新居浜 市 教育 委員 会。 教育委員会の概要 松山市公式ホームページ PCサイト

新居浜市が育鵬社初採択 中学教科書

新居浜 市 教育 委員 会

次回の教育委員会会議は,次のとおり開催予定です。 【第4回教育委員会会議】• 日時 2020年(令和2年)7月29日(水曜日) 14時~• 場所 福山市役所 教育委員室• 議題 会議開催日の1週間前頃に掲載予定です。 〔留意事項〕• 教育委員会会議は傍聴することができます。 傍聴を希望される方は,事前に教育総務課までお問い合わせください。 なお,傍聴人多数の場合は入室できないことがありますので,ご了承ください。 会議の流れは,報告事項,議題,協議事項の順に行います。 会議は原則公開ですが,議題によっては非公開となる場合があります。 議題は変更となる場合があります。 会議資料等の公開について.

次の

新居浜市が育鵬社初採択 中学教科書

新居浜 市 教育 委員 会

今日はのため延期になっておりました総会・定例会を開催しました。 総会はいつもの事業報告・会計報告などでしたが、中止となっていた史談会展示会をあかがねとの共催と言う形で開く方向で話が進んでいるとの会長報告がありました。 開催するようになりましたらお知らせします。 定例会は4月発刊した報告を執筆者から行いました。 民族から近世と多岐に亘る内容で勉強になります。 その後金栄公民館近くの「 楽」さんに移り懇親会です。 きからき・焼きそばまでのコースでした。 本来は新型コロナの影響で昼間営業を中止しているとのことでしたが、ご厚意で開けて頂き、また貸し切りとしてくれました。 楽さん色々ありがとうございました。 美味しく、お腹いっぱいになりました。 懇親会の様子を撮影しようと思ってたのですが、スッカリ忘れてました。 アップできず申しわけない。 しかし昼間のアルコールはまわりますね。 皆さんお気をつけを〜 sidankai 先週5月号のにいはま文化協会報を紹介しましまが、6月号を入手したので載せます。 今月号は丸金会員の「新発見か!金子備後守元宅佩刀」です。 昨年ブログにも掲載しましたが、金子城主で戦国期を語るには外せない金子備後守元宅が最後の戦いで佩びていたと云われる刀です。 この刀は丸金会員が入手し、史談会に寄託された物ですが、丸金会員の説明によると、金子元宅を討ち取った岡山丸山城主赤木蔵人丞が記念品として岡山において伝世されたことも否めないと解説しています。 云い伝えのため真偽は不明でも、当地で大切に保管されるべき物と締めくくっています。 公園化により破壊を受けたが現存している金子城・一級文書である金子文書と金子氏を調べる上で大事な物ではありますが、それに劣らぬ伝金子備後守元宅佩刀が当会に保管されていることは非常に誇らしいことです。 遠くないいつか、この刀を皆さんにお見せ出来るようにと考えております。 が落ち着くまで、もう少し頑張りましょう。 sidankai 火曜日夜8時からはのBSでを見ることが多いのですが、昨晩は巡礼路第2話が放送されてました。 巡礼路はフランスからスペイン大聖堂までを歩く物で、途中がある道だそうです。 四国遍路と同じように遍路宿のような宿舎があったりするのですが、四国遍路と違って白装束や専用の杖といったお決まりの服装では無く、トレッキング用の杖や個人個人動きやすい服装、驚いたのは荷物を次の場所まで運搬するようなサービスもあるとのこと。 またどこまでも続く広い大地など、景色も四国とはかなり違います。 しかしながらどこまでも自分の2本足で歩き疲れるのは同じです。 四国遍路研究の第一人者である史談会の喜代吉先生に四国遍路について、もっと教えを請いたいと思った昨日でした。 因みににはも逃げるような信心が浅い地域なのか、札所も無いとよく言われますが、喜代吉先生曰く「今の地理で考えると駄目。 昔の新居郡なら横峯寺などあるよ」とのこと。 目からうろこでした。 sidankai.

