男爵 ディーノ ジャンプ 感想。 男爵ディーノ_ジャンプ35号感想

ジャンプ感想(38号): マンガ好きA

男爵 ディーノ ジャンプ 感想

男爵ディーノ_WJ28号感想 WJ28号感想 冨樫先生の目次コメントの意味が分かりません・・・。 やられたなあ。 先週の 報酬カード選択の予想はさっぱり外してしまいました。 あまりにも便利なアイテムが多すぎるため、どれかを具体的使用を目的にアイテム化したならば、今後のストーリーに支障をきたします(どんな状況にあっても、どれかのカードがあれば解決できそうですし) なので、このカード選択は 次のシリーズに関わらない、その場で終わるものだと思い、バッテラ氏へのプレゼントと踏んだのですが、まさかあれだけ何度も「手がかりはない」といっていたジン関連だったとは(!) 普通のマンガだったら 「なんだよ!あれだけ本文で関係ないっていってたのに!ひどいや!」って思うところですが、ハンターだと 「そこまで含めてジンの狙いなのか」と思えてしまいます。 うーん、しかし、さすがにここまでの 脳内補完は ファンとして正しい姿なのでしょうか・・・なんか、信者っぽいなあ。 まあしかし、ニッグをジンと考える流れにつっこみどころはないし、良かったと思います。 アカンパニーの先は結局カイトで「ハズレ」でしたけど、それはそれで物語的には進展はあったということで。 それにしても今週も絵が酷い。 夢にまで見たブループラネットの素晴らしさが一切まったく何一つ伝わってきませんでした。 わぁ、コミックスが楽しみだなあ(皮肉) そして、そんなブループラネットを手に入れゴキゲンなビスケとは今週でお別れ。 ハンターというマンガの性質からして、二度と出てこないか、もしくは当分時間を置かないと出てこないでしょう。 ポックルさんも出てきませんしね。 そういえば、ついにG.I.内でジェイトサリさんが出てこなかったのが残念。 それから、何の注釈もないことから、G.I.内では普通にゲームが続けられる模様。 ということはやっぱり、レイザーさんは死ぬまで灯台守だし、ドゥーンさんはお城で怠惰に暮らすのでしょうか。 そしてモタリケさんは最後までゲームから脱出できない、と。 ちょっと信じられないことに連載に格上げされました。 やっぱり信じられません。 さて、今度の連載は 読者にどれほどの苦痛を与えるマンガ かと恐る恐る読んでみたのですが、あまりに警戒しすぎていたせいか、別に全然辛くない 普通につまらないマンガでした。 つまらないといっても、読切時のように いますぐジャンプを床に叩き付けたい衝動に駆られるものでもなく、 「つまらねーなー」と思いながらも最後まで適当に流し読みできるレベルで、2年前と比べて 格段にレベルアップしたように思われました。 もしかして、2年前もそんなにつまらなくはなくて、単に僕の人格が穏やかになっただけかもしれませんね。 まあそんなわけで、今週は本格的にテコンドーが描かれていないことも手伝って、そんなに酷い作品ではありませんでした。 とはいえ、今後テコンドーに話が集中していけばつまらなくなるのは目に見えてますし、どうあがいても11週打ち切りは確定と思われるので、しばらくの間とは思いますが遠くから生暖かく見守りたいと思います。 (そして、ガッカリしたでしょう) 別に今週の話がとんでもなくレベルが高かったという意味ではありません。 今週の話の要素要素が僕の嗜好に沿っていたというだけの話です。 タイトルの 「海賊ルフィVS神・エネル」 このタイトルを見ただけで僕の心は踊ったことでしょう。 これまでのワンピースを知らないならば。 海賊という 海の狂気と、 傲慢な神との戦い。 神殺しのストーリーとしては、胸昂ぶる話ではありませんか。 しかし、残念なことに実際のワンピースは、 海賊とは名ばかりの単なる正義感の強い船乗りたちと、 神の神性よりも勧善懲悪の「悪」の意味のみを背負わされた何だか強い人の戦いです。 海賊が神を倒すという、それだけ聞けばこれ以上ないほどに魅力的な話が、蓋を開けてみれば良くある少年バトル漫画でしかない。 自分でも何が言いたいのか良くわかりませんが、なんだか勿体無いなあ、と。 もちろん、ワンピースが僕の望むような方向性だったならば、これほど子供たちに人気を博すことはなかったでしょうが。 いままでのワンピースの設定・ストーリーを全て忘れて、19Pの読切作品(壮大な神話的叙事詩の一挿話くらいに考えると良い) と思って読めば、ほどよく謎めいていて楽しかったです。 あ、この読み方は結構斬新かも・・・。 黒猫の楽しみ方に続き、新しい発見です・・・。 脳内補完、脳内補完。 各所で「なんのためにいるんだ?」とその 存在必然性が疑問視されていた、 原尾クンですが、彼は何気に ホワイトナイツにおける桜庭ポジションみたいです。 今週はセナがほとんど動いてないにも関わらず、栗田の立ち直り、ヒル魔とハァハァ三兄弟の活躍など、とにかく内容の濃い凝縮された一話でした。 それにしても太陽高校の女子の制服はカワイイですなあ。 えーー。 えーーー。 やっぱり ベルゼブブじゃないっすか。 神クラスじゃないっすか。 