そば がら 枕 洗濯。 そばがらを使った枕の特徴とは?

【そばがら枕の洗濯方法】そば殻枕の正しい洗い方やお手入れ・ダニ&虫の退治方法を紹介!

そば がら 枕 洗濯

枕の素材には、様々なものがあります。 ストローを細かく切ったような「パイプ」、ポリエステルなどの「わた」、高反発・低反発などがある「ウレタンフォーム」、細かいつぶつぶの「ビーズ」、昔ながらの「そば殻」、掛け布団にも使われる「羽根・羽毛」など。 それぞれにメリット・デメリットがありますが、素材選びで重要なのは、自分に合っているかどうかです。 布団屋さんや百貨店などで枕を試すことができるのなら、そこで自分がしっくりとくる枕の素材を探すことができます。 一般的に、やわらかすぎる枕は、頭部が深く沈んで頭と枕の接触面が大きくなるため、寝苦しくなってしまいがちです。 また、かたすぎる枕は、接触面が小さく、後頭部だけで支えるために、首筋が安定しません。 枕の硬さは、枕の素材によって変化します。 快眠のポイントである「頭寒足熱」を考えると、枕の素材は、(1)熱がこもらない、(2)汗を吸放湿させる、(3)通気性が良いものが望ましいものです。 また、(4)衛生的な洗える素材、(5)へたりが少ない型くずれしにくい素材というのも枕選びで重要なポイントです。 「パイプ」の特徴• 硬さは普通。 (柔らかめのものから硬めのものまであるため、よく確認して買いましょう)• 通気性が良い。 水洗いができるので清潔。 弾力性があり、ヘタりづらく、長持ちしやすい。 虫の心配がない。 パイプを出し入れして高さ調節できる枕が多い• 基本的に、枕のサイズも自分の好みで選んでも大丈夫です。 寝返りをよくする方は広めの枕がおすすめです。 枕の中には特殊なサイズも数多くあるので、自分に合うものかきちんと確認して買うようにしましょう。 子どもや女性に。 枕カバーの種類も豊富。 寝返りをよくする方に。 抱きまくらとしても使える長いサイズ。 抱きまくらとしても使える長いサイズ。 高すぎる枕では首に無理な力がかかるため、首のコリや肩こりの原因となります。 逆に低すぎると、血液が頭に下がり脳を刺激するため、寝付きが悪くなります。 大人の場合、一般的に枕の高さは、頭をのせて沈んだ状態で6センチが理想的と言われています。 「枕の高さ」とは実際に頭をのせて沈み込んだときの高さのことです。 枕の高さの選択は、敷き布団の兼ね合いによっても変わってきます。 敷き布団の硬さを考慮に入れて選ぶことが大切です。 柔らかいタイプの敷き布団の場合、頭より胴体の沈み込みの量が多いので、低めの枕をおすすめします。 普通・硬いタイプの敷き布団の場合、頭と胴体の沈み込みの差が少ないので、計測数値での枕を使用してください。 枕は頭に当てるものではありません。 正しい枕の当て方は、枕に肩口があたるくらいにして、頭をのせて下さい。 後頭部から首筋にかけての全体で頭部を支え、肩こり、首のこりを軽減します。 仰向けで枕をしたときに、目線が後ろ側にいっている場合は枕が低すぎ、目線が足元の先へいっている場合は枕が高すぎます。 できるだけ上を向くよう心がけましょう。 高さ調節がどうしても難しい場合は、自分に合ったオーダーメイド枕を作るのもおすすめです。 生まれたばかりの赤ちゃんの場合は、頭の形を整えるため、中央部が凹んでいるドーナツ型の枕がおすすめです。 洗える枕だと、吐き戻しや汗などで汚してしまったときにすぐ洗えて清潔です。 枕のカバーは、肌に優しい綿100%のものが安心です。 ドーナツ枕を卒業したキッズ・ジュニアにおすすめなのが、洗える枕やパイプ枕などの高さ調節ができる枕です。 子どもは汗っかきで何かと汚してしまいがちです。 また、高さ調節ができるものだと、成長に合わせて枕の高さを子どもに合ったものにできます。 素材は、「高さ調節可能、通気性良好、洗える」パイプ枕が人気です。 わた枕も洗えますが、パイプ枕のほうが水切れがよく、乾きやすくなっています。 少し高価になりますが、独特の感触のジェルトロン枕もおすすめです。 「子どもは枕をしないから何でも良い」のではなく、「子どもにちゃんと合う」枕を選んであげたいものです。