次の

松山 市 教育 委員 会 入学 式

新居浜 市 教育 委員 会

結果一覧 表示順選択: | 氏名五十音順 [33件のデータが一致しました] 連番 氏名 登録年度 登録部門 活動地域 主な経歴 1 1999 市民 愛媛県新居浜市 昭和41年から、東京都、横浜市の公立学校に勤務し、青少年の健全育成の為に自然保護、環境保全、消費者教育等を含む環境教育を行う。 現在生涯学習大学講師、生活協同組合環境講師、教育委員会マイティーチャー、県環境マイスター、愛媛県環境審議委員、生活協同組合環境監査委員 2 1996 市民 愛媛県松山市 昭和42年、日本野鳥の会、日本自然保護協会入会。 環境庁自然公園指導員を務める。 自然観察会、探鳥会、講演などの実施。 日本野鳥の会愛媛県支部顧問、自然観察指導員、愛媛県環境マイスター、松山市エコリーダー、愛媛県生涯学習推進講師など。 「愛媛の野鳥観察ハンドブック」 愛媛新聞社 編集総括。 3 2008 事業者 愛媛県新居浜市新田町 日立製作所入社・環境汚染・安全衛生技術開発に関わる業務に従事。 日立メディアエレクトロニクス・環境マネジメントシステムの統括環境管理責任者。 平成24-26年度新居浜市環境審議委員会委員。 親子を対象とした自然体験教育団体・プロジェクト地球っ子ひろばの代表として活動中。 4 2000 市民 愛媛県松山市 新居浜市・久万高原町・松山市の小中学校で勤務。 多方面で野外活動を実践している。 平成13年からはNPOの理事として松山市のリサイクル啓発施設「まつやまRe再来館」の運営にあたっている。 5 2000 市民 愛媛県松山市 昭和63年から産業廃棄物処理業松下産業 株 に勤務。 得意分野は、廃棄物・リサイクル。 平成13年愛媛県環境マイスターに登録。 平成13年松山市エコリーダーに登録。 6 2001 事業者 愛媛県松山市 一部上場企業の工場で30年以上塗装・鋳造ラインや受変電・汚水処理装置等を担当し、関連して公害防止や省エネを担当した。 更に全社の環境の窓口として環境ISOの3工場の取得指導、地域社会への貢献として省エネ指導や出前授業を行った。 定年後経験を変われ大学の省エネ・環境改善に取組んでいる。 7 2005 事業者 愛媛県新居浜市 1972年から1994年 住友化学工業 株 、1994年から2009年 日泉科学 株 ・日本ケミテック 株 、2006年から2018年 新居浜工業高等専門学校(非常勤) 8 2000 市民 愛媛県松山市 26歳で環境グループを立ち上げ、海岸漂着物調査や海外の環境問題の啓発活動に取り組む。 結婚・出産を機に子どもたちへの環境教育を中心に活動。 環境学習施設勤務を経て、現在は幅広い世代に対して環境教育や啓発にフリーの立場で取り組んでいる。 9 2000 市民 愛媛県松山市 札幌にて自然体験活動を始める。 その後、愛媛県松山市に移り住み、エコトークプランニングを設立して自然とふれあい、身近な自然に気づく活動を進める。 現在は、NPO法人「自然環境教育えことのは」代表として、自然体験に加え、生活体験や科学実験等のプログラムを実施している。 10 2016 事業者 愛媛県松山市 民間企業において、省エネ(オール電化、業務用エコキュート、LED照明、BEMS等)、創エネ(太陽光発電等)機器の企画提案営業活動を行ってきました。 又、各種省エネ等セミナーに積極的に参加し最新情報を学んでいます。 自宅でも様々な省エネ対策を行って温暖化ガス排出削減に努めています。 平成30、31年 うちエコ診断士としてうちエコ診断活動実施。 令和元年 伊予市において保育所関係者 保育士、保護者)を対象に温暖化防止、省エネなどの研修会(講師)を数か所で実施。 