ミナ 病名。 TWICE(トゥワイス)ミナなぜ体調不良になったの?原因はバッシング?

N

ミナ 病名

【TWICE】(トゥワイス)ミナの病名・病気は何? 極度の心理的な緊張と不安を抱えているミナさん。 この病気(病名)が明らかになりました! これは 「不安障害」と呼ばれる心の病気です。 「不安障害を患うとどんな症状があるのか?」 「不安障害って治る病気なの?」 「治療にかかる期間はどのくらい?」 「過去に不安障害になった芸能人って誰?」 これらを説明していきますね。 不安障害 不安障害は精神的な病の一つで、不安障害といっても様々な病気があります。 今回はミナさんに当てはまりそうな不安障害の代表的なものを取り上げていきます。 社会不安障害 ある特定の状況や人前で何かをする時に、 緊張感が高まって不安や恐怖を感じ、 次第にそのような場面を避けるようになる病気です。 日本ではこの病気で悩んでいる人が約300万人以上いるといわれています。 発症年齢の多くは10代半ばから20代前半で、病気という認識がなく、 長い間1人で悩んでいるケースが少なくありません。 myclinic. html 社会不安障害は、大勢の人がいるところにいることや 人前で話したりすることが強く苦痛に感じる病気です。 社会不安障害が進行すると、徐々に人と関わることを避けるようになったりします。 ミナさんがステージ(人前)に立つと過度の緊張や不安感に 襲われるの症状はこの社会不安障害に当てはまります。 また、ミナさんは現在22歳ということもあり発症年齢的にも 当てはまっています。 社会不安障害の症状 社会不安障害の症状として ・緊張による発汗 ・手足 の震えが発生します。 ・緊張して声が震える ・人前でうまく発声できない といったケースがあります。 パニック障害 不安障害の一つであるパニック障害についてです。 パニック障害は不安障害の中の1つです。 不安障害は最も一般的な障害の1つで、対人恐怖、広場恐怖など様々な障害や恐怖症が含まれます。 パニック症候群の特徴的な症状はパニック発作です。 原因不明の激しい不安を突然感じます。 誰でも体験した事があると思われる「悪夢」に襲われるような感じです。 takeda-hp. html パニック障害ではパニック発作がまた起こったらどうしようという不安を 抱え込まないために、電車や人の多いところ、もしくは頼れる人がいない一人で出かける という行為を避けることがあります。 パニック障害の症状 パニック障害の症状は ・動悸が激しくなる ・手や足に激しい発汗 ・震え ・胸の痛みや吐き気 などが挙げられます。 社会不安障害とパニック障害の違い 社会不安障害とパニック障害は一見似たような病気です。 ですが、発症の仕方に少し違いがあります。 utu-net. html ミナさんの場合「舞台(人前)に立つと症状が発症する」という ある特定の状況で発症することから、 パニック障害より社会不安障害の可能性が高いですね。 不安障害の治療法 不安障害って治るの?と疑問に思うかもしれませんが、 不安障害はきちんと治療すれば治る可能性のある病気です。 人によっては完治することが難しい場合もありますが、 症状を和らげることはできるものです。 不安障害の治療法はおおきくわけて2つあります。 「薬物療法」と 「精神療法」です 薬物療法では薬を飲むことによって不安や恐怖を抑えるという治療法です。 不安障害で処方される薬は、抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬などが使われます。 精神療法というのはカウンセリングです。 臨床心理士や医師と話し合い、心と体をリラックスさせる治療法です。 苦手なものや場所に徐々に慣れさせていったり、不安や恐怖に 繋がっている思考を変えていくといったものです。 不安障害の治療では薬物療法と精神療法のどちらとも必要だと言われています。 治療期間はどのくらい? 不安障害の治療法はざっくりわかったけど、治療ってどのくらいの期間かかるの? と気になると思います。 不安障害は精神的な病気のためこの期間で治るよ!ってものはありません。 治る期間というのは人によってまちまちなのです。 一応薬物治療期間は6ヶ月〜12ヶ月とされていますが、 その期間を超えて薬物を服用する人ももちろんいます。 そして、不安障害の恐ろしいところが治療が完了したとしても 再発の可能性があるところです。 およそ 25%の患者さんは治療中止から 1ヵ月後に再発し、 60~80%は1年以内に再発します。 e-heartclinic. html このように再発の確率がとても高いのです。 治療が終わっても当分は気が抜けないということですね。

次の

TWICE(トゥワイス)ミナなぜ体調不良になったの?原因はバッシング?

