ポンコツ 語源。 ポンコツの意味とは?その語源

ポンコツとは?ポンコツな人の特徴・語源・由来から改善方法を考えよう!

ポンコツ 語源

セコハンの語源 セコハンの語源は英語の secondhand セコンドハンドです。 secondhand の意味は、中古、使用済み 英語のsecondhand(セコンドハンド)を略して、セコハンという言葉が生まれました。 セコハンの意味と使い方 セコハンの意味は、中古品・中古・おふる 使用されて古くはなっているけど、 商品としての価値のある物を、セコハンといいます。 セコハンは、物にたいして使うのは良いけど、人や動物にたいして使うと失礼です。 セコハンの部品、セコハンの時計、セコハンビジネス、セコハン市場、などは良い使い方。 セコハン 嬢 じょう、セコハンの犬・猫、などは悪い使い方。 ポンコツの語源 ポンコツの語源は英語の punishments パニッシュメントとする説が有力です。 他の説には、げんこつを西洋人が聞き間違えて「ポンコツ」と言ったという説もあります。 ポンコツは、幕末にはすでに使われていた言葉です。 ポンコツの意味と使い方 現在のポンコツの意味は、老朽化したもの・廃品 老朽化がはげしかったり、こわれていて役にたたない、使えない、 商品としての価値のないものをポンコツといいます。 ポンコツには、使い込まれていて商品としての価値はないけど、なんとか使えるという意味も含まれます。 昭和の初期までポンコツは、「人をぶつ・げんこつでなぐる」という意味で用いられ、現在のような「老朽したもの・廃品」という意味で使われていませんでした。 昭和20年代後半になると、自動車をたたきこわすこと(自動車の解体)をポンコツというようになります。 ポンポンコツコツとたたく音と、げんこつでなぐるという意味のポンコツをかけて自動車の解体をポンコツと呼んだとするのが定説です。 それが転じて「老朽化した自動車・廃棄された自動車」=「ポンコツ」となり、自動車にかぎらず使われるようになっていき「老朽化したもの・廃品」=「ポンコツ」という意味で使われるようになります。 ポンコツは時として人にたいしても使われます ポンコツ車(ぼろぼろだけど、なんとか走っている車)、ポンコツメディア(役にたつ情報がないメディア)、ポンコツ社員(役にたたない社員) ポンコツっぷり(だめっぷり)、ポンコツな人(なにをやってもダメな人・役にたたない人) まとめ セコハンは、中古でも商品としての価値のあるもので、語源は英語のsecondhand。 ポンコツは、使い込まれて、役にたたなくなったり、使えなくなった、商品としての価値のないもので、語源は英語のpunishmentsとする説が有力です。 個人で商品を売買したり、無料でゆずったりするアプリを利用していて気付いたのは、ジャンク品として提供しているものが意外と多いということ。 ジャンク品は、一部またはほとんどがこわれていて、そのままでは使えないものです。 ジャンク品として、安く購入して、セコハンの部品を利用する?修理してセコハンの商品として売る?意外とジャンク品って売れるみたいです。 さがしてみたけど、我が家にジャンク品はありません、あるのはポンコツばかりです。 ポンコツには、使い込まれていて商品としての価値はないけど、なんとか使えるという意味も含まれます。 ジャンク品は、そのままでは使えないもの。 ジャンク品よりポンコツの方が私にとっては価値があるものです。