なんでこんなによわっちいんですか?? どう考えても花組3人の持ち霊より遥かに強そうなのに。 えーーー。 王者・立海大附属がもたらすのは「恐怖」の2文字のみらしいですよ。 中 学のテニス部がもたらすものは恐怖のみなんですよ。 世も末ですね。 各所から 「中学生のリアル性欲は気持ち悪い」と評判の 剣太郎クンですが、今週の「何てボクって凄い」の一連の台詞で大分キャラが立ってきましたね。 彼もようやくテニプリ変態プレイヤーの仲間入りを許されたといえるでしょう。 あんな真剣な表情で言われてもなあ。 あと、ラストの 何がどうなってケガをしたのか分からない海堂も何気に良いですね。 ここでケガをしてこめかみから血を流す必然性を(うがった見方で)考えると面白いです。 きっと喜ぶ方が多くいらっしゃるのでしょう。 ツッコミを楽しむバカ漫画ではなく、普通に読了に耐えれる漫画だと思います。 少なくとも今週は。 それはそれとして、来週からセトさまの どんな狼藉が繰り広げられるかと思うと、おばかな展開を期待したい気がしなくもないです。 ゲフン。 猿野は、いや鈴木先生は 初めから野球をバカにしていると思いますが。 世の中にはこんなセリフに心を打たれたりする人もいるのかなあ。 実はこれは広い意味でギャグで、読者は今週の剣菱のセリフで爆笑する感性を要求されているのでしょうか。 しかし、ゴキネタはカンベン・・・。 ヒィーーー。 とりあえず長い間お疲れ様です。 あとはウルトラレッドとドッキリとSANTAと、個人的にはそろそろいちごに終わって欲しいかな。 先週から思っていたことですが、 イヴは翼があるのはいいけど、まったく羽ばたいていません。 そんなことで飛べるのか?と黒猫に慣れていない人は思うかもしれません。 しかし、本当は 鳥は羽ばたかなくとも飛べるのです。 翼を持つものは、 ただ翼があるだけで、空を自在に飛べるのです。 鳥などが羽ばたいているのは全く無駄な努力なのです。 偉大な矢吹先生は先週からの 羽ばたかないイヴを描くことにより、 多くの人々が勘違いしている科学的事実を教えてくれているのです。 さらに(いまさら言うこともありませんが)矢吹先生は ナノマシンに 無限の可能性を見出しています。 小さな世界観にとらわれた私たちでは、ここまで自由な発想を持ってナノマシンの可能性を追求することは出来ません。 まさか ナノマシンで身体が鋼鉄化するなんて、 普通はとても考えられないことです。 しかし、きっと未来においてはナノマシンで身体を鋼鉄化することも可能なのでしょう。 矢吹大先生がそう仰っているのですから、間違いありません。 また、リオンが 「盾を創ろうがガードできるレベルじゃない」といっているにも関わらず、 身体を鋼鉄化すれば防げる、というところが素晴らしいですね。 これは黒猫を真剣に読んでいない人には 「身体の一部を(おそらく鋼鉄製の)盾にする」ことと「身体を鋼鉄化する」ことの違いがさっぱり分からないと思います。 なぜ、前者では防げないのに、後者では防げたのか? 答えは簡単です。 イヴは盾を創ることでも、リオンの攻撃は防げたのです。 ただ、 あえてそうしなかっただけなのです。 何故かと言えば、今週の黒猫で語られる 聖母のようなイヴの慈愛を考えれば一目瞭然です。 そう、つまりは リオンへの思いやりです。 リオンが「盾では防げない」といっているのに盾で防いでしまっては、 リオンのプライドはボロボロです。 これでは素直に星の使徒を抜けようという気持ちにはならないでしょう。 そうではなく、「身体を鋼鉄化する」ことで、リオンに対して 「あなたの攻撃は確かにすごかったわ。 私、とても盾じゃ防げないから、身体を鋼鉄化しちゃった」というメッセージを送っているのです。 実際のところ、盾を創ることも身体を鋼鉄化することも何も変わらないのですが、リオンは年少ゆえそれで納得したことでしょう。 確かに、うがった見方をすれば、子供騙しと捉えることも出来るかもしれません。 しかし、今週のイブに 子供をあやす母親のような慈愛を見たのは僕だけではないはずです。 あと蛇足ではありますが、 「デスツイスター」という矢吹先生のネーミングセンス。 リオンのような年頃の子は何でもかんでも 「うんこ」とか「ちんこ」とか「死んだ」とかいいたくなるものです。 そこから考えれば、リオンが デスという単語を用いたことは 少年心理に照らし合わせても 道理の通ったものでしょう。 もちろんセガサターンの超名作ソフト 「デスクリムゾン」に対する矢吹先生のリスペクトが含まれていることも押さえておきたいですね。 また、 竜巻の英語に ハリケーンではな くツイスターを用いたことは、やはり ケンタッキーのツイスターを踏まえてのことでしょう。 偉大なる矢吹先生は、 ジャンクフードに毒された現代の少年少女のことを憂いて、このような形でメッセージを送ろうとしているのでしょう。 デスツイスター、なんと思慮深く、知的なネーミングセンスでしょうか。 「重力張り手」と並んで、その偉大なるネーミングセンスを称えたいと思います。 矢吹先生は偉大です。 矢吹先生は偉大です。 PCのみならずPSなどもあります。

