シリコン スプレー 洗車 ムラ。 【シリコンスプレー】車の劣化樹脂パーツ、ゴムパーツの艶と輝きが復活

洗車とシリコンスプレー

シリコン スプレー 洗車 ムラ

更新日:2019年07月16日 車にコーティング剤を塗布することで、傷や汚れを防ぐことが可能です。 コーティング剤にはいくつか種類がありますが、その1つがシリコンコーティングです。 成分にシリコンが使われているのですが、シリコンコーティングを車に施すメリットはどんな点でしょうか? ここではシリコンコーティングのメリットについて詳しく紹介していきます。 シリコンは車の表面をコーティングしてしっかりガード 車にコーティングする場合、シリコンコーティングをはじめとしたコーティング剤を塗布することになります。 コーティング剤を車に塗布することで、特殊な被膜が形成され、水を弾いたり汚れが付きにくくなったり、傷に強くなったりするわけです。 シリコンコーティングの場合、文字通りシリコンが成分に含まれていて、シリコンの被膜が車を守ってくれる形です。 また、表面をコーティングすることで車にツヤも出ます。 つまり車の見た目を綺麗にするためにも役立つのです。 特にシリコンコーティングはツヤが強く、仕上がりはとても綺麗になります。 ツヤツヤと輝いているような状態になり、まるで新車のような美しさを取り戻すのにも便利です。 それでいて汚れや傷にも強くなるということで、愛車をメンテナンスするには欠かせない存在とも言えるでしょう。 シリコンコーティングは金属にも対応している シリコンコーティングは撥水効果を持っていて、水を弾く性質があります。 そのためフロントガラスなど、ガラス部分に使うことも多いのですが、同時に金属で出来ているボディ部分にも使えます。 撥水効果があるため、車全体を水から守ってくれます。 さらにシリコンコーティングには金属表面の酸化を防ぐという特性も持っています。 酸化を防ぐということは、サビを防ぐという意味になります。 これも撥水効果のおかげですが、ボディ部分をはじめとした金属部分のサビを防止するためにも、シリコンコーティングが使えます。 金属は水などによってどうしても酸化し、やがてサビていきます。 どうやって防ぐかが大事なポイントになりますが、そこでシリコンコーティングが活躍してくれるのです。 見た目を綺麗にするだけでなく、厄介なサビを防ぐためにもシリコンコーティングを活用しましょう。 ポリマーとシリコンコーティングの違いは? 車に使えるコーティング剤というと、シリコンだけでなくフッ素系やガラス系など、さまざまな種類があります。 ポリマーコーティングもその1つなのですが、シリコンコーティングとの違いはどんな部分でしょうか? 実はポリマーコーティングというのは、車に施すコーティングの総称のようなものです。 ポリマーコーティングにはシリコンやフッ素といった成分が使われていて、これらの成分が被膜を形成します。 つまりシリコンコーティングとは、ポリマーコーティングの種類の1つと言うことができます。 そのため、ポリマーコーティングとシリコンコーティングそのものには大きな違いはありません。 ポリマーコーティングの成分としてシリコンが使われていれば、それがシリコンコーティングと呼ばれます。 シリコンコーティングを自分で塗布する方法 シリコンコーティングを自分で行う場合もあるでしょうから、方法についても理解しておきましょう。 シリコンコーティングに限らず、コーティング剤を塗布する方法は基本的にどれも同じです。 まずは洗車をし、車の汚れをしっかりと落とします。 水洗いから始まり、次にカーシャンプーでさらに汚れを落とし、最後に粘土などを使って鉄粉の除去を行います。 ここまでが終わったらいよいよシリコンコーティングを塗布していきます。 液体タイプならクロスなどに含ませて、車全体にムラなく塗っていきます。 スプレータイプならスプレーを吹きかけていきましょう。 塗布が終わったら、あとは完全に硬化するのを待つだけです。 シリコンコーティングは比較的簡単に塗布できて、市販のものは値段も安いものがあるため費用も抑えられます。 手軽に経済的に作業できるのもメリットになるでしょう。 撥水効果も十分なので水も弾いてくれ、愛車を保護するのに適しています。 誰でも正しい方法を知っておけば塗布できますので、非常に使いやすいコーティング剤と言えます。 まとめ シリコンコーティングはポリマーコーティングの1種で、シリコンを使って車に被膜を形成します。 この被膜が汚れや傷から守ってくれ、同時に撥水効果で水も弾いてくれます。 水垢の予防にもなり、ツヤ出し効果も期待できるので非常に役立ちます。 どうすればシリコンコーティングを塗布できるのか、その方法を覚えておけば自分で作業することも可能です。 コーティングを自分で行うという方も多いので、その場合は事前にコーティング剤やクロス、洗車時のためのカーシャンプーなどを用意しておきましょう。 これらのアイテムが揃っていれば、休日などを利用して自分で愛車をメンテナンスできるようになります。