ミナ 病名

近年、医療を取りまく環境が厳しさを増し、医療機関のレセプト審査も厳しくなっているという話は皆さんもよく耳にされると思います。 「今までは認められていたことが突然減点されてきた!」なんてことはありませんか?そんな内容を少しでも共有できたらと思いまして、今回はレセプトを提出する前に気をつけていただきたい点検ポイントのうち「傷病名」についてお話させていただきます。 はじめに! レセプトは、「これらの傷病名に対して、このような医療行為をしました」という診療報酬明細書です。 しかし、実際には「このような医療行為を行ったので、これらの傷病名をつけました」という発想でレセプトを点検されている方は少なくないと思います。 確かに、日々行われた診療行為をお金に換えることは大切ですし、損をする必要もありませんので、審査で問題なく認めてもらえるようなレセプトを作成することはとても大切なことです。 だからといって、いわゆる「保険病名」を並べてしまうと、傷病名と診療内容に整合性がなくなってしまい、おかしなレセプトになりがちです。 こうなると審査側にマイナスの印象を持たれてしまい、審査の目が厳しくなる可能性も高くなります。 減点されやすい項目! 以前から末梢血液像やCRPといった炎症反応を確認する検査は減点されやすい傾向にあります。 これらはスクリーニング検査からは外し、必要なときにその都度追加していただいた方がいいと思います。 例えば気管支喘息でCRPや胸部のレントゲン(単純撮影)を行うこともあると思いますが、この場合は両方とも適応外になりますので減点される可能性があります。 初診時に限り認める地域や保険者さんもあるかもしれませんが、正確にいえば気管支や肺、心臓の炎症や疾患を確認するために行われている検査ですので、気管支喘息とは別に「肺炎の疑い」など必要になります。 このように医学的にはあまりにも当たり前すぎて傷病名を付け忘れてしまったり、省略されてしまうことによって減点されていることもあると思います。 ここにも注意! 内視鏡の検査後に病理組織標本作製の検査に出されることがあると思います。 また「境界型糖尿病」や「耐糖能異常」でHbA1cを行うこともあると思いますが、この場合も「糖尿病の疑い」をつけた方がいいと思います。 絶対にダメ! 炎症病名の話に戻りますね。 医療機関によっては炎症反応の検査の際、一律に「膀胱炎の疑い」や「急性上気道炎」などとつけているレセプトを見かけることもありますが、これはやめた方がいいと思います。 検査をした全員にパターン化してつけていることもよくないですし、膀胱炎を疑ったらまずは尿検査をすると思いますが、尿検査の算定がない場合もありますので、明らかに保険病名ということでおかしなレセプトになってしまいます。 また、癌やリウマチ、心筋梗塞やその他の炎症病名などCRPの適応疾患名がきちんとついている場合でもパターン化した傷病名がつけられていることがあり、あまりにも事務的で違和感のあるレセプトに疑問を感じることもしばしばです。 患者様は皆さん違いますので、一人一人に必要な検査を行って、その疑った理由を傷病名にしてください。 思い込みもダメ! 高血圧症では、心電図も胸部の単純撮影も認められます。 しかし、「狭心症の疑い」では心電図は認められますが、胸部の単純撮影は認められませんのでご留意ください。 これは先生方でしたらお分かりのことでしょうけれど、事務スタッフさんの間では、「高血圧症はいいのだから、狭心症でも何となく大丈夫そうな気がする」と思われている方もいらっしゃると思います。 これは大きな間違いです。 もう1つ注意点! 昨年の春頃からでしょうか、かぜの症状に対して抗アレルギー剤を処方したときに「アレルギー性鼻炎」と病名をつけた患者様に、かぜの治ゆ後、新しい症状に対して改めて初診料を算定したところ、再診料に減点されたという話をよく聞きました。 これは「アレルギーはすぐに治る疾患ではないため、初診料は認められない」という解釈のようです。 同じアレルギー疾患で気管支喘息もあります。 気管支喘息は特定疾患の対象病名でもありますが、症状が落ち着いている時期もあるため「一季節一疾患」として認められているようです。 つまり薬剤の服用や吸入薬の使用なども一切ない状態で一旦治療が途切れたときには、改めて初診として取り扱うことも可能になります。 この期間はだいたい3ヶ月以上が目安と思われます。 ですから、同様にアレルギー性鼻炎と付けられたときには、全く治療をしていない期間として3ヶ月以上は間があいていないと初診としては認められないのだろうと思います。 最近の審査傾向! そして最近では、微生物学的検査の「D017 細菌顕微鏡検査」と「D018細菌培養同定検査」を同時に算定すると、片方が減点されてくるとよく聞きます。 これは、両方を行う必要性をコメント記載すれば、場合によっては認められるようですが、実際には減点されることが多いようです。 これは傷病名のお話ではありませんが、ご参考までに。 まとめ 保険診療を行って、保険請求をするわけですから、保険で認められるようにレセプトを作成する必要があります。 そのためにもレセプトには必要な傷病名をきちんと記載しなくてはなりませんが、その数は多すぎても少なすぎてもよくない場合があります。 これらは、先生方がレセプト点検をされることで改善できることもありますが、医事スタッフがレベルアップをすることで改善できることもあります。 レセコンや電子カルテの普及によって容易に入力できる半面、ただ機械的に入力しているということも多いと思います。 ルール化している内容がありましたら、この機会に見直しをされてはいかがでしょうか。 今後、レセプトについての内容もたまには書いていこうと思いますので、参考にしていただけましたら幸いです。 執筆:日本医業総研.

