ディープ インパクト 年齢。 ディープインパクトの子供の数は?種付け料の総額や頭数がヤバイ!|たのしかおもしろか

ディープインパクトと子供の成績は?過去のG1馬と比較で最強は?

ディープ インパクト 年齢

能力分析 能力値 評価 絶対能力 S スピード S パワー C スタミナ B ディープインパクト解説 ~新鮮さを求めるチャンピオンサイアー~ シンボリルドルフ以来となる無敗の3冠馬に輝き、絶対的な強さを誇ったディープインパクト。 ディープブリランテとキズナといったダービー馬をはじめとして、産駒たちは競馬界を席巻。 今や、絶対に欠かすことができないチャンピオンサイアーの地位を確立しています。 ディープインパクト産駒は絶対能力が高すぎるので、どんな条件でも来てしまう血統予想家泣かせの一面があるんですが(苦笑)、特徴ははっきりしているので、好走馬は比較的見つけやすいんです。 京都の外回りのマイルでは絶対に走ってきますし、クラシックでもほぼ確実に馬券に絡んでくるじゃないですか? ただ、一般的なイメージで馬券を買っていると、他のファンと同じような予想になってしまうので、よくありません。 では、具体的にディープインパクト産駒はどんな条件で狙えるのか? しっかりとチェックしていきましょう。 産駒の特徴 ・絶対的な能力が高い ・ THE クラシック血統。 ・年齢が若い、キャリアが少ない ・昇級戦 ・初の重賞挑戦 ・休み明け などなど、それまでのキャリアで経験したことがない条件やクラスの変化、距離の延長・短縮といった刺激を受けた時のパフォーマンスが高い。 まずは年齢別の成績を見ていきましょう。 年齢別集計 年齢 勝率 複勝率 単回値 複回値 2歳 21. 5 ~ 2016. 25 ご覧のとおり、若ければ若いほど、成績が高いことがわかりますよね? 「若い=経験が少ない=状態がフレッシュ」という図式が成り立つため、高いパフォーマンスを発揮すると考えられます。 次にキャリア別の成績を見てみると…… キャリア別集計 キャリア 勝率 複勝率 単回値 複回値 3~ 5戦 16. 5 ~ 2016. 25 こちらもキャリアが少なければ少ないほど、好走率が高い。 まぁ年齢が若いorキャリアが浅いと同世代だけの競走になる可能性が高いので好走率が高いのは当たり前なんですが、ディープインパクトの場合、この傾向が顕著です。 しかも昇級するということは、今まで一緒に走ったことがない馬や強い馬と戦うことになります。 「能力が高い+刺激を受ける」という相乗効果によって好走率は高まります。 前走クラス別集計 前走クラス 勝率 複勝率 単回値 複回値 同クラス 13. 5 ~ 2016. 25 昇級戦のディープインパクト産駒は人気になりやすいのに、回収値は単複ともに90オーバーです。 まぁ彼ら、単純に強いのでね。 侮らない方がいいですし、むしろ狙い目といえるでしょう。 最後方から差しきる競馬は人々を魅了しました。 その才能はキズナやハープスターなど、産駒に着実に引き継がれています。 しかし、現代競馬は圧倒的に前が有利です。 実はディープインパクト産駒も先行馬のほうが優秀な成績を残しています。 例えばジェンティルドンナを見てください。 鮮烈な末脚の印象はないでしょう。 あっても桜花賞とオークスくらいではないでしょうか。 しかし、GIを7勝して歴代の名馬たちと肩を並べました。 彼女の強さの理由こそ、抜群のレースセンス、先行力にあったんです。 特に古馬になってから勝ったGIを見てみると…… ジャパンカップ 4角4番手 ドバイシーマクラシック 4角5番手 有馬記念 4角2番手 いずれも前々で競馬を進めています。 一方、鮮烈な末脚の印象があるキズナやハープスターはGI1勝にとどまっています。 後ろから行く競馬というのは不確定要素が多いので、どんなに能力が高くても取りこぼすことがあります。 何より後方一気は印象に残りやすい(=人気になりやすい)ので、馬券的な妙味のある馬になりにくいんですね。 前走脚質別集計 前走脚質 勝率 複勝率 単回値 複回値 平地・逃げ 20. 5 ~ 2016. 25 前に行けばいくほど、回収値が高いことがわかります。 反対に後方待機組は複勝率わずか20%程度です。 「ディープ産駒は先行馬こそ買い」 とにかく前へ行って押し切れるタイプを狙っていきましょう。 馬体重別集計 馬体重 勝率 複勝率 単回値 複回値 ~399kg 2. 5 ~ 2016. 25 ご覧のとおり、優秀な成績を残しています。 ディープインパクト産駒の出世馬たちを思い出してもらうと分かりやすいですね。 サトノダイヤモンド 500キロ前後 ジェンティルドンナ 460キロ前後 キズナ 500キロ前後 スピルバーグ 500キロ前後 ハープスター 480キロ前後 ディープブリランテ 460キロ前後 ラキシス 460キロ前後 主要な活躍馬はほとんどが460キロを超える馬、500キロ前後の馬も少なくありません。 一方、馬体重が小さくてGIを勝っているのはダノンシャークとミッキーアイルくらいなものです。 「デカいディープを狙え!」 迷ったら大きなディープを買いましょう。 もうそれは手がつけられないということなんです。 実際、前走上がり最速を使った馬の重賞における成績を見てみると…… 前走脚質:3F 1位/クラス:重賞 前走脚質別集計 前走脚質 勝率 複勝率 単回値 複回値 3F 1位 21. 12 ~ 2016. 25 ご覧のとおり、2頭に1頭は好走しています。 ここで思い出して欲しいのは、先ほど書いた「差し馬より先行馬」ということです。 「前走上がり3位以内」かつ「前走4角4番手以内」 この条件に合致する馬の成績を見てみると…… 前走脚質:指 1~ 3位 前走4角別集計 前走4角 勝率 複勝率 単回値 複回値 4番手以内 27. 5 ~ 2016. 25 極めて高い成績を残していることがわかります。 特に勝率の高さは約3割に上ります。 「前走上がり上位、前走先行して上がりをまとめた馬に逆らうな」 ディープインパクトを極めたければ、知っておいて損はないでしょう。 予想に役立つデータ一覧(芝編) ここではこの種牡馬に関わる産駒のデータ、傾向を一挙公開しています。 予想の参考にお使いください。 5 ~ 2016. 25 馬体重別集計 馬体重 勝率 複勝率 単回値 複回値 ~399kg 4. 5 ~ 2016. 25 枠番別集計 枠番 勝率 複勝率 単回値 複回値 1枠 11. 5 ~ 2016. 25 馬番別集計 馬番 勝率 複勝率 単回値 複回値 1番 13. 5 ~ 2016. 25 人気別集計 人気 勝率 複勝率 単回値 複回値 1番人気 31. 5 ~ 2016. 25 クラス別集計 クラス 勝率 複勝率 単回値 複回値 新馬 22. 5 ~ 2016. 25 場所別集計 場所 勝率 複勝率 単回値 複回値 札幌 17. 5 ~ 2016. 25 距離別集計 距離 勝率 複勝率 単回値 複回値 1000m 12. 5 ~ 2016. 25 馬場状態別集計 馬場状態 勝率 複勝率 単回値 複回値 芝・ 良 13. 5 ~ 2016. 25 間隔別集計 間隔 勝率 複勝率 単回値 複回値 連闘 7. 5 ~ 2016. 25 前走脚質別集計 前走脚質 勝率 複勝率 単回値 複回値 平地・逃げ 17. 5 ~ 2016. 25 前走クラス別集計 前走クラス 勝率 複勝率 単回値 複回値 同クラス 11. 5 ~ 2016. 25 前走距離別集計 前走距離 勝率 複勝率 単回値 複回値 同距離 12. 5 ~ 2016. 5 ~ 2016. 25 【次のページへ】.