次の

これが最強!?工業用シリコーンオイルでカーコーティングしてみた!

シリコン スプレー 洗車 ムラ

信越シリコーンを使ったシリコーン洗車はどうか? youtubeで流行りつつあるシリコーン洗車ですが、以前から気になってはいたのですが、やはり車のボディにオイルを塗りたくっても雨ですぐ流れてしまうのではないかと思って、なかなか試すまで行きませんでした。 ガラスへの撥水効果はかなりあるのは分かっていたので、いつかやってみようと思っていましたが、G4のコーティング剤がなくなったので、磨き傷もかなりあり、傷消し効果もあるようなので、やってみることにしました。 安物ポリッシャーでのポリッシュ シリコーンの傷消し効果はかなりあるようですが、以前のガラスコーティングの塗りムラや、ドアノブ付近の傷がかなりひどいので、ポリッシャーで磨いてから実施することにしました。 当方が使うポリッシャーは本格的なものではなく、数千円で買える安物ポリッシャーです。 研磨能力は低いですが、時間をかければ傷は結構消せます。 リアバンパーのガラスコーティングの塗りムラです。 良かれと思って塗りすぎたのが原因です。 そしてこちらがドアノブの引っかき傷。 主な犯人は父ですが、なんど指摘してもやらかします。 洗車傷も結構あります。 スポンジに何箇所かコンパウンドをつけます。 年末だというのに、今日はかなり暑く、ボディもかなり熱かったので、霧吹きで水を拭きかけて伸びをよくしました。 何度かポリッシャーで磨いてみましたが、全然取れません。 恐るべしガラスコーティング。 ならばと、3Mのコンパウンドを投入します。 こちらのほうが、先ほど使ったコンパウンドより細目なはずですが、こちらのほうが研磨力がある感じがします。 時間はかかりましたが、3M投入で目視では目立たないくらい落とせました。 3Mのコンパウンドは拭き取りが楽なので、非常に使いやすいです。 他のよりちょっと高いのが難点です。 雨染みなどいろいろあったので、ボディ全体一通り磨き上げました。 磨き傷を綺麗に落とすのではなく、あくまで汚れ落としが目的です。 ドアノブやサイドミラーの周りなど、ポリッシャーでは磨けないところは手作業で磨きます。 心配していたドアノブの傷は綺麗に消えました。 しかし、何度も磨いているとクリア層がなくなってしまうのでちょっと心配です。 日陰で見るとだいぶ綺麗になり大満足です。 雨染みやよくわからない謎の線状の傷も消えました。 個人的にはこれだけでも十分な仕上がりです。 日向で見ると洗車傷がまだあり、目立ちますね。 信越シリコーンでコーティング 使うのは信越シリコーンのシリコーンオイル(KF-96-50cs)です。 使いやすいように霧吹きに入れています。 