原 えりか の スイング。 原英莉花のスイング。ドライバーからウエッジまでを徹底分析。

脇元華の父親の職業がヤバイってマジ?母は?スイング動画も公開!

原 えりか の スイング

C O N T E N T S• 大人っぽい顔立ちをしていると思ったら、まだ10代なのですね! 172㎝の長身はゴルフをする上でも役立つでしょうし、スタイルが抜群に良いですよね。 本当にに恵まれた体型だと思います。 原英莉花さんは神奈川県出身ということですが、原という名字は神奈川県に多いのでしょうか。 サザンオールスターズの原由子さんや、巨人の元監督原辰徳さんも神奈川県出身ですからね。 彼女も「神奈川県出身の原さん」の1人として、今後より広く知られていくでしょう。 そんな原英莉花さんがゴルフを始めたのは小学四年生の頃、きっかけは親の勧めだそうです。 もしかしたら親御さんもゴルフをやっていて、勧めたのかもしれないと想像します。 原さんの戦績ですが、2016年の神奈川県ジュニアゴルフ選手権女子15〜17歳の部では優勝を果たしています。 つまり同世代の選手のなかではかなり実力があるのではないでしょうか。 また、2018年の「ラシンク・ニンジニア/RKBレディース」「日医工女子オープン」でも優勝を果たすなど、大きな大会で結果を残し始めています! 国内女子賞金ランキングでは70位ですが、今後に期待が持てる選手です。 原英莉花のクラブはミズノ製?クラブセッティング解説動画やスイング動画も! 原英莉花さんの使用しているクラブも気になるところですね。 原英莉花さんはすでにミズノと用具提供契約を結んでいるので、ミズノ製ゴルフクラブ、キャディバッグ、ヘッドギア、ゴルフシューズ等を使ってゴルフの試合に出場しています。 早くもミズノと契約を結ぶとはかなり実力を評価されているということですね。 そういうわけで、使っているクラブはミズノ製です。 NO 使用モデル ロフト シャフト 長さ 1W 7. 5 オリジナル 46 3W ミズノプロトタイプ 15 オリジナル 43. 5 5W ミズノプロトタイプ 18 オリジナル 43 3U 19 MCH 80 40. 75 4-PW — NS1050 39. 5~ 引用:ミズノ アイアンは、4番~PWまで、ミズノのNS PROシリーズのようです。 原英莉花さんのクラブセッティングについて、実物のクラブも交えて知ることができる動画をどうぞ! スポンサーリンク 原英莉花とジャンボ尾崎の関係は? 原英莉花さんについて最も興味深いのは、ジャンボ尾崎さんとの関係です。 ジャンボ尾崎とは、ツアー通算94勝を誇るあのゴルフ界のレジェンド・尾崎将司さんのことです。 今でも「ジャンボ」という愛称でゴルフファン以外にも親しまれていますね。 そんなジャンボ尾崎さんですが、原英莉花さんとはどのような関係に当たるのでしょうか。 