いじらしさ 意味。 「いじらしい」の意味とは?例文や類語の「健気」・対義語も解説

いじらしいの意味とは?いじらしい男女の特徴&男性がキュンとする瞬間

いじらしさ 意味

幼気の意味とは 「幼気」の意味は ・子供などがいじらしい様子 ・幼くかわいい様子 ・小さくてかわいい様子 です。 さらっと説明しましたがこの「幼気」、日本語特有の面白さがまだまだあるので早速詳しく見ていきましょう。 まず「幼気」の読みは「おさなげ」でしょうか?確かに「おさなげ」という言葉はあるのですが、「幼げ」が正しい表記です。 では「幼気」は何と読むかというと「いたいけ」と読みます。 面白いですね。 更に「幼気ない」となるとどんな意味となるでしょうか?「ない」と付くので否定の意味に感じますが、真逆で「普通の状態を遥かに超えていじらしい程かわいい!」という意味になります。 「幼気ない」のないは否定ではなく、「切ない」などの「ない」と同様の接尾語で「程度が」という意味なのです。 日本語は奥が深くて面白いですね。 幼気の由来 なぜ「幼気」と書いて「いたいけ」と読むのでしょうか? この答えは語源を紐解くと見えてきます。 「幼気」は「痛き気(いたきけ)」という言葉の音が変化して生まれた言葉です。 「痛き気」の「気」は様子を表していて、「痛き気」は「見ていると心が痛くなってしまうほど愛らしい様子」を表す言葉でした。 「いたきけ」が長い時を経て「いたいけ」へ音が変化する際に、主に幼い子どもの様子を表す言葉だった為に漢字も「痛き」から「幼」へと変化したと考えられています。 幼気の文章・例文 例文1. 今日テレビで見た貧困地域で必死に暮らす幼気な子供の姿に心打たれた 例文2. 大会に向けて雨の日も毎日練習する幼気ない少年達を全力でサポートしようと思う 例文3. 産まれたばかりの目に入れても痛くない幼気な我が子は何時間でも眺めていることが出来る 例文4. 母の不在時に兄弟の世話を一生懸命する幼気ない長女を思わず抱きしめた 例文5. 泣き言一つ言わず病気と戦う幼気な少女の元へプレゼントを持ってお見舞いに行った 幼い子どもが苦しみや困難に耐えるいじらしい様子を含むことが多いですが、単に「可愛らしい」という意味で使うこともあります。 こう考えると昔の人が「痛い気」と表現したことが深く理解できます。 幼気の類義語 類語はいじらしさを含む場合は「」。 含まない場合は「あどけない」「愛らしい」「かわいい」などがあります。 幼気まとめ 小説などで目にすることも少なくない「幼気」という言葉。 今までは頭の中で読み飛ばしていたり、「おさなげ」と読んでいた方もこれからは正しく読むことが出来ますね。 もしまた読み方に迷ったら是非語源の「痛き気」を思い出してみてください。 そうすることで登場人物の姿に心の痛みを感じながら可愛い様を想像し、今までより一層小説の世界が楽しめるのではないでしょうか?.