次の

男爵ディーノ_WJ13号感想

男爵 ディーノ ジャンプ 感想

シズク同盟の「天然メガネっ子同盟」盟主さんのページです。 WJの感想もありますよ。 加盟の際に、これからもさらなるメガネっ子好きとしての腕を磨いてください、とのお言葉を頂きました。 精進したいと思います! つぐみさんのジャンプ等、感想ページ。 アイシールド21の感想が多め&核心を突いていて、いつもすごいなあと思ってマス。 しばしば名前の変わるきれいなスネ夫さんのHP。 いちはやくBLACK CATの素晴らしさ、矢吹先生の偉大さに気付いた先見あるHPです。 リュオンさんのページ。 男塾ページには「男塾好きに100の質問」があります。 また「男塾単語」の項はためになります。 あんよさんのページ。 ものすごく精力的な元祖アニプリ考察文があります。 ジャイアント・ロボのファンサイト。 詳細なキャラクター紹介・メカ紹介。 組織分析があります。 トレカの情報も・・・。 ジャイアント・ロボのファンサイト。 元ネタを探せ!は重宝する情報だと思います。 「水滸伝」と「バビル二世」が多いことに気付きます。 僕が毎週ハンター感想をロムってるページです。 管理人のらるみさんはウボー好き。 人の感想を見ると絶対に影響を受けるので、自分のジャンプ感想を書いたあとに見るようにしています(笑) CG中心の男塾サイトです。 「男塾個人的に忘れられないキャラクター」にある大豪院邪鬼の美麗CGは必見! 別人です。 ディーノも描いて欲しいなぁ(爆) 週刊少年ジャンプさまの公式HPです。 「フラッシュうぜーんだよ」とかいってはいけません。 「ハンターページ情報少なすぎ!」とか口が裂けてもいえません。 でも「ヒカ碁」のページはすごくいいですよ。 あれ?JOJOも結構いいじゃん。 ダメなのはハンターだけ?(泣) 週刊少年ジャンプに関するリンク集。 圧倒的な情報量を持ち、アストロ球団サイト集などもあります。 僕の知る限り最もアストロ情報のあるページ。 少年マガジンでいちばんイケてるマンガ、MMRのページもあり。 男塾元ネタページなどもあります。 相互無断リンク。 「天才醤油少女カオリ!! 」のファンサイトです。 ストーリー紹介・キャラ紹介は現在第3部まであります。 おそらくカオリファンサイトでは最も充実した内容だと思います。 無断リンク。 「『chikage』で検索かけたら扇千景が大量ヒットして死ぬほどヘコむ。 」などのたまっていらっさる熱い漢のシスプリサイト。 妹の名前と顔が一致しない人はとりあえずココで修行を積みましょう。 はまーさんのWJ感想ページ。 感想ページに特化してあるため、非常に分かりやすく見やすいページになってます。 他感想ページへのリンクページもあり。 相互無断リンク。 尾玉なみえ先生の「純情パイン」ファンページ。 妄想掲示板には尾玉先生ご本人のカキコミがあったことも・・・。 いいなぁ。 パインコミックス1巻で「アニメにしてもらって・・・」はおそらくココのことと思われます。 同じく、「純情パイン」ファンページ。 尾玉先生のプロフィールや巻末コメント一覧もあります。 パインコミックス1巻や巻末コメントでの「アンケートを参考に・・・」はおそらくココではないかと言われています。 ま・くべりんさんのサイト。 掲示板と投票がたくさんあります。 オススメは悪役名簿のガンダムとドラクエ。 イラスト・文章ともに素晴らしいです。 でもドラクエ4はピサロのせいでなく、AIのせいだと思います。 ちいこさんのジャンプ感想ページ。 ジャンプ感想はイラストメインのようです。 他にもゲームレビューなど。 ジャンプ総合検索サイト。

