注目のお相手。 佐々木希の電話の内容とは?不倫相手への逆上の会話に注目!

優駿スプリント2020予想【注目馬公開】1200m負けなしのカプリフレイバーが登場!本命は小細工無用の短距離がピッタリなアノ馬!発馬さえまともなら強敵相手でも十分通用!

注目のお相手

上半期のダート路線を締めくくる一戦だ。 まずはレース傾向から。 帝王賞における過去10年の成績を見ると、勝ち時計の変化が特徴的。 2011年にはスマートファルコンが2. 1という時計で逃げ切っているが、直近3年は2分4秒台の決着。 これは帝王賞に限った話ではなく、大井競馬場の馬場自体が低速化していることによるものだ。 帝王賞1~3着馬の脚質を見ても14年以前は逃げ先行ばかりで決まっていたのが、最近は差しや追い込みも届くように傾向が変化している。 今年のメンバーではワイドファラオの逃げが濃厚だ。 同馬は好走歴が全てマイル以下という馬。 スピードがありすぎるので、2000m戦としては速いペースが想定される。 大井の長い直線で、存分に末脚を活かせる差し馬に食指が動く。 クリソベリルに暗雲? 帝王賞の前走着順別成績を見ると、前走1着馬が最多の10連対で、連対率も32%と好調。 前走2着馬が同20%となり、3~5着は15%前後。 前走6着以下から連対した馬は1頭もいなかった。 一見すると当然の傾向にも見えるが、ポイントは「前走6着以下」にはドバイワールドCに挑戦していた、本来なら路線でトップクラスの強豪も含まれていること。 ちなみに、ドバイ遠征帰りが厳しいのは帝王賞だけでなく、宝塚記念にも共通する傾向。 輸送距離が長い上に酷暑のドバイは、香港や豪州への遠征以上にダメージが残りやすい。 今年に限って言えば、レース自体は中止になったため、どのくらいの影響が残るか読めないところではあるのだが。 ともかく、クリソベリルはサウジCで7着以来のレースとなる。 果たしてこの不穏なデータを跳ね返せるだろうか。 中央馬相手でこそ真価を発揮 本命はノンコノユメ。 南関勢ではモジアナフレイバーと双璧の存在だが、昨年の帝王賞・東京大賞典ではこちらが先着。 反対に勝島王冠では2馬身差をつけられての完敗。 脚質的な問題もあるが、中央馬相手のシビアな流れになってこそ真価を発揮する馬で、器用さがないので南関同士では取りこぼすことも。 前走ブリリアントCは、1800mのレースで1000m通過が64. 7秒という超スローペース。 こういうレースで負けるのは参考外でよい。 昨年はドバイで大敗して南関転入初戦という臨戦過程で3着。 今年の方が過程としては断然いい。 強い相手だが一矢報いる可能性は秘めている。 対抗はオメガパフューム。 ゲートでやや後手を踏むような面があった馬だが、平安Sは好発を決めて課題もクリア。 死角らしい死角が見当たらない。 3番手はチュウワウィザード。 川崎記念の圧勝自体は相手関係を考えるとそれほど強調できるものではないが、どんな競馬でもできる安定感が強み。 ただ、言い換えれば浦和や川崎のようなレースセンスがモノを言うコースの方がベターで、純粋なエンジン勝負になりやすい大井だと前述のオメガパフュームがやや上手か。 以下、印は長休明け2戦目のルヴァンスレーヴと、復調気配のケイティブレイブに回す。 「前走6着以下」のデータに引っかかるモジアナフレイバー、クリソベリルはどちらもドバイ遠征(レースは実施されず)の反動が不安。 モジアナフレイバーは反応がよすぎる反面、使える脚が短いため、2000mで中央馬相手だと最後甘くなってしまう。 クリソベリルは昨年のチャンピオンズCで無敗のまま古馬も制圧したが、この時は枠順にも恵まれ、インの3番手をとり切った鞍上の好騎乗もあってのもの。 抜けた存在とまではいかない。 オッズとの相談にはなるが、押さえ程度に留めておきたい。 かしわ記念を勝ったワイドファラオは距離適性がマイルまでという見立てで、今回は見送りとした。

次の

冨安健洋は世界レベルの相手に奮闘。一段飛ばしで成長、指揮官が課した「試験」とは?