次の

「幼気」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

いじらしさ 意味

「いとおしい」とは 「いとおしい」の意味は「かわいくて大切にしたいと思う」 「いとおしい」の意味は「かわいくて大切にしたいと思う」です。 「かわいらしい」「いじらしい」といった保護的な愛情を表す言葉です。 「いとおしい」の語源は古語「厭ふ(いとう)」 「いとおしい」の語源は古語「厭ふ(いとう)」と言われています。 「厭ふ」の原義は「いやだと思う。 嫌う」です。 それを自分に対して使うと「つらい。 困った」という意味になり、「いとおしい」にもこの意味があります。 そこから転じて、これを他人に対して使うと「気の毒だ」という意味になり、「いとおしい」にもこの意味もあります。 さらに、そこから転じて弱小なものへの愛情である「かわいくおもう」という意味を持つようになりました。 よって、「いとおしい」は「かわいくて大切にしたい」という意味で使うのが一般的だが、全部では3つの意味があることになります。 「いとおしい」の漢字は「愛おしい」 「いとおしい」の漢字は「愛おしい」になります。 語源は古語「厭ふ(いとう)」ですが「厭おしい」にはならないので注意しましょう。 「いと惜しい」は「失うのがとても残念だ」の意 「いと惜しい」は正式な古語では「いと惜し」です。 「惜し」のひらがな表記は「をし」になります。 古語「惜し」の意味は「残念だ、心残りだ、手放せない」 古語「いと」の意味は「非常に、とりわけ」 「いと惜し い 」とすると音も意味も「愛おしい」と似ていますので、「愛おしくて、いと惜しい」などと詩で使われたりします。 「愛おしくて、いと惜しい」とは「かわいすぎて、失うのがとても残念だ」という意味になります。 「いとおしい」の使い方と例文 「いとおしく感じる」「いとおしい存在」「〜がいとおしい」などと使う 「いとおしい」は様々な形で使われています。 よく使われる言い回しは ・いとおしく感じる ・いとおしく思う ・いとおしい存在 ・〜がいとおしい ・〜さえいとおしい です。 例文 ・やっぱり身内の子供はより一層いとおしく感じるものだ。 ・彼にとって彼女がいとおしい存在であるのは間違いない、それが恋愛感情なのかは別だけど。 ・わがままでさえもいとおしい。 ・結婚して10年経ちますが、未だに全てがいとおしく思う。 ・彼にはいとおしく思わせる何かがあるのか、みんなから可愛がられている。 「いとおしげ」は「いとおしい様子」 「いとおしげ」と使った場合は「いとおしい様子」を表します。 接尾語「げ」は体言止めです。 体言とは名詞のことを表します。 形容詞である「いとおしい」が「げ」によって体現化しています。 「げ」は「気」のことです。 「その気 け がある」などの「気」で、「うれしげ」「おとなげ」などとも使われています。 意味は「〜そうだ」「〜らしい様子」などを表します。 「いとおしい」のただの名詞は「いとおしさ」です。 「いとおしさ」の意味は「いとおしいこと」となります。 「いとおしい」の類語 「いとしい」とは意味に違いなし 「いとおしい」と「いとしい」は意味に違いはありません。 漢字も「愛おしい」と「愛しい」で同じです。 ちなみに語源も同じ「厭う」となっています。 時代の流れとともに「いとおしい」の縮約形の「いとしい」が生まれたということになります。 例えば「〜しておく」が「〜しとく」となったり、「〜してしまいます」が「〜しちゃいます」となっているのも、縮約形です。 ただニュアンスの問題ですが「いとおしい」の方が気持ちが強いというイメージを持っている人が多くなっています。 「愛らしい」「愛くるしい」も同じ意味 「愛らしい」や「愛くるしい」も「いとおしい」と同じ意味になります。 「愛らしい」は「かわいらしさやいとおしさが感じられる様子である」「愛すべき様子である」といった意味です。 「愛くるしい」は「愛嬌があってかわいらしい様子」「見るからにかわいらしい」といった意味です。 どの言葉も可愛くて仕方がないことを表しています。 「可愛い」の方が直接的な表現 「可愛い」も「愛らしい」といった意味を持ちますが、直接的な表現となります。 「愛すべし」と書いて「可愛い」ですので、「いとおしい気持ち」が含まれているのが「可愛い」となります。 ただ「可愛い」は人の外見や物の見た目などに対して使われることが多く、直接的な表現となります。 「愛情を注ぎたい!」といった保護的な意味を含まずに使われることもあります。 「可愛い」からといって「いとおしい」かどうかは別です。 ただし「いとおしく」なるのは、相手を「可愛い」と思っているからとなります。 例文 ・彼女は幼少期から可愛く、ずっと人気者だ。 ・新作のグッズがとても可愛いので、全種類買ってしまいました。 「いとおしい」のその他の類語は「いじらしい」「可憐」「しおらしい」など 「いとおしい」のその他の類語を紹介していきます。 ・いじらしい ・しおらしい ・あどけない ・可憐 ・愛嬌 などがあります。 「いじらしい」「あどけない」の意味は「無邪気でかわいらしいと思うさま」です。 「しおらしい」の意味は「控えめで慎み深く、かわいらしい」です。 「愛嬌」の意味は「にこやかでかわいらしいこと」です。 「いとおしい」の別の意味の類語は「気の毒」「いたわしい」「いたましい」など 「いとおしい」の「かわいらしい」以外の意味の類語を紹介します。 ・気の毒 ・いたわしい ・いたましい ・いたいたしい ・憐れ ・不憫 などがあります。 「いたわしい」の漢字は「労しい」で、意味は「相手の境遇や立場などへの同情して悲しむさま」です。 「いたましい」の漢字は「痛ましい」で、意味は「見ていられないほどかわいそう」です。 「不憫」は「ふびん」と読み、意味は「かわいそうなこと、その様子」です。

