フェニル エチル レゾルシノール。 ハイドロキノン以上?フェニルエチルレゾルシノールの美白効果

ルシノール

フェニル エチル レゾルシノール

1-0. 1〜0. 水に溶かす場合、アルコール(植物性グ リセリン・B G・エタノールに 溶かしてから、水に混ぜてください。 そのまま水には溶けませんので ご注意くださいませ。 クリームや乳液に配合する場合は、乳化後、アルコールに溶かしたものを 加えて混ぜてくださいね。 1gのシムホワイトなら、全量50-100gの化粧品が 作れます。 シミを防ぐするには、ハイ ドロキノンが今のところ、 一番と言われていますが、ハイドロキノンクリームは、 必ず冷蔵庫保管で、2か月以上継続して使用することが出来ません。 シムホワイトは、ハイドロ キノンに代わる成分として作られました。 植物成分を合成して作られ、刺激は非常に少なく、 0. 1%で十分と言われています。 また、毎日使用できます。 シムホワイト配合の化粧品をつけたあとに、 をシミの気になる部分だけぬるのがおすすめです。 1g〜0. 2g 1g(20滴) 【作り方】 1.グリセ リンとシムホ ワイトを混ぜ、シム ホワイトを溶かします。 水を入れて、ヘキサ ンジオールを入れ、化粧水ボトルに入れれば完成。 *冷蔵庫で保管して2カ月以内にご使用くださいね。 1g 2. グリ セリンとシム ホワイトを混ぜ、シムホワイトを溶かします。 オイ ルとワッ クスをに入れます。 水は別のに入れます。 40度になったら、1のグリ セ リン+シ ムホワイト・ プラセ ンタエキス・高麗人 参エキス・大根の 根発酵液を入れて、 冷めるまでしっかり混ぜれば完成です! *冷蔵庫で保管して2カ月以内にご使用くださいね。 *基本的なレシピです。

次の

市場調査レポート

フェニル エチル レゾルシノール

常緑針葉樹であるヨーロッパアカマツに含まれるピノシンピンをもとに合成した成分です。 別名をフェニルエチルレゾルシノールといいます。 ハイドロキノンより刺激も少なく、トコフェロール(ビタミンE)と同等の抗酸化力があることから、非常にバランスの取れたアンチエイジング美白成分と言われています。 美白効果はハイドロキンの2100倍、アルブチンのおよそ7000倍とも言われます。 美白成分には、それぞれの特徴を生かしたタイプに分かれます。 シミの原因であるメラニンの生成を抑える美白成分です。 これまで、最もしみ予防効果があると言われていたコウジ酸に比べ、約20倍の抑制効果があります。 ちなみに、美白成分の中で最強といわれるハイドロキノンは漂白型です。 すでにできてしまったシミを消したい、これ以上シミを増やしたくない。 シミで悩む方には、こう思ってる方が多数だと思います。 ですから、シムホワイト377とハイドロキノンなど、シミを薄くするための美白成分をうまく併用して使用するとより効果的です。 シムホワイト377の注意点 刺激も少なく副作用もほとんどないということで、敏感肌の方も安心して使用できる成分です。 シムホワイト377は美白化粧品などに配合されていますが、単体でも化粧品の材料としても販売されています。 その配合率は約1%。 安全性が比較的高い成分ですが、成分が合う、合わないは人それぞれ。 使用量を確認、守ってお使いください。 事前にパッチテストなどでテストされるのをおすすめします。

次の

市場調査資料:フェニルエチルレゾルシノールのアメリカ市場2017

フェニル エチル レゾルシノール

株式会社ドクターシーラボ 株式会社ドクターシーラボ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:石原智美)は、美白に関するアンケート調査を行い、知っている美白成分を尋ねたところ、約6割の方が「ビタミンC誘導体」と回答しました。 次いで近年よく耳にする「ハイドロキノン」「トラネキサム酸」が上位にランクイン。 しかし、そのハイドロキノンの2,100倍も美白効果があると言われている「WHITE377(フェニルエチルレゾルシノール)」を知る方は、たった4%。 まだ知られていない美白成分の真実をお伝えします。 美白ケアの認知度は、ビタミンC誘導体が No. 「美白ケアに良い」とされる成分について調査したところ、「ビタミンC誘導体」との回答が全体の6割以上を占め、一番認知度が高いことがわかりました。 続いて、ハイドロキノン、トラネキサム酸、アルブチン、コウジ酸という結果に。 シミは一度できるとどんどん濃くなり目立つため、肌悩みの中でも常に上位に挙がります。 毎年多くの美白ケア商品が発売され、消費者の関心が高いことがわかります。 しかし、認知度とは別に一番効く美白成分を知りたいと思う女性も多いはず。 そこでシミの原因となるメラニンの生成を引き起こすチロシナーゼ活性阻害効果がハイドロキノンの2,100倍も有する成分「WHITE377(フェニルエチルレゾルシノール)」の美白作用や特長をご紹介します。 調査概要:Webアンケート/2019年3月11~14日/15歳~59歳 女性 ハイドロキノンの2,100倍!「WHITE377」(フェニルエチルレゾルシノール)とは?! 「WHITE377」(フェニルエチルレゾルシノール)の最大の特長は美白効果の高さと肌に対する安全性です。 ヨーロッパアカマツ(常緑針葉樹)に含まれるポリフェノール成分ピノシルビンをもとに開発された美白成分。 メラニンを生成させる酵素チロシナーゼの働きを抑える効果がハイドロキノンの2,100倍、アルブチンの7,000倍、コウジ酸・アスコルビン酸Naの2,400倍もの力を誇ります。 また、高い抗酸化力を有し、チロシナーゼを活性化させる活性酸素も強力に除去。 つまりシミを作らせないダブルの働き。 さらに、表皮モデルを用いた試験ではコウジ酸の10倍以上のメラニン減少効果も認められました。 脅威的な美白作用にもかかわらず、皮膚への刺激は少なく、安全性がとても高いスーパー成分です。 「WHITE377」の力を最大限発揮させる相乗効果とは? 「WHITE377」 (フェニルエチルレゾルシノール)自体の美白力の高さが実証されましたが、さらに、ある成分をプラスするとさらなる相乗効果が生まれることが新たに判明しました。 7倍の美白効果(チロシナーゼ活性阻害効果)が確認されました。

次の