問題が発生したため pc を再起動する必要があります。 死のブルースクリーン?

「問題が発生したため PC を再起動する必要があります」ブルースクリーンを繰り返すの対処法 Windows

問題が発生したため pc を再起動する必要があります

解説 ある日、いつものようにWindows 8/8. 1搭載マシンの電源を入れて起動すると、青緑色の背景に「問題が発生したため、PC を再起動する必要があります。 ……」と素っ気ないメッセージが表示され、そのままWindowsが起動しない。 あるいは、一瞬だけ青緑色の画面が表示されたと思ったら再起動、というパターンを繰り返したら、何やら「回復」という画面が表示され、Windowsには戻らない…… そんな経験はないだろうか? これらは「 STOPエラー」「 BSOD(Blue Screen Of Death)」と呼ばれる現象で、何らかの理由でWindows OSが「異常終了」し、続行不可能なときに発生する。 こうなると、STOPエラーの原因を取り除くまでWindowsは回復できない。 STOPエラーが発生したときの画面例 これはWindows 8. 1におけるSTOPエラー発生時の画面例(Windows 8から、デフォルトでこのように日本語での概略メッセージが表示されるようになった)。 一般によく「 ブルースクリーン」や「 青画面」などと呼ばれている。 この時点でWindows OSはすでに異常終了していて、少なくとも再起動するまで復活できない。 何回再起動してもSTOPエラーが生じる場合は、その原因を取り除くまでWindowsは利用できない。 (1)エラーの表示後、メモリの内容がディスク(クラッシュダンプファイル)に書き込まれ、その後システムは自動的に再起動することが多い。 STOPエラーが発生する原因はさまざまだ。 ハードウェアの故障が引き金になることもあれば、アプリケーションのインストールやデバイスドライバーの更新、そしてWindows Updateによる更新プログラムの自動適用などでも引き起こされることがある。 以下はその例だ。 (マイクロソフト 日本のセキュリティチームのブログ) Windowsには、STOPエラーのような深刻なエラーから回復するための機能がいくつか標準で備わっている。 本稿では、それらの機能を活用して、主にソフトウェアトラブルから発生したSTOPエラーを、なるべく手軽に解消するための基本的な手順を説明する。 対象OSはWindows 8/8. 1である。 Windows 7での解消方法については、次の記事を参照していただきたい。 次のような対処をして確認してみよう。 Windowsの起動に関係ない外部接続機器をできる限り取り外して、起動できないか試す• ハードウェアを診断するツールを実行してみる 2. については、コンピューターによっては専用のハードウェア動作確認ツールが付属していることがあるので、それを実行してハードウェアに不良がないか確認すると確実だろう。 また、メインメモリであればWindowsが起動しない状態でも次の方法で診断できる。 逆に何の異常も見つからなければ、次へ進んでソフトウェア的な原因を探る。 1が備える回復機能を駆使して復旧に努めることになる。 通常、STOPエラーによって何回か再起動が繰り返されると、Windows 8/8. 1では自動的に「 Windows回復環境」(回復コンソール)が起動される。 これは何らかのトラブルが生じているWindowsを修復するための機能で、Windows 8/8. 1本体と同時にインストールされる。 この場合、「回復」という画面が表示されるので、[詳しい修復オプションを表示する]をクリックする。 「詳細オプション」画面が表示されるので、次の (1)〜 (3)の順番でWindowsの起動ができないか試す。 Windows 8/8. 1の回復環境の「詳細オプション」画面 STOPエラーによって何回か再起動された後に表示される「回復」画面で[詳しい修復オプションを表示する]をクリックすると、この画面が表示される。 次の (1)〜 (3)の順番でWindowsを正常に起動できないか試していく。 (1)これをクリックすると、Windowsのスタートアップ関連の設定やファイルシステムのエラーなどが自動的に修復される。 (2)デバイスドライバーやサービスを制限した「 セーフモード」でWindowsを起動し直すには、これをクリックして表示される次の画面で[再起動]をクリックし、再起動後の「スタートアップ設定」画面で[F4]キーを押す。 起動したら、トラブル原因の可能性があるアプリケーションや更新プログラムのアンインストールあるいは設定変更などを行うことになる。 (3)これをクリックすると、Windowsの「 システムの復元」機能によって、システムの状態(レジストリやシステムファイル、デバイスドライバーなど)をトラブル発生前まで巻き戻せる。 (1)の「 自動修復」をクリックしたら、再起動後、基本的には画面の指示に従って進めればよい。 手順の詳細は次の記事を参照していただきたい。 の「PCの自動修復」(Windows 8連載) (2)のセーフモードでの操作方法は、次の記事が参考になる。 (TIPS) ただ筆者の経験では、自動修復やセーフモードでSTOPエラーを解消できたことは多くない。 また (2)では、細かい設定変更無しではプログラムのアンインストールができない場合がある、といった制約があり、作業には困難が伴うこともある。 詳細は、次の記事が大変参考になる。 これを選択すると、最初にログオン/サインインするアカウントの選択とパスワード入力を経て「システムの復元」ウィザードが表示される。 Windows 8/8. 1の「システムの復元」ウィザード これはハードディスクにインストールしたWindows 8/8. 1の「回復環境」から「システムの復元」を起動したときの画面。 この後の復元手順はTIPS「」を参照していただきたい。 あとは指示に従ってトラブル発生前の復元ポイントを選んで、システムの状態を巻き戻す。 細かい操作方法など詳細は、次の記事を参照していただきたい。 回復ドライブやシステム修復ディスクは、STOPエラーのようなトラブルが発生する前に、次の記事にある手順であらかじめ作成しておく必要がある。 1でも手順は同じだ• (TIPS) 回復ドライブ/システム修復ディスクがなく、かつコンピューターにDVDドライブが装備されていない場合は、次の記事のようにインストールUSBメモリを作成する必要がある(別のコンピューターで作成してもよい)。 (TIPS) 回復ドライブ/システム修復ディスクかインストールDVD/USBメモリのいずれかを用意したら、コンピューターに挿入/接続して再起動する。 そしてハードディスクからWindowsが起動される前に、[F2]あるいは[F10][F12]などのファンクションキーを押してブートデバイスの選択メニューを表示させ、回復ドライブ/システム修復ディスクあるいはインストールDVD/USBメモリから起動する。 ブート選択メニューを呼び出すファンクションキーは、コンピューターの種類によって異なるのでマニュアルを参照していただきたい。 回復ドライブ/システム修復ディスクから起動した場合、最初に「キーボード レイアウトの選択」画面が表示される。 ここでは一番下の「その他のキー ボード レイアウトを表示」をクリックすると別のキーボードレイアウトが選択できるので、最後の画面まで進めて「日本語」という項目を選ぶと、Windows回復環境の「オプションの選択」画面が表示される。 回復ドライブ/システム修復ディスクからWindows回復環境を起動する 回復ドライブで起動すると、最初にキーボードレイアウトを選択する画面が表示される。 (1)これをクリックと次のキーボードレイアウトのグループが表示される。 「日本語」レイアウトは最後のページにあるので、これを何回かクリックする。 一方、インストールDVD/USBの場合は、最初に「Windows のインストール」というダイアログが表示されるので[次へ]ボタンをクリックする。 次の画面で左下隅にある[コンピューターを修復する]リンクをクリックし、ブートパーティションを選択すると、Windows回復環境の「オプションの選択」画面が表示される。 インストールDVD/USBメモリからWindows回復環境を起動する これは言語やキーボード、入力方式などを選ぶダイアログの次に表示される画面。 (1)これをクリックし、次の画面でブートパーティションを選択すると、Windows回復環境の「オプションの選択」画面が表示される。 あとは前述したインストール済みの回復環境の場合と同じ手順で、システムの復元を実行できる(「自動修復」はなく、代わりに「スタートアップ修復」を実行できる)。 (事前に取っておいた)フルバックアップからリストアする• Windows 8/8. 1を「リフレッシュ」または「リセット」する• Windowsを再インストールして初期状態(あるいは工場出荷状態)に戻す 詳細については、次の記事を参照していただきたい。 (TIPS)• (Windows 8連載)• (Windows 8. 1連載) リストアにせよリフレッシュ/リセット、あるいは再インストールにせよ、実行すると現在のハードディスク内のデータ(の少なくとも一部)が失われてしまうので、その前に次のような操作をして必要なデータをバックアップする必要がある。 前述の手順で回復ドライブ/システム修復ディスクあるいはインストールDVD/USBメモリから、Windows回復環境を起動する• xcopyコマンドやrobocopyコマンドなどを使って、ファイルをUSBメモリあるいはネットワークドライブに保存する 具体的なコピー方法については、次の記事を参照していただきたい。 (運用)• (TIPS)• (TIPS).

