ディアルーナ。 2018年、生まれ変わったディアルーナの性能はいかに!?

シマノ 18ディアルーナのベイトシリーズ スペックと釣り方まとめてみた!

ディアルーナ

シマノの中堅ルアーロッド、 ディアルーナ インプレッションです。 私が新旧使って感じたことを書きます。 混同してしまうので説明をさせてください。 昨年私が使っていたのは ディアルーナXR (旧) 今年発売したのは ディアルーナ (新) です。 両方使ってみて感想を・・・ もう全然違うものじゃない笑 結論から言って、安くなってるから旧作を買えばいいか!と思ったあなた。 ちょっと踏みとどまって欲しい。 2018ディアルーナはかなり違う。 新旧の大きな違い ラインナップの豊富さ ラインナップも増えたことでより幅広く使えるようになりました。 旧ディアルーナでは11ftではMしかなかったが 新ディアルーナでは10. 6ftMHが追加。 ということは・・・エクスセンスを買わなくても済むということ!高級志向でなければ本当にディアルーナでいいと思います。 前々から書いていますがMではショアキャスティングやポイントによってヒラスズキを釣るには厳しいところもあります。 反面、楽しむことやバラし軽減などのメリットもあります。 ただ総評するなら MHが欲しかった。 ディアルーナXRに11ftでMHがない・・・エクスセンス買うか。 となった人もいるのでは?それかコルトスナイパーか。 でも今回10. 6ftですが出てますよ!これ一本でヒラメ、ヒラスズキも青物もいけます。 サーフ、磯なんでもOK。 港湾だと長すぎるか。 重さについて それだけではなく、ディアルーナは異常に軽くなりました。 10ft MLで比較 前作 167g 今作 144g パッとしない感じもあるかもしれません。 23gの差です。 みんな大好きロックウォーク。 これの重さは 23gです。 ロッドがこのルアー分軽くなってるってすごくないですか?? 全体感 長さ軽さを踏まえるとツインパワーXDとかを使うにはロッドが軽すぎる気がします。 好みですが。 もちろん買うときはツインパワーXD4000をつけようとしてました笑 近年ではリール、ロッドともに軽量化しつつ剛性も保てるようになったため、比較的軽量化が進んでいます。 それでも加減というものがいつしか出てきます。 例えば竹刀って軽くなったりしますか?という具合に適正値があるのでそれまではうまく自分でリールとロッドの組み合わせを検討しないといけないでしょう。 旧作のディアルーナXRでダメだなぁと思ったのはリールシートの緩み。 青物狙いなどで遠投とキャスト回数が多いものだと緩むんですよ。 さらに誘い出しとかしていても緩む。 気になる。 今回のディアルーナでは改善されてます。 緩みにくいです。 4時間投げまくってもそこまで気になりませんでした。 もちろん、手加減をして締めてますよ!フルパワーで締めたら割れると思う笑 とはいえ、エクスセンスの方が緩みにくいです、正直なところ。 でも改善はされました! おすすめ機種 とにかくヒラスズキ、青物、ヒラメ、シーバス・・・磯にサーフに港湾にとなんでもこれ一本!!という場合には迷わずこちら S100M.