次の

英語で「いじらしい」に相当する言葉って何があるでしょうか。

いじらしさ 意味

いじらしいの意味とは? いじらしいとは、その人から見て 弱者だと思う人が物事を懸命に努める姿を見て、胸を打たれることを言います。 たとえば、子どもが何かを我慢している姿を見た時、多くの人が「そんなに我慢しなくていいのに…」と思います。 そんな風に見ていて痛々しいけれど、どこか可憐に感じることをいじらしいというように表現します。 対象となるのはまだ未熟な子どもや、身体能力が一般的な基準より劣っている人であることが多いです。 しかし、場合によっては弱者とされていなくてもいじらしいとギャップのように感じることもあります。 いじらしいと感じるポイントは相手に同情しながらもそこに可愛らしさや幼気を感じるかどうかにあるのです。 いじらしい女性の特徴10パターン それでは、いじらしい女性の特徴をご紹介します。 我慢強い• 一生懸命• 無邪気• 頑張り屋• 信じやすい• 献身的• 笑顔 以下で、いじらしい女性の特徴を詳しくみていきましょう。 というのも、いじらしいと感じる対象として 小柄な体格が挙げられるからです。 背の低い・力が弱い等の女性は高いものや重いものを持つことが難しくなります。 そういった要因があることが、人をいじらしいと思わせる場面に遭遇させやすくします。 いじらしいと思える女性の特徴として華奢な女性が当てはまるのは、可憐さや幼さを持っているからなのです。 女王様のように自分のするべきことを押し付けることも、多く人の反感を買うことにつながります。 我慢強く、自分の意思で頑張ろうと少しばかり 無理をしてしまう女性の方が男性はいじらしいと感じます。 たとえ弱い力だったとしても成し遂げようとする、そんな姿勢にグッといじらしさを覚えます。 何事も一生懸命に取り組むことができる女性こそ、いじらしいと思われる女性です。 どんな些細なことや他人ごとに見えることも自分のことのように取り組みます。 自分に損失しかないようなことも 一生懸命に成し遂げようとする女性は男性にはいじらしい姿に映るのです。 いじらしいと感じさせられる要素となる 可憐な印象が幼いだけで強調されます。 顔が丸くて幼く見えると落ち込む女性も多いですが、気にすることはありません。 その幼さも、可愛らしさを演出してくれる魅力的な一つとして自信を持ちましょう。 人間や世界の汚い部分を覗いていく機会が増えることが成長するごとに増えていくためでしょう。 しかし、大人になってもその無邪気さが失われずに輝きを保っている女性もいます。 子どもっぽさを感じられる無邪気さが、大人には 輝かしくも哀れに映ってしまうのです。 無邪気な女性をいじらしいと思うのは、自分にないものを持っているからとも言えます。 頑張るということは、大人になると「恥ずかしい」「格好悪い」というような捉え方をするようになります。 「そんなに頑張ってどうするの?」というような質問をする人は頑張った時に絶望を感じてしまった人たちです。 そんな風に頑張ることをやめた人たちは、頑張っている人を見ると無理だと思いながらも気づけば 応援したくなってきます。 できないことをやり遂げようとする姿が、心を打ち、いじらしいと思わされるのです。 環境や仕事でどうしても本当の気持ちと違うことをしなければいけなくなると、素直になるタイミングがなくなっていきます。 そんな中で、素直さを保って成長し続ける女性というのは稀です。 自分の気持ちを偽ることがないという、どんな状況でも自分に素直であり続ける姿は眩しいものです。 その姿は不思議といじらしいと感じてしまうのです。 誰でもわかるような嘘でも信じてしまう姿は騙した相手が逆に驚くことになるでしょう。 少しばかり同情してしまうくらいの信じやすさのある女性には可愛らしく見えます。 いじらしいと感じるのは、可愛らしく、同情してしまうという いじらしいと思わせる要素が揃ってしまうためでもあるのです。 自分のためではなく、 相手のために頑張る姿が相手をそういった気持ちにさせるのです。 相手を思いやり、何をしたら相手が喜んでくれるだろうといつも考えています。 自分のことは後回しにしてでも人に尽くす女性には、ありがたい気持ちといじらしい気持ちを感じずにはいられないのです。 本当は苦しい時は弱音を吐いてもいいですし、悲しい時は泣いても構いません。 しかしそれではいけないと奮起し、 涙を見せずにニコッと笑う姿は誰もがいじらしいと思うでしょう。 甘えて欲しい、頼って欲しいと思ってしまう人ほどいじらしい女性であることが多いです。 