたがパトカーはパンクさせられていた。 文吾は走って音臼村神社へ向かったあと、石坂が駐在所を尋ねてきた。 和子が対応すると、 東京の息子のとこへ行っていたと話す。 そして、文吾と心を見てると本当の親子に見えて来たという。 お互いとことん信用しあって、疑われても傷つけられても最後には支え合って。 あの2人を見ていたら、息子ともう一度家族になりたいと、あのとき信じてやれなかったことを誤りたいと思った。 そして孫に絵を書いてもっていったら、俺の方こそ悪かったと息子も謝ってくれた。 と話してくれた。 テセウスの船 最終回 第10話 結末と黒幕 心は音臼神社に着いていたが、約束の時間になると村人たちが神社の掃除にやってきた。 一方、風速計のある小屋に走ってやってきた文吾は、何者かに背後から刺されてしまう。 文吾を刺したのは正志だった。 なんで俺のことそんな恨む!と言う文吾に正志は、 正義の味方が聞いて呆れる。 他人の人生踏みにじって、まるで覚えてない。 あんたは気持ちよかったろ?母さんはただキノコを鍋に入れただけ、罪ってほどの罪じゃなかった。 でも、あんたの点数稼ぎに捕まって、親父に捨てられて。 散々苦労して体壊して、あっさり死んだ。 俺は妹と、母さんのためにも何とか生き延びうようと思った。 あいつはまだ小学生だった! 俺はあいつ育てるためだったら、何だってした。 でも、どこまで行っても、殺人犯の子だって。 何をしてもどこへ行っても、それで妹は死んだ! イジメれて、自殺した!!アンタのせいで!! でもアンタを狙った理由はそんなことじゃない。 親父が大病したと噂で聞いて、俺は仕方なく音臼村へ帰ってきた。 覚えてるか?あのときアンタが何て言ったか? 「正志、家族は大事にしねぇとな😊」 俺の気持ちも知らずに家族を大事にしろと、アンタは呑気に言ったんだ。 許せない。 俺の家族をぶっ壊したアンタとアンタの家族に、地獄を見せてやる。 あのとき俺はそう決めたんだ! 思い出したか! そしてみきおは、佐野文吾が邪魔だという目的が同じだっただけ。 子供は単純でいい、大人と違って扱いやすい。 みきおの未来を奪う権利があると思ってんのか?と文吾が尋ねると、 「何が権利だ!何が未来だ!お前に奪われた俺の家族の未来はどうなる?これで終わりだ。 アンタ殺したら、アンタの家族にも俺たちの苦しみを味あわせてやる。 」 俺の家族には絶対手出しさせないと食らいついた文吾は、心を殺したという正志。 心が未来から来たことも知っていた。 文吾は馬乗りになり、正志をナイフで刺そうとしたが心を裏切れないと刺せなかった。 そして文吾は、正志に気づいてやれなかったことを謝罪した。 そこへ「父さーん!」と心がやってきた。 文吾が心の元へ向かおうとすると、ふたたび正志から襲われてしまう。 文吾が持っていたナイフを自分の方へ向け、お前を殺人犯にするんだと叫ぶ正志。 心と文吾は必死に阻止しようとする。 するとその弾みで、心にナイフが刺さってしまう。 「俺強くなれた、有難う父さん。 」 文吾は心に「俺の子だ、俺の息子だ。 死ぬな!心っ!」