江戸川区 区議会議員。 岩田まさかず|江戸川区議会議員

議員紹介

江戸川区 区議会議員

私達の住む地域は新しい街ですから、地域コミュニティを形成する為に、コミュニティ会館やスポーツ施設、図書館などを誘致し、野球チームやソフトボールチームを作り、カラオケサークルなどのサークル活動の活性化に努めてきました。 学校も新しく開校したばかりですから、地域に根差した学校になっているか、子ども達はのびのび育っているか、学力、体力の向上は図られているかなどを見てきました。 学校は地域コミュニティの中核をなす施設ですから、敷居を低く、聖域化しないことが大切です。 これまで、私は地域課題解決のため、自分の目で見、耳で聞き、足を運び、現場の実態を確認してきました。 例えば、野球、ソフトボール、ゲートボール、ボウリング、カラオケ、卓球などサークルを立ち上げ、自分も加わるなど共にコミュニティ形成にも取り組んできました。 「人に長幼の序あり、職業に貴賎なし」の言葉を信条に、常に自分の戒めとして人に接し、信頼関係を築くことを大事にしてきました。 秘書活動の一環で、区画整理組合の事務局の仕事もさせて頂いたなかで、保留地登記書類の作成や弁護士さんとのやり取りなど、資格はありませんが相談に応じてきました。 遺産分割協議書や遺産分割協議書の作成や、関連する文書の手続きに携わらせていただいたこともあります。 昨今では高齢者世帯やひとり暮らし世帯が増え、行政文書の読み解きのお手伝いも多々あります。 また、ひとり親家庭の問題、いじめや虐待関連の相談も増えています。 私の相談業務は無償ですが、しっかり責任を負い、フォローも欠かさずその後も見守ります。 人々の幸せが我が幸せ、頼っていただくことをありがたく思っています。 また、様々な相談業務や依頼事が良い結果へ結びつくことが私の仕事の喜びであり、やりがいを感じる瞬間であります。 これらを無償で行えることこそが私の誇りです。 以前、公立幼稚園の縮小、民営化の前段階で、幼稚園不足解消を目指し、故・中里前江戸川区長時代、公設民営型の幼稚園を模索しました。 江戸川区は子育てしやすい自治体との評判を得、若い世代の世帯が増え、幼稚園が不足する時代がありました。 既存の幼稚園と利害が相反し実現はしませんでしたが、発想の転換の必要性を実感しました。 規模の大きい認可保育園を開設するには、土地、建物建設、職員の確保、園庭などなど条件のハードルが高く、新設には多くの問題があり困難であることが実情です。 しかし、小規模ならば可能性は拡がります。 民間マンションの空室を利用し、 1 階部分に集めリニューアルすれば、可能性が高まります。 行政サイドは、駅周辺の交通利便性の高さを基準に難色を示していましたが、住宅街の中のマンションはむしろ利用者には好評であり、確かな好事例です。 もともと貧しい生活のなかで政治の世界を志したのですから、社会的に弱い立場の人たちのために働きたい、お役に立ちたいと願っています。 金銭や物で貢献するのではなく、蓄積した経験と知識を駆使し、人脈を活かし、当面する課題に取り組みます。 「ひとりはみんなの為に、みんなはひとりの為に」の精神です。 これまでに私は交通事故により足に障がいを負い、さまざまな不自由に直面し、親の在宅介護と看取りなども経験してきました。 地域の皆様からのお声だけでなく、これら自身の経験も踏まえ、障がい者施策や高齢者施策の推進にも尽力して参りました。 福祉施策といえば、高齢者福祉施策が主流であった時代に、江戸川区議会の中に「障がい者対策特別委員会」を立ち上げ・設置し、障がい者福祉施策の統合的な研究、情報収集などを始めました。

次の

『ヨギさんが、江戸川区議会議員選挙に立候補!【当選、おめでとうございます!】』ジュリアス・スージーさんの日記 [食べログ]

江戸川区 区議会議員

「ご 挨 拶」 江戸川区議会自由民主党のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。 本年度、幹事長の職を仰せつかりました。 区民の皆さまの負託に応え江戸川区の未来を確かなものにすべく、所属議員15名の結束と議会第一会派としての責任のもと、全力で取り組んでゆく決意です。 また、議会を代表する田中寿一議長を支援し、円滑で公正な議会運営に努めてまいります。 国も地域も人口減少や少子高齢化を背景に、大きな転換期を迎えつつある今日ではありますが、江戸川区の誇る「地域力」によって支えられてきた区政発展の歩みを、これからも力強く推し進めてゆかなければなりません。 子どもたちの笑顔・若者や現役世代の活力・熟年者のいきいきとした姿あふれる江戸川区をめざし、子育て・教育・健康・生きがい施策をはじめとして、安全安心な街づくり、各種コミュニティ活動の支援、中小企業支援、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けたスポーツの振興と文化の推進などを通じ、更なる区政の進展を図ってまいります。 また、将来世代に対する責任として、子どもたちにツケをまわさない健全財政を引き続き堅持してまいります。 社会保障関係費が増大の一途をたどる見込みの中、あらゆる状況に対し、迅速かつ的確に対応してゆくことのできる、強固で持続可能な財政基盤の堅持に最大限努めてまいります。 区民の皆さまの引き続きのご指導とご協力を心よりお願い申し上げます。 区議会自民党 幹事長 大西 洋平.

