マシン ナーズ デッキ。 「ストラクチャーデッキR-マシンナーズ・コマンド-」と一緒に揃えておきたいカードは?

「ストラクチャーデッキR-マシンナーズ・コマンド-」3箱で作る【マシンナーズ】デッキを紹介!!

マシン ナーズ デッキ

「ストラクチャーデッキR マシンナーズ・コマンド」は、2020年2月22日(土)に発売される、過去にストラクチャーデッキのテーマにもなった、 「マシンナーズ」をコンセプトにした最新構築済みデッキです。 「ストラクチャーデッキR マシンナーズ・コマンド」を3箱そろえるだけでも十分戦えますが、相性の良いカードを組み合わせることでさらに強力なデッキが構築可能です。 このページを読めば、「ストラクチャーデッキR マシンナーズ・コマンド」3箱デッキがどんなデッキで、どのようにデッキを組めばいいのか、どのように強化・改造すればいいのかがわかります。 「ストラクチャーデッキR マシンナーズ・コマンド」3箱デッキを作ろうとしている方は、ぜひデッキ構築の参考にしてください。 《マシンナーズ・カーネル》3• 《マシンナーズ・エアレイダー》2• 《マシンナーズ・ラディエーター》2• 《マシンナーズ・フォートレス》3• 《マシンナーズ・ギアフレーム》3• 《マシンナーズ・パゼストレージ》3• 《マシンナーズ・ソルジャー》2• 《機甲部隊の再編成》3• 《無許可の再奇動》2• 《機甲部隊の防衛圏》2• 《アイアンコール》1• 《アイアンドロー》2• 《補給部隊》2• 《機甲部隊の超臨界》2• 《戦線復帰》2• 《神の通告》2 【エクストラデッキ】(0枚) スポンサーリンク 「ストラクチャーデッキR マシンナーズ・コマンド」に収録される 新規カード8枚の画像・効果をまとめました。 その機械族モンスターと、その攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。 このカードを特殊召喚する。 このカードを手札から特殊召喚する。 そのモンスターとはカード名が異なり、そのモンスターのレベル以下のレベルを持つ「マシンナーズ」モンスター1体をデッキから特殊召喚し、対象のモンスターを破壊する。 このカードを手札から特殊召喚する。 そのモンスターとはカード名が異なり、そのモンスターのレベル以下のレベルを持つ「マシンナーズ」モンスター1体を自分の墓地から選んで特殊召喚し、対象のモンスターを破壊する。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。 そのカードを破壊する。 そのモンスターに、装備可能な機械族ユニオンモンスター1体を手札・デッキから装備する。 この効果で装備したユニオンモンスターは、このターン特殊召喚できない。 《機甲部隊の再編成》(マシンナーズ・リフォーメーション) 通常魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 デッキから「マシンナーズ」モンスター 2体を手札に加える 同名カードは1枚まで。 デッキから「機甲部隊の再編成」以外の「マシンナーズ」カード2枚を手札に加える 同名カードは1枚まで。 そのモンスターを手札に加える。 そのモンスターとはカード名が異なる「マシンナーズ」モンスター1体を手札・デッキから特殊召喚し、対象のモンスターを破壊する。 そのモンスターをデッキに加えてシャッフルする。 その後、自分はデッキから1枚ドローする。 「ストラクチャーデッキR マシンナーズ・コマンド」3箱デッキを実際にどのように動かしていくのか、デュエルの参考にしてください。 最終的には、《マシンナーズ・カーネル》で盤面制圧を狙います。 デュエルの序盤〜終盤にかけて、どのように「ストラクチャーデッキR マシンナーズ・コマンド」3箱デッキを動かしていくのか、順番に紹介します。 デッキから「マシンナーズ・ギアフレーム」以外の「マシンナーズ」モンスター1体を手札に加える。 2 :1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。 装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、 代わりにこのカードを破壊する。 《マシンナーズ・ギアフレーム》は、召喚成功時に「マシンナーズ」モンスターをサーチできるモンスターです。 《マシンナーズ・カーネル》をサーチし、墓地へ送れれば自己蘇生効果が狙えます。 初ターンに手札にあると安定した動きが期待できるサーチ効果内蔵モンスターですね。 デッキから機械族モンスター1体を墓地へ送る。 2 :1ターンに1度、自分の墓地の機械族・地属性・レベル4モンスター2体をデッキに戻して発動できる。 自分はデッキから1枚ドローする。 《スクラップ・リサイクラー》は、召喚・特殊召喚成功時にデッキから機械族モンスターを墓地へ送れるモンスターです。 レベルを問わず墓地へ送れるため、上級モンスターを墓地へ送っておきたい「マシンナーズ」デッキとの相性は抜群です。 ドロー効果も内蔵しており、なかなかハイスペックなモンスター。 《機甲部隊の再編成》 Amazonの情報を掲載しています 通常魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 デッキから「マシンナーズ」モンスター 2体を手札に加える 同名カードは1枚まで。 デッキから「機甲部隊の再編成」以外の「マシンナーズ」カード2枚を手札に加える 同名カードは1枚まで。 《機甲部隊の再編成》は、手札コスト1枚で、2枚の「マシンナーズ」カードをサーチできる魔法カードです。 