と叫んだが、心はそのまま息を引き取った。 その後 大人になった心 竹内涼真 は由紀 上野樹里 と一緒に手を繋いで、歩いていた。 「CAFE MADRE」では、みきお 安藤政信 と老けたサツキ 麻生祐未 が働いていた(営んでいた?)。 <メッセージ> …私とみきおが開いたカフェですのよ!自慢の芋羊羹は美味しいから是非 食べに来てね💓 — 木村さつき shinzituwo31 あんまり無理しないでよ?というみきおに、 大丈夫よ、みきお!というサツキ。 心と由紀は、文吾・和子・鈴・慎吾が待つ料亭で結婚の報告をすると、女の子を妊娠していることも知らされる。 すると、娘の名前を「未来 ミク 」ってのはどうかな?と言う文吾に、 「明るい未来へ進んでいけるように、未来って書いてミク。 」 心も全く同じ名前を考えていたと言ってきた。 由紀も素敵な名前だと思いますと微笑んでくれた。 そして文吾の手には、心がタイムカプセルに入れた指輪が入っていた。 美女、美男揃いの佐野家でまさかの未来の慎吾澤部かよ!!😂 — 嵐坂46 AraZaKa46 — おじいさんの古い斧 gfsoldaxe 正志もほんまは心さんみたいになりたかった… 最高のチーム、最高のドラマでしたありがとうございました! — 霜降り明星 せいや simofuriseiyam おわり 1話から田村心という人物の人生を本気で演じてきましたが、悔いのないようにやり切れたと自信を持って言えます。 最終回はずっと願ってきた家族の笑顔を守れるのか、父の冤罪を証明できるのか、心にとってまさに集大成だと思っています。 家族の愛、そして父さんとの絆がすべて詰まった最終回で僕たちを苦しめてきた真犯人は誰なのか、その結末が果たしてどうなるのか、楽しみにしていただけると嬉しいです。 心さんだけど、心さんじゃない。 果たして同じと言えるのだろうか?ってことの、タイトル『テセウスの船』ってことなんだよね。 きっと和子さんも心さんのこと気づいてたんだな。 最終回ではこんな 幸せな家族に囲まれて キレイな歳のとりかたをしてますよね。 加入日から2週間は無料体験が出来るので、今からですと テセウスの船「1話〜最終回」まで、全話無料で見放題できます。 また、最終回終了後に告知された 「テセウスの船 完全ネタバレ! 犯人の日記大公開」前編がすでに配信スタート! 後編は、3月29日 日 から配信します! さらに、ディレクターズカット版は、2020年4月6日 月 から配信開始です! 突然失礼します。 今Paraviにあがってる、 「完全ネタバレ! 犯人の日記大公開」 を見ると、回収されます!! 私はこれを見るために先ほど会員登録したのですが、2週間無料体験期間内に解約すれば、料金はかからないようです。 けっこう「なるほど」ってなりましたよ! — みっきー takemikky 詳細は以下よりご確認ください。 本ページの情報は2020年3月時点のものです。 最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。