次の

爽やかに快眠!そばがら枕のおすすめの選び方とお手入れ方法

そば がら 枕 洗濯

枕の素材には、様々なものがあります。 ストローを細かく切ったような「パイプ」、ポリエステルなどの「わた」、高反発・低反発などがある「ウレタンフォーム」、細かいつぶつぶの「ビーズ」、昔ながらの「そば殻」、掛け布団にも使われる「羽根・羽毛」など。 それぞれにメリット・デメリットがありますが、素材選びで重要なのは、自分に合っているかどうかです。 布団屋さんや百貨店などで枕を試すことができるのなら、そこで自分がしっくりとくる枕の素材を探すことができます。 一般的に、やわらかすぎる枕は、頭部が深く沈んで頭と枕の接触面が大きくなるため、寝苦しくなってしまいがちです。 また、かたすぎる枕は、接触面が小さく、後頭部だけで支えるために、首筋が安定しません。 枕の硬さは、枕の素材によって変化します。 快眠のポイントである「頭寒足熱」を考えると、枕の素材は、(1)熱がこもらない、(2)汗を吸放湿させる、(3)通気性が良いものが望ましいものです。 また、(4)衛生的な洗える素材、(5)へたりが少ない型くずれしにくい素材というのも枕選びで重要なポイントです。 「パイプ」の特徴• 硬さは普通。 (柔らかめのものから硬めのものまであるため、よく確認して買いましょう)• 通気性が良い。 水洗いができるので清潔。 弾力性があり、ヘタりづらく、長持ちしやすい。 虫の心配がない。 パイプを出し入れして高さ調節できる枕が多い• 基本的に、枕のサイズも自分の好みで選んでも大丈夫です。 寝返りをよくする方は広めの枕がおすすめです。 枕の中には特殊なサイズも数多くあるので、自分に合うものかきちんと確認して買うようにしましょう。 子どもや女性に。 枕カバーの種類も豊富。 寝返りをよくする方に。 抱きまくらとしても使える長いサイズ。 抱きまくらとしても使える長いサイズ。 高すぎる枕では首に無理な力がかかるため、首のコリや肩こりの原因となります。 逆に低すぎると、血液が頭に下がり脳を刺激するため、寝付きが悪くなります。 大人の場合、一般的に枕の高さは、頭をのせて沈んだ状態で6センチが理想的と言われています。 「枕の高さ」とは実際に頭をのせて沈み込んだときの高さのことです。 枕の高さの選択は、敷き布団の兼ね合いによっても変わってきます。 敷き布団の硬さを考慮に入れて選ぶことが大切です。 柔らかいタイプの敷き布団の場合、頭より胴体の沈み込みの量が多いので、低めの枕をおすすめします。 普通・硬いタイプの敷き布団の場合、頭と胴体の沈み込みの差が少ないので、計測数値での枕を使用してください。 枕は頭に当てるものではありません。 正しい枕の当て方は、枕に肩口があたるくらいにして、頭をのせて下さい。 後頭部から首筋にかけての全体で頭部を支え、肩こり、首のこりを軽減します。 仰向けで枕をしたときに、目線が後ろ側にいっている場合は枕が低すぎ、目線が足元の先へいっている場合は枕が高すぎます。 できるだけ上を向くよう心がけましょう。 高さ調節がどうしても難しい場合は、自分に合ったオーダーメイド枕を作るのもおすすめです。 生まれたばかりの赤ちゃんの場合は、頭の形を整えるため、中央部が凹んでいるドーナツ型の枕がおすすめです。 洗える枕だと、吐き戻しや汗などで汚してしまったときにすぐ洗えて清潔です。 枕のカバーは、肌に優しい綿100%のものが安心です。 ドーナツ枕を卒業したキッズ・ジュニアにおすすめなのが、洗える枕やパイプ枕などの高さ調節ができる枕です。 子どもは汗っかきで何かと汚してしまいがちです。 また、高さ調節ができるものだと、成長に合わせて枕の高さを子どもに合ったものにできます。 素材は、「高さ調節可能、通気性良好、洗える」パイプ枕が人気です。 わた枕も洗えますが、パイプ枕のほうが水切れがよく、乾きやすくなっています。 少し高価になりますが、独特の感触のジェルトロン枕もおすすめです。 「子どもは枕をしないから何でも良い」のではなく、「子どもにちゃんと合う」枕を選んであげたいものです。