次の

【TWICE】(トゥワイス)ミナの病名・病気は何?症状からまさかの〇〇だった!?

ミナ 病名

2日夜に放映されたNHKスペシャル 「彼女は安楽死を選んだ」が放送され、世の中に大きな波紋を広げています。 番組を視聴した人の中からは、「ショッキングだった」「自分や身内の最期を考えるいい機会となった」など多くの声も聞こえています。 「安楽死」という言葉は日本ではあまり馴染みがありませんので当然ですよね。 今回、NHKスペシャルで取材を受けた方がなぜ安楽死を選択したのか?どんな病状だったのか?日本国内の安楽死に関する制度はどうなっているのか?安楽死を希望するにはどこで希望するのか?などいくつかの疑問を調べました。 nhkの安楽死のドキュメントすごすぎる 最後眠りにつくように亡くなる瞬間までとらえられている、明日この世からいなくなるとわかっている家族と最後のごはんを食べるのはどんな気持ちなのか、どんな映画よりもすごいものをみた、言葉にならないものをみた気持ち。 昔膵臓がんで苦しみ抜いて死んだ祖母とこの前脳内出血で何も判らないまま死んだ祖母の事を思い出した。 笑いながら看取られ眠るように亡くなった姿に一縷の救いはあるが、安楽死を選ばざるをえないのが辛いわ — ありか arica1109• 6月2日のNHKスペシャルの概要 今回放送されたNHKスペシャルのタイトルは「彼女は安楽死を選んだ」。 ショッキングなタイトルです。 放送の内容は以下のとおりです。 主人公はミナさん(年齢51歳)。 去年、スイスで安楽死を行った。 彼女は重い神経難病を患い、自分らしさを保ったまま死にたいと願っていた。 患者の死期を積極的に早める安楽死は日本では認められていない。 そんな中で、民間の安楽死団体が、海外からも希望者を受け入れているスイスで安楽死することを希望する日本人が出始めている。 この死を選んだ女性と、彼女の選択と向き合い続けた家族の姿は、私たちに何を問いかけるのか見つめる。 安楽死とは?? では、安楽死とは一体どのようなものなんでしょうか? 広辞苑には 「助かる見込みがない病人を、本人の希望によって苦痛の少ない方法によって人為的に死なせるもの」とあります。 安楽死の詳細は以下に述べますが、人権や倫理、国や個々人の価値観に基づくものなので非常に複雑な問題です。 しかしながら、今回のミナさんのように、不治の病に悩まされたり、色々な理由で家族や残される人に迷惑をかけたくないと思いもあるのは事実です。 出演女性の病状は多系統萎縮症。 どのような病気か。 今回の出演者であるミナさんも不治の病気である「多系統萎縮症(MSA)」。 彼女は自殺未遂を何度も繰り返していたといいます。 多系統萎縮症とは?? 多系統萎縮症は、孤発性 非遺伝性 の脊髄小脳変性症に対する総称です。 脊髄小脳変性症は、中枢神経系 大脳、小脳、脳幹、脊髄 が広く障害され、緩徐に進行する、いわゆる神経変性疾患と呼ばれる病気の1つです。 脊髄小脳変性症の有病率は10万人あたり18人程度と考えられています。 症状は、 起立歩行時のふらつきなど、パーキンソン症状 動作が遅くなる、手足が固くこわばる、転びやすいなど 、痙縮 手足がつっぱる といった「運動症状」と「非運動症状」があります。 非運動症状は、起立性・食事性低血圧 立ちくらみや失神を起こす 、排尿障害 頻尿, 排尿困難 、消化管機能障害 便秘症 、体温調節障害 発汗障害 、呼吸障害 上気道の閉塞, 無呼吸 、性機能障害 男性の勃起障害など 、睡眠障害 睡眠中の異常行動など 、高次機能障害 認知症 などが挙げられます。 運動症状で発症し、その後非運動症状が加わる場合や、非運動症状が先行する場合もあります。 症状によっては、起こっていても本人や周囲が気づかないこともあります。 多系統萎縮症では、運動症状と非運動症状の各々が緩徐に進行し、患者さんの生活に影響を及ぼします。 各々の症状に対する理解が療養生活を続ける上で必要となります。 