次の

それでも愛を誓いますか?【第5話(分冊14~16話)ネタバレ】お互い口に出さない苦悩が‥

それ 以上 食べ ない で くれ ネタバレ

待ち合わせをすると、いつもと雰囲気の違う純に真山は一瞬固まり驚きました。 純はその反応に嬉しくなります。 真山は、お昼に落ち込んでいた純の様子を見て、心配してくれていたのです。 確かに純が見たとき沙織と武頼は親しげでした。 しかし、他の男友達も一緒だったようだし、浮気だと確定したわけではありません。 帰り道、真山と夜の街を歩いていると、夫以外の男性とこうして歩くのは10年ぶりだ、と思いました。 十二支離れている男の子だけどと考えていると、酔っ払いとぶつかりそうになった純の手を真山が力強く引きました。 その瞬間、純は顔が真っ赤になり照れてしまいます。 現実 武頼より先に帰宅した純ですが、メイクを落とさず待っていました。 武頼が帰宅し、おかえりと出迎えますが、いつもと違うことに触れるどころか『シャツにアイロンかけといて』と業務的な会話。 返事をしないままの純。 どうしたの?とちゃんと純の顔を見た武頼ですが、何も気づきませんでした。 翌朝も、いつも通り純が作った朝食を2人で食べます。 しかし、 『美味しい』『ありがとう』ももうありません。 純は、これが現実なのだと考えていました。 ・・・・・ 武頼が出社すると、仲の良い上司がとても上機嫌です。 何か良いことがあったのかと聞くと、なんと第一子が出来たとのこと。 上司は60歳。 とても嬉しそうな笑顔で、子供が成人するまで死ねない〜と話しています。 それを聞いた武頼は、何かを思い出しています。 武頼の心境 武頼は、5年前のレスになった時期の頃を思い出していました。 ベッドの上で向き合って座る純と武頼。 うまく出来ずごめんと謝る武頼に、純も謝っています。 別の日、純からメッセージが届きました。 『気を悪くしないで』と送られて来たURLを開くと、精力増強のサプリの広告です。 さらに自宅に置いてあった紙袋を見ると、セクシーな下着が入っています。 純の 「ごめんね」が重なり、自分が情けなくなる武頼。 そして、自分が子供の頃の事も思い出します。 怒鳴る父親の声が響きます。 自分のことをうるさいと罵り、母親にちゃんとしつけろと言う父。 武頼は、 子供の頃の記憶が消えないのです。 会社での純 純が真山と一緒にした企画は目標を達成し大成功だったようです。 社内でも盛り上がっていました。 上司や周りから、 純がいてくれたおかげだと仕事を認められます。 純は久々に仕事で感じる嬉しさを噛み締めていました。 真山が純に、良かったですねとマスクを外して話しかけました。 純も、やったね!と返事を返します。 それを見ていた女性社員2人。 もしかして真山と純は不倫しているのでは?とランチタイムのネタにされていました。 偶然聞いてしまった純。 武頼と沙織のことで参っているのに、不倫と誤解されるなんてあんまりです。 また、社内で真山の仕事ぶりが評価され始めているのに、派遣社員と噂になってしまってはメリットがないと考えました。 それから、純は真山に敬語を使い距離を取ろうと考えます。 しかし真山は変わらず真っ直ぐ純を見てくれていました。 また喧嘩 疲れて帰宅した純。 一人で夕食を食べます。 携帯でニュースを見ていると、ある記事が目に入りました。 『子供ができると、カップルから共同戦線のパートナーに変わった』というコラムです。 そして、急がなければタイムリミットになる、と思っています。 その後武頼が帰宅。 純は、仕事帰りすぐで悪いと思いながらも、子供の話を持ちかけました。 武頼は嫌気がさしているようです。 しかし、まともに話す時間もないので純は今しかないと思いました。 すると武頼の方から、 純に子育てできるの?と質問が。 すぐ思い詰めるし、ノイローゼになりそうだと言われました。 武頼がいるから大丈夫、という純に対し、忙しいから俺は無理だと返した武頼。 純はカッとなり、一緒に育児するつもりはないのかと大きな声を出してしまいました。 すぐにやってしまったと思った純。 武頼は背を向けたまま話しています。 純は、自分と母の大変さを知っているなら早く子供を作ろうと言いましたが、今度は武頼が大きな声を出しました。 目の前のことだけ考えて生きてて悪いか?! と怒鳴ります。 そして、先のことは考えられない、と言い家を出て行ってしまいました。 取り残された純。 どうしても子供が欲しいというわけでも無いけれど、 せめて一緒に悩んで欲しかった。 毎日減っていく夫婦の会話。 死ぬまでこの生活が続くと思うと、寂しくなってしまったのです。 どうにかしたいけれど、どうして良いか分からない。 仲の良かった頃、満面の笑みで映る二人の写真を見て、純は号泣しました。 きっと、怒鳴ることが多い父親だったのでしょう。 その度に、子供だった武頼は怯えていたのだと思います。 自分もその父の血を引いているから、父親の立場になった時自分も同じことをしてしまうのでは、と不安なのですね。 当時の自分の母と純の姿も重ねていることでしょう。 その心の奥には、純も子供も大切にしたいと思いがあるのだと思いました。 今は仕事も大変な武頼。 所長に推薦されるという話も出ており、いっぱいいっぱいなのかもしれません。 でも純にその気持ちが伝わっていなければ何も解決できません! 昔、武頼の父が怒鳴る人だったと純は知っているのでしょうか? 結婚式は挙げていないと言っていた2人でしたが、両親のことを詳しく知らないのでしょうか? そして5年前からレスになってしまった原因も、ここにあるようです。 5年前、純が30歳になったときですね。 きっと子供を意識し始めた頃だと思われます。 今までカップルだった2人にとって、体を重ねることは単に愛情表現やスキンシップでした。 しかし結婚しある程度の年齢になり、その行為は直接『子供』と結びつくようになります。 親にトラウマがある武頼は、そのせいでうまく出来なくなってしまったようですね。 この事を純に正直に話すのは難しい事なのでしょうか?! 喧嘩したまま出て行ってしまった武頼は、戻ってきたとき何を話すのか、次回が気になりますね!.