次の

起動時に「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」「Internal

問題が発生したため pc を再起動する必要があります

周辺機器の影響やアプリの不具合などにより、「 問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。 」というブルースクリーンが表示されることがあります。 この記事では、その原因と解決方法をご紹介します。 このブルースクリーンはどのようなトラブル? パソコンを立ち上げる時に「 問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。 」というブルースクリーンが表示されることがあります。 パソコン再起動しても、また同じブルースクリーン画面が現れます。 このような現象を繰り返します。 ご覧のように「 問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。 しかし、同じ停止コードであっても、原因によって解決策が異なるかもしれません。 このブルースクリーンが出る原因は? 周辺機器の影響、アプリの不具合、部品故障やプログラムのエラーなど様々な原因により、「 問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。 」エラーメッセージが出ます。 【 要するに】普通、このような異常が起きる原因は大きく3つに分けられています。 もし、その必要なプログラムが存在しなければ、Windowsが正常に動作できず、エラーになります。 Windows Updateなどのプログラムのインストール後、エラーが発生する場合は、この原因になる可能性が大きいです。 迷惑メールの添付ファイルを間違えて開いた後、このエラーになる場合は、ウイルスの原因となるかもしれません。 そのほか:放電やメモリの抜き差しで直るような一時的に起きるトラブル、高すぎるメモリ(RAM)使用率、強制的なシャットダウン... とにかく、「 問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。 」の原因を特定するのは複雑で、難しいと思います。 このブルースクリーンが表示される時の対処法 下記の対処法なら、BSODの具体的な原因が分からなくても、結果としてエラーを直すことができます。 ただ注意点もあります。 すべての対処法を順に行い、現象が改善されるかを確認してください。 作業順番を間違えてしまうと、効果がないこともあります。 そのため、対処方法の実行順番も大切です。 セーフモードとは、Windows 7/8/10を使用するために必要最低限のファイルやデバイスドライバーだけでパソコンを起動するモードです。 不具合を引き起こす原因を特定するために、Windows 7/8/10をセーフモードで起動し、正常に動作するかを確認することができます。 【 セーフモード起動方法】起動しないパソコンで何度か電源を入れると自動修復が始まります。 その自動修復が完了すると「自動修復」または「スタートアップ修復」の画面になります。 放電やメモリの抜き差しを行う パソコン本体に不必要な電気が帯電していると、正常に動作しないことがあります。 この場合、放電を行い、電気を放出する必要があります。 その後でボタン電池も外すと完全に放電できます。 10分程度休ませてください。 また一時的なトラブルには、メモリの抜き差しだけで直るような接触不良もあります。 補足: もし、周辺機器をパソコンに取り付けた後に「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」問題が発生するなら、電源が入っていない状態で、内蔵機器を含む増設したすべての周辺機器を取り外して、動作が改善されるかを確認してください。 BIOSをリセットする BIOSの設定が影響して、問題が発生する場合もあります。 BIOSを購入時の設定にリセットして、パソコンが起動するかを確認してください。 BIOSの設定を初期の状態に戻す方法はメーカーにより、違います。 メーカーホームページからも調べられます。 高速スタートアップを無効にする ご存知のように、Windows 10では、 前回シャットダウン時のメモリや周辺機器などの情報を一時的に保存する高速スタートアップが有効になっています。 保存された情報を読み込むことでパソコンの起動は速くなりますが、Windows自体に問題が発生したり、設定の変更を行ったりすると、パソコンが正常に起動しなくなる場合があります。 