捨てたカードによって「マシンナーズ」モンスターか魔法・罠を含む「マシンナーズ」カードかを選べます。 墓地に上級「マシンナーズ」を捨てながらサーチが行えるため、非常に強力なサーチカードです。 《マシンナーズ・エアレイダー》 …手札から「マシンナーズ」モンスターを捨てて特殊召喚。 相手ターンに機械族を破壊して、破壊したモンスターのレベル以下の「マシンナーズ」モンスターをデッキから特殊召喚• 《マシンナーズ・ラディエーター》 …手札から「マシンナーズ」モンスターを捨てて特殊召喚。 相手ターンに機械族を破壊して、破壊したモンスターのレベル以下の「マシンナーズ」モンスターを墓地から特殊召喚• このカードを手札から特殊召喚する。 そのモンスターとはカード名が異なり、そのモンスターのレベル以下のレベルを持つ「マシンナーズ」モンスター1体をデッキから特殊召喚し、対象のモンスターを破壊する。 《マシンナーズ・エアレイダー》は、手札から「マシンナーズ」モンスターを捨てて特殊召喚する効果と、相手ターン中にデッキから「マシンナーズ」モンスターをリクルートする効果を持っています。 手札からの展開効果は、墓地を肥やしつつ展開ができるため、墓地からの特殊召喚が得意な「マシンナーズ」デッキとの相性が良いです。 リクルート効果は、レベルが大きく関係しており、《マシンナーズ・カーネル》を特殊召喚することは実質不可能ですが、《マシンナーズ・カーネル》自身の墓地効果のトリガーとして優秀です。 このカードを手札から特殊召喚する。 そのモンスターとはカード名が異なり、そのモンスターのレベル以下のレベルを持つ「マシンナーズ」モンスター1体を自分の墓地から選んで特殊召喚し、対象のモンスターを破壊する。 《マシンナーズ・ラディエーター》は、手札から「マシンナーズ」モンスターを捨てて特殊召喚する効果と、墓地から「マシンナーズ」モンスターを特殊召喚する効果を持っています。 《マシンナーズ・エアレイダー》と違い、自分のターンに、墓地から展開できるため動かしやすいのはこちらのカードでしょう。 自壊効果を活用して《マシンナーズ・カーネル》の展開も狙えます。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。 そのカードを破壊する。 《マシンナーズ・パゼストレージ》は、召喚・特殊召喚成功時に「マシンナーズ」モンスターを守備表示で特殊召喚する効果と、自身以外の「マシンナーズ」モンスターと相手フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊する効果を持ちます。 蘇生したカードを破壊して、《マシンナーズ・カーネル》を蘇生する動きが強力で、中盤以降、非常に頼りになるカードです。 墓地が肥えていなくとも、《マシンナーズ・カーネル》自体を特殊召喚できれば十分圧力がかけられます。 その機械族モンスターと、その攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。 このカードを特殊召喚する。 《マシンナーズ・カーネル》は、自己蘇生効果と、全体除去効果を持つ、今回のストラクチャーデッキの目玉となるカードです。 「マシンナーズ・カーネル」以外の自分フィールドの表側表示の機械族・地属性モンスターが破壊された時に蘇生できるため、かなり緩い条件でしぶとく展開していけます。 また、全体除去効果は自身を対象に取ることで、3000以下のモンスターを全て破壊でき、抜群の制圧力を誇るカードです。 《マシンナーズ・カーネル》をひたすら押し付ける動きが新たな「マシンナーズ」デッキの強力な勝ち筋でしょう。 2 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 このカードを対象として発動した相手モンスターの効果が適用される際に、 相手の手札を確認し、その中からカード1枚を選んで捨てる。 3 :このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた場合、 相手フィールドのカード1枚を対象として発動する。 その相手のカードを破壊する。 《マシンナーズ・フォートレス》は、かなり緩い条件で蘇生が可能で、道連れ効果を持つ上級モンスターです。 自身を捨て、墓地から特殊召喚ができ、戦闘で破壊されるとカードを1枚破壊。 モンスター効果の対象になるとハンデスと、かなり厄介な効果を持っています。 《マシンナーズ・フォートレス》で攻めて、やられたら《マシンナーズ・カーネル》を蘇生する動きで、相手を疲弊させましょう。 《スクラップ・ワイバーン》 …自壊効果との相性が良い。 スクラップモンスターは単体性能も高い• 《マシンナーズ・メタルクランチ》 …機械族・地属性モンスター3体を相手に見せ、ランダムに選ばれたカードをサーチ• 《無限起動ゴライアス》 …破壊耐性と《マシンナーズ・カーネル》による破壊のコンボ• 《緊急ダイヤ》 …機械族・地属性の、レベル4以下のモンスター1体とレベル5以上のモンスター1体をデッキから守備表示で特殊召喚。 カードパワーが非常に高い1枚• 「無限起動」 …地属性・機械族であることと、エクストラデッキを圧迫しないテーマのため共存しやすい• 「列車」 …「無限起動」と合わせて高ランクエクシーズを狙うなら「列車」も合わせて使いたい。 1 :自分の墓地の「スクラップ」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 その後、自分フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 2 :このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、 フィールドの表側表示の「スクラップ」モンスターが効果で破壊された場合に発動できる。 