次の

【鬼滅の刃200話ネタバレ】炭治郎たちの必死の抵抗で夜が明け無惨はどうなる?|ワンピースネタバレ漫画考察

それ 以上 食べ ない で くれ ネタバレ

アゼンタインに家を出たと告げると、アゼンタインは最高級ホテルを購入してしまいました。 そこでは、ホテルマンがメイドのように付きまとい…何から何まで気を遣われて、すごく落ち着かない様子のイヴォナでした。 そして…! ついに来た来た結婚式の日! ということで、ネタバレにいきましょう! 24話ネタバレ! ウェディングドレスを着たイヴォナを見たアゼンタインはしばらく見惚れてしまう。 「公爵様・・・?」 あまりにもぼーっとしているアゼンタインに 「お疲れのようですね」 と言い、出迎えてくれたことに感謝する。 その間、ジーっとイヴォナの顔を見つめるアゼンタイン。 「私の顔に何かついてますか…?」 「いや…」 「でも、なんで…ずっと…」 見られていることを気にして顔を赤らめるイヴォナ。 フゥ と一息をつき、イヴォナはアゼンタインを誉める 「今日は本当に素敵ですね!いつもそうですけど…」 そういうと、何も言わないアゼンタイン。 (今日は本当に疲れてるみたい) そう思うイヴォナだった。 すると… 「…そなたも…」 「とてもキレイだ」 その言葉を聞いて、微笑むイヴォナ。 会場は最初は驚きつつも、イヴォナとアゼンタインの姿に見惚れる。 そして、もう一つ驚きだったのが 皇帝が司式者の役割を担ったということ。 参列者は皆驚き、歴史に記録されるのでは…と口々に言うのでした。 皇帝が進行し… 「愛することを誓いますか?」 と皇帝に問われるイヴォナ。 (悲惨な死を経験して) (誰にも心を開かないと誓った) (二度と傷つかないように) (でも、アゼンタインは… 本当の愛ではなくても この人だけは信じてもいいのでは?) (お互いを支え合いながら一生を共にしても) 「…誓います」 そして、キスをする2人。 」 「すぐに出発しよう」 2人は式を終えるとすぐに馬車に乗り北部へ… その2人を遠くから見つめる影。 それは、ガスパルとトリスタンだった。 「これを見るためにここまで呼んだのか?」 と、白いローブを着た人物に話しかけるガスパル。 白いローブの人物は 「仮にも元婚約者だったのに、見送りしないと」 とイジワルに笑う。 「それより、私が申し上げたことはちゃんとしましたか?」 と聞くローブの人物。 「イヴォナ、喜んでいられるのも今のうちだ」 と上からイヴォナを睨みつけるのだった。 到着すると、すぐにベッドに横になるイヴォナ。 長時間ではなかったものの疲れたと言うイヴォナ。 そこに、ドア越しに 「準備が終わりました」 と言われる。 体を起こすイヴォナ。 コンコン 「来たか?」 ドアが開いたと思ったら そこにはモジモジしているイヴォナの姿が。 (うっかりしてた…) (式を挙げたと言うことは 初夜を共にすると言うこと!) (契約結婚を知らないから仕方ないことだけど…こんな格好で行ったらいくら公爵様でも…) 普通だったら初夜を迎える2人。 メイドたちは気を利かせてその準備をしてくれていたのだ。 肩が露出している服を身にまとい、アゼンタインが待つ部屋へ入るイヴォナ。 「振り向かないでください」 そう言われ、緊張するアゼンタイン。 「もう大丈夫です」 そう言われ、アゼンタインが振り向くと… 芋虫みたいに布団にくるまるイヴォナだった。 笑顔で 「申し訳ありません。 見せられる格好ではないため…」 すると、横にチーズやフルーツが乗っているトレーに気付く。 「あれ食べてもいいんですか?」 「もちろん」 すると、アゼンタインは布団にくるまっているイヴォナに食べさせてあげる。 食べさせてもらっているうちに、だんだんと緊張が解け、最高の笑顔を見せるイヴォナ その笑顔を見たアゼンタイン。 ふと 「名前… 名前で呼んでもいい」 そういうアゼンタイン。 「公爵様と呼ぶ方がいいです。 」 すると照れながらも 名前で呼ばれたいし呼ばれたい と言うアゼンタイン。 その言葉を聞いて 「クロード」 と言うイヴォナ。 その姿を隣で見るアゼンタイン。 (なぜ、名前で呼び合いたいと言ったんだろう…) と自分に問うアゼンタイン。 (誰かにクロードと呼ばれたのは初めてだ) 優しく見つめ、 「おやすみ、イヴォナ」 というのでした。 イヴォナも気まずそうに口を拭く。 「ステファン、視察の準備を」 と突然ステファンに指示するアゼンタイン。 不意打ちだったのかステファンも戸惑い気味。 ステファンは部屋を出てからも、2人の雰囲気がおかしいため心配していた。 メイドたちも2人の雰囲気にこそこそと話すのでした。 イヴォナは少し気まずい表情。 そこでイヴォナが絶対驚いたはずなのに、そこは描かれていないところがまたイイ演出! きっとイヴォナは、あの後慌てたんだろうなと想像するとクスッと笑えますね。 さてさて、ガスパルたちは怪しい動きを見せましたね。 一体白いローブを着た人物は何者なのか?? さて続きは上記リンクより!.

次の