次の

ディープインパクト死亡!頚椎骨折でなぜ安楽死を選択?理由や骨折の原因を調査!

ディープ インパクト 年齢

ディープインパクトの死因は頸椎骨折で安楽死? ディープインパクトが天国へと旅立つ。 現役時代は無敗の三冠制覇、GI7勝など数々の金字塔を打ち立て、顕彰馬に選出されました。 父としても数々の名馬を輩出し、日本競馬界に偉大な功績を残しました。 心よりご冥福をお祈りいたします。 亡くなったのは、7月30日の今日だということです。 元々、治療をしてた頸部(首の部分)の手術が7月28日に行われ、無事に手術は成功して、術後の経過も安定していました。 しかし、翌日の29日の午前中に、当然立つことができなくなってしまいます。 医師はディープインパクトに必死の治療をしましたが、30日のレントゲン検査で、頸椎が骨折していることが見つかります。 その骨折は回復の見込みが立たないということで、安楽死の処置が施されたということです。。 この処置を行った医師もとてもつらかったことだと思います。 ディープインパクトの年齢は、17歳だったようです。 馬の寿命は何年なの? 17歳でこの世を去ったディープインパクトですが、そもそも馬の平均寿命は何歳くらいなのでしょうか。 調べてみたところ、一般的な馬の平均寿命は20~30年といわれているようで、中には40歳まで長生きする馬もいるようです。 ディープインパクトは17歳だったので、平均寿命よりも短いことになりますね。 馬の年齢は、人間の年齢に換算すると、このようになります。 人間で68歳で亡くなるのは少し早すぎるような気がします。 普通の馬に比べて競走馬は寿命が短い? 普通の馬に比べて過酷なトレーニングやレースをしている競走馬は、寿命も短くなるといわれているようです。 人間でも格闘技などの激しいスポーツをしている人は寿命が短くなると言われています。 馬も人間と一緒で、現役時代にムリをした結果が老後につながってくるのですね。 ディープインパクトが寿命よりも早く亡くなってしまったのは、過酷なトレーニングやレースで体に鞭を打ってしまったからかもしれません。。 ディープインパクトの子供の数は何頭?一覧は? 現役を引退をした後は種牡馬として活躍をしていたディープインパクトですが、子供の数はいったい何頭なのでしょうか? 調べてみたところ、本当にたくさんの産駒がいました。 それもそのはず、引退をしてから年間で200頭を超える種付けを行っていたということです。 年間で200頭ってすごい数ですよね、、(汗) その無理がたたってか、今年の3月から首に痛みを感じるようになり、種付けは中止していました。 その首が治らずディープインパクトはこの世を去ってしまったようです。。 現役時代にはトレーニングやレースで体を酷使し、引退しても種付けで無理をした結果、早すぎる寿命が来てしまったのかもしれませんね。。 ディープインパクトの産駒の一覧はにありましたので、参考にされてください。 ディープインパクトの訃報に対する世間の声は? 当然のディープインパクトの訃報を受けて、世間の声はどうなのでしょうか? ディープインパクトお疲れ様です! いつまでもお守りにしてます! — ありーよ まつや hanako6225 ディープインパクトだけは馬券で逆らう余地がなく、素直に買っていた。 ハーツクライに敗れた有馬記念の時も。 そう思わせる絶対的信頼を持ったのはリアルタイムで見た中ではディープだけ。 種馬としての実績も既に十分。 希代の名競走馬名種牡馬よ、安らかに。 そして、感謝の気持ちをディープインパクトに伝える声も多かったです。 伝説の名馬の突然の訃報で世間は悲しみに溢れました。