いじらしい男性の特徴 次に、いじらしい男性の特徴をご紹介します。 前向き• 真っ直ぐ• 子どもっぽい• 感情豊か 以下で、いじらしい男性の特徴を詳しくみていきましょう。 一度の絶望では負けず、物事を達成するまでは後ろ向きになることはありません。 しかし、人を引っ張っていけるような前向きな姿勢の裏には、見て見ぬ振りしたかのような傷もたくさんあります。 その傷はいつもほったらかしで、傷を見た人たちは直してほしいと思うでしょう。 その男性をいじらしいと感じるのは、 自分のことを少しは顧みて欲しいと言う心配の表れでもあるのです。 理不尽なことをどれだけ突きつけられても、自分の意見をはっきりと言うことができます。 正義感が強く、時には融通が利かないと人に嫌われることもあるでしょう。 真っ直ぐであるがゆえに苦難の多い男性を哀れみながらも応援したくなり、いじらしいと感じるのです。 真剣であることはまさにその逆で、どんな小さなことにも本気で取り組みます。 少しぐらいサボってもいいという気持ちは欠片もなく、しっかりとやり遂げようという気持ちだけがそこにあります。 一つの方向だけを見て頑張る姿勢は、少しは休んでほしいと思わせるいじらしさを感じさせます。 いつも元気で楽しそうにしている姿は見ているだけで微笑ましく思えます。 そんな子どもっぽい男性は。 辛い時もつい強がって我慢してしまう傾向があります。 本人は隠しているつもりでも、分かりやすくてすぐに周囲にはばれてしまいます。 そんな子供っぽさについついいじらしさを感じてしまうのです。 感情豊かな人は笑ったかと思えば落ち込んだり、泣いたと思えば楽しんでいます。 コロコロと変わる表情と感情に、 多くの刺激を受けて忙しそうにしている印象も受けます。 どこか大変そうだけど楽しそう、そう思わせることがいじらしいと感じさせることにつながるのです。 いじらしい女性が男性に可愛いと思われる理由 次に、いじらしい女性が男性に可愛いと思われる理由をご紹介します。 支えたくなる• 分かりやすい• 裏表がない 以下で、いじらしい女性が男性に可愛いと思われる理由を詳しくみていきましょう。 むしろ隠して、自分は普段通りで何もしていない風を装います。 男性はそんな女性の頑張りを見つけた時、その女性を支えたいと思います。 頑張る女性に降りかかる火の粉から守り、 助けてあげたいと感じるのです。 辛いことや悲しいことに対して簡単にめげることはありません。 しかし、辛いことや悲しいことは消えるわけではなく、時には泣きそうなこともあります。 その涙を我慢している本人は隠しているつもりでも、周囲は分かってしまいます。 そのいじらしい姿が可愛らしく、 応援したくなってしまうのです。 偽りのない気持ちは人々の信頼を獲得し、多くの人に慕われます。 また、裏表がないゆえに感じる幼さは可愛らしさも持っています。 いつも 真っ直ぐに向き合ってくれる女性に、男性は可愛いと思うのです。 いじらしい彼女に男性がキュンとする瞬間 次に、いじらしい彼女に男性がキュンとする瞬間をご紹介します。 可愛いヤキモチ• 心からの笑顔• 強がっている• 真剣な表情 以下で、いじらしい彼女に男性がキュンとする瞬間を詳しくみていきましょう。 そのため、ヤキモチを焼かれるということは面倒なことだと言う印象を抱く男性が多いです。 しかし、そんなヤキモチも中にはキュンとさせるような可愛いものもあります。 ほっぺを膨らませてくっついたり、上目遣いで「その人の方が好きなの?」と聞いてくるといったものです。 この人のことが好きで好きでたまらない、そんな気持ちが伝わるヤキモチに男性はキュンとします。 心のからの笑顔というものは、 高鳴った気持ちがふいに溢れるような時にしか出せないのです。 その人のことを心から信頼し、「大好きだよ」と言う気持ちが堪えきれずに心からの笑顔となるのです。 それを見せてくれるのがもし自分だったら、男性も大好きな気持ちを伝えずにはいられないでしょう。 つい強がってしまう彼女に、自分に甘えて欲しいと感じるようにもなるでしょう。 その中で、「貴方が好き」という自分の気持ちを強がって隠している時に男性は彼女にキュンとしてしまうのです。 それは隠さずに伝えて欲しいのに、 恋人のために我慢していると分かった時がドキドキさせる瞬間にもなるのです。 真剣に、脇目もふらずに物事に取り組む表情は「頑張って!」と応援したくなります。 どこか強い輝きを持った横顔を見た時にはついドキッとさせられるでしょう。 恋人にも気づかないほど集中する姿に「終わるまで見守りたい」と男性を思わせます。

次の