11 2016 市民 愛媛県宇和島市 宇和海に緑を広げ環境を守る会(藻場再生・環境浄化・ゼロエミッション活動)。 菜の花プロジェクトボランティア(菜種油と廃用油のリサイクル バイオディーゼル燃料への活用)。 植樹ボランティア(里山と里海の再生)。 日本渚の美術協会(海浜環境保全・環境美術創作・環境工作を通じた環境教育活動) 12 2001 市民 愛媛県松山市 公害・環境行政に携わって26年余、平成16年3月に市役所を退職し、現在はNGO・NPOグループを拠点に、環境破壊のない幸せな社会の実現を目指して活動しています。 様々なボランティアグループとも交流し、共に行動する事が、大きな力になることから、ネットワーク作りにも力を入れています 13 2001 事業者 愛媛県松山市 京都大学工学部卒業、丸善石油 株 に入社。 その後、日揮、太陽石油にて石油・石油化学分野の調査・研究、建設プロジェクト、改善・省エネ・環境、海外技術指導等に従事。 2001年周防技術士事務所設立。 技術コンサルタント、児童・生徒の環境教育、愛媛大学非常勤講師、「松山温暖化対策市民の会」委員等。 14 2002 事業者 愛媛県伊予郡松前町 石油・石油化学装置及び付帯設備 含、廃水処理設備、産業廃棄物処理炉等の環境設備 の運転管理・技術管理に従事。 又環境に優しい製品の開発・設計に従事。 ISO-14001及びISO-9002認証取得責任者として先頭に立ってシステム構築と内部監査員養成教育講師を4回行い認証取得した。 15 2006 事業者 愛媛県松山市 コープえひめで、平成10年度に環境マネジメント・監査制度の導入。 環境監査委員会による環境監査の事務局を担当(平成24年3月まで)。 ISO14001認証取得(平成13年3月)の際事務局を担当、その後平成24年3月まで継続。 リサイクル等環境分野を担当。 16 2009 市民 愛媛県松山市 大学生で松山市エコリーダーとなり、市内小学校や公民館で身近なごみ問題やリサイクルをテーマに講座を行ってきました。 松山市役所に就職後は、平成18年から4年間環境部に所属し家庭系ごみのリサイクル業務を担当しました。 また、地域でも廃棄物問題等に取り組んでいます。 17 2014 市民 愛媛県松山市 環境学習施設等の職員として講座運営に携わる。 こどもエコクラブの代表サポーター及びサポーターとして計3クラブの運営に関わる。 現在、伊予市グリーンecoクラブを運営。 地球温暖化防止や省エネルギーの関連の事業運営や講師を受託又は他団体からの依頼により行う。 18 1996 市民 愛媛県新居浜市 S46年「食品公害勉強会」を結成。 S59年リサイクル・リフォーム等を活動の柱に加える。 H元年VHK視聴者委員。 H元年から現在、NACSから派遣されて、又、県生涯学習推進講師として高校の消費者教育・環境教育。 H8年4月 リサイクルハウス オープン。 「女性学ってなぁーに! 」・「おばあさんの知恵袋」他。 平成19年10月環境大臣より3R推進マイスター委嘱。 平成20年4月愛媛県知事より愛媛県地球温暖化防止活動推進員委嘱(二期目) 19 2001 事業者 愛媛県松山市 SOXのK値規制頃から公害問題に取り組む。 調査業務では、エネルギー消費と環境問題が主要テーマだった。 主要課題例は、欧州SOX規制条約の実態と酸性雨、米国環境対策ガソリン(FRG)の普及状況、米国石油輸送の中のパイプラインでの石油輸送の実態、等。 20 2001 事業者 愛媛県新居浜市 平成15年4月地球温暖化防止のための新居浜省エネ研究会を設立・発足(6名)、平成16年10月末までの間小学校(4校)地域団体(5件)、県・市自治体主催のイベント(3件)に講師として参加。 この内日野は8件の講師又はパネラーとして参加した。

次の