こちょこちょ 効く。 顔や目もとがかゆいのはなぜ?かゆみの原因と対処方法|医肌研究所|医師監修の肌ケア情報サイト

雪歩「こちょこちょ」千早「ひあっ!?」【如月千早SS】

こちょこちょ 効く

以前、私もこちょこちょがうまくなりたいと思い、色々と研究を重ねました。 その結果、こちょこちょがかなりの域まで上達しました。 今回は特別にその奥義をお教えいたしましょう。 1、手の動き もちろん、これがとても大切です。 力を入れすぎず、各指をばらばらに動かせるよう訓練が必要です。 半熟のゆで卵のむいたやつを触るような感覚で 相手の体に優しく触れて動かしましょう。 あまり早くしすぎず、もにょもにょ動くような感じが良いと思います。 2、くすぐる場所 相手にもよると思いますが、私はわきの下・わき腹が最強だと思います。 そのほか、足の裏、ひざ頭、首筋、内ももなどでしょうか。 相手の弱点を見つけて攻めましょう。 3、TPO 場所や雰囲気がとても大切です。 本気で悩んでる人にやったら殴られるでしょうし、知らない人にいきなりやったら交番に連れて行かれるかもしれません。 4、「こちょこちょ」の言い方 じつは、これが大変重要です。 一番最初の「こ」は少し低い声で長めに、その後の「ちょこちょこちょこちょこ・・・・」は甲高い声で明るく早く言いましょう! くすぐり始める直前に一瞬、いたずらっぽい上目遣いで満面の笑顔で相手に近づくと一層効果的です。 いかがでしょうか。 この4がとても大切です。 私などはくすぐられなくても、4をやられただけで笑ってしまうでしょう。 さあ、あなたも頑張ってくすぐりマスターを目指してください。 なお、もう一つアドバイスとしては相手が「やめてやめて~」と言っても簡単に許してはいけません相手が怒り出す直前まで続けましょう!.

次の

「くすぐり」に弱い人は感じやすい人

こちょこちょ 効く

ほとんどの人がワキや足の裏などを触れると「くすぐったい」と感じるだろう。 くすぐったさの程度は人によって異なる。 どんなにくすぐってもあまり反応しない人もいれば、肩を揉まれてもくすぐったい。 足首を持たれただけでくすぐったい。 などくすぐりに弱い人もいる。 人は身を守るために「痛覚」を持っている。 人の肌が何かに触れたとき、身体に害を与える刺激の場合に痛覚が働く。 頭を強く叩かれれば痛いと感じ、身を守ろうとする。 しかし頭をなでられると気持ちよかったり、くすぐったかったりする。 同じ頭への刺激だが、身を守らなくてはいけない刺激を「痛み」として脳が捉える。 他にも「かゆい」「しびれる」なども痛覚の働きである。 くすぐられると、脳は身を守るべき刺激なのか判断しようとし、脳は興奮状態になる。 しかし、すぐに身を守らなくてもいい刺激として判断し興奮を抑えようとする。 興奮と沈静が繰り返されるため、脳が混乱しくすぐったいという感覚になる。 どんな刺激がどの程度与えられるか分かっていると脳の混乱が起こらない。 だから自分でワキをくすぐっても、くすぐったいと感じることはない。 くすぐったいという感覚は神経が多く存在する部位を刺激することで起こる。 わき腹などをつつかれ、びくっとなってしまうのは、一瞬にして脳が興奮し沈静するためであり、その状態が繰り返されなかったことで「くすぐったい」という状態にならなかったものである。 くすぐりに弱い人・くすぐりに強い人 「くすぐり」に弱い強いというのは、刺激に対しての感度によって決まる。 感度が高ければ高いほど脳の混乱がひどくなり、人一倍くすぐったいと感じる。 感度が低ければ、脳の混乱はあまり起こらない。 赤ちゃんや子どもは敏感な肌を持っているから、ちょっとしたくすぐりで笑い出す。 くすぐったいと感じていたことが、経験を重ねることで「気持ちいい」に変わることがある。 ある程度経験を積んだ大人であれば理解できるだろう。 刺激を繰り返すことで、脳はどう処理すべきか学び、少しずつ「くすぐったい」と混乱しなくなる。 そして混乱している状態では処理できていなかった「快感」に気付くことができるようになる。 これが「くすぐったい」から「気持ちいい」に変わることになる。 くすぐったがりな人は、鋭い感度を持っている。 「気持ちいい」という感度も高い。 くすぐりに強い人は感度が低いため「気持ちいい」という感度も低い。 くすぐりに弱い人ほど感じやすく、くすぐりに強いほど感じにくい。 夜の営みで彼女や奥さんの「感じ方」に不自然さを感じたら、ワキの下をくすぐってみるといい。 くすぐったいと反応が返ってこなければ、感じている演技の可能性が高い。

