部屋 を 片付け たい。 汚部屋を片付け!11ステップで元通りに

汚部屋を片付け!11ステップで元通りに

部屋 を 片付け たい

高齢者だけでなく、最近では若者の中で増えてきているゴミ部屋や汚部屋問題。 そんなゴミだらけの部屋を作ってしまい、どうにかしたいと考えている人はいませんか? 自分でゴミ部屋や汚部屋を作ったとは言え、あまりの惨状になってしまっていると自然とどうにかしたいと考えるのが一般的です。 そこで本記事では、ゴミ部屋や汚部屋を片付けようと考えた人の心理状態を解説しつつ、正しい片付け手順を紹介していきます。 ゴミ部屋・汚部屋をどうにかしたい人の心理状態 まずはゴミ部屋や汚部屋を片付けたいと感じた人の心理についてになります。 今までゴミ部屋に住んでいることに慣れてしまった住人も、ひょんなことから「部屋を片付けよう」と感じるものですよ。 部屋があまりにも汚すぎる 部屋があまりにも汚すぎることに気付き、そこから部屋をどうにかしたいと考える人はたくさんいます。 というのもゴミ部屋や汚部屋にしてしまう人というのは、「いつの間にか部屋が汚くなっていた」と答える人が多いのです。 元々は綺麗だった部屋も、ゴミが増えていくことに見慣れてしまい、だんだんと部屋の中にゴミを大量に置いてしまいます。 そしてひょんなキッカケから、改めて部屋を見たときに部屋が汚すぎるという結論に至り、最終的に部屋が汚いことにやっと気づくのです。 ゴミ以外にも害虫などが発生している ゴミが部屋の中に置かれていて気にしないという方も、家の中に害虫がたくさん発生しだしてやっとこさ部屋を片付けるようと考えます。 害虫と言えばゴキブリやハエ、ノミなどが有名ですが、虫が発生しやすい夏などには大量に発生しやすい傾向にあるのです。 そんな人に精神的なショックを与えさせる害虫は、ゴミとは違って生きているものでもあるので、たいていの人は今の環境を改善しようと考えます。 ゴミが大量にあったとしても、害虫が発生してやっとこさ重たい腰を上げるようになると言えるでしょう。 周りからの指摘 自分でゴミ部屋という認識がなくても、近隣住民や身内の人から注意をされて片付けるという人も結構います。 というのもゴミ部屋に住んでいる人の中には、ゴミをゴミだと思っていないことも多く、片付けをしようという考えがない場合があるのです。 しかし周りから指摘されたときに、初めて自分の部屋が周りに迷惑をかけていることに気付きます。 指摘されることに反感をかう人もいますが、ちゃんと失礼のないように生活していこうと考える人は、しっかりと今の環境をどうにかしようと考えて行動を起こすでしょう。 ゴミ部屋・汚部屋の正しい片付け手順7個 ではそんなゴミ部屋や汚部屋を片付けるとなった際には、どのような手順で片付けを進めていけばいいのでしょうか?そこでここでは、汚くなった部屋を綺麗に片付けるための正しい手順について解説していきます。 生活環境を見直す まずは何より、今の生活環境を見直す必要があります。 というのも仮に生活環境を見直さずに片付けをしてしまった場合、なぜ部屋が汚くなってしまったのかの原因が分からず、また繰り返し部屋を着た失くしてしまう可能性があるのです。 もちろん一度部屋を片付けした後に汚くしないという確固たる意志があるなら問題ありませんが、部屋を片付けようと考えた最初の頃はほとんどの場合、意志が固まっていません。 なのでまずは、片付けをした後のことを考慮して生活環境を見直すことから始めていきましょう。 自分で片づけれる状態かを知る 次に自分で片づけれる状態かを知ることも大切です。 もし部屋を綺麗にしようと思っても、あまりにも量が多すぎた場合や汚い状態になっているなら、単独で部屋を綺麗にするのは困難を極めることでしょう。 なのでまずは自分で片づけれる状態なのか、誰かと一緒じゃないと片付けられない状態なのかを把握することが大切です。 そうすることで、友達や業者に片付けを手伝ってもらうかどうかの判断に繋がります。 