シカ 奈良。 コロナ禍の観光客減で奈良公園のシカが「野生化」自然採食が増加

観光客減少で奈良公園のシカが“野生化”…これはいい影響?専門家に聞いた(FNNプライムオンライン)

シカ 奈良

ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の

「奈良のシカ」飢えてない 保護団体、新型肺炎で:時事ドットコム

シカ 奈良

調査を行ったのは、北海道大学・立澤史郎助教の研究グループと「奈良の鹿愛護会」。 新型コロナウイルスによる観光客の減少で、「奈良のシカ」の行動にどのような変化が出ているかを調べるため、感染拡大前の1月と感染拡大後の6月を比較したのだ。 奈良公園の中心部に滞在するシカが減少 前提となるのは、2019年7月時点の奈良公園周辺に生息するシカ、1388頭。 これを100%として、1月と6月に奈良公園の中心部で確認された頭数を比較すると、以下のような結果となった。 【昼】 1月:71. 9% 6月:50. 2% 【夜】 1月:56. 5% 6月:34. 9% 1月と比べて6月は、昼、夜ともに大きく減少していた。 これはなぜなのか? 理由として考えられるのは、人から餌を与えられる機会の減少。 北海道大学の研究グループは、餌を与えられる機会が減ったことから、奈良公園の中心部に滞在する時間が減る一方、周辺の山などで自然の植物を探す「自然採食」の時間が増えたためとみている。 野生のシカは、日の出前後に森林部から草原部に出て採食し、そして日没前後には逆に採食しな がら森林内に戻って夜を過ごす習性を持っている。 奈良公園でも、かつては朝夕に大規模なシカ集団のこのような移動がみられていたが、近年はその規模が縮小し、夜間も草地等のオープンな場所(主に平坦部)に留まる個体が増えていたという。 1月の調査では、昼に休息しているシカは19. 3%だったのが、6月は59. 1%に増加。 夜は1月が37. 9%(自然採食と合わせると49. 2%(自然採食を合わせると90. この理由について、北海道大学のグループは「観光客(公園利用者)との接触が減ったため」とみている。 また、休息するシカが増えたことについては、反すう(=いったん飲み込んだ食べ物を再び口に戻すこと)をしっかり行えるようになり、「栄養状態が改善されつつあると予想される」と前向きに捉えている。 一方で、「よかれと思って食物を与えても、実際にはシカから野生動物として不可欠な休息や反すう、自然採食の時間を奪い、代わりにストレスを与えていたのだと言えます」といった指摘もしている。 新型コロナウイルスの影響で、野生の状態に近づいている、奈良公園のシカ。 野生の状態に近づいていることは、シカにとって、良いことと言えるのか? 北海道大学の立澤史郎助教に話を聞いた。 また、動物集団として人に依存しすぎると、それこそ抵抗力が弱く、感染症などに弱い集団になりますし、奈良公園のシカはすでに高齢化・低増加率集団になっています。 このためにはどうすればよい? これは本質的な課題ですが、戻すべきかどうか、戻せるかどうかということも含めて、議論が必要だと思います。 また、現状の把握もまだまだ不十分です。 ですからあくまで私個人の意見ですが、この30年ほど、人への依存度が高まっている背景には、以下の2点があります。 ただ、それでは長続きしませんので、上記の2点について軌道修正することが不可欠だと思います。 しかし、考えてみれば、先人たちは、シカが闊歩する町並みやシカ害を防ぐシカ垣などのノウハウを駆使して、天然記念物としての、また、世界遺産の住人としての「奈良公園のシカ」をオンリーワンの存在に育て上げてきたと言えます。 そう考えると問われているのはシカではなく、我々、人間側の覚悟や姿勢なのだと思います。 新型コロナウイルスの影響で、野生の状態に近づいているという奈良公園のシカ。 立澤助教によると、重要なのは、不要な干渉でシカたちの自然採食と休息、反すうの時間を奪わないようにすること。 外部サイト.

次の

奈良のシカ、せんべいもらえず凶暴化? ウワサ確かめた [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

シカ 奈良

調査を行ったのは、北海道大学・立澤史郎助教の研究グループと「奈良の鹿愛護会」。 新型コロナウイルスによる観光客の減少で、「奈良のシカ」の行動にどのような変化が出ているかを調べるため、感染拡大前の1月と感染拡大後の6月を比較したのだ。 奈良公園の中心部に滞在するシカが減少 前提となるのは、2019年7月時点の奈良公園周辺に生息するシカ、1388頭。 これを100%として、1月と6月に奈良公園の中心部で確認された頭数を比較すると、以下のような結果となった。 【昼】 1月:71. 9% 6月:50. 2% 【夜】 1月:56. 5% 6月:34. 9% 1月と比べて6月は、昼、夜ともに大きく減少していた。 これはなぜなのか? 理由として考えられるのは、 人から餌を与えられる機会の減少。 北海道大学の研究グループは、餌を与えられる機会が減ったことから、奈良公園の中心部に滞在する時間が減る一方、周辺の山などで自然の植物を探す「自然採食」の時間が増えたためとみている。 野生のシカは、日の出前後に森林部から草原部に出て採食し、そして日没前後には逆に採食しな がら森林内に戻って夜を過ごす習性を持っている。 奈良公園でも、かつては朝夕に大規模なシカ集団のこのような移動がみられていたが、近年はその規模が縮小し、夜間も草地等のオープンな場所(主に平坦部)に留まる個体が増えていたという。 1月の調査では、昼に休息しているシカは19. 3%だったのが、6月は59. 1%に増加。 夜は1月が37. 9%(自然採食と合わせると49. 2%(自然採食を合わせると90. この理由について、北海道大学のグループは 「観光客(公園利用者)との接触が減ったため」とみている。 また、休息するシカが増えたことについては、反すう(=いったん飲み込んだ食べ物を再び口に戻すこと)をしっかり行えるようになり、「栄養状態が改善されつつあると予想される」と前向きに捉えている。 一方で、「よかれと思って食物を与えても、実際にはシカから野生動物として不可欠な休息や反すう、自然採食の時間を奪い、代わりにストレスを与えていたのだと言えます」といった指摘もしている。 新型コロナウイルスの影響で、野生の状態に近づいている、奈良公園のシカ。 野生の状態に近づいていることは、シカにとって、良いことと言えるのか? 北海道大学の立澤史郎助教に話を聞いた。 また、動物集団として人に依存しすぎると、それこそ抵抗力が弱く、感染症などに弱い集団になりますし、奈良公園のシカはすでに高齢化・低増加率集団になっています。 このためにはどうすればよい? これは本質的な課題ですが、戻すべきかどうか、戻せるかどうかということも含めて、議論が必要だと思います。 また、現状の把握もまだまだ不十分です。 ですからあくまで私個人の意見ですが、この30年ほど、人への依存度が高まっている背景には、以下の2点があります。 ただ、それでは長続きしませんので、上記の2点について軌道修正することが不可欠だと思います。 しかし、考えてみれば、先人たちは、シカが闊歩する町並みやシカ害を防ぐシカ垣などのノウハウを駆使して、天然記念物としての、また、世界遺産の住人としての「奈良公園のシカ」をオンリーワンの存在に育て上げてきたと言えます。 そう考えると問われているのはシカではなく、我々、人間側の覚悟や姿勢なのだと思います。 新型コロナウイルスの影響で、野生の状態に近づいているという奈良公園のシカ。 立澤助教によると、重要なのは、不要な干渉でシカたちの自然採食と休息、反すうの時間を奪わないようにすること。 【関連記事】.

次の