デッキから「スクラップ」モンスター1体を特殊召喚する。 その後、フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 《スクラップ・ワイバーン》は、墓地の「スクラップ」モンスターを蘇生しつつ、自分フィールドのカード1枚を破壊する効果を持ちます。 破壊効果で《マシンナーズ・カーネル》の蘇生効果を満たしつつ、更に展開効果が狙えます。 《スクラップ・ゴーレム》を採用することで高リンクモンスターのリンク召喚に繋げましょう。 1 :自分フィールドに表側表示のカードが存在しない場合、このカードはリリースなしで召喚できる。 2 :このカードの 1 の方法で召喚したこのカードの元々の攻撃力は1800になる。 3 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから機械族・地属性モンスター3体を相手に見せ、相手はその中からランダムに1体選ぶ。 そのモンスター1体を自分の手札に加え、残りのモンスターはデッキに戻す。 《マシンナーズ・メタルクランチ》は、機械族・地属性モンスターをサーチ可能なモンスターです。 初動カードとして使えるため、安定感が増します。 表側表示のカードが無い場合しか妥協召喚できないため、永続魔法を使用する前に展開しましょう。 1 :このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、 自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。 このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。 2 :このカードを素材として持っている、 元々の種族が機械族のXモンスターは以下の効果を得る。 《無限起動ゴライアス》は、エクシーズ素材になることで、素材として持っている機械族エクシーズモンスターに「効果では破壊されない」追加効果を付与できます。 「無限起動」エクシーズモンスターの共通効果で蘇生して、そのまま素材にでき、破壊耐性を得られます。 《緊急ダイヤ》 Amazonの情報を掲載しています 速攻魔法 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合に発動できる。 機械族・地属性の、レベル4以下のモンスター1体とレベル5以上のモンスター1体を デッキから効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。 このカードを発動するターン、自分は機械族モンスターでしか攻撃宣言できない。 2 :フィールドにセットされたこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから機械族・レベル10モンスター1体を手札に加える。 《緊急ダイヤ》は、相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合に発動でき、機械族・地属性の、レベル4以下のモンスター1体とレベル5以上のモンスター1体を デッキから効果を無効にして守備表示で特殊召喚できる速攻魔法カードです。 地属性・機械族モンスターを多数採用する「マシンナーズ」デッキとの相性は抜群で、様々な展開が考えられます。 「無限起動」を採用する場合などは特に相性の良いカードです。 《強欲で金満な壺》 Amazonの情報を掲載しています 通常魔法 1 :自分メインフェイズ1開始時に、自分のEXデッキの 裏側表示のカード3枚または6枚をランダムに裏側表示で除外して発動できる。 除外したカード3枚につき1枚、自分はデッキからドローする。 このカードの発動後、ターン終了時まで自分はカードの効果でドローできない。 《強欲で金満な壺》は、エクストラデッキのカードを裏側除外することで最大2枚ドローできる魔法カードです。 「マシンナーズ」デッキは、エクストラデッキを使わずとも十分強いため、《強欲で金満な壺》を多投してしまうのも1つの手ですね。 相性の良いおすすめテーマ 「無限起動」 「無限起動」は、「デッキビルドパック インフィニティ・チェイサーズ」で登場したテーマで、地属性・機械族で統一されたエクシーズテーマです。 「マシンナーズ」ではエクストラデッキを活用しないため、「無限起動」のためにエクストラデッキ枠を割くことが可能です。 展開も《緊急ダイヤ》1枚で解決できるため、使いやすい組み合わせになります。 《無限起動ハーヴェスター》をうまく使うことで、ランク10のエクシーズが容易になります。 強力な効果が多く、攻撃力も高いためチャンスがあれば積極t系に狙っていきましょう。 自分で情報を調べる必要がないので、とってもラクチンですよ。 今だけ参加特典として、 きりぶろLINE限定情報をプレゼント中。 すでに 6,000人以上のデュエリストが参加しています。 「ストラクチャーデッキR マシンナーズ・コマンド」は動きがシンプルで、初心者にも扱いやすい印象を受けました。 強化する上での機械族テーマは種類が豊富で、ロマンがあるものばかり。 どれもおすすめです。 気になる方は、ぜひ「ストラクチャーデッキR マシンナーズ・コマンド」のデッキを組んでみてください。 以上、遊戯王ライターの「11番」でした。 引き続き、遊戯王の最新テーマの紹介をしていきます。

