ウラソエ。 乙女座(おとめ座)|2020年7月の運勢|毎月更新12星座占い

沖縄県浦添市マスコットキャラクター「ウラソエ仮面」

ウラソエ

住所 〒901-2134 沖縄県浦添市港川1-34-2• 交通アクセス 港川バス停より徒歩10分/那覇空港より車で30分~40分• 駐車場 7台台 無料• ホテルウラソエで利用できるクレジットカード• ホテルウラソエの館内施設• ラクラク、観光地巡り!!• カヌー・パラセーリング・釣り・シーウォーカーなど• 各島の現地オプションや離島日帰りツアーなど• ダイビングショップが勢ぞろい!特典付きや送迎付など。 インターコンチネンタル・グランヴィリオなど。 宮古島東急やシギラベイリゾート• 久米アイランド・サイプレス• 阿嘉島・座間味島・渡嘉敷島•

次の

沖縄県浦添市マスコットキャラクター「ウラソエ仮面」

ウラソエ

「てだこの都市」、「古(いにしえ)の王都」、「暮らすように旅する都市」… 浦添市には様々な顔があります。 でも、浦添っていったいどんなところでしょうか。 浦添には浦添グスクや浦添ようどれ、前田高地(ハクソー・リッジ)、港川ステイツサイドタウンをはじめ、たくさんの魅力的なスポットがありますが、残念ながら、市内外にはまだまだ知られていないのが現状です。 そこで、浦添市の数ある魅力を取りまとめてアピールすべく、浦添の歴史文化や特徴を、4つの「物語」にしました。 ウラソエを楽しむ「うらばなし」。 知ればきっと誰かに話したくなる、浦添の「物語」をぜひ楽しんでください。 「てだこ」のまちとして親しまれる浦添。 「てだこ」とは「太陽の子」を意味し、生命を育む太陽は、かつての琉球では国王のシンボルでした。 どうして浦添が「てだこ」と呼ばれるのか。 その秘密に迫る物語です。 徳川家康に会った琉球国王がいたことを知っていますか。 しかもその王様、浦添生まれなのです。 秀吉や家康と同時代に生き、薩摩と戦った王様・尚寧。 彼の人生を、故郷・浦添や家族との絆とともにめぐる物語です。 戦後の浦添。 その発展や今の浦添のまちを知るには、4つの《通り》の成り立ちを知ることが近道!さあ、《通り》たちが生活するパラレルワールドへ。 ユニークな《通り》のキャラクターたちに出会える物語です。 映画では触れられなかった現地・浦添からみた前田高地の戦いを紹介します。 本編は浦添グスク・ようどれ館で公開しています。 ぜひ足を運んでご覧ください。

次の

UraUraLaLaLa♪ウラソエを楽しむ「うらばなし」

ウラソエ

2020年7月の運勢を分析!テーマはブラッシュアップ 2020年7月の乙女座は、自分のスキルのブラッシュアップ期間として頑張るのに適した1か月と言えるでしょう。 7月前半は、あとちょっとというところで成功を逃し、自分の未熟さを痛感する出来事に遭遇します。 でもそこで諦めずに、自分がやるべきことをしっかり見極めて。 目をそらさずに自分に向き合えば、やがてあなたの力が評価される未来がやって来ますよ。 7月後半は、周囲の人とのコミュニケーションを大切にしたい時期ですね。 会話の行き違いが生じて足並みが揃わなかったり、誤解が生じたりする可能性があるので、しっかりと意思疎通できるように心掛ればトラブルを回避することができますよ。 ビジネス面では、1人で頑張るよりも、複数の人達と力を合わせたほうが、なにかと上手く星まわりです。 ワンポイントアドバイス 乙女座は責任感が強く、コツコツと努力するのが得意なお人柄ですね。 この1か月は、「あとちょっとだったのに……」と、目の前で成功を逃し悔しい思いをするときがありますが、深く落ち込み過ぎないでくださいね。 その失敗にしっかり向き合う姿勢が、大きな成功を導くキーポイントになるはずなので、前向きに捉えていきましょう。 対人面では、ちょっと気を付けたい時期でもあります。 乙女座は自分に厳しくてしっかり者なのですが、周囲の人にもその厳しさを無意識のうちに押しつけてしまう傾向があります。 言い方によっては、あなたの意図に反して重く捉えられてしまい、揉め事を引き起こしてしまう可能性も。 いつもより優しい言葉や、ソフトな口調を意識してトラブルを回避しましょうね。

次の