原因不明の病気であるため、現在根治的治療法はなく、対症療法 薬物療法や生活指導 とリハビリテーションが中心となります。 症状が多岐にわたりますが、多くの症状が緩徐に進行します。 日本では安楽死を希望できるのか?? では日本では安楽死を選択することは可能なのでしょうか?残念ながら日本ではまだ認められていません。 欧米諸国においては、積極的に安楽死の選択が進んでいる国は数か国しかありません。 その中でも特にオランダやスイスが有名です。 NHK「彼女は安楽死を選んだ」積極的安楽死を認めてる国はまだ少ない。 スイスで安楽死を遂げることを決意した女性とその家族に密着。 日本で安楽死は禁止されているため遺体は持ち帰らず、遺灰はスイスの川に流された。 医師は「生きることも死ぬことも私たちに与えられた権利だと思う」と語る。 しかしながら、オランダも海外からの安楽死希望者の受け入れは行っておらず、 外国人が安楽死を選択するためにはスイスの団体を通してでないと受けられないという実態があります。 今回のミナさんも安楽死を受けたのはスイス。 スイスには安楽死を受け入れる団体(自殺ほう助団体)が複数あります。 日本人が安楽死を望む場合、外国人の受け入れ態勢が整う団体は「ディグニタス」か「ライフサークル」という主要な2の団体があります。 なお、安楽死といっても、スイスでは医師が直接手を下すことは禁じられています。 患者が苦しまない方法で自殺を遂げることを、医師が助けるといった「自殺幇助」が認められているだけなのです。 よって、点滴やコップに注がれた致死薬を患者自らが体内に注入して患者本人が最期を迎えるという方法になるのです。 ミナさんもご家族の方に見守られて、ご自身で致死薬を注入されていました。 安楽死の費用は? スイスで安楽死を希望する場合、外国人が費やす合計金額はだいたい旅費込みで150万円程度のようです。 では、実際に団体側が必要とする費用の内訳とはどんなものなのでしょうか? 渡航費と宿泊費(1~2泊分)だけで数十万円。 この金額については、時期やホテル代などで差異があります。 会員費が年間45ユーロ。 (医師や弁護士を通して行われる)診断書などの調査料が2700ユーロかかります。 スイス人医師2人の直接診断も必要になり900ユーロ。 自殺幇助自体は2700ユーロです。 そこから警察などの捜査費用が450ユーロで、火葬や遺体搬送費に合計2250ユーロかかるのです。 渡航費と宿泊代を合わせ、現在の為替レート(1ユーロ・134円)で合算すると、約150~200万円が相場になるといえます。 一見、高額にも思えるが、外国人には保険が適用されていないため、実費を差し引くと、ほとんど団体に入ってくる収入はないといいます。 安楽死を希望する場合は?? もちろん倫理的な問題や自殺を促進するための制度はあってはいけないため、たとえスイスであっても安楽死を選択できる条件が限られています。 条件は以下の4つです。 NHKの安楽死の特集を見たわけだが、家族と本人の意思確認等いろいろな確認事項を終え執行日を迎える。 これはスイスで行われたが、日本ではまだ安楽死は認められていない。 — かるがもくん karugamo711 「彼女は安楽死を選んだ」の再放送はいつ?? 当日の放送は見漏らしてしまった人も多いはずですよね。 これだけ世間に波紋を投げかけた話題作ですので、再放送がいつなのか気になるところです。 再放送は、「2019年6月5日(水)午前0時35分」からです。 当日見漏らした方、要注目です。 まとめ 今回のテーマは、個人にとっての尊厳や価値観って何なのだ?ということを考えさせられました。 病気や苦痛によって多くの人たちが悩まされている現状に我々がどう向き合い、また健全に生きられていることのありがたさを痛感しました。 この機会に、今一度自分や身内のことについて考えられるきっかけとなればと思います。

次の