次の

遊戯王カード考察:≪マシンナーズ・カーネル≫地属性機械族デッキ全般で強い!見せてあげよう・・・カーネルの神髄を!

マシン ナーズ デッキ

その機械族モンスターと、その攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。 このカードを特殊召喚する。 マシンナーズの新規となる地属性機械族のレベル10特殊召喚モンスターです。 キャタピラが変形したような4脚を持つライトブルー、銀、赤を基調とするロボットです。 チェーンソーになっている右手とレーザーキャノン風の左手が特徴的です。 カーネルとは陸軍大佐を意味する言葉であり 恐らくはスナイパーやソルジャーなどを統率する存在なのでしょう。 その機械族モンスターと、その攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。 イメージ的には自分モンスターを自爆させて敵諸共破壊しているのかもしれません。 自爆要員こそ必要になるもののフリーチェーンで発動可能であり 相手の展開に合わせて発動すれば強力な妨害として機能します。 自分自身も自爆可能でありその場合攻撃力3000以下まで木っ端みじんにできます。 このカードを特殊召喚する。 戦闘破壊、効果破壊どちらでも単純に地属性機械族を壁にして破壊されるだけでも フリーチェーンの自縛効果持ちのこいつが出てきますし 機甲部隊の最前線を発動しつつ自爆特攻させる、 マシンナーズ・ラディエーターやマシンナーズ・エアレイダーの効果を使う、 自分モンスターを巻き込んで激流葬やブラック・ホールを発動するなどで蘇生が狙えます。 この手の自己蘇生効果にありがちな除外されるデメリットもなく 上手く機能すれば毎ターン蘇生させることも可能です。 地属性機械族デッキ全般で使える 特殊召喚モンスターながら非常に緩い条件で自己蘇生が可能であり 3000打点のアタッカーとして、フリーチェーンの破壊効果を持つ妨害要員として どちらも優秀な働きをしてくれるカードです。 一度墓地にこのカードが存在すれば相手としては下手に動くと、 墓地からこのカードがポンと出てきて自爆をかましてくるわけですから 迂闊にこちらのモンスターを破壊するわけにもいかなくなります。 墓地にいるだけでも一定の働きをしてくれるカードであり 地属性機械族全般に採用が検討出来る便利さと汎用性の高さを持っています。 【ブンボーグ】や【無限起動】、【カラクリ】など様々なデッキで採用が見込めますし 特殊召喚に制約が発生しやすい【超重武者】でも相手ターンでの蘇生は充分狙えます。 レベル10である事から【列車】であれば エクシーズ素材として活用する事も可能です。