高速スタートアップを無効にして、シャットダウン時の情報を保存せずに完全シャットダウンを実行した後にパソコンを再起動して、「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。 」ブルースクリーンが表示されるかを確認します。 「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。 「シャットダウン設定」欄の「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外して、「変更の保存」をクリックします。 この後シャットダウンを実行すると、完全なシャットダウンが実行されます。 次回以降、パソコンの電源を入れた際に、高速スタートアップが無効の状態で起動します。 ドライバーを更新する 欠陥のあるドライバーは、「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」エラーを起こす可能性があります。 パソコンにインストールされているすべてのデバイスドライバーが最新のバージョンであることを確認してください。 補足: また、ドライバーのアンインストール&再インストールで問題を解決するかもしれません。 まず、エラーの原因となるドライバーを確認します。 「Windows ログ」を展開し、「システム」をクリックします。 イベントをダブルクリックし、詳細情報が表示されます。 (このエラーメッセージでは特定のドライバーが問題の原因であることを示します。 ) そして、「デバイス マネージャー」を開き、問題のあるドライバーを右クリックし、「デバイスのアンインストール」を選択します。 アンインストール後、デバイスの製造元のWebサイトでドライバーの正しいバージョンを検索し、インストール手順に従って、ドライバーの再インストールを実行します。 追加アプリをアンインストールする 最近インストールされたアプリケーションが原因で、RAMの使用率が高くなり、問題が発生する可能性もあります。 追加したアプリがある場合は、一度削除を行って正常に動作するかを確認してください。 Windows 10セーフモードに入った後、「スタート」ボタンを右クリックし、メニューの「アプリと機能」を選択します。 最近インストールしたアプリを確認して「アンインストール」をクリックします。 補足: 追加アプリを削除しても、問題を解決しない場合、常駐ソフトを無効にすることもできます。 パソコンの起動と同時に自動で起動する常駐ソフトの影響によって、起動に失敗する可能性もあります。 「状態」欄が「有効」になっている項目をクリックして、「無効化」または「無効にする」を選択します。 メモリダンプの設定を変更する• step 1. Windows 10のセーフモードで、デスクトップの「PC」を右クリックし、「プロパティ」を選択します。 step 2. 「システムの詳細設定」をクリックし、「詳細設定」タブで「起動と回復」欄の「設定」をクリックします。 step 3. 「起動と回復」画面が表示され、「システムエラー」欄の「自動的に再起動する」のチェックを外し、デバッグ情報の書き込みを「完全メモリダンプ」に設定します。 step 4. 「OK」をクリックします。 パソコンを再起動し、「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」エラーが発生するかどうかを確認します。 sfcコマンドを実行する 破損したシステムファイルがブルースクリーンエラーの原因となるかもしれません。 SFC(システムファイルチェッカー)ツールを使用してシステムファイルをチェックしたり、修復したりすることができます。 step 1. Windows 10セーフモードで、コマンドプロンプトを管理者として実行します。 step 2. 「Y」と入力し、コンピュータを再起動します。 更新プログラムを確認する Windows Update(更新プログラム)をチェックし、インストール(適用)してWindows 10を最新の情報に更新することでエラーを修正できるかもしれません。 step 1. step 2. 「更新プログラムのチェック」ボタンをクリックして、利用可能な更新プログラムがあるかどうかを確認します。 新しい更新プログラムがある場合には、ダウンロードおよびインストールが実行されます。 