次の

そばがらの枕の洗い方を教えてください!

そば がら 枕 洗濯

枕を洗う手順• 枕を枕カバーから外します• 洗濯ネットに枕を入れます• 洗濯機へ入れます(枕のサイズが大きく、枕が中で回転しないようであれば洗濯機を使うのはやめましょう)• 中性洗剤を入れ、ドライコースなどの優しく洗うコースを選びます。 洗濯が終ったら、全体を軽く叩いて中身を均します。 天日干し、もしくは陰干しをします(枕によって異なります)• 完全に乾くまで数日かかります。 手洗いしてみよう 洗濯機に入らない枕や、手洗いの表示になっている枕は手洗いしてみましょう。 大きなたらいや洗面台に水、またはぬるま湯を張ります。 中性洗剤を溶かします。 全体をつけて、揉むように洗います。 水を流しながら枕を揉み、洗剤の泡が出てこなくなったら終了です。 天日干し、もしくは陰干しします(枕によって異なります)• 完全に乾くまで数日かかります。 全体でなく一部だけを洗いたい場合は、気になる場所だけ水に浸けて洗います。 枕を乾かす時 枕は乾燥するまでに時間がかかります。 時々ひっくり返したり、上下を入れ替えたりして全体がまんべんなく風に当たるようにしましょう。 洗濯物は上から乾いていきますので、上下を入れ替えると乾きが早くなりますよ。 クリーニングに出す 手洗いが不可の枕でも、クリーニング業者に頼んで洗ってもらうことができます。 近くのクリーニング店で受け付けているところを探すか、インターネットで受け付けている業者もありますよ。 枕クリーニングがある街中のクリーニング店 参照:• インターネットでクリーニングしてくれる店 参照: 日常のお手入れ 枕も布団と同じように、天日干しや陰干しをしましょう。 陰干しが向いている素材• 低反発ウレタン(週に1度程度の頻度で)• 羽(週に1度程度の頻度で)• ビーズ• スノー低反発 どれくらいの頻度で洗うと良いのか 枕はどれくらいの頻度で洗うと良いのでしょうか。 不特定多数が使う旅館やホテルの枕は、厚生労働省から「半年に1度以上丸洗いすることが望ましい」という通達が出ています。 ご家庭では、枕は自分しか使いませんので、半年に1度、もしくはもう少し頻度が少なくても良いかもしれません。 こまめに日干しや陰干しをすることで、においなども気にならなくなるでしょう。 参照: 枕は、こまめに干して、定期的に洗濯を 枕には汗や皮脂、ヨダレなどが染み込んでいます。 日干しや陰干しをするなどの日常的な手入れを欠かさずに行い、年に1度か2度、天気の良い日を選んで 枕を洗濯をしましょう。 枕は乾くまでに時間がかかりますので、その点も十分考慮して洗濯してくださいね。

次の