次の

【遊戯王】機甲部隊を再編成!新しいマシンナーズデッキの紹介です! / 名駅4F店の店舗ブログ

マシン ナーズ デッキ

とは言え、まだまだ定価で出回っているので今からでも遅くはないはず! ちなみに、ストラクチャーデッキRっていうのは、 過去のストラクチャーデッキをリメイクしたもの。 Rシリーズは、結構強力なカードが収録されているので、 遊戯王初心者は要チェックです! そんなストラクRシリーズの中でも、 マシンナーズ・コマンドはかなりの完成度です。 もちろん1箱ではダメダメですが、3箱購入して組み合わせるだけで、 その辺のテーマデッキくらいなら吹き飛ばせます。 それでは、マシンナーズ・コマンド収録カードを見てみましょうか。 《マシンナーズ・カーネル》 Ultra 《マシンナーズ・エアレイダー》 Super 《マシンナーズ・ラディエーター》 N-Parallel 《マシンナーズ・フォートレス》 N-Parallel 《マシンナーズ・ギアフレーム》 《マシンナーズ・ピースキーパー》 《マシンナーズ・フォース》 《マシンナーズ・メガフォーム》 《マシンナーズ・カノン》 《マシンナーズ・ソルジャー》 《マシンナーズ・スナイパー》 《マシンナーズ・ディフェンダー》 《督戦官コヴィントン》 《壊星壊獣ジズキエル》 《弾丸特急バレット・ライナー》 《A・ジェネクス・バードマン》 N-Paralel 《スクラップ・リサイクラー》 《トルクチューン・ギア》 《ライティ・ドライバー》 《レフティ・ドライバー》 《ブンボーグ001》 《ブンボーグ003》 《機甲部隊の再編制》 Super 《機甲部隊の防衛圏》 N-Parallel 《機甲部隊の最前線》 《アイアンコール》 《アイアンドロー》 《マグネット・リバース》 《リミッター解除》 《同胞の絆》 《貪欲な壺》 《コズミック・サイクロン》 《補給部隊》 《機甲部隊の超臨界》 N-Parallel 《サイバー・サモン・ブラスター》 《戦線復帰》 《トラップトリック》 《門前払い》 《神の通告》 《マシンナーズ・パゼストレージ》 Ultra 《無許可の再奇動》 Super 出典:-遊戯王カードWiki ラインナップはこんな感じ。 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分・相手ターンに、自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。 その機械族モンスターと、その攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。 2 :このカードが墓地に存在する状態で、 「マシンナーズ・カーネル」以外の自分フィールドの表側表示の機械族・地属性モンスターが 戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。 このカードを特殊召喚する。 こいつです!ストラクの看板にふさわしい、最上級モンスターです。 高攻撃力のモンスターで敵に攻め込み、破壊されればカーネルがケア。 相手ターンにも発動できるので守りも完璧。 攻守そろった最強カードです。 2 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 このカードを対象として発動した相手モンスターの効果が適用される際に、 相手の手札を確認し、その中からカード1枚を選んで捨てる。 3 :このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた場合、 相手フィールドのカード1枚を対象として発動する。 その相手のカードを破壊する。 手札のカーネルをコストに特殊召喚できるのもグッド。 相手としては結構処理がめんどくさいカードなので、 とりあえず立てて殴っていこう! とまあ、カード個別に紹介しましたが、このデッキはシンプル! 