実は、 原英莉花さんの師匠はジャンボ尾崎さんなのです。 つまり、原英莉花さんはジャンボ軍団の一員、ファミリーということですね! 原さんは高校時代からジャンボ尾崎さんの教えを請うているそうですが、彼女が早くから頭角を現したのはこのような経緯があるのですね! ゴルフファンからは、「ジャンボ軍団の飛ばし屋」とも呼ばれているので、実力はジャンボ尾崎さん譲りなのかもしれないです。 そんな原英莉花さんとジャンボ尾崎さんの2人について、面白いエピソードがあります。 それは、原さんのニックネームである「姫」にまつわる話です。 原さんは「姫」と呼ばれているそうですが、これは原さんがボールのオウンネームに「エリカ様」と入れていたのを、ジャンボ尾崎さんが「エリカ姫」と読み間違えたことがきっかけなのだそうです。 「様」と「姫」を読み間違えたことで誕生したニックネームだったのですね。 ジャンボ尾崎さんは、ゴルフ界のレジェンドと呼ばれているので凄い人だと思っていましたが、意外とお茶目な一面があることがわかりました。 このように、2人の関係は師匠と弟子でありながらも、仲睦まじいことが垣間見られます。 ジャンボ尾崎さんの弟子である原さんのプレーは、ゴルフファンの注目の的になっていくでしょうね。 原英莉花のキャディーは誰? ジャンボ尾崎さんを師匠に持つ原英莉花さんですが、もう一つ気になるのがキャディーの存在だと思います。 ゴルフ選手の中には、父親や母親などの身内がキャディーを務めるケースが割と見られます。 原英莉花さんのキャディーは誰なのでしょうか? なんと、ジャンボ尾崎さんのご子息の尾崎智春さんなのです! 向かって一番右の濃いめの顔のイケメンが尾崎智春さんです。 原英莉花さんが強いゴルファーである理由がまた一つ分かった気がします。 というより、尾崎家がバックについているのですから強くないわけがありませんね! 尾崎智春さんは、非常に明るくてどんな時でも笑顔を絶やさない人だそうです。 そのような人柄は、原さんがつまづいた時にも勇気を与えてくれる存在になるでしょう。 人間、高い壁が立ちはだかった際には立ち向かおうと努力をするものです。 しかし、どうしても超えられない時があると思います。 そんな時に、歯を食いしばって必死に…というよりかは、笑顔で共に立ち向かおうとしてくれるのが尾崎さんのお人柄。 10代の原さんにはそのような存在が必要なのかもしれませんね。 幸運にも、尾崎家の全面バックアップがあることは彼女の大きな強みです。 まとめ この記事では、プロゴルファーの原英莉花(はらえりか)さんについてご紹介させていただきました。 師匠はジャンボ尾崎さん、キャディーは息子の智春さんという、強力な尾崎ファミリーの一員でした! 原英莉花さんは、ルックスだけでなく、今後もさらに活躍が見込まれる選手なので、注目して見ていきたいと思います。

次の

【原英莉花のスイング分析】女子プロスイング徹底解説 by 堀尾研仁 原英莉花編

原 えりか の スイング

この記事で綴られていること• 注目すべきはそのスタイル?高身長でまるでグラビア体型! 原プロは、 身長がなんと 173㎝もあり女子プロゴルフ界でもトップクラスを誇る スタイルの持ち主です。 そして、スラリと伸びる美脚がとても魅力的なのです。 html そんな原プロですから、TVやマスコミ関係がほっておくはずがありませんよね。 2019年2月には、フジの人気番組 「ジャンクスポーツ」に出演。 番組内で、松田鈴英や小祝さくら、大里桃子など黄金世代の共演者全員にされた 「グラビア撮影のオファーが来たら受ける?」の質問にNOと答えた原プロに対してMCの浜田から入れられたツッコミ。 alba. そして、原プロのその高身長はゴルフにおいても活かされているのです。 html 2018年の平均飛距離は258. 29ヤードであり、こちらは各大会2ホールの計測数値であり、全ホールの平均飛距離を計測するならば、更に長い距離になるのではといわれています。 そのドライバーの飛距離と、スラっと伸びた 美脚に今後も注目が集まりそうですね。 ジャンボな原プロ!師匠もまさかのジャンボ? 原プロは2015年の高校在学中に、小さいときから尊敬していた 「ジャンボ尾崎」こと尾崎将司さんに自ら懇願し、 弟子入りをしました! 弟子入りの経緯には、原プロの人並外れた行動力でした。 原プロは、知人の紹介で尾崎さんの実家に赴き、初対面で直接弟子入りを申し出たとのことです。 goo. 初めて、原プロの自慢のドライバーショットを見たとき、尾崎さんはおもわず 「おー!!」 と、声を漏らしたとのことです。 また、練習場は決まって、尾崎さんの千葉県内にある自宅で、ゴルフの調子がよくない時や、悩みがあるときにはいつも尾崎さんに相談に乗ってもらい、アドバイスを頂いていたそうです。 原プロが、師匠から言われた 「妥協するな!」という言葉は、プロになった今も原プロのモットーとなり、日々練習を行っているそうですよ。 minhaoticaonline. com. html そして、2019年の2月に20歳になった原プロは、「オーストラリア女子オープン」期間中に尾崎さんと初めての日本酒や焼酎を酌み交わしたそうです。 まだまだ、お酒に慣れていない原プロは、グラス数杯で酔ってしまったそうですよ。 今もなお師匠と弟子の関係は続いており、 二人三脚で練習に励んでいるそうです。 alba. 高校時代から一緒に練習している師匠の尾崎さんを超える彼氏はいつ登場するのでしょうか?笑 原プロのプロフィールと経歴 【名前】 原英莉花(はら えりか) 【生年月日】1999年2月15日 【身長・体重】173㎝・58㎏ 【血液型】O型 【出身地】神奈川県横浜市 【所属】日本通運 【プロ転向】2018年7月28日 【得意クラブ】ドライバー 【趣味】音楽鑑賞 カラオケ 原プロは 10歳からゴルフを始めたそうです。 その後、神奈川県の湘南学院高校に進学し、在学中に尾崎将司さんに弟子入りを志願し、ジャンボ軍団に入門したのです。 mizuno. aspx 2016年には、「リゾートトラストレディース」において16位タイとなりローアマチュアを獲得しました。 (ローアマチュアとは、プロゴルフのオープン大会に参加したアマチュア選手のうち、最も成績が良かった選手を指します。 ) 高校を卒業した2017年、1度目のプロテストでは惜しくも不合格となってしまいました。 翌年、3月のステップアップツアー「ラシンク・ニンジニア/RKBレディース」でツアー 初優勝を獲得した勢いそのままに「日医工女子オープン」でも優勝を果たしました。 mizuno. aspx そして、同年に行われた2度目のプロテストでは見事に合格し、LPGA90期生となりました。 2018年は、最終的にLPGAツアー25試合に出場し、賞金ランキングは38位と健闘しました。 原プロの2019年シーズンの戦績 では、原プロの2019年現在の 戦績はどのようなものなのでしょうか? 今シーズンは5月現在、国内ツアー10試合、アメリカツアー1試合に出場し、優勝こそないものの、国内ツアーでは2度の4位タイという好成績を残しています。 lpga. daily. shtml そして、今年こそは師匠の尾崎将司さんに優勝トロフィーを届けられたらいいですね。 今回は、身長も師匠もジャンボな女子プロゴルファーの原プロをご紹介しました。 当サイトをご訪問いただき、ありがとうございます! 管理人の、らいふれんど と申します。 スポーツをこよなく愛するミドルエイジです! これからの日本を盛り上げるアスリートをビシバシとご紹介していきます! そうぞよろしくお願いいたします! 人気記事ランキング• - 24,486 ビュー• - 22,526 ビュー• - 20,686 ビュー• - 20,397 ビュー• - 20,169 ビュー• - 14,056 ビュー• - 14,012 ビュー• - 13,975 ビュー• - 13,530 ビュー• - 13,405 ビュー 最近の投稿• 2020年6月26日• 2020年6月24日• 2020年6月23日• 2020年6月18日• 2020年6月17日 カテゴリー• 418• 2 最近のコメント アーカイブ• メタ情報• SNSフォローボタン.

次の

原英莉花プロ スイングドライバーショット

原 えりか の スイング

C O N T E N T S• 大人っぽい顔立ちをしていると思ったら、まだ10代なのですね! 172㎝の長身はゴルフをする上でも役立つでしょうし、スタイルが抜群に良いですよね。 本当にに恵まれた体型だと思います。 原英莉花さんは神奈川県出身ということですが、原という名字は神奈川県に多いのでしょうか。 サザンオールスターズの原由子さんや、巨人の元監督原辰徳さんも神奈川県出身ですからね。 彼女も「神奈川県出身の原さん」の1人として、今後より広く知られていくでしょう。 そんな原英莉花さんがゴルフを始めたのは小学四年生の頃、きっかけは親の勧めだそうです。 もしかしたら親御さんもゴルフをやっていて、勧めたのかもしれないと想像します。 原さんの戦績ですが、2016年の神奈川県ジュニアゴルフ選手権女子15〜17歳の部では優勝を果たしています。 つまり同世代の選手のなかではかなり実力があるのではないでしょうか。 また、2018年の「ラシンク・ニンジニア/RKBレディース」「日医工女子オープン」でも優勝を果たすなど、大きな大会で結果を残し始めています! 国内女子賞金ランキングでは70位ですが、今後に期待が持てる選手です。 原英莉花のクラブはミズノ製?クラブセッティング解説動画やスイング動画も! 原英莉花さんの使用しているクラブも気になるところですね。 原英莉花さんはすでにミズノと用具提供契約を結んでいるので、ミズノ製ゴルフクラブ、キャディバッグ、ヘッドギア、ゴルフシューズ等を使ってゴルフの試合に出場しています。 早くもミズノと契約を結ぶとはかなり実力を評価されているということですね。 そういうわけで、使っているクラブはミズノ製です。 NO 使用モデル ロフト シャフト 長さ 1W 7. 5 オリジナル 46 3W ミズノプロトタイプ 15 オリジナル 43. 5 5W ミズノプロトタイプ 18 オリジナル 43 3U 19 MCH 80 40. 75 4-PW — NS1050 39. 5~ 引用:ミズノ アイアンは、4番~PWまで、ミズノのNS PROシリーズのようです。 原英莉花さんのクラブセッティングについて、実物のクラブも交えて知ることができる動画をどうぞ! スポンサーリンク 原英莉花とジャンボ尾崎の関係は? 原英莉花さんについて最も興味深いのは、ジャンボ尾崎さんとの関係です。 ジャンボ尾崎とは、ツアー通算94勝を誇るあのゴルフ界のレジェンド・尾崎将司さんのことです。 今でも「ジャンボ」という愛称でゴルフファン以外にも親しまれていますね。 そんなジャンボ尾崎さんですが、原英莉花さんとはどのような関係に当たるのでしょうか。 実は、 原英莉花さんの師匠はジャンボ尾崎さんなのです。 つまり、原英莉花さんはジャンボ軍団の一員、ファミリーということですね! 原さんは高校時代からジャンボ尾崎さんの教えを請うているそうですが、彼女が早くから頭角を現したのはこのような経緯があるのですね! ゴルフファンからは、「ジャンボ軍団の飛ばし屋」とも呼ばれているので、実力はジャンボ尾崎さん譲りなのかもしれないです。 そんな原英莉花さんとジャンボ尾崎さんの2人について、面白いエピソードがあります。 それは、原さんのニックネームである「姫」にまつわる話です。 原さんは「姫」と呼ばれているそうですが、これは原さんがボールのオウンネームに「エリカ様」と入れていたのを、ジャンボ尾崎さんが「エリカ姫」と読み間違えたことがきっかけなのだそうです。 「様」と「姫」を読み間違えたことで誕生したニックネームだったのですね。 ジャンボ尾崎さんは、ゴルフ界のレジェンドと呼ばれているので凄い人だと思っていましたが、意外とお茶目な一面があることがわかりました。 このように、2人の関係は師匠と弟子でありながらも、仲睦まじいことが垣間見られます。 ジャンボ尾崎さんの弟子である原さんのプレーは、ゴルフファンの注目の的になっていくでしょうね。 原英莉花のキャディーは誰? ジャンボ尾崎さんを師匠に持つ原英莉花さんですが、もう一つ気になるのがキャディーの存在だと思います。 ゴルフ選手の中には、父親や母親などの身内がキャディーを務めるケースが割と見られます。 原英莉花さんのキャディーは誰なのでしょうか? なんと、ジャンボ尾崎さんのご子息の尾崎智春さんなのです! 向かって一番右の濃いめの顔のイケメンが尾崎智春さんです。 原英莉花さんが強いゴルファーである理由がまた一つ分かった気がします。 というより、尾崎家がバックについているのですから強くないわけがありませんね! 尾崎智春さんは、非常に明るくてどんな時でも笑顔を絶やさない人だそうです。 そのような人柄は、原さんがつまづいた時にも勇気を与えてくれる存在になるでしょう。 人間、高い壁が立ちはだかった際には立ち向かおうと努力をするものです。 しかし、どうしても超えられない時があると思います。 そんな時に、歯を食いしばって必死に…というよりかは、笑顔で共に立ち向かおうとしてくれるのが尾崎さんのお人柄。 10代の原さんにはそのような存在が必要なのかもしれませんね。 幸運にも、尾崎家の全面バックアップがあることは彼女の大きな強みです。 まとめ この記事では、プロゴルファーの原英莉花(はらえりか)さんについてご紹介させていただきました。 師匠はジャンボ尾崎さん、キャディーは息子の智春さんという、強力な尾崎ファミリーの一員でした! 原英莉花さんは、ルックスだけでなく、今後もさらに活躍が見込まれる選手なので、注目して見ていきたいと思います。

次の