次の

国内歴代最強馬は?オルフェーヴル&ディープインパクト比較・レース動画紹介

ディープ インパクト 年齢

2006年の天皇賞(春)でのディープインパクト(「」より/Goki) 7月30日に急死した ディープインパクト。 現役時代はG1レースで7勝を挙げ、種牡馬となってからも毎年のようにG1ウィナーを輩出するなど、歴史的な名馬だった。 そんなディープインパクトのすごさを、4つの角度と数字から見ていきたい。 (1)G1勝利数と獲得賞金 ディープインパクトの芝G1勝利数は歴代最多タイの7勝(皐月賞、日本ダービー、菊花賞、天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。 ちなみに、7勝を挙げている馬はほかに、シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ウオッカ、ジェンティルドンナ、キタサンブラックがいる。 ただ、7勝すべて異なるレースなのはディープインパクトのみだ。 獲得賞金15億5000万円(ボーナス含む)は歴代5位。 トップはテイエムオペラオーの19億3000万円(ボーナス含む)だが、レース出走数はオペラオー26戦に対して、ディープインパクト14戦(12勝)。 オペラオー並みに走っていたら、歴代トップは間違いなかった。 4歳で有馬記念を制し引退した後、 武豊騎手はこう言った。 「来年も走ったら、総ナメだっただろう」 ディープインパクトは、2000m以上の芝G1レースはすべて制していた。 仮に現役を続けていたら、ドバイなどの海外レースに出走していたのではないだろうか。 (2)単勝配当 日本国内で13戦12勝だったディープインパクト。 G1レース別の単勝配当は次の通りだ。 ・100円 菊花賞 ・110円 日本ダービー 天皇賞(春) 宝塚記念 ・120円 有馬記念(06年) ・130円 皐月賞 有馬記念(05年・2着)ジャパンC G1以外でも、110円が4回、120円が1回。 つまり、ディープインパクトの単勝を全レースで1000円ずつ買い続けたと仮定すると、トータルの投資額1万3000円は1万3700円にしかならない。 利益率1. 05%と、馬券的にはローリターンだった。 ちなみに、G1で7勝したキタサンブラック(ディープインパクトの全兄、ブラックタイドの仔)は20戦12勝だったが、2万円の投資額は11万4200円にもなっている。 (3)7年連続リーディングサイアー ディープインパクトは、2012~18年と7年連続で産駒(ある父馬または母馬から生まれた馬のこと)勝利数1位のリーディングサイアーともなっている。 その産駒がデビューしたのは10年。 初勝利はサイレントソニックという馬だった。 同年暮れにはダノンバラードがラジオNIKKEI賞を勝ち、産駒初の重賞勝ちを記録した。 翌11年には、マルセリーナが桜花賞を勝ち、初のG1勝利。 古馬相手の安田記念をリアルインパクト(現種牡馬)が勝ったのも、この年だ。 ちなみに、平成以降で安田記念を制した3歳馬はこの馬だけである。 同年暮れにはジョワドヴィーヴルがデビュー2戦目で阪神JFを勝ち、周囲を驚かせた。 12年には、ジェンティルドンナが桜花賞、オークス、秋華賞を制して牝馬3冠馬に。 G1レース別の産駒勝利は、以下の通りだ。

次の