施工方法はyoutubeの師匠と呼ばれる方と同様にショップタオルを使いました。 ショップタオルを折り、シリコーンオイルの霧吹きを一吹きします。 そのままだと塗りづらく、伸びも悪いので、水を入れた霧吹きで一吹きし、全体をぬらします。 これだと簡単に伸びるので塗りやすかったです。 左がシリコーンオイルを塗ったほうで、右がコンパウンドで磨いた直後。 色が一段階濃くなりましたね。 別角度から。 上半分が塗ったほう、下半分が未実施。 オイルなので、ムラになってますが、艶はすごい出ました。 Aピラーですが、上半分がシリコーンオイルを塗って、下半分は未実施です。 上側のほうが、色が濃くなっています。 ルーフも塗っていきます。 タテヨコに塗り完全に塗り込むようにします。 ムラムラな状態ですが、一旦、ボディ全体に塗っていきます。 風が強かったので、砂埃がボディに乗っていたようで、タオルが汚れてきたら新しいのに取り替えます。 ショップタオル4枚でインプレッサG4はボディ全体に塗れました。 オイル自体は14回位吹いた位なので、50ccも使っていないのではないでしょうか? 虹色がかっていて、これはこれでマジョーラみたいで面白いですね。 ボンネットも斑になっています。 仕上げに水を固く絞ったウエスで拭き上げます。 左下半分が拭き取ったあとです。 見事に斑は消えていますが、色の深みは変わらないです。 洗車傷もかなり消えて、色の深みが増したので、かなり綺麗です。 ガラスコーティングの斑だった部分も全然綺麗になりました。 ルーフですが、これはやばい仕上がりです。 ボンネットもかなりピカピカです。 シリコーン洗車、噂以上の仕上がりで驚きました。 まとめ 噂のシリコーン洗車ですが、予想以上に傷が消え、色の深みが増して、綺麗になりました。 濃い色の車のほうが、実感できるのではないでしょうか。 まだ、雨降った後にどうなるかわかりませんが、たとえ耐久性が低くてもこの仕上がりならやる価値はあるかなと思いました。 シリコーンは静電気が溜まるのではないかと懸念していましたが、ショップタオルを霧吹きで濡らしながら塗る分には静電気も溜まらないようです。 最後に水拭きして仕上げた後も、埃が付着しやすいということも無さそうでした。 いままで愛用しているピカピカレインは水はじきもすばらしく、耐久性もかなりあるので良いのですが、夏場の雨のあと、走らなかったり、水を拭かないと、水玉が蒸発してウォータースポットが出来てしまうのが悩みの種でした。 シリコーン洗車はウォータースポットも落ちやすいとの事なので、夏場だけでも実施するのはありかなとも思います。 KF-96-50csもそれほど高くないので、1度に使う量を考えれば、非常にコスパがよい洗車だなと思いました。