次の

葛飾区議会議員選挙の開票状況|葛飾区公式サイト

江戸川区 区議会議員

ページ番号1016239 更新日 平成31年1月22日 葛飾区議会議員選挙の開票状況(平成29年11月13日時点)をお知らせいたします。 なお、当該選挙については、選挙争訟の結果を受けて、平成30年12月21日に更正決定選挙会を開催し、会田ひろさだ氏が当選人に更正決定されました。 選挙争訟の経緯については、下記リンク先をご参照ください。 開票状況(得票順)13時23分確定 開票率100% 当選 届出番号 党派名 候補者名 13:23 確定 当 12 日本維新の会 小林 ひとし 7,321 当 51 民進党 かわごえ 誠一 4,315 当 48 公明党 くぼ 洋子 4,093 当 58 自由民主党 梅沢 とよかず 4,066 当 53 自由民主党 池田 ひさよし 4,058 当 38 日本共産党 中村 しんご 4,055. 538 当 55 自由民主党 みねぎし 良至 3,797. 504 当 30 公明党 出口 よしゆき 3,734. 495 当 47 自由民主党 筒井 たかひさ 3,674 当 44 日本共産党 三小田 准一 3,654 当 41 自由民主党 安西 俊一 3,651 当 24 民進党 中村 けいこ 3,597. 461 当 19 公明党 山本 ひろみ 3,591 当 31 自由民主党 秋家 さとあき 3,538 当 4 自由民主党 伊藤 よしのり 3,508 当 42 自由民主党 倉沢 よう次 3,502 当 35 無所属 米山 真吾 3,415 当 2 公明党 かみむら やす子 3,365 当 36 日本共産党 中江 秀夫 3,351 当 23 無所属 むらまつ 勝康 3,331 当 5 日本共産党 木村 ひでこ 3,294 当 29 公明党 むかえ すみえ 3,253 当 1 無所属 つた えりな 3,212 当 8 公明党 黒柳 じょうじ 3,187 当 50 自由民主党 工藤 きくじ 3,113 当 34 自由民主党 平田 みつよし 3,030 当 18 公明党 小山 たつや 3,029 当 57 無所属 大高 たく 3,010 当 37 公明党 江口 ひさみ 2,987 当 49 日本共産党 おりかさ 明実 2,981 当 28 都民ファーストの会 うてな 英明 2,965 当 27 自由民主党 秋本 とよえ 2,958 当 39 NHKから国民を守る党 立花 孝志 2,954 当 9 公明党 牛山 ただし 2,946 当 13 無所属 うめだ 信利 2,612 当 33 無所属 鈴木 信行 2,587 当 15 無所属 みずま 雪絵 2,516 当 17 自由民主党 高木 のぶあき 2,329 当 25 無所属 きょうづか 理香子 2,248 当 21 無所属 大森 ゆきこ 2,176 16 無所属 会田 ひろさだ 2,175 7 日本共産党 樋口 まこと 2,166 26 自由民主党 内山 みのる 2,152 45 自由民主党 あまの 友太 2,079 52 都民ファーストの会 しばはし 宏子 1,863 43 自由民主党 村田 こうじ 1,849 40 都民ファーストの会 渡辺 ふみや 1,725 11 自由民主党 せき 智之 1,683 14 都民ファーストの会 かみなが 誠 1,524 3 都民ファーストの会 おみ みわ 1,425 10 無所属 谷野 せいしろう 1,092 20 無所属 川和 かずたか 1,051 22 無所属 武田 まさき 746 32 無所属 かすみ 良人 562 59 若者と少数派の党 まえしろ 正太 473 6 無所属 多村 寿理 379 54 無所属 仲 ひろひと 362 56 無所属 浜野 げんき 326 46 無所属 おおり 則枝 306 合 計 158,942. 002 各発表時点ごとの開票状況• 葛飾区長選挙の開票状況について 葛飾区長選挙の開票結果については、以下のリンクをご覧ください。 投票状況について 葛飾区議会議員選挙及び葛飾区長選挙の投票状況については、以下のリンクをご覧ください。

次の