掃除に必要な道具類を用意する 部屋を片付けしようと思っても、掃除道具がなくては始めることができません。 なのでまずは、部屋の掃除に必要だと思われる道具類を用意していきましょう。 ちなみに主に必要とされる掃除道具類は、以下の通りです。 ゴミ袋• マスク• 目を守るためのゴーグル• 段ボール• 汚れてもいい靴• ぞうきん• 殺虫剤 これだけのものを用意しておけば、部屋の片付けを始めることができます。 まずは一か所から片付けをしていく 掃除道具が揃ったところでいよいよ片付けをしていくのですが、まずは一か所から片付けをしていくのがおススメです。 というのも部屋をまんべんなく片付けをしていっても、なかなか部屋が綺麗になっていることを実感するのが難しい傾向にあります。 しかし一か所でも綺麗にしてしまえば、部屋が綺麗になったという実感がわき、さらに部屋を綺麗にしていこうというモチベーションに繋がっていくのです。 大量にあるゴミを片付けるのは大変なので、ちょっとしたことでも達成感を感じながら片付けを進めていくと良いでしょう。 いる物といらない物の区別をする ある程度片付けが進んできたら、いる物といらない物の区別をしていきましょう。 いくらゴミが大量にあるといは言え、すべてがゴミとして認識されるわけではありません。 本当に大事なモノは残しておき、不必要だと感じるものは処分していくことが大切です。 ポイントとしては、1年以上使っていないものは処分していくというスタイルを取っていき、本当に必要なモノだけを残していくのが重要になります。 ゴミが大量にある場合、本当にいらないものというのはゴミの下に埋まっている可能性が高く、不用品と判別しましょう。 そうしていくことで効率よく部屋を片付けしていくことができ、しっかりとした断捨離を進めていくことができます。 ゴミの日に合わせてゴミを捨てていく 部屋が片付いてきたら、後はゴミの日に合わせてゴミを捨てていきましょう。 ただここで注意点として、ちゃんとゴミの種類を仕分けをしてゴミを捨てていくことが大切です。 というのも一気にゴミ置き場にゴミを置いてしまうと、近隣住民から苦情が殺到する可能性があるからになります。 住んでいる場所によって、週ごとに捨てるゴミの種類は異なるでしょう。 なのでちゃんと曜日ごとに、ゴミの種類を分けて捨てるようにしていくことが重要と言えるのです。 片付けられないと判断したモノは業者に依頼する もしゴミ部屋の中に、自分では片付けられないものがあった場合は業者に依頼をしていきましょう。 というのもあまりにも大きいゴミがあった場合や、汚くて触れない状態になっているゴミなどは素人では対処しきれない場合があります。 例えば部屋の中に腐敗したゴミがあった場合、腐敗した液体が染み込み床になかなか取れないシミが染みついている可能性があるのです。 なのでそんな片付けられないと判断したものは、自分たちで対処しようとせず業者に依頼をするようにしましょう。 プロが所属する専門の業者に依頼をすれば、どんな状況の汚部屋でも対処するのに慣れているので安心してお任せすることができますよ。 まとめ ゴミ部屋や汚部屋を綺麗にしようとなった際にすべき、正しい手順についてまとめていきました。 どうしてもゴミ部屋や汚部屋を作り出す人と言うのは、無意識に部屋を汚くしてしまうという傾向にあります。 しかしどんなに汚い部屋だったとしても、ちゃんと部屋を片付けようと思ったのでしたらすぐに対処することは可能です。 なのでぜひ「今の状況をどうにかしたい!」と考えたのでしたら、少しづつでも部屋を片付けてみてください。 そうすることで今の環境から脱出することができますよ。 またゴミ部屋・汚部屋状態を早めに脱却したいと感じたら、ぜひ「整想屋」にお任せください。 は、お客様満足度No. 1という実績を残しており、プロの特殊清掃員が多く所属しているプロ集団になります。 もしゴミ屋敷問題が広島で起こっているという方は、ぜひお気軽にご相談ください。 関連記事.