次の

シリコン洗車

シリコン スプレー 洗車 ムラ

塗装状況でも変わるし経過も全然違いますが、キズの隠蔽力に関しては『KF-96』を使ったシリコン洗車の方が隠蔽してる感はあります。 ただ天然ワックスの方が艶の耐久性は感じますね 天然ワックスもシリコンオイルも同じ油分なのですが、結果は全然違います。 天然ワックスは独特な艶感や耐久性などを絶妙なバランスで作られていますが、なんでもキズを隠すような性能は持っていません。 キズだらけのクルマであればシリコン洗車の方が効果を感じやすい傾向にあると思います(これは塗装状態によって経過が違います) 石油系溶剤タイプのワックスの方がシリコンオイルと同じような結果が出やすいかもしれません。 シリコンオイルは撥水しない耐久性のない液体ワックスぐらいのイメージで考えると良いかもしれませんね(メリットはギラギラにならない。 なってもリカバリーが容易) 上記の写真のように、ここまでは天然ワックスではトーンが落ちないと思います。 これはわざと磨き傷をつけてトーンが落ちているのを見ていますが、仕上げ研磨後だとまた結果が違ったりするのが面白いところだと思っています(仕上げ研摩後だとトーンの落ち方が分かりにくいのもあるので判断が難しいところ…) 決してどちらが優れているという事を言いたい訳ではありません。 ユーザーにとって良いと思うものは違う為、ユーザーに合うと思うものを使えば良いと思っています。 ちなみにこれは主観なのですが『天然ワックス』『ガラスコーティング』『シリコン』はそのコーティングの独特の艶感がある。 トーンの落ち方が甘くても、離れてクルマを眺めてみると凄い艶感があるように見えることもあるので、トーンの落ち方だけが艶の見方ではないと思っています。 疑問2 含浸(がんしん)ってやる必要あるの? TW的には事前にケミカルを使って汚れが取れていれば、塗装面に対してダイレクトに施工できるので含浸は不要かな。 テストパネルに2週間ドブ漬けで含浸を行いましたが『艶感』『撥水』『耐久性』が変わったように感じませんでした。 上記にもあるように今回のシリコン洗車のレビューでは、テストパネルに2週間放置施工しました。 普通に除去されました。 疑問3 コーティングって化学的に考えた方がいいの? キレイにしたいなら汚れの性質を見極めた上で中和や馴染ませて落とすことは理解できた方がいいですね。 化学式に関しては理解するに越したことはないですが、正直不要だと思います。 ムダに成分がどうのこうの言う人達もいますが、それが全てのコーティングにとって良い結果になっているわけではありません。 コーティングもキレイがどうかは人それぞれの主観なのでキレイの基準をあげた上で自分にとっての最適化をすると良いです シリコン洗車の説明だと基本的にシリコンとアルカリ性のケミカルしか使いません。 化学的に汚れを理解していれば、酸性ケミカルは必須(というかカーディティリングを行なっている人はほとんど知っている常識) シリコン自体がある程度オールインワン的な存在で、多少万能なのも分かります。 アルカリ性洗剤が汚れに対して有効なのも分かります(強力なのを使うとなんでも落ちる傾向にある) ただ塗装面に対しては酸性よりアルカリ性の方がダメージを与える可能性が高いです。 少しでも塗装面をいたわるならを理解していないのはどうなのかなと… それで化学的にと言われても『うん?』となってしまいますよね。 さらにいえばアルカリ性でも色々なタイプのケミカルがあるので、理解している人であれば少なくともアルカリ性のケミカルを段階を踏んで使う人が多い。 シリコン洗車はある意味万能な洗車方法で面白いスタイル。 なのでもっと 汚れの質とケミカルを理解すると、シリコン洗車がもっと楽しくクオリティアップ出来るのではないでしょうか? 研磨してある状態とシリコン洗車をした状態は全然違います。 確か有名なシリコン洗車ユーチューバーの方も研磨した方が良い結果になると言っていた筈では?『研磨後』『洗車傷がある状態』『ケミカルで汚れを除去していない場合』塗装面は物理的に形は違います。 キレイに塗装面というのは基本的に平らな面であるのが理解できると思います。 基本的に塗装状態は上記のイラストの状態ですよね これを実際の車両で見ると 左から• 何もしないでシリコン• 上記の写真は研磨しないで、シリコンを施工した状態(トーンは落ちてます) 研磨後と研磨前は全然違うのは理解してもらえると思います。 