回復ドライブを利用する セーフモードでも起動できない場合には、 回復ドライブを利用して「 スタートアップ修復」または「 システムの復元」のWindowsメンテナンス方法を実行してください。 具体的には「システムの復元」で直すことができます。 トラブルが起きているパソコンで作成できないため、正常に動作しているパソコンで作成し、問題のあるパソコンで使います。 step 1. 起動トラブルのあるPCにUSBメモリを接続し、回復ドライブからパソコンを起動します。 パソコンの環境により回復ドライブがブートデバイスとして認識されないため、電源投入だけでそのまま起動できない場合があります。 その時に「BIOS(UEFI)」の「BootConfiguration」や「BootMenu」より「USBフラッシュメモリー」を指定して起動します。 下記のFAQを参照してください。• step 2. これで修復作業を開始します。 システムの復元を行うと、エラーが発生する前の正常な状態に戻ることができます。 ちなみに、セーフモード起動でシステムの復元も実行できますが、上記の方法でエラーを修復できるなら、これを選択しないほうがいいです。 補足:その他の「詳細オプション」について「コマンドプロンプト」でWindowsを直すためのコマンド(例えば、sfc、chkdskなど)が使えます。 また、「イメージでシステムを回復」はイメージという方法でバックアップしておく場合、バックアップ時の状態に戻ることができます。 Windowsを初期化または再インストールする 上述のすべての方法で「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。 」エラーを修復できない場合、最後の手段としてのWindowsの初期化/再インストールは問題を解決できます。 アカウントを選択してパスワードを入力し、「初期状態に戻す」をクリックします。 プロダクトキーの入力が求められます。 (ここで「プロダクトキーがありません」をクリックしてスキップし、Windows 10エディションを選択できます。 無視したら、後でプロダクトキーの入力も必要です。 )ライセンス条項に同意して「次へ」をクリックします。 インストールの種類を選びます。 (ここで「カスタム」をお勧めします。 )未割り当て領域を選択して「次へ」をクリックします。 Windowsはインストール処理を開始します。 」ブルースクリーンを繰り返す問題が発生した後、複雑な対処法を実行するよりも、事前にシステムまたはディスクのバックアップを作成しておいた方が便利です。 時間と労力を節約できるし、データ消失を回避できます。 これを使うと、シンプルな手順でシステム、ディスク、パーティション、ファイルをバックアップできます。 そして、作成したイメージから簡単かつ高速に復元を実行できます。 1/8、Windows7、XP、Vista向け システムクローン、ユニバーサル復元など、もっと多くの高度な機能を使用したい場合、割引で AOMEI Backupper Professionalにしてください。 そのAOMEI Image Deployツールを利用して、ネットワーク経由でサーバー上のシステムイメージを複数のクライアントに展開または復元できます。 step 1. AB Standard版を無料でダウンロードし、インストールし、起動します。 step 2. step 3. システムに関するすべてのパーティションが自動的に選択されます。 下図のように保存場所(バックアップ先)を指定するだけでOKです。 システムイメージを内蔵ハードディスク、外付けHDDやNASなどに保存することができます。 step 4. 最後は、操作を確認して問題なければ「開始」をクリックします。 「問題が発生したためPCを再起動する必要があります」エラーが発生し、ブートに失敗する場合、事前にAB Standardによって作成されたブータブルメディア(或いは正常に起動する別のパソコンでAB Standardを使って作成されたブータブルメディア)でパソコンを起動して、バックアップしたイメージから復元を実行することができます。 結語 パソコン起動途中で「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。 」というブルースクリーンが繰り返し表示されることがあるでしょう。 このエラーを解決するために、色々な関連記事を読んで、多くの内容を整理し、まとめてこの記事をを書き終えます。 紹介した原因や対処法が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