次の

部屋の片付けにはコツがある!100%キレイにするポイントと注意点|関東家電リサイクル問屋 公式BLOG

部屋 を 片付け たい

就職や結婚などで実家を離れて親と別々に暮らしていると、だんだんと考えなくてはいけないのが実家の片付け問題。 兄弟が親と同居している場合や、親が若くてまだまだ元気なうちだといいのですが、年老いた親だけが暮らしている家だと親が生きているうちにできるだけいらないものを処分しておきたいというのがこどもの本音。 親世代は特に物を大事にしていたり、捨てるということを考えられない方も多いので、そういう時はまず 親の説得からしなくてはいけません。 そこがうまくいかなければ片付けどころか、 親子関係が悪化することもあるのです。 どうすれば実家の片付けがうまくいくのか、そのコツをお伝えしていきます。 実家の片付け問題とは 実家の片付けをやっておいた方がいい理由 そもそも実家の片付け問題とはどういったことでしょうか。 あなたが実家を離れて暮らしていて、実家に住む兄弟や親せきがいない場合、もし両親が病気や死亡したらその後空き家となってしまうということが予想されます。 そうなると実家にある荷物の整理というのは予想以上に大変なもの。 また親の大切にしていたものや思いがこもったものなどがあると処分することに抵抗があることも・・。 実家の片付け問題に直面している多くの方が 「親が生きているときに少しでも整理をしたり、親の意思を聞いておけばよかった」と後悔しているのです。 また生前整理をしている方でも予想以上に実家の片付けは大変と実感しています。 さらに親の死亡後に実家の片付けをする場合、約2割の人が実家の片付けに1年以上費やしているというアンケート結果もあります。 その理由としては例えば以下のようなものです。 「どこに何があるかわからない状態で片付けるので、手間がかかる」(50代男性、兵庫県)、「思い出にふけってしまい、なかなか進まない」(40代女性、東京都) 体力的にも動くことができず、片付けできなくて、気づいたらゴミ屋敷状態になってしまっている家もあります。 ミミ先生 そして、片付けをする必要性を親が理解してくれたら本格的に話し合うといいでしょう。 なかなか家族が揃うことがない場合はお盆やお正月など兄弟や親せきが集まるときなどにどういうタイミングで片付けをやるのがベストなのかを家族で話し合ってみましょう。 片付けを始めるタイミング それでは実際いつから実家の片付けを始めるのがベストなのでしょうか。 片付けを切り出すことは親のライフスタイルにもよるので、はっきりと「いつ」というタイミングはありません。 こどもとしてもなかなか親の死を意識して話を切り出すということは難しいですよね。 ただ ライフスタイルの変化がそのタイミングになるかもしれません。 床に物を置くようになってきたとき• ケガや病気を患ったとき• なんとなく認知症?と感じたとき• 親のどちらかが亡くなったとき• 親が引っ越しを望んだとき 片付けは自分のものから始める いざ片付けるタイミングが来たらどこから始めたらいいと思いますか。 それはズバリ、 自分の物から。 実家から出ても、学生の頃の学用品や洋服、使うことのない家電などが案外実家にしまわれたままになっていることがあります。 なので、最初に手を付けるのは実家に置きっぱなしのあなたの物。 そこから片付けていきましょう。 片付けはゆっくりペースで 片付けを始めると決めたらあれこれ捨てたくなる衝動に駆られるかもしれませんが、実家の片付けは無理せず、ゆっくりと始めましょう。 親に提案という形で「こうしたらどう?」「こうすると良さそうだよ」とうまく納得してもらえるように話すことが大事です。 つまり片付けの主体はあなたではなく、親自身であると理解してもらうのです。 いざ片付け始めてもおそらく「やっぱり捨てたくない」「これは大事」と進まないかもしれません。 ミミ先生 親が片付けすること自体には了承している場合は、あえて 片付けの現場を見せないというのも一つのコツ。 別の部屋や出かけている間に片付けをするといいでしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今あなたが住んでいなくてもいずれ誰も住むことがなくなったら片付けをしなければいけなくなる実家。 どうせやらなくてはいけないならなるべく負担を軽くしておきたいものですよね。 ただ一番大切なのは親御さんの気持ち。 これまで長年生きてきた住処の片付けをするというのは親御さんにとっても勇気がいるものです。 ゴミ屋敷同然のように緊急性がある場合はこのままでは危険だからと半ば強制的に納得させる必要があるかもしれませんが、きれいにしているものの、物が多くて大変そうな場合はできれば親御さんが元気なうちに思い出を語りながら少しずつ整理していくのが理想ですね。

