ミラティブ イヤホン。 ミラティブ(MIRRATIV)のゲーム配信方法は?使い方を解説!

ミラティブ(MIRRATIV)のゲーム配信方法は?使い方を解説!

ミラティブ イヤホン

【結論】最も簡単な、イヤホンを着けながらゲーム音も配信する方法はコレだ! さっそく、結論からご紹介しましょう。 ミラティブでイヤホンを着けながらゲーム音も配信する方法は、 「 二股のイヤホンアダプタを付けて、イヤホンとスピーカーから同時にゲーム音を流す」です。 二股のイヤホンアダプタとは、下記の画像のようなものです。 これにより、 音が2つの方向に出力できるようになります。 そして、それをイヤホンと外部のスピーカーにつなげて普通にプレイするだけで、イヤホンを着けながらしっかりとゲーム音も配信することができるようになります! こんな感じですね。 こうすることで、 イヤホンのマイクがゲーム音も拾ってくれるようになります。 二股のイヤホンアダプタ• スピーカー たったこれだけです。 二股のイヤホンアダプタについては、100円均一に売ってあるようなもので大丈夫です。 僕は下記の商品を購入しました。 また、スピーカーについては正直なんでもいいです。 僕は、下記の商品を持っていたので、こちらを使いました。 ワンポイントとしては、 スピーカー自体に音量の調節ができる機能がある方がいいです。 そうすることで、ゲーム音と実況の声の音量のバランスを調節できるようになります。 音質や音量のバランスについて 「 イヤホンのマイクからゲーム音ってちゃんと拾えるの?」 「 音量のバランスとか大丈夫?」 と気になる方もいらっしゃると思います。 しかし、 音質や音量のバランスについては全く問題ありませんのでご安心ください! 参考までに、僕のある日の配信のアーカイブを載せておきます。 この記事を読まれている方の中には、モビゼン(Mobizen)のイヤホンをチェックしている方も多いと思います。 これは、イヤホン単体でゲーム音も配信に乗せることができるという特別なイヤホンです。 ただし、僕も実際に使ってみましたが、 音質がかなり悪かったので返品しました。 ゲーム音も実況の声もプツプツと途切れる感じや、音量が大きくなったり小さくなったりする感じがあり、とてもライブ配信には難しいなと感じたためです。 また、ゲーム音の方も音量がかなり小さく、端末の音声を最大にしてもまだ配信側のゲーム音が小さいと視聴者さんに言われてしまいました。 ですので、モビゼン(Mobizen)のイヤホンはあまりおすすめできません。 キャプチャーボードを使ってPCから配信する このようなキャプチャーボードを使ってPCから配信する方法も試してみましたが、こちらも返品してしまいました。 というのも、 キャプチャーが途切れて配信が中断されたり、映像が乱れたりといったトラブルが多かったためです。 また、スマホやケーブルなどの相性によっては「コピーガード」という機能が働きキャプチャー自体出来ないこともあります。 費用も2万円~3万円ほどはかかり、PCのスペックもそこそこ必要なので、コスト的にもおすすめはできません。 さいごに 今回は、ミラティブでイヤホンを着けながらゲーム音も配信する方法について解説しました。 色々試しましたが、 二股のイヤホンアダプタを付けて、イヤホンとスピーカーから同時にゲーム音を流すという方法が一番簡単でかつ安定的に配信ができました。 皆さんもイヤホンを付けて、快適なミラティブライフを!.

次の

コスパ最高!ミラティブでの配信する時におすすめのマイク&イヤホンセット

ミラティブ イヤホン

この記事のもくじ• スポンサーリンク カラオケ配信はしてみたいけど、そもそも著作権の問題はどうなの? カラオケ配信は著作権の問題があり、なかなか自由に行うことができません。 ミラティブに限らず、YouTube・ツイキャス・ニコ動などは、JASRACに申請を出しているので、カラオケ配信ができる!と思われがちですが、それは 弾き語りだったり、有志の方が作ってくださった専用のカラオケ音源でのみ配信が可能です。 CDのカラオケ音源や、DAMやJOYSOUNDのカラオケ音源では配信ができません。 なので、 カラオケボックスからそのまま配信するのは絶対にダメです。 (などがあります。 ) ボカロ関係は、ボカロPの方がどの程度JASRACなどに委託しているかにもよるので、よくご確認ください。 DAMやJOYSOUNDのカラオケ音源を使って配信するには? それでも、どうしてもカラオケ音源を使用したい!という方は、それぞれの音源を公式で利用できるサービスを利用する方法が一番安心&安全です。 どうしても行いたい場合は、レコード会社やカラオケ事業者等へ許諾をとる必要があります。 (今後可能か試してみたいところ) DAMのカラオケ音源が利用できるSHOWROOM SHOWROOMでは、公式アプリからDAMのカラオケ音源を利用することが可能となりました。 音量調整やリバーブ(エコー)も自由にできるとのこと。 JOYSOUNDのカラオケ音源が利用できるミラティブ(Mirrativ) ミラティブでは、アプリからそのままJOYSOUNDのカラオケ音源を利用することができます。 また、ミラティブでは「エモモ」というアバターを利用するので、vTuberみたいな歌い手として活動することができます。 ただし、マイクのエコーなどはかからないので、そこは今後の機能追加で期待したいところですね…。 スポンサーリンク 動画配信サービス「ミラティブ(Mirrativ)」とは ツイッターをやっていると、ちょいちょい広告がでてくるので名前を知っている方も多いかもしれません。 ただ、ウザイとよく言われていますが…。 笑 は、上のvTuberのようなアバター「エモモ」を使って、ゲーム実況や動画配信が可能なサービスです。 「顔は出したくない!」という人や、「vTuberみたいなことをやってみたい…でも作るような知識がない」と挫折してしまう方でも、アバターが用意されているので、簡単にキャラクターを作成することができます。 (へ) 合わせて読みたい• ミラティブ(Mirrativ)でカラオケ配信をする方法 「エモカラ」機能を追加する 動画を配信するまでの流れは、上のを参考にしてください。 エモカラ(カラオケ配信)を利用するには、まずはサービスを追加する必要があります。 画面の一番下にある【虫眼鏡アイコン】をクリックします。 【アプリ】をタップして、検索窓に【エモカラ】と入力し、キーワード検索をします。 アプリにチェックをいれたら追加ができます。 配信開始 エモカラは配信開始後に選べるので、まずは通常通り配信開始ボタンを押します。 歌いたい曲を選ぶ かなりの楽曲数が入っていると思うので、アーティスト検索や曲名検索などをしてみてください。 (キーワード検索などはできないみたいです) 再生ボタンを押したらすぐに曲が始まります。 【iPhoneの場合】楽曲(音)の音量が小さくて大きくならない… BGM設定が「iPhone」のままだとカラオケの音量が小さいことがあります。 ミラティブのアプリで誘導されるかと思いますが、「iPhone」から「スピーカー設定」に変更してください。 マナーモードにしたままだとこのスピーカー表示がないので、一度解除してください。 誘導がなければ、スマホを下からスライドさせて「ミュージック」を長押しします。 その後、丸い部分を長押しすると切り替えができます。 家などではそこまでボリュームをあげなくても大丈夫です。 もし、声を張って歌う!という方は、最大音量にするとよいと思います。