次の

NEC LAVIE公式サイト > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 019353

問題が発生したため pc を再起動する必要があります

【状況】 ネット閲覧中に突然PCの電源が落ち、再起動後、Windowsが起動しなくなった 症状が出る2日前にWindowsアップデートがあった(今回のケースに関係あるかは不明) 【症状】 1 電源を入れると、次のメッセージが出る 問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。 エラー情報を収集しています。 自動的に再起動します。 2 その後、自動修復が始まるも起動できず、次のメッセージが出る PCが正常に起動しませんでした [再起動]を押してPCを再起動すると、問題を解決できる場合があります。 また、[詳細オプション]を押して、その他の方法でPCの修復を試すこともできます。 3 再起動すると、最初のエラーメッセージ 1 に戻る 4 セーフモードで起動すると「PCを診断中」のメッセージが出るも、50%あたりで止まり、起動できない 5 詳細オプションからシステムの復元やWindows10の初期化を試みるも、途中でエラーが発生する 【原因】 Windows10のシステムに破損が生じたと考えられるが、はっきりとした原因は不明 ただし、その後PC自体の起動はできるようになったため、ハードの故障ではなかったと考えられる 最終的には、システムを完全に初期化することで起動することができた(出荷時の状態に戻した) スポンサーリンク 1. セーフモードで起動する まずはセーフモードで起動できるか試します。 セーフモードとは、最小限のシステムでWindowsを起動するための診断モードです。 セーフモードで起動できた場合、Windowsのシステムではなく、他のプログラムやデバイスが原因であると考えられます。 最近インストールしたアプリや追加したデバイスを確認し、必要であればアンインストール・取り外しをおこなってください。 セーフモードで起動するには、上の【症状】 2 の画面で「詳細オプション」を選択します。 「詳細オプション」から「スタートアップ設定」に進み、セーフモードを選択します。 詳しい方法はこちらの記事をご覧ください。 今回のケースでは、セーフモードでの起動ができませんでした。 セーフモードで起動できない場合、Windows自体に原因がある、またはハードの故障であると考えられます。 その場合は、他の方法を試すか、サポートに連絡してください。 システムの復元 セーフモードで起動できない場合、まずはシステムの復元を試みてください。 「詳細オプション」から「システムの復元」に進みます。 システムの復元に進むと、復元ポイントの選択画面が出るので、戻したい日付を選びます。 復元を信用しすぎないようにしましょう。 今回のケースでは、システムの復元もエラーにより実行できませんでした。 できない場合は、次のステップへ。 イメージでシステムを回復 バックアップからシステムを復元する方法です。 有効な手段ですが、バックアップがあることが前提です。 もしものときのために、定期的にバックアップを取っておくことをお勧めします。 詳細はこちらをご覧ください。 今回のケースではバックアップがなかったのでこの方法は使えませんでした。 「このPCを初期状態に戻す」を選択。 この項目ではWindows10の初期状態に戻すことができます。 Windows7や8からアップグレードしている場合でも、以前のバージョンに戻ることはありません。 「個人用ファイルを保持する」 「すべて削除する」 の2つがあるので、どちらかを選びます。 個人用ファイルを保持する場合、システムのみが初期化され、個人のデータは残ります。 すべて削除を選択すると、個人データも消えるので注意が必要です。 今回のケースでは、途中でエラーが発生し、初期化できませんでした。 ここまで試して起動できなかった場合、システムの破損やハードウェアの故障の可能性が高いです。 この時点で、一度サポートに連絡することをお勧めします。 何も試さずサポートに連絡しても、ここまでの手順を一通り試すことを指示されると思います。 出荷時の状態に戻す 完全に初期状態に戻します。 個人のファイルはすべて削除され、Windowsをアップグレードしている場合は、元のバージョンに戻ります。 最後の手段なので、実行前にサポートに連絡し、他に手段がないか確認することをお勧めします。 リカバリーディスクがある場合はそちらから行います。 説明書をよく読み、手順通りに実行してください。 リカバリーディスクがない場合は、BIOSから初期化できることもあります。 今回のケースでは、サポートの指示に従い、BIOSから初期化を行いました。 初期化についてわからないことがある場合は、メーカーサポートに連絡してください。 おわりに 再起動ループに陥った時点で、かなり重症だと考えられます。 そこからセーフモードで起動できないようなら、初期化も覚悟した方が良いです。 また、「詳細オプション」の中には「スタートアップ修復」という項目もありますが、再起動ループの場合、【症状】 2 で自己修復に失敗しているので、おそらくうまくいかないと思います。 今回のケースでも、もちろんダメでした。 最終的にはサポートに連絡した方が良いですが、連絡する前に初期化以外の方法を一通り試しておくと、スムーズに話が進むと思います。

次の