東京 新聞 運勢。 困難を乗り越える毎に、人は強くなる。決して諦めないこと|東京新聞運勢 備忘録

価値観を変えれば人生が変わる|東京新聞運勢 備忘録

東京 新聞 運勢

玉州 あなたの運勢 14日 友引 数字は吉凶を10点法で表現 子 9 どうせ出る金ならば、有効に使うように。 金談以外はすべて吉日となる。 丑 5 意に沿わぬことは断ればよい。 我慢しても、ばからしさが残されるだけ。 寅 9 力にものを言わせて独走の感がある。 上司に逆らいさえしなければよい。 兎 7 時には悪運の強さも必要になるが、それをどこまで利用するかが難しい。 辰 6 余裕ができ、恵まれるほど欲が深くなる。 遊ぶ金はあるが生活は苦しい。 巳 6 多忙さから神経がいらだつ。 そこでサービス精神を忘れず、笑顔で通せ。 午 4 反感の心のみ強くなり、自分も人も傷つく。 先入観が真実を見誤らせる。 未 3 機会を与えられても、能力がなければ周囲の迷惑。 甘えだけでは通らぬ。 申 6 難問突破が貴重な体験となる。 計画を推し進めて最後の勝利を獲得せよ。 酉 6 目立った吉星はないが、束縛される凶星もない。 努力がそのまま表れる。 戌 4 地位を得るにはそれだけの努力が必要に。 魚心あれば水心とも自覚せよ。 亥 6 恩恵を受ける分だけは、自らも博愛の心に。 世の中は持ちつ持たれつで。

次の

自分の心を大切にすること|東京新聞運勢 備忘録

東京 新聞 運勢

心を尊重して泰平 東京新聞TOKYO Web 令和2年5月22日から引用 皆様は、心がつき動かされた経験はありますか。 心が動く、というと大したことを想像するかもしれませんが、人は、どのような些細なことであっても、心によって物事を捉えております。 人は、心で生きているといっても過言ではないでしょう。 心が動くことで、人は物事を認識し、判断している。 何事に対しても無関心でいれば、人の認識は狭まり、世界もまた狭く小さなものになってしまいます。 何に対して心が動くのか、それは人によって様々でしょう。 しかし、誰もが皆、心によって生きているということを忘れてはなりません。 心は、大切に。 自分の心も、相手の心も尊重すること。 心が動かないような生き方から離れて、心が豊かで活き活きとする道を探して歩んでいきましょう。 自分の心を尊重できるのは、自分だけなのです。 自分の心に素直に生きることにより、考えや価値観の執着から離れて、安心を得ることに気付くとき。

次の

価値観を変えれば人生が変わる|東京新聞運勢 備忘録

東京 新聞 運勢

東京新聞朝刊のラストの面に載っている「運勢」がおもしろい。 「運勢」というと、普通、吉だの凶だのあるいは今日のラッキーカラーだの、そういうことを書くものだが、この「運勢」はいささか趣きが違う。 人生訓のようであったり箴言のようであったりすることが多い。 よくも日々、12通り(生まれ年によっているので)もこのような垂訓が書けるなあ、とちょっと感心してしまう。 筆者は「松風庵主」というネームのお方であるという以外は一切わからない。 「松風庵主」で検索してみたが、同様にして「わからない」と書かれている記事があるのみであった。 アマゾンのブックレビューに「松風庵主人」というネームの方が何冊かについて書かれているが、ハテ…?? である。 以下、最近10日間の「たつ年」の欄のお言葉を紹介する。 10月29日:マッチ一本も無い。 物の有難味に感謝すれば悪運も去らん 10月30日:誰人もその心の深奥には神性と悪性の二つがあるなり 10月31日:短い恵みは喜ばれるが、長い恩愛はうとまれる。 されど長い目で子弟を育てるべし 11月1日:顔色の穏やかな者は諸事穏やかにして吉運となる 11月2日:大地より佛が涌き出る象。 さながら極楽浄土の様な日 11月3日:真実の法の言葉を聞く人は至福者である。 先人の教えに耳を傾けよ 11月4日:独りよがりをしている者は孤独であると気づいて吉 11月5日:見ざる聞かざる言わざるの三猿で煩悩解消。 欲望に打ち勝ちて転ずる 11月6日:何かに夢中になるものがあれば人生の快楽を味わう 11月7日:その人を知ろうと思うならその友を知れば良い 【最近の日記】 市原克敏歌集『無限』 池田祥子歌集『続 三匹の羊』 「短歌人」の誌面より(88)• mixiユーザー 2015年11月08日 12:08 この方の前の方が、お亡くなりになりまして、代替わりしたのです。 お坊さんだったと記憶しています。 この方もお坊さんであるはずです。 それにしても、私は巳年ですから…お年が大体わかって、よかったような、悪かったような。 というか、中日の方が本家本元? 今日、11月8日の「たつ年」は「二日酔いでフラフラ腰の象。 諸事手に付かずに事進まず」だそうで。 mixiユーザー 2015年11月08日 15:48 時々謎なことが書いてあります。 そこがまたいいのですが。 07月• 08月• 09月• 10月• 11月• 12月 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 01月• 02月• 03月• 04月• 05月• 06月• 07月• 08月• 09月•

次の