強力モンスターを出して殴る!死んでもよみがえる!そしてまた殴る! って感じで遊戯王特有のスピード感を味わえる仕上がりになってます。 とりあえずこれで始めてください! エクストラは一応無い想定です! 《マシンナーズ・カーネル》 2枚 《マシンナーズ・エアレイダー》 2枚 《マシンナーズ・ラディエーター》 1枚 《マシンナーズ・フォートレス》 3枚 《マシンナーズ・ギアフレーム》 3枚 《マシンナーズ・ピースキーパー》 1枚 《弾丸特急バレット・ライナー》 2枚 《スクラップ・リサイクラー》 3枚 《機甲部隊の再編制》 3枚 《機甲部隊の防衛圏》 1枚 《リミッター解除》 2枚 《貪欲な壺》 1枚 《コズミック・サイクロン》 2枚 《補給部隊》 2枚 《機甲部隊の超臨界》 2枚 《戦線復帰》 3枚 《トラップトリック》 1枚 《神の通告》 3枚 《マシンナーズ・パゼストレージ》 3枚 こんな感じ。 これはサンプルだし、好みもあるから、これをベースにって感じで。 今回はエクストラデッキがなくても大丈夫なように組んだので、 チューナーは抜いてます。 その分、妨害トラップを多めに積んで、 どんな相手にも勝ち筋を残していく構築になってます。 そしたらおのずとどう動くのか?どれが手札にあれば動けるのか?が分かるはず。 サーチ 遊戯王で最も大切な効果。 デッキから特定のカードを持ってくるので、安定する。 このデッキのサーチカードは、 《マシンナーズ・ギアフレーム》《機甲部隊の再編制》の2枚。 これらはかなり優秀で、オーソドックスなサーチカード。 まずはこれらを使って、勝つためのカードを手札に引き込もう! リクルート デッキからモンスターを引っ張る効果。 強力ゆえにコストや制限が厳しいことが多い。 このデッキのリクルーターは《マシンナーズ・エアレイダー》 《マシンナーズ・ラディエーター》《トラップトリック》。 トラップトリックは罠をリクルートするので厳密には違うが。 前述の2体は、比較的緩い条件でマシンナーズを引っ張れる。 初心者のうちは強さが分からないかもだけど大丈夫!そのうち分かる! このデッキは、エースモンスターが墓地にいてほしいので、結構重要。 その割に、墓地肥やしカードが少ないので、 《スクラップ・リサイクラー》を使ってきっちり墓地肥やしをしよう。 エース デッキの切り札。 デッキタイプで、メインデッキにエースがいるかエクストラにいるか分かれる。 いずれにしても、エースを出すことが決闘のスタートライン。 どちらも容易に出すことができるので、 この2枚を手札・墓地にそろえることを目標にしよう! さて、それぞれのカードの役割が分かったら、後は回し方! 始動 サーチorリクルートで場を整える。 手札にフォートレスが居ればカーネルを加える。 《機甲部隊の再編制》があれば、 カーネルフォートレスのセットを確実に持ってこよう。 って感じ。 参考になりますかね?基本動きは同じで、相手によってちょっと合わせていく感じなので、まずはこのデッキで経験積んでもらえたら! ちなみに、遊戯王歴15年の私でも、このデッキは初心に帰る意味で愛用してます。 スクラップに関しては、ギミックを入れるとデッキを圧迫するので 構築力に自信がなければ手を出さないほうが良い。 あるだけで安定感段違い! その他、上げてはないけれど列車系のエクシーズ、 チューナー採用ならハリファイバーやレベル8シンクロを集めていこう。 遊戯王カードって結構安いので、 3000円あればきっちりしたエクストラデッキが組めるはずっすよ! まとめ またも、結構長くなっちゃった。 今回は初心者の方に向けた記事でした。 ほんと、このデッキ使いやすいからマジで使ってみて! これで決闘してたら結構遊戯王上手くなると思うよ!何より、強いから楽しい! これで興味を持った方、1人でも多く遊戯王沼にはまりますように!!.

次の