次の

ミラティブ(Mirrativ)での動画配信のやり方

ミラティブ イヤホン

最近では動画配信と言えばYouTubeだけでなくTwitch、そしてミラティブ(Mirrativ)など様々なサイトで行えるようになりました。 中でもミラティブはスマホの端末さえあれば配信ができてしまうという利便性から、個人的にはとても重宝しています。 今回はそのミラティブでの配信を中心にまとめてあるのですが、中でも注目したいのでがイヤホンとマイク。 もちろん他のサイト同様、ミラティブではイヤホン・マイクがなくても配信は可能ですが、やっぱりいい音を届けようと思うとイヤホン・マイクのセットは欠かせないものと言えます。 しかし問題なのが、 どんなイヤホン・マイクセットを使えばいいのかわからないという点。 買おうと思ってAmazonや楽天で検索しても多く商品が売られていて結局はどれがいいのかわからない・・・わからないからとりあえずレビュー通りに買ってしまいがちですよね。 それでも間違いではないですが、中には業者も混じっているのも事実・・・ そこで今回はミラティブで配信を続けているスーパー素人の僕が実際に使ってみて「これ、いいな!」と思ったイヤホン・マイクのセットを紹介したいと思います。 その前に・・・・ ヘッドセットの注意点 これは何もヘッドセットに限ったことではありませんが、どうしてもコードが切れてしまうんですよね。 とくにイヤホンジャックに指すところ・・・ そのせいで何度も同じ商品を買ったりしてますw なのでやっぱりがっつり配信するぜっ!って方以外はコスパを意識する必要があると思いますよ。 では本題へどうぞ。 コスパ最高!おすすめのヘッドセット コスパが高いヘッドセットを紹介していくのですが、こちらの音を届けるのと、ゲーム音を重視する2つに分けて紹介していきたいと思います。 それぞれいい点があるので自分に合いそうな方を選んでみましょう。 スポンサーリンク 聴きやすい声なら「ゲーミングヘッドセット Beexcellent」 「ゲーミングヘッドセット Beexcellent」 これは最初に買ったヘッドセットですが、何がよかったって配信時のこちらの声がクリアに聞こえるのです。 他にも4種類買って試しましたが、自分の声が一番よく聞こえたのがBeexcellentでした。 実際に何度も付け替えてどれがいいのか視聴者さんに聞いたので間違いありません。 価格もかなり安く、初めて買うなら十分でしょう。 ちなみに色は4種類あり、僕は好きなブルーにしました。 海外製品ですが、取扱説明書は日本語でも書かれているので安心です。 (まぁヘッドセットに説明も何もそんなにありませんが・・・) Androidで内部音声が取れるイヤホンなら 「Mobizen 」 Androidで内部音声が取れるイヤホンは普通は?販売されていません。 キャプチャーアプリでも「Googleの関係で内部音は取れませんよ」と記述されていたりします。 ですがモビゼンなら 「内部音(ゲーム音)と自分の声」の両方を撮ることが可能です。 ですが正直このイヤホン、音がイマイチなんですよね。 僕も配信した動画を自分で確認しましたが上の2つと比べてもいまいちでした。 音がいい感じ!のアプリをYouTubeにアップしようと思ったのですが、やっぱりきれいには撮れておらず、諦めたこともあります。 ミラティブでおすすめのイヤホン ミラティブで!と書きましたが今回紹介したヘッドセットは他のサイトでも十分使うことができるでしょう。 もちろん上のランクのヘッドセットを購入すれば音がよくなるのは当たり前ですが、最初なら今回紹介したもので問題ないはずです。 価格も2000円台ですし、コスパは非常に高いと思いますので、迷っている方は是非購入してみて下さいね。 スポンサーリンク.

次の