次の

部屋を片付けられない人に送る整理整頓を意識する10の心得

部屋 を 片付け たい

この時期、部屋を片づけられないことに悩みはじめてませんか? 年越し、季節の変わり目など各シーズンごとに部屋の片付け掃除は大切です。 部屋の大掃除って聞いただけで腰が重たいのではないでしょうか。 部屋を片付けたいけど片付けられない、面倒くさい、ダルい。 その思いは、なぜここまで僕たちを苦しめるのでしょうか。 その理由は、 ズバリ!片付けたくないから あなたは「当たりまえだろ!」と思ったかもしれません。 ですが、ここがかなり重要なところなのです。 アタマでは部屋を片付けたいと思っているのはあなたもそうだと思います。 でも心のどこかでは片付けたくないと思っている自分が必ず存在するのです。 片付けの本質とは、そんな自分の隠れた思いと 決着をつけることなのです。 つまり、 片付けとは、自分にカタをつけること! 今回は、片付けのシーズンを向かえた部屋を片付けられない人に送る、 整理整頓を意識できるようになるための10の心得をご紹介します。 この機会に、シンプルライフのような透きとおった空間を創ってみませんか? (前回は、 にて、 片付けられない人の心の障害にはADHD/ADDという脳の障害もあるということと、 障害がある人ない人に関わらず大切にしておきたいシンプルな対策をお伝えしました。 ) 記事の目次• 1、最初の一歩は、良い訳を捨てること 僕たちは自分に言い訳をすることで、目の前の現実から逃げようとします。 それは理由を聞かれたときに、しっかりと答えられる人ほど強いです。 整理整頓をするには、まず心の整理として自分への言い訳を捨てましょう。 2、捨てる以外の選択肢を考えない 整理整頓とは、• 整理 = 要らないものを捨てる• 整頓 = 必要な場所に片付ける しっかりと整理できるようになるために、捨てることと向き合いましょう。 執着した心を潔く手放せる人は、見ていてカッコいいですね。 3、「勿体ない」は不要な言葉 物を大切にすることはとても良いことだと思います。 ですが、本当に物を大切にする考え方というのは、ムダな物を買わないことです。 使わずに保管することは、実は一番物を粗末にする行為なのです。 4、使うことが物への愛情 使うべきときに使い、捨てるべきときに捨てる。 物を大切にするということは、しっかりと使うことです。 愛情を持って使い、そして役目を終えたら感謝の気持ちを込めて捨てましょう。 5、捨てるときの考え方 捨てられる人は「今」使うか使わないかで判断し、 捨てられない人は、「今後」使うか使わないかで判断します。 スポンサーリンク つまり、「後」という余計な考えがプラスされているのです。 この判断基準のちょっとした違いが部屋の片づけに影響します。 6、捨てるからこそ後悔する 誰もが失敗を経験しながら成長し、成功します。 物を捨てるときも本当に必要な物は、 捨てることで失敗も学んで、自分にとって必要な物を知るのです。 「失敗は成功のもと」と言われるように失敗が大切ことは分かっても、 いざ自分のことになると失敗したくないと思ってしまうものです。 ですが 失敗しないと気付かないことはたくさんあるのです。 にて、 捨てるからこそ本当に大切なことに気づける「必要な痛み」について、 僕自身の経験をもとに気持ちの部分をお伝えしています。 7、部屋の中をすっきりさせるには 部屋の中をすっきりさせるシンプルな方法は、 収納に使う箱やケースを小さくして、減らしていくことです。 物理的に物が置けないようにすることで、ムダな物を買わなくなります。 8、迷ったら捨ててもよい 捨てるときに迷ったときはどうすれば良いかはとても簡単です。 どうしようかと迷ったときは、あきらめて捨てれば良いのです。 9、安い物はゴミを買っている 値段の安い物は、その安さの魅力につい手が出てしまいますね。 しかし、1ヶ月後、3ヶ月後にはゴミとなって部屋を占領してしまうのです。 そして、部屋を片付けられない人へとなってしまうのです。 10、部屋を片付けるために本を買う必要はない 僕たちは、部屋を片付けるために片付け本を買おうと考えます。 そして、片付け本そのものを買うことで満足し、さらに一通り読んで満足し、 結局、肝心な部屋を片付ける行動が中途半端になってしまうのです。 僕の経験上、部屋を片付けるために必要なのは「本」ではなく「決心」です。 では、 当時、僕が片付けのノウハウや知識なく95%以上捨てた経験から、 行動するためには何が大事なのかをお伝えしています。 片付けられない物に隠された才能 あなたが片付けられない物は何でしょうか? きっと、ある特定のジャンルにおいて片付けようとすると、 心が重たくなり、迷いがより一層強くなって気持ちが揺らぐものがあると思います。 洋服、アクセサリー、メイク道具、トレーニング器具、本・・・ さらには、寝室、書斎、リビング、キッチンなどの「場所」。 実は、そこには自分でも気付いていない 隠れた才能が眠っているのかもしれません。 片付けたいと思うほど、 たくさんのエネルギーを注いできたからです。 特に意識のな物や場所では、片付けようと思わないのではないでしょうか。 嫌いと思っている物を、わざわざ買い入れようとしません。 好きではない場所は、行かないし滞在時間も短いです。 洋服がたくさんあって「片付けなければ」と思っているということは、 それだけ洋服に 情熱を注いできたからではないでしょうか。 本がたくさんあって「片付けなければ」と思っているということは、 それだけ本に 情熱を注いできたからではないでしょうか。 そこに込められたエネルギーに焦点を当てると、何が見えてきそうですか? エネルギーの元を辿ると、大切なことに気付けるかもしれません。 スポンサーリンク.

次の