やればできる娘。。 [200406] [やればできる娘。] 教淫免許~絶対服従性活指導~ [d 176622]

やれば、できる

やればできる娘。

皆さん、おはようございます。 今朝は最近聞いた 「やれば、できる」という講演を紹介させていただきます。 「やれば、できる」ひらがなでたった6文字のタイトルですが、心に深くひびきましたので、若い皆さんに ぜひ お伝えしたいと思います。 平成17年12月16日 朝の祈り) お話くださったのは、小柴昌俊先生、そう、3年前にノーベル物理学賞を受賞された先生が 柳川で 講演されたものです。 ご自分の体験から、 誰でも何かを 「本気でやれば、できるものだ」ということを示されました。 先生の言葉を借りますと、 「やれば、できる」。 ただし、物事には、自分だけでやらなくてはいけないものと、自分ひとりでは出来ないもの の2種類があります。 私は、旧制中学の頃に小児麻痺にかかりましたが、その克服は自分だけでやらなければなりませんでした。 一方、「平成基礎科学財団」は多くの人々の協力によって設立することが出来た例です と。 一つずつ話しましょう。 最初に 自分だけでやらなくてはならない 話 先生のお母さんは3歳の頃に亡くなられた。 お父さんは軍人でした。 小学校4年の時、お父さんが満州に転勤ということになって、満州、今の中国へ家族と共に赴任された。 昔のことですから、その時、「お前は長男の跡取だから日本に残って勉強しなさい」と一人日本に残され、叔父さんの家に預けられた。 旧制中学1年の時、小児麻痺に罹った。 ある朝、起きようとしたら手足が全く動かない。 芋虫みたいにごろんと寝床の上で動くしか出来なかった。 幸い命は取り留めたが、ご飯もトイレも風呂も自分ではできなかったそうです。 あいにく、叔父さんの家のお手伝いさんは若い20歳の娘さんだったそうで、中学1年生の男の子にとっては、その娘さんにトイレや風呂の世話をしてもらうことは死ぬほど惨めでした。 何とかそれから逃れたいと思ったのが、小児麻痺からの立ち直りに繋がりました。 毎日少しずつ必死に体を動かしているうちに、少しずつ麻痺が治って、両足と左腕が少しずつ使えるようになってきたそうです。 四つん這いになって階段を下り、トイレや風呂も何とか自分で出来るようになった。 次は、今からどうやって生きてゆくか?やはり中学位は卒業しておかなくてはならないと考えて、学校に通いたいと思った。 しかし、バスは昇り降りのステップが高くて上がれない、仕方がないので、ヒョロヒョロと2時間かかって片道4キロを歩いて通ったそうです。 しかし、そのお陰で 両足と左手は動くようになったそうです。 右手は今も不自由だそうです。 小児麻痺からのリハビリは 自分ひとりで何とかしなければならないことだったが、やったらできた、という話でした。 次は ほかの人に力を借りなければ何もできない 話 先生は今、「平成基礎科学財団」の理事長です。 この財団は、基礎科学、たとえば小柴先生ご専門の物理学のように、実験一つするにも ものすごいお金がかかるが、その結果がすぐに社会に役立つわけではない、つまり儲けにつながらない、そんな基礎的な研究をする研究者に、奨学金や研究費を支援してあげる財団です。 財団を作るには、最低1億円の基本財産がいるそうですが、ノーベル賞の賞金をはじめ自分の出せる財産をすべて出したが、4000万円しかない。 1億円に足りない分は、親戚や友人・知人に頼んで回って引き受けていただき、1億円はできた。 これで財団は出来たが、研究者にあげるお金は別に集めなくてはならない。 基礎科学の振興だから、すぐに利益が上がるような研究ではなく、企業からの寄付は期待できない。 そこで、智恵を絞って 「皆さん、日本の基礎科学を応援するために1年に1円の寄付をしてくれませんか?」というキャンペーンを始めたそうです。 日本人は1億2千万人いるから、1年に一人1円でも1億2千万円が集まります。 先生一人ではとても出来なかったことが 多くの人たちの協力によって出来たのです。 「やれば、できる」。 ただし、自分だけでやらなくてはいけないものと、自分ひとりでは出来ないもの の2種類があります。 皆さんの学生生活でも、たとえば 試験は自分が勉強して受けるもの、また先月の 信愛祭(文化祭)はみんなの力を合わせたから、あんなに素晴らしいものが出来たのですね。 小柴先生の話は遠いところの話ではなくて、皆さんの人生でも起こっていることです。 「や・れ・ば、で・き・る」の話でした。 参考になれば幸いです。 これで今朝の話しを終わります。

次の

やれば、できる

やればできる娘。

有名私立女子校〇〇学園。 入れるだけでステータスだがとにかくお金がかかる。 学園には完全に容姿だけで選ばれた特待生制度があり、特待生になれば学費が完全免除されるが、 毎年学園祭の時に行われる『裏文化祭』に参加することを義務付けられている。 『裏文化祭』とはつまり学園に出資してくれているパトロンに性的サービスを行うこと。 満足してもらえなければ支援が打ち切られ、特待生としてもいられなくなる。 そのため特待生はパトロンに対して精一杯サービスしてくれる。 俺は親のコネで小さな会社の社長をしていて、この学園にパトロンとして援助している。 この『裏文化祭』を楽しみに出資していると言っても過言ではない。 「今年はどんなサービスをしてくれるのか……むふふ……!」 出迎えてくれた特待生は3人。 どの子も可愛くておっぱいが大きい。 「社長にはこのVRゴーグルをつけて裏文化祭を楽しんでいただきます」 「ただのゴーグルに見えるが……?」 「そのVRゴーグルをつけて行われる出し物は全てバーチャルですから。

次の

【必見】ようこそ裏文化祭へ ~VRという名のゴーグルで性接待~(やればできる娘。)

やればできる娘。

『公女殿下の家庭教師』を手がける七野りく先生による、新たな育成ストーリーの登場です! 物語の舞台は、若い冒険者が集まる辺境都市ユキハナ。 主人公のレベッカは頭打ちを感じ、伸び悩んでいました。 そんな時に彼女が出会ったのが【育成者】を自称するハル。 外見はメガネをかけていて身体も細身とあまり強そうな感じはしませんが、大陸全土に名を馳せる数々の冒険者を育ててきた実績の持ち主なんです。 彼があるアイテム作りのための素材を探していると口にすれば、龍や悪魔を討伐しなければ手に入らない入手困難なものでも簡単に送られてきますし、有事の際には彼がお願いするだけで国内最強メンバーが直々に出動したりするんです。 優れた弟子達が世界各地で大活躍しているので、世界中に影響力を持つ超重要人物になっています! 弟子だけではなく彼自身もペーパーナイフで剣を断ち切ったり、歴史上で数例しか確認されていない技術をあっさり使いこなしたりと、とっても凄い人物なんですよ。 見た目は若いのになぜ弟子がいっぱいいるのか... 色々と謎も多いのですが、そこもまた魅力的ですね。 レベッカの才能を見抜いたハルが彼女を一人前に育てるというのが本作のメインストーリーでこの育成部分だけでも面白いのですが、それだけに留まらず後半で描かれる彼とその弟子たちによる規格外のバトルはとっても痛快です。 彼と彼の弟子たちが今後世界にどのような伝説を刻んでいくのか、先が非常に気になりますよ! ヒロインの白金小雪ちゃんは、男の子だろうと女の子だろうと近づく人には毒舌を飛ばす、「猛毒の白雪姫」なんて呼ばれてる女の子。 でも、そんな直哉くんの前だからこそ「猛毒の白雪姫」小雪ちゃんも、臆病な本心を素直にさらけ出せるんですよね! 本心には本心で答えなきゃですよ! 自分の気持ちをうまく表せない女の子と、女の子の気持ちにぐいぐいツッコんじゃう男の子、がっちりかみ合ってお似合いなふたりを眺めてると、なんだかニマニマして幸せな気持ちになっちゃいましたよ~! お互い想ってる同士なのに、いつも甘~くすれ違っちゃう先輩と後輩にたまらなくニヤニヤしちゃう青春ラブコメ! ラブコメのヒット作、「乃木坂シリーズ」の五十嵐雄策先生の新作だよ! 大好きな花梨先輩に喜んでもらいたい、って思う主人公の龍之介くんの目標は、一日三回、先輩を喜ばせてあげること。 いつもまっすぐに先輩を想う龍之介くんは、すごく一途で素敵な男の子なんだけど、彼のそんな想いは、花梨先輩を喜ばせるというより、大体へにゃへにゃになるまで照れさせちゃってるんだよね。 花梨先輩も、龍之介くんの前では先輩らしくふるまいたいって思ってるから、龍之介くんに照れておかしくなっちゃう回数を抑えようと頑張ってるんだ。 お互いに相手を大事に想ってるのは確かだけど、なんでかふたりのやることは絶妙なところでかみ合ってなくて……うぅ~、甘酸っぱくていいなぁ、こういう両片想い的な関係! 龍之介くんと花梨先輩のような毎日が日常だったら、いつもドキドキしちゃって楽しいだろうなぁ~!.

次の