次の

ポンコツの意味や由来とは?ポンコツな人間の特徴も紹介

ポンコツ 語源

「ポンコツ」の意味とは? 「ポンコツ」の語源や由来• 「ポンコツ」の言葉の使い方• 「ポンコツ」を使った例文や短文 解釈• 「ポンコツ」の英語• 「ポンコツ」の反対の意味の対義語はある? 「ポンコツ」の類語• 「ポンコツ」を使った言葉や意味を解釈 「ポンコツ」の意味とは? 「ポンコツ」の意味は大きく3つに分けられます。 「ポンコツ」の1つ目の意味は、 「破損したり老朽化したりして役に立たなくなったもの・壊れかかった自動車や機械類」になります。 「ポンコツ」の2つ目の意味として、 「肝心な時に天然ボケの言動をして役に立たないキャラクター 主に女性キャラ 」や 「いざという時に間抜けな反応を示して使い物にならないキャラクター」があります。 「ポンコツ」は、女性キャラやアイドルなどの萌え要素も意味しているのです。 「ポンコツ」の3つ目の意味として、 「げんこつ 拳骨 で殴ること・殴り殺すこと」がありますが、この意味は現代ではあまり一般的なものではありません。 「ポンコツ」の語源や由来 「ポンコツ」の語源・由来の一つは、西洋人が 「拳骨 げんこつ 」という 「拳で殴り倒すこと」を意味する言葉を、 「ポンコツ」と聞き間違えたというものです。 「ポンコツ」のもう一つの語源・由来としては、 「ポン、コツ」というハンマーで自動車・機械類を殴る音に由来しているという説があります。 特に、昭和34年の阿川弘之 あがわひろゆき の新聞連載小説 「ポンコツ」で、 「ぽん、こつん。 ぽん、こつん。 ポンコツ屋はタガネとハンマーで日がな一日、古自動車を叩き壊している」という文章に由来して、 「古いおんぼろ自動車を解体する時の擬音」が語源になっています。 女性キャラやアイドルの萌え要素としての 「ポンコツ」の語源は、 「正常に機能しないおんぼろな古い機械のように間抜けなこと・天然ボケなこと」に由来しています。 「ポンコツ」の言葉の使い方 「ポンコツ」の言葉の使い方は、まず 「故障したり老朽化したりした自動車・機械類」に対して使うという使い方があります。 例えば、 「ポンコツ車のワイパーが外れて使い物にならない」などの使い方ができます。 「げんこつで殴ること・殴り倒すこと」の意味合いで、 「ポンコツを決められる・ポンコツを食らわせられる」といった文章で使うこともできます。 「ポンコツ」の言葉のもう一つの使い方として、一見するとクールできちんとしていそうなキャラやアイドルが、実際には天然ボケでいざという時に役に立たないという意味で使われます。 例えば、 「ポンコツだからこそあのアイドルは愛すべきキャラなんだ」や 「ポンコツ系キャラに惚れ込んでいる」などの使い方ができます。 使い物にならない萌えキャラ要素という意味の 「ポンコツ」は、以下のような英語で表現できます。

次の

セコハンの語源とポンコツの語源~セコハンとポンコツの違い~

ポンコツ 語源

では、この「ポンコツ」の意味とは何なのでしょうか? ポンコツの意味 古くて壊れそうな状態、すでに使い物にならない状態という意味。 車など主に機械による古くて壊れそうな状態や、壊れているものとして使われる言葉で 「あの車は、エンジンが全然かからないポンコツ車だ!」などで使われる言葉です。 また、人間に対して使われたりします。 悪い意味で使われることが多いですが、いい意味で使われたりもします。 ポンコツの語源 語源は諸説あり正確な所は不明ですが、次のような説があります。 1、日本にやってきた西洋人がゲンコツをボンコツと聞き間違えたところから転じて「ポンコツ」となった。 2、英語が入ってきた明治時代に罪という意味の「パニッシュ(punish)」とゲンコツを組み合わせて「ポンコツ」となった。 この2つのどちらかが語源ではないかとされています。 また、ゲンコツの語源は「拳固殴ち(げんこうち)」が訛った語のことで、 殴ったときの音や握った拳の骨っぽい印象から「拳骨」という当て字がされたと言われています。 そして、この「ポンコツ」と呼ばれる言葉が生まれて以来、 ゲンコツで殴ることから連想してハンマーのことを「ポンコツ」と呼び、 ハンマーで打って車を壊す作業も「ポンコツ」というようになり、 壊す車自体も「ポンコツ」と呼ぶようになったのではないかと言われています。 ちなみに、「ポンコツ」を英語で言うと何になるかわかりますか? -- 以上、ポンコツの意味とは?その語源でした。

次の