次の

The 男爵ディーノ_男爵ディーノ考まとめ

男爵 ディーノ ジャンプ 感想

The 男爵ディーノ掲示板 The 男爵ディーノ掲示板では書きこみ者同士は名前に「さん」をつけて呼び、田仁志を呼ぶときは「さま」をつける。 挨拶の言葉は「ごきげんよう」。 攻撃的な物言いはせぬように、煽りを煽りで返さぬように、まったりとスルーするのがここでのたしなみ。 もちろん、ジャンプのネタバレを発売日の0時以前に行うといった、はしたない読者など存在しない。 ハンドル名は自動で「真ナルト信者」となります。 cagami. shitaraba. shitaraba. shitaraba. shitaraba. shitaraba. shitaraba. shitaraba. …いや、もしかしたら我々の世界にも昨日まで「銀河」はなかったのかも知れませんが… ヴィクトールが曜日の存在を知っていたのは、過去に一度銀河が討伐されていてそのことを確認したのか、それとも追加される理の順序と内容を知っていて、まだ99番目が 予想に反して 追加されていないことで力を推し量ったのか、どちらでしょうね。 shitaraba. 主人公達がほぼ絡まず、しかも主人公よりも格下チームのバトルなのにしっかり描こうというのは、葦原先生の強い自信を感じました。 普通なら「いいから早くランク戦の後を見せろよ」ってなりそうなのに、それでも面白いのは凄いなあ。 ただ、この中位戦をランク戦最終盤のタイミングで描くからには、今後の大きな展開に関わりそうな気がするんですが、それがどうなるのか見当もつかない…。 那須さんが遠征部隊に抜擢されるような展開は無いだろうし…。 あとこれは若村が犬飼の弟子だって分かった時からなんですが、この師弟はどういうやり取りを普段してるのか凄く気になる…。 あまり若村が教え下手な気はしないし、若村がパッとしない感じなのは何なんだろうとか、 犬飼は若村に何を見込んで弟子にしたんだろうとか(素質とか無関係で、奈良坂・茜みたいなプライベートな関係から師弟になったのかもしれないけど)、 今の所若村が犬飼の弟子である必然性はストーリー上感じないので、その辺の謎が分かるのを期待してます。 今週の戦いを見る限り、先に高所に陣取って戦うって戦術も那須隊の一人勝ちにさせないためには必要でしたし。 正直、合戦パートには期待してなかっただけに驚きもひとしおですよ。 今回の個人的MVPは今川義元。 まんまと釣りに引っ掛かったけど、無暗な乱取りを許さない彼の姿勢からは時代にあるまじき教育の良さを感じました。 100日後に死ぬのか?気になるが続きが仕事で観れない。 扱う事件そのものはイマイチだけどね。 人間的な陰謀や策略や関係ドラマは面白いならいいんだけど、今の所、星人の不気味さしか面白いとは思わないかなあ。 そういう人間臭いドラマは、ガンツや仮面ライダーに届いてない気がする。 ・つぐもも カズヤがお母さん欲しさ 寂しさからか)に作り出したアマソギだったのか。 でそのアマソギはカズヤを殺して(カズヤの支配から逃れるため?)、改めて母親 コピー)を作り出そうとしてたのか。 でも、カズヤを殺させなかったのは、母親 コピー)がカズヤと戦いたかったからか?それとも少しデレたからか? この辺、まだ原作読んで無い)。 人気さえあれば3期も期待できるけど、今の所、微妙な人気なんだよなw ・ピータグリルと賢者の時間 エロだけを求めてみたら、ガックリすると思う。 基本エロギャグ漫画だからな。 ・コナン(今週) 首吊りなら自殺したって勘違いするだろうけど、逆さ吊りで死んだと思うのは変じゃないかw モンスリーのやさしさなのか、ためらいなのか、完全拘束 手と足もくっつける)事はしなかったのは。 単純な悪口などは当然禁止 1. 「これがギスギスした感じか」と即座に理解出来る紳士的振る舞いをせねばならない 1. 以下,あげんなボケ お前もあげてるんですけどのパターンをお送りします。 構ってちゃんかよ。 正直ここの掲示板でNO1のコテハンは自分だといっても過言ではない気がする。 fool. fool. fool. ポケモンGO関連なんでもスレ。 世界的ですもんね。 乗るしかない このビッグウェーブに。 「この建物にこれ配置してやろ!」みたいな遊び心があるかと思ったけど 訴訟対策でしょうか。 普通は駅前などポケストップがある場所から動かずにきょろきょろするものだが、不忍池は池の周りにぐるっとポケストップがあるので1周するだけで道具が溜まる。 大勢の人が歩きスマホをしながら誰にもぶつからず一心不乱に池の周りを行進し続けているのは異様な光景であるw そしてたまにミニリュウが出たらダッシュでその場所に向かう。 元気な人たちだw itoさん 田舎だとポケストップ自体ないのでモンスターボールは買わないと手に入らないそうです。 週刊・隔週・月刊・季刊は問いません。 かわいい。 ヒーローネーム被害者の会に入れそうな童帝さんは本当に頑張ってたけど、シッチとかセキンガルまで含めてゴミ扱いされるのは悲しいなぁ…まぁシッチの犯罪者動員策は褒められたもんじゃないけど。 情報番組で取り扱うような 事件・災害・芸能・流行・政治・経済・新商品など 気になった事柄について何でもどうぞ。 今話題のスーパーシティ法案なんて自民党による日本の中国共産党化計画そのものですね。 pixiv. 自分は観ていなかったが、近しい人間が大ファンだったので どういう番組かは大体把握している。 ネットでは「SNSに責任をおっ被せて番組の責任を無しにしようとしている」という論調が強いが 自分の意見ではこれは7:3でSNSの責任である。 大体リアルマンショーのみならずテレビ番組なんてものはフィクションなのであり、それをいかに リアルに見せるか、が演出の腕の見せ所なのである。 その作られたリアルに一喜一憂するのが視聴者 なのであるが昨今はSNSのせいで演者と視聴者の精神的距離が近くなりすぎてしまったのが最大の問題。 「昨今」と言ったが昔だって「赤い~」シリーズでヒロイン山口百恵をいびっていた秋野暢子は 石を投げられたり親が買い物を拒否されたというし、「男女七人」で空気の読めない役を演じた 山下真司は地方で中高生に罵倒されたという。 こういった現実と虚構の区別のつかない輩が「CM上の演出です」というたわけたテロップを出させる 原因になったりするわけで、匿名というバリヤーに守られて好き勝手やってる連中を規制するには 「このご意見は実名でないと投稿できません」フィルターが必要ではなかろうか。 当然調子に乗って加害演出をエスカレートだけさせて素人である演者ケアを怠った制作側には 何らかの制裁があってしかるべきだし、全てを「空気読めん奴らは困る」で片づけるのは大間違いなのだけど。 shitaraba. shitaraba. shitaraba. shitaraba. shitaraba. shitaraba. 相手の情に期待するような術式を使うタイプにも見えないし。

次の