この状態になるのを知っているので、とてもじゃないですが同じようには見えないですね… ちなみに撥水力の順番としては• 研磨してある状態• スケールを除去した状態• 何もしてない状態 こうなる理由は先ほどあったイラストを見てもらえば分かりますが、研磨してある状態は平坦なので水を遮るものはありません。 洗車傷がある状態だと、キズがあり水が多少引っかかります。 ただ汚れを除去しないと汚れがダム状態になって、そこに水が引っかかるため撥水の低下にも繋がります。 ごめんなさい。 これに関しては鉄粉が沢山ついているクルマである程度の期間試さないと分からないです。 ただ取れやすくなる可能性はあると思ってます。 と言ってもいきなり取れるというよりはシリコン洗車をしていく中で除去しやすくなるのかな?イメージ的には錆びたネジに対して潤滑剤を使って緩みやすくするようなイメージで除去しやすくなる感じなのかな? あくまで可能性の話ですが、シリコンによって除去しやすくなる可能性もあります。 ただ黒い鉄粉と錆びた鉄粉は除去のしやすさが格段に変わるので、錆びた事によりスムーズに除去出来るようになることもあります。 実際にしてみたら、そんなに悪い影響はない感じはします。 施工前のイメージは石油系溶剤のワックスと同じ方向性のイメージでしたが良い意味で裏切られた感じはします シリコンオイルの特性的にコーティングの要素はあるのかな? コーティングと比べてしっかり定着しないので、シャンプー洗車をすると撥水と艶感はだいぶ落ちる傾向にあるようです。 耐久性があるのを一概に良いとは思っていないので、定期的に再施工しても問題ないのはメリット。 硬化系コーティングだと、再施工時に問題が起きることもあります。 定期的にリセットをする事で劣化したコーティング皮膜の入替は大事。 コーティングは施工時が一番キレイだと思っているので、定期的なコーティングは塗装のキレイに維持にも役立つ(施工するコーティングにもよります) 使用するケミカルはシリコン以外も使った方が良いとは思いますし、使った方が色々簡単でクオリティもアップ。 可能性を挙げるならば『汚れ量が多い』『塗装が劣化しすぎてうまく拭き上げられない』の二点かな この二点は割とあるあるだと思います。 汚れにコート剤が引っかかってムラになるパターンです。 イメージ的には汚れにコート剤が固着してしまったり、マイクロファイバークロスでは拭き上げれない引っ掛かり方をしてる感じ。 ケミカルを理解している人なら、汚れの除去は容易ですし 汚れを除去した後なら問題なく拭き上げれると思います。 水拭きを一回挟むだけでもキレイに拭き取れるとは思うのですが… TW自身、汚れが蓄積している状態から施工をあまりしたことがないので分かりませんが施工の難易度が高いと思ったことはありません。 あとは塗装が非常に弱い状態だと何を施工してもムラになる塗装も存在しています。 これに関してはレアなパターンですが稀にありますが基本は気にする必要はありません。 ちなみにシリコン洗車はケミカル除去しないで施工してる方が高い効果を得れるかもしれません。 それが良いか悪いかはその人の判断によりますが。 これに関してはTWでは検証できないので、興味がある人は試してみてください(キレイの方向性が違う為) シリコン洗車の疑問まとめ• シリコン洗車と天然ワックスの艶感はどっちも凄いがシリコンの方が分かりやすい傾向にある• 含浸は他のケミカルを理解して、汚れを除去していれば必要ない。 含浸してもコーティングとしての効果はあまり変わらない(シリコン以外のケミカルを使わないなら意味あるかも)• コーティングって化学的に考えることも大事だが、基本的にコーティングの特性を理解していない事には始まらない(ガラスコーティングなら〇〇、天然ワックスなら〇〇)自分のキレイの基準を上げて良いと思うものを使う。 キレイの基準を少しづつアップデートしていく• キズありシリコン塗布後と研磨後の塗装状況は一緒ではない(もし一緒ならTWは研磨しないで維持します)• シリコン洗車時、ショップタオルも良いがTW的にはも塗りやすくてオススメ• 鉄粉は取れやすくなるかは経過観察しないと分からないが除去しやすくなる可能性はあると思う• を使った洗車ならそんなに悪影響はないと思う。 自分のキレイの基準を上げるのに色々な洗車スタイルを知るのも一つですね。

次の