注目のお相手

ボクシングの6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)の復帰戦が初夏に予定されていることが判明。 米記者が明かしている。 昨年7月にWBA世界ウェルター級スーパー王者キース・サーマン(米国)に判定勝ちし、団体内の王座統一に成功したパッキャオ。 注目の次戦の青写真が浮かび上がってきた。 米スポーツ専門局「ESPN」のスティーブ・キム記者がパッキャオが運営するMPプロモーションズのプロモーター、ショーン・ギボンズ氏の発言を伝えている。 キム記者のツイッターによると、ギボンズ氏はパッキャオの次戦が「6月か7月」になると明言。 相手については、WBC&IBF世界ウエルター級王者エロール・スペンスJr(米国)、元WBC同級王者ダニー・ガルシア(米国)、元WBC、IBF同級王者ショーン・ポーター(米国)の3人が候補に挙がっているという。 さらに注目のフロイド・メイウェザー(米国)との再戦については、「俺は引退したんだ。 戦わない」とギボンズ氏側に伝えられたことも、同記者が明かしている。 41歳となり衰えこそ見られるものの、未だ王座に君臨するパッキャオ。 メイウェザーとの再戦こそ実現の見込みは薄そうだが、まだまだボクシング界のスーパースターとして存在感を発揮してくれそうだ。 THE ANSWER編集部.

次の

パッキャオ、注目の次戦は「6月か7月」 相手候補は3人…メイウェザーとの再戦は?(THE ANSWER)

注目のお相手

第1話から再放送中のNHKの連続テレビ小説『エール』。 7月13日からは、第3週『いばらの道』第13回から第4週『君はるか』第18回までが放送される。 商業学校で学ぶ裕一(窪田正孝)はハーモニカ倶楽部に入り、音楽に夢中の毎日。 裕一は音楽家を志すも、三郎(唐沢寿明)が経営する呉服屋喜多一のピンチに大きな決断を下す。 まさ(菊池桃子)の兄・茂兵衛(風間杜夫)が経営する銀行で働くことになった裕一は、底抜けに明るい仲間と出会い、初恋に、将来に、悩みながらも奮闘する。 底抜けに明るい銀行の仲間たち 裕一は伯父・茂兵衛が経営する銀行に勤めることになるのだが、そんな彼の前に現れるのが底抜けに明るい川俣銀行の人々だ。 川俣銀行の支店長・落合吾郎(相島一之)は行員たちをまとめるリーダー的存在だが、大らかな性格と親しげな振る舞いが魅力的だ。 行員の一人・鈴木廉平(松尾諭)は女好きなキャラクターで、女性に奥手な裕一をダンスホールに誘う。 菊池昌子(堀内敬子)は紅一点の銀行員。 菊池は裕一の恋の指南役を務めるのだが、優しげな雰囲気とは裏腹に、恋愛においてかなり積極的にアプローチするタイプ。 奥手な裕一の背中を力強く押す姿がコミカルに映る。 松坂寛太(望月歩)は新人の行員で、将来の頭取と噂される裕一に媚びを売る。 他の行員に比べると、裕一の周りで起こる出来事に巻き込まれがちなキャラクターだが、松坂ののびのびとした雰囲気が川俣銀行の居心地の良さを感じさせる。 ダンスホールで絶大な人気を誇る初恋相手・志津 裕一の初恋相手となる志津(堀田真由)にも注目だ。 品のある立ち振る舞いや愛らしい笑顔が印象的な志津は、ダンスホールで絶大な人気を誇っている。 そんな志津から声をかけられ、裕一はたちまち虜に。 裕一と志津の華麗なダンスシーンは見惚れるような美しさだ。 しかし、志津を演じる堀田の演技は第15回でその本領を発揮する。 可愛らしい表情から一変、裕一に冷たい言葉を言い放つ志津。 その姿に驚いた視聴者もいたはずだ。 志津の豹変も目を引くが、今週おすすめしたいシーンは4人の銀行員のかけ合い。 特に菊池の指南には力強さも感じられるので、裕一同様たじろいでしまう視聴者もいるかもしれない。 新しく銀行に入ってきた裕一をあたたかく迎え入れ、彼の心に向き合う4人の優しさに注目してほしい。 東京都在住のライター兼絵描き。 映画含む芸術が死ぬほど好き。 大学時代は演劇に明け暮れていた。 nhk.

次の