次の

こちょこちょ・・・:キッズなんでも相談:キッズ@nifty

こちょこちょ 効く

A ベストアンサー 女性は男性よりも感度が高いです。 男性はどんな時であってもくすぐられて効く場所はほぼ固定です。 しかし、女性は様々な状況により感度が上下するため、 同じところを触っても効く場合もあれば、効かない場合もあります。 例えばうちの妻の場合、顎の下をコチョコチョとやると普段は効かないんですが、 ある時やるとものすごく効く時があります。 そんな時はどこを触っても 効きまくりますね。 これに関して私が考えることは、女性が愛されていると感じている時、 或いは、とてもリラックスしている時(ただし、眠くは無い)に発揮し、 くすぐりが効きやすい感度を持つのではないか?と思っています。 ちなみに、耳なんかは女性によっては結構効く人いますよ。 耳を舐めたり噛んだり。 A ベストアンサー わかります!! くすぐっても全く効かない人って本当に張り合いがないです! 夫がそのタイプなんですが、も~意地でも「ぎゃははは!!」と言わせてやりたくなります。 勇気づけられたというか、まだまだ私も根気が足りなかったなと反省です。 わかります!! くすぐっても全く効かない人って本当に張り合いがないです! 夫がそのタイプなんですが、も~意地でも「ぎゃははは!!」と言わせてやりたくなります。 勇気づけられたというか、まだまだ私も根気が足りなかったなと反省... Q 私は昔からものすごく「くすぐられる」ことに弱いんです。 妹も昔はくすぐられるのに弱かったはずなんですが、今はくすぐっても動じず平然とした顔をしています。 何故なんでしょう…。 もうくすぐったさを感じていないのでしょうか?最近どうしたらくすぐられても妹のように動じないでいられるのかなあと考えています。 彼氏や友達や親などが面白がって、たびたび私のふいをついてくすぐってくるんですが、本気でくすぐったいのにやめてくれません。 「いやだー」とか「やめろー」と言っても全く聞いてくれる気配はなく、むしろ面白がって続けてきます。 妹のように微動だにせずに動じないでいられたら、飽きてくすぐるのをやめてくれるんじゃないかなと思うんですが、心と身体は裏腹で…(遠い目) どう言ったららくすぐりをやめてくれると思いますか? あと、くすぐりに強くなれる方法ってあるんでしょうか…? ご教授お願いします。 A ベストアンサー 私は今でこそ「くすぐり」に強くなりましたが、 昔は、相手がくすぐってきそうになっただけでも(手をこちらに向けてきたら)笑っちゃうほどでした。 涙を流しながら「やめて~」と言っているのに続けられると、最後にはお腹が痛くなって気分も悪くなります。 ある時、真剣な目で「やめて!」というと相手の手が止まりました。 本当にイヤな思いをしているのを理解してもらうと案外すんなりやめてくれましたね。 それと、くすぐられそうになったら、過去のツライ事などを頭に浮かべてみる… それで真剣な顔を維持できました。 相手にとっては、ただのスキンシップかもしれなくても、される側は苦痛以外の何ものでもないです。 それでもやめてくれないなら「突き飛ばし」てやる位の気持ちで抵抗しましょう。 あまり参考になっていないかも知れませんが…。

次の