次の

シマノ 18ディアルーナS96Mで青物を釣ってみた上での評価|テルヤスの釣り情報

ディアルーナ

18ディアルーナシリーズの特徴やスペックなど 基本的に値段の割には軽く使いやすいロッドに仕上がっています。 シーバスのベイトロッドの種類は少ないのですがディアルーナはスペックの種類が多く様々なアングラーのニーズに応えやすいのも特徴です。 おさらいすると…• 値段が2万円前後とお手頃• 種類が多い こういった特徴があります。 さらにもう少し踏み込んでみると全体的にロッドがシャキッとしていてフッキングが決めやすくパワーがあるというのが特徴的です。 さらにとても頑丈というのがウリで多少ロッドティップを車 ぶつけたり岸壁などに落としてしまってもびくともしないのです。 総じて高いロッドというのは軽く扱いやすいのですが その分壊れやすいというデメリットもあります。 しかし ディアルーナはかなり頑丈なので扱いが雑でも言い換えるとタフなゲームでも対応できるのが一番のメリットだと私は思っています。 次にデメリットなのですがパワーがありすぎて小型のシーバスのばらしが多くなってしまうというのが一番のデメリットになってしまいます。 ベイト自体が スピニングリールの何倍もパワーがあるのでよく釣れるサイズのフッコなどのバイトは 弾いてしまうことが多いです。 なので取り込み重視だとナイロンやフロロカーボンラインを使う必要もあります。 B806ML 全長2. B806ML総評 シーバス用のベイトロッドでは ベーシックな長さの8フィート台のmLです。 8フィートは 取り回しが非常に良いので 中距離戦から近距離戦のキャスティングゲームと相性が良く、 正確なキャストが要求されるベイエリアや都市型河川など活躍できるスペックとなっています。 リールの性能との兼ね合いにもよりますがやや重めのバイブレーションや シンキングペンシルなどを使えばそこそこ飛距離は 出るので河口のウェーディングでも使用できます。 B96MLとB96M 全長2. B96MLの総評 シーバスベイトロッドでは長めの9フィートです。 ロッドパワー mlとM があります。 MLの方は 8フィートよりも飛距離を出しやすいので重めの ルアーを使って飛距離を稼ぎつつ ロッドのパワーで 大きめのシーバスを狙うという作り方に適しています。 8フィートと使用方法はほとんど変わらないスペックとなっています。 Mの方は重いルアー使うことができるので大型のルアープラス40g程度のビッグベイトを使用してよりランカー狙いに特化している印象です。 他の使い方としてスピンテールジグやかなり重いバイブレーションを遠投して狙うという使い方でも活躍できるスペックです。 迷う場合は8フィートのMLか9フィートのMLがおすすめです。 理由としては汎用性が高くやや大きめのルアーを使う必要性がありますがそれでも軽いルアーもある程度は使えるのでバランスよくルアーを使用することができ結果的にシーバスの釣果増えます。 ・汎用性を重視したい9か8のML ・ビッグベイトを使いたい76のMH ・大きめのルアー+ビッグベイトを使いたい9か8か10のM 完全にビッグベイトに特化させたい場合は 76のMHが一番おすすめです。 しかし結果にばらつきがかなり出るので安定性はあまりないので注意してください。 エンジョイ! ディアルーナフィッシングライフ! ディアルーナシリーズはベイトも含めスピニングもお手ごろで使いやすいです。 スピニングロッドもディアルーナシリーズを使ってますし、釣果も申し分ないです。 ディアルーナシリーズとそれなりのリールがあればシーバスは十分遊べるので初心者問わずおススメしたいロッドです。 シマノ スピニングロッドはエンカウンターシリーズがおすすめ! ディアルーナはベイトタックルが豊富ですが、最近はシマノからエンカウンターシリーズが発売されています。 ディアルーナよりも安く柔らかい印象のロッドなので気になる方は以下のリンクをどうぞ。

次の

ディアルーナがなぜか届く そしてなぜか試してみる | 行けぜよ

ディアルーナ

ヘビーウェイトミノーについてはティップが結構入ります。 早巻を中心にした青物狙いの場合だと穂先が曲がる分、 抵抗が大きく感じるでしょう。 ちょっとしんどく感じます。 トップから2節ぐらいカットした硬さぐらいだと丁度いいかな。。 と感じました。 ただ、それだけ硬いとティップ部分の食い込みは悪くなるのでシーバスロッドとしてはバイトを弾いて使いにくくなりますので論外ですよね。 ディアルーナS96Mで掛かった魚 こちらはサゴシです。 サイズは55cmぐらいなのですが、このサイズだとS96Mだと余裕で上がってきます。 ほぼ魚に主導権が譲ることなく、竿のパワーだけで寄ってきました。 こちらはブリの幼魚、関西でいうところのツバス(ハマチ)です。 サイズは大きいので43cmほどでしたが、かなりパワフルでした。 この日はディアルーナで、初の青物が掛かった時でした。 そして、軽いので高弾性であるだろうから曲げて 折れないだろうか?ってところが実際に心配でした。 とりあえず最初の1匹目は慎重にドラグを使いながらやり取りしました。 しかし、慎重にやり取りするがあまりテトラ帯で横に走られたりして最悪でした。 笑 2匹目になるとちょっと余裕が出て、強引にやり取りをしてみました。 するとビックリするぐらいに バットパワーが強くて魚が浮いてきやすいです。 サイズ的にはそこまで大きいと言えませんので、魚が浮いてきて当たり前かもしれませんが底力がある竿だということは分かりました。 チヌ 青物を狙っていて40cmちょっとのチヌが釣れました。 こちらも竿の力が十分あるので、すぐに浮いてきました。 太刀魚 大きくないのもあって、余裕であがってきます。 笑 サバ サイズが大きくないのもあって、軽々と上がってきました・・・。 とりあえず本来のジャンルであるシーバスは今のところヒットさせていません。 爆 ディアルーナS96Mのデメリット• 人気があるモデルで96Mは王道のセレクトなので、絶対に人とかぶる!• 数年後のモデルチェンジは可能性として大• 釣りシーズンは売り切れる可能性も有り• 使いやすいので、ショアジギングタックルを使うことが減ってしまう可能性がある・・・。 小型の魚だとやや物足りなく感じるパワーを持っている 主に考えられたメリット・デメリットです。 ディアルーナS96M 評価まとめ コスパ 使いやすさ デザイン 実用度 総合満足度 ぼく個人としては総合的に非常に良い評価です!! ただ、デザインはもっとシンプルで良いのに。 と思うことから星3つです。 コスパは大手メーカーだけあって、よくできています。 使いやすさも非常に良いです。 価格も非常に高すぎる事が無いので、扱いもそれほど神経質にならずに済むため実用度も高いです。

次の