コロナ スペイン。 スペインのコロナ対策・ロックダウンは効果があったのか?|英語ニュースを読もう!

kuvo.rmpbs.org : スペイン北東部、コロナ感染者急増でロックダウン再導入 20万人が対象

コロナ スペイン

武漢の病院で、防護服を着用し患者を搬送する医療スタッフ(ロイター) 感染が深刻さを増す新型コロナウイルスの猛威が、世界的にみて100年に1回の伝染病による人類の危機なのではないか?という説がオカルト界で流布されている。 かつて世界を震撼させた「ペスト」「コレラ」「スペイン風邪」の発生時期を振り返ると、不気味なことに100年周期。 そして今年2020年はその年なのだ。 専門家はどうみているのか。 1720年前後にはフランスで「ペスト」が大流行となり、10万人が死亡した。 100年後の1820年前後にはアジアから中東、ヨーロッパ、アフリカまで「コレラ」が蔓延した。 1920年前後には、世界で5000万~1億人が亡くなった「スペイン風邪」が猛威を振るった。 感染者は5億人で、当時の世界の人口は20億人だった。 そして今年、2020年に新型コロナウイルスによる新型肺炎が発生し、パンデミック寸前の状態となっている。 100年周期で人類に脅威を与える伝染病が流行してきたことを踏まえ、オカルト研究家の山口敏太郎氏はこう語る。 「経済の動きや病気の流行には、周期的なものがあるといいます。 人間が集団で動いた結果として歴史が刻まれていくわけですが、必然的に似たような流れは繰り返されてしまうんでしょう。 とても偶然とは思えません」 実は、陰謀説として「100年ごとに伝染病が流行しているのだから、今回は中国が意図的にアウトブレイクさせていたとしてもおかしくない」という見方も出ている。 科学問題研究家の阿久津淳氏は「武漢は中国で唯一、世界で最も危険な病原体(BSL-4=バイオセーフティーレベル4)の研究施設がある場所。 約100万人の中国人がアフリカで働いていることから、クリミア・コンゴ出血熱を引き起こす病原体を研究したり、エボラウイルスの変異速度やその治療法、ラッサウイルスなどの研究をしているといいます。 (重症急性呼吸器症候群)SARSウイルスの流出が、北京の保管施設であったとの報告もあるぐらいですから」と言う。 人為的に悪質なウイルスを作ることが可能だった施設があったことは間違いない。 さすがに意図的にばらまくことはしないだろうが、何らかのミスで漏れてしまったのか、誰かが盗み出した可能性はないのか。 一方でこれらとは無関係で、報道されている通り、武漢の海鮮市場で販売されていたコウモリやヘビ、タケネズミなどの野生動物からの感染だったのか。 一説には武漢の海鮮市場での第1号とされる感染者の前に、市場と無関係な者が新型肺炎の症状で病院に運び込まれたという話もある。 いずれにしても、新型コロナウイルスが100年周期の世界的伝染病として広がる可能性が出てきたのは確かだ。 山口氏は「一部で、意図的に何者かが人工ウイルスを世界に拡散しているといわれていますが、人間の潜在意識の集合体としての歴史は、まるで神仏のように我々人類を定期的に間引いているのかもしれませんね」と指摘している。

次の

新型コロナ:スペイン、新型コロナの死者1千人 マドリードで増加 (写真=ロイター) :日本経済新聞

コロナ スペイン

But following a sustained decrease in the rate of new infections, those restrictions are starting to be eased. Spanish children under 14 years of age have been confined indoors for the past six weeks, but as of Sunday 26 April they , although parks and playgrounds remain closed. From next weekend, or to go for a walk. 記事によりますと スペインの厳しいロックダウン・ほとんど家に閉じこもり スペインの ロックダウンは3月14日から始まった。 ロックダウン中は、スペイン国民は、 スーパーマーケット(supermarket と 薬局 pharmacy 、 医療機関 medical facility 、 犬の散歩 walk the dog 以外は、家から外に出ることは禁止された。 この甲斐あってか、 新規感染(new infections)の 持続的な減少(sustained decrease)がみられたので、徐々に制限が 解かれる lift 予定である。 子供たちへの行動制限は? 子供ももちろん、6週間の間家の中に閉じ込められていた。 しかし 4月26日からは、14歳未満の子供は、毎日1時間だけ外に出ることが許されるようになった。 しかし、まだ公園やグランドは閉鎖されたままである。 来週からは、大人も運動や散歩のために外に出ることが許される予定。 感染が減り続けているという想定ではあるが、減り方が少ないことが心配である。 学校は、9月まで休校の予定である。 日本経済新聞 チャートで見る世界の感染状況 新型コロナウイルス 日本経済新聞のグラフで分かるように、スペインではロックダウン 3月14日)後、累積感染者数が10,000人台へと急激に増え、4月に入ってからは、10万人台になっています。 スペインでは、ほとんど外出が許されないロックダウンをしても感染者数は急激に伸びているのがわかります。 こちらのグラフは、スペインの1日の新感染者のグラフですが、ロックダウンの3月14日以降にの感染者が増えていることがわかります。 ロックダウンの効果は本当に疑わしいです。 ちなみに、スペインのロックダウン時の感染者数は、日本の4月11日の感染者数5,902人、4月14日の死亡者132人 東洋経済オンライン版)とほぼ一緒になります。 感染症を封じ込めるためのヨーロッパのロックダウンは、初めての試みで実験的な要素もあったようですが、上の数字を見るとロックダウンは感染予防に本当に効果があったのか疑問に思います。 今後、各国の政策と感染拡大を比較して、どの国の方法が良かったのかの研究を世界でぜひ行ってほしいです。 そして、その結果を私たちに示してほしいと思います。

次の

コロナウイルス対策 100年前のスペイン風邪から学べ!

コロナ スペイン

【マドリードAFP=時事】スペイン左派政権は5月29日、ベーシックインカム(最低所得保障)制度を閣議で承認した。 新型コロナウイルスの感染拡大に由来する貧困の急増で、多くの世帯が食料支援への依存を強いられている現状に対応する。 (写真は資料写真) 連立与党の急進左派ポデモスの党首であるパブロ・イグレシアス副首相は閣議承認後、「きょうスペインで新たな社会的権利が創出された」と明言。 新型コロナウイルスによる危機的状況を受け、政府がこの措置の実施の加速を強いられたと説明した。 同制度により、一人暮らしの成人には月462ユーロ(約5万5000円)の所得が保障される。 家族の場合は成人か未成年かにかかわらず一人当たり139ユーロ(約1万7000円)が加算され、世帯当たりの所得保障上限は月1015ユーロ(約12万円)とする。 支給は他の収入に合わせて配分されるため、低賃金の仕事を持つ人は今回規定された最低所得基準に合わせる形で給与を上乗せして受け取ることになる。 これでどの世帯にも年間平均1万70ユーロ(約120万円)の所得が保障されるという。 政府によると、この措置で約85万世帯、合計230万人が恩恵を受け、うち3割が未成年の見通し。 来月に約10万世帯への支給が始まるという。 同制度の費用は年間30億ユーロ(約3600億円)と推計されている。 ロックダウンの影響を受け、スペインでは地元の教会や支援団体から食料の提供を受ける家庭が続出している。 特に首都マドリードで顕著に見られ、そうした状況に初めて追いやられたというケースも少なくない。 【翻訳編集AFPBBNews】 〔AFP=時事〕.

次の