ある日 お姫様 になって しまっ た件について ネタバレ 60。 捨てられた皇妃【第105話】あらすじ感想ネタバレ

Mercury GLobal

ある日 お姫様 になって しまっ た件について ネタバレ 60

毎週金曜日に最新話が公開されます。 前回のあらすじは、襲い掛かってきたのはC級モンスター・ダンジョンジャッカル。 猟犬のように放たれたそれは、知性あるモンスターがいる証拠だった。 そうしてやってきた本来の敵ハイオーク。 オークの中でも上位種で武装しているハイオーク戦士だ。 それぞれがA級ハンターと同等の力を持っており、人数もハンタースの攻撃隊より多かった。 スキルや魔法が通用せず、どんどんと追い込まれるハンタース達。 旬は荷物を置くと隠密状態になり、ハイオークの首を切り裂くのだった。 詳しくはにてまとめてあります 登場キャラクター一覧は 漫画「俺だけレベルアップな件」最新話70話のネタバレ 外園はハイオークを倒す。 何故か突然戦闘が楽になったのだ。 旬が隠密状態で、バレない範囲でできるだけハイオークを傷つけ、弱体化させたたのだ。 何匹かは旬の存在に気づいたので即始末する。 ハンタースは国内最強のギルド。 その精鋭達なのだから、ハイオークを倒せてもおかしくはない。 だがハイオークは侮れない相手なので、既に死にかけた者もいるし、このまま見過ごせなかったと思う旬。 レベルが1つ上がったので、サポートだけでも経験値は稼げるようだ。 このダンジョンを一人で攻略すれば1つぐらいレベルは上がったかもしれない、だがここはハンタースが大金で購入したダンジョンなので、部外者はでしゃばらず適度に手助けするだけにしようと思う。 そうしてハンタースの攻撃隊は、ハイオークの群れを撃退できた。 本当に倒せたのかと茫然とする一行。 息さえしていれば助けることができるとヒーラーが声をかけ、死人がでなくて良かったと話すハンター達。 しれっとした顔で一行の後ろに立つ旬。 そんな彼を睨む眼鏡っこ魔法使いは、あの荷物持ちは私たちをバカにしている、隠密スキルぐらい魔法使いが気づかないわけないだろうと、彼を怪しんでいた。 ヒーラーの女が外園に、先ほど自分を襲ってきたハイオークが空中で首が引きちぎれたのだと説明する。 誰かが魔法を使ったのかと、金髪の女魔法使いリナに聞いてみる外園。 だが私の魔法ではないとの答え。 私たちは火力重視の集まりなので、呪い系魔法や暗殺系のメンバーはいないだろうという彼女。 眼鏡っこも、彼女の言う通りうちの攻撃隊にはそのような人物はいないと、旬を見ながら話す。 だが、正体を隠すからには何か理由があるのだろうと、彼女はそれ以上彼を追求しなかった。 戦いの途中からハイオークの動きが鈍くなったようだが、何にせよ大きな被害がなくてラッキーだったと、外園は話す。 このまま進むのかとメンバーから問われる外園。 まだダンジョンからそんなに進んでいないのにこれだけの強敵が現れた、奥に行けばどのようになるかわからない、ハイオークが出た以上、最上代表か副代表に来てもらうしかないと話すメンバー達。 一回撤退してはどうか、ヒーラーの人数を増やすか、高い貫通力を持つ魔法使いが3人は必要だと。 今回攻撃隊を任された初のレイドでこのようなことになり残念だが、戻るしかないと言われた外園は、自分の望みを手放すことになるが、撤退を決意する。 メンバーはホッとし、軽口を叩きながら出口へと向かった。 だが出口は、高度な魔法の結界がかけられており、出ることができなかった。 いつもはこんなことないのにと驚くメンバー。 解くのに時間がかかるかもしれないがと、眼鏡っこが解除を試みる。 これほどの魔法を扱う者がこのダンジョンにいるのか、撤退は正解だ、自分達では攻略できないだろうと考える彼女。 すると恐ろしい魔力の波動を感じる一同。 まさかこれが今回のボスの魔力なのかと、あまりの凄まじい魔力に皆騒然とする。 これは早く脱出しなければとリナとランタンの魔法使いも結界解除に参加する。 普段魔力を体感できていないハンターですらボスの魔力を感じ取った、スケールが違いすぎる、何故ゲートの外ではこの魔力を感じられなかったのか、まさか意図的に魔力を隠せるのかと考える旬。 すると魔法使いたちが突然苦しみ始め、血を吐いた。 魔法使いにだけ呪いの魔法がかけられたようだ。 そして攻撃隊の後ろには、無数の赤く光る眼が迫ってくるのだった。 漫画「俺だけレベルアップな件」最新話70話の感想 このままでは全滅してしまうので、部外者ながらも旬は戦闘に参加しました。 隠密でハイオークの体力を削りばれないようにしていました。 ただハンタースも精鋭揃いで自分の力量は理解しているので、自力でハイオークを倒せたとは思ってはいないようですね。 皆ボロボロの中、旬だけ無傷なのも怪しまれそう。 攻撃隊を率いる外園は、今回がうまくいけば正式なリーダーとして認められる予定でしたが、我を通し仲間を危険にさらすわけにはいかず、撤退を選択しました。 あのまま進んだところでどうにもならないですしね。 しかし撤退しようにも出口が塞がれていた上、とんでもない魔力を持つボスの存在が明らかに。 今までは考えられなかったことがどんどんと起きてきていますね。 旬がアクシンデントを呼び込んでいるのか、旬がプレイヤーとなったことで、イベントが活性化したのでしょうか。 レッドゲートのことも、今回のことも、旬の父親のことも。 そういえば旬の父親は、恐ろしいことが迫っていると言っていましたね 今回のようなアクシデントは、その関連なのでしょうか。 どんどんと本隊が地球に侵略してくるということですかね?そしてそれを阻止するプレイヤーを選ぶために、二重ダンジョンの試練があったのでしょうか。 今回閉じ込められたことで、旬は正体を明かさずには済まないでしょう。 ただ彼が参戦するからには、誰も死ぬことなく無事に脱出できることを期待します。

次の

【捨てられた皇妃】原作は?いち早く読めるのは?情報まとめページ│知識忘備録 ナレッジタワー

ある日 お姫様 になって しまっ た件について ネタバレ 60

悲運のサブキャラプリンセスに転生!? ある時、彼女は自分が 人気のネット小説『かわいらしいお姫様』に登場するお姫様・アタナシアに転生してしまったことに気づきます。 しかし、 アタナシアは18歳の誕生日に父親であり冷酷な皇帝・クロードに殺されてしまうという悲運の持ち主。 なんとか 自らの死亡エンドを回避しようと、アタナシアは奮闘することを決意します。 処刑されてしまう18歳になる前に、この場所から出ていく。 月日を重ねていく中でアタナシアとクロードのふたりがどういった親子関係を築くのか、アタナシアは死亡エンドを回避できるのか。 ぜひご注目ください!• しかし、アタナシアは父親の皇帝・クロードに見捨てられた姫で、周囲にも冷たく扱われている。 小説の中では、妹で主人公姫のジェニットに毒を盛った濡れ衣を着せられ、18歳の誕生日にクロードに殺されてしまう運命のアタナシア。 どうにかして冷酷な皇帝パパから距離をおこうとするけれど、なんだかパパは私をかまいたがっているようで…? 【書誌情報はこちら】 【試し読みはこちら】• 詳細は各店舗にご確認ください。

次の

【宮に咲くは毒の華】待たなくても読めるサイトは?│知識忘備録 ナレッジタワー

ある日 お姫様 になって しまっ た件について ネタバレ 60

ルーカスが世界樹の枝をどうにか使って,クロードを治療します。 そして記憶を取り戻したクロードは,相変わらずアタナシアを溺愛します。 自分の出生の秘密を知ったジェニットは,否定を求めるようにクロードを父と呼びますが,クロードはそれを拒絶します。 哀れに思ったアタナシアは,絶望に陥ったジェニットをイゼキエルに託します。 その数日後にアタナシアとクロードは,ボートで会話をします。 この際にクロードはダイアナについてを思い出して,アタナシアが「ママに会いたいな。 」と言うと,「俺もだ。 」と言い,アタナシアは嬉しそうにはにかみます。 最後に処刑される年の18歳の誕生日を迎えたアタナシアと,彼女と結ばれたルーカスが,アタナシアの誕生日を告げる鐘の音と同時にキスをして,本編は終了しています。 ざっとまとめますとこんな感じです。 語彙力なくてすみません…….

次の