熊本保健科学大学 入試科目。 熊本大学|科目別受験対策|入試の出題傾向に合わせたカリキュラム

自然科学教育部

熊本保健科学大学 入試科目

出題範囲について• 一般選抜 試験会場• 【理科】2科目の選択不可。 【理科】2科目の選択不可。 志願者調書 *3 20点• 【英語】の出題範囲について• 【数学】の出題範囲について• 【理科】の選択について• 基礎科目は2科目で1科目とみなします。 ただし、「物理基礎・生物基礎」は選択できません。 また、「物理基礎・物理」で1科目、「化学基礎・化学」で1科目、「生物基礎・生物」で1科目とみなします。 【志願者調書】の提出について• ただし、「地理歴史」及び「公民」をあわせて1教科とみなす。 【グループ面接】質疑応答 段階評価• ただし、「物理基礎・生物基礎」は選択できません 特別選抜(社会人).

次の

熊本大の動向

熊本保健科学大学 入試科目

学部・学科 入試形式 最低 最高 特記事項 保健科学部|医学検査学科 一般入試 180 300 大学独自の換算 保健科学部|医学検査学科 セ試前期 387 600 保健科学部|看護学科 一般入試 187 300 大学独自の換算 保健科学部|看護学科 セ試前期 410 600 保健科学部|リハビリテーション学科〈理学療法学専攻〉 一般入試 201 300 大学独自の換算 保健科学部|リハビリテーション学科〈理学療法学専攻〉 セ試前期 411 600 保健科学部|リハビリテーション学科〈生活機能療法学専攻〉 一般入試 160 300 大学独自の換算 保健科学部|リハビリテーション学科〈生活機能療法学専攻〉 セ試前期 361 600 保健科学部|リハビリテーション学科〈言語聴覚学専攻〉 一般入試 153 300 大学独自の換算 保健科学部|リハビリテーション学科〈言語聴覚学専攻〉 セ試前期 336 600 熊本保健科学大学・保健科学部の2017年度入試倍率・受験者数・合格者数 学部・学科 入試形式 2017年 倍率 2016年 倍率 募集人数 志願者数 受験者数 合格者数 保健科学部 全入試合計 2. 2 2. 3 320 1390 1388 642 保健科学部 一般入試合計 2. 2 2. 3 163 1097 1095 498 保健科学部 推薦入試合計 2. 0 2. 2 157 293 293 144 保健科学部 セ試合計 2. 4 2. 2 35 465 465 195 保健科学部|医学検査学科 一般入試 1. 9 2. 2 40 200 199 105 保健科学部|医学検査学科 セ試前期 2. 7 2. 3 5 141 141 53 保健科学部|医学検査学科 セ試後期 4. 5 2. 0 5 9 9 2 保健科学部|医学検査学科 公募推薦 1. 7 2. 1 35 60 60 35 保健科学部|医学検査学科 指定校推薦 1. 0 1. 0 15 10 10 10 保健科学部|看護学科 一般入試 2. 3 2. 7 43 248 248 110 保健科学部|看護学科 セ試前期 2. 6 2. 3 5 143 143 55 保健科学部|看護学科 セ試後期 2. 5 3. 5 5 5 5 2 保健科学部|看護学科 公募推薦 3. 1 2. 7 32 98 98 32 保健科学部|看護学科 指定校推薦 1. 0 1. 0 15 12 12 12 保健科学部|リハビリテーション学科〈理学療法学専攻〉 一般入試 2. 8 3. 5 15 97 97 35 保健科学部|リハビリテーション学科〈理学療法学専攻〉 セ試前期 4. 1 2. 9 3 65 65 16 保健科学部|リハビリテーション学科〈理学療法学専攻〉 セ試後期 3. 0 2. 0 2 3 3 1 保健科学部|リハビリテーション学科〈理学療法学専攻〉 公募推薦 3. 7 3. 1 15 55 55 15 保健科学部|リハビリテーション学科〈理学療法学専攻〉 指定校推薦 1. 0 1. 0 5 5 5 5 保健科学部|リハビリテーション学科〈生活機能療法学専攻〉 一般入試 1. 4 2. 2 15 43 43 31 保健科学部|リハビリテーション学科〈生活機能療法学専攻〉 セ試前期 1. 6 1. 6 3 49 49 30 保健科学部|リハビリテーション学科〈生活機能療法学専攻〉 セ試後期 2. 0 2 2 2 1 保健科学部|リハビリテーション学科〈生活機能療法学専攻〉 公募推薦 1. 3 3. 1 15 19 19 15 保健科学部|リハビリテーション学科〈生活機能療法学専攻〉 指定校推薦 1. 0 1. 0 5 2 2 2 保健科学部|リハビリテーション学科〈言語聴覚学専攻〉 一般入試 2. 0 1. 8 15 44 43 22 保健科学部|リハビリテーション学科〈言語聴覚学専攻〉 セ試前期 1. 3 1. 8 3 47 47 35 保健科学部|リハビリテーション学科〈言語聴覚学専攻〉 セ試後期 1. 3 2 1 1 0 保健科学部|リハビリテーション学科〈言語聴覚学専攻〉 公募推薦 1. 9 1. 6 15 29 29 15 保健科学部|リハビリテーション学科〈言語聴覚学専攻〉 指定校推薦 1. 0 1. 0 5 3 3 3.

次の

一般入試 入試結果(九州保健福祉大)

熊本保健科学大学 入試科目

学部・学科 入試形式 最低 最高 特記事項 保健科学部|医学検査学科 一般入試 180 300 大学独自の換算 保健科学部|医学検査学科 セ試前期 387 600 保健科学部|看護学科 一般入試 187 300 大学独自の換算 保健科学部|看護学科 セ試前期 410 600 保健科学部|リハビリテーション学科〈理学療法学専攻〉 一般入試 201 300 大学独自の換算 保健科学部|リハビリテーション学科〈理学療法学専攻〉 セ試前期 411 600 保健科学部|リハビリテーション学科〈生活機能療法学専攻〉 一般入試 160 300 大学独自の換算 保健科学部|リハビリテーション学科〈生活機能療法学専攻〉 セ試前期 361 600 保健科学部|リハビリテーション学科〈言語聴覚学専攻〉 一般入試 153 300 大学独自の換算 保健科学部|リハビリテーション学科〈言語聴覚学専攻〉 セ試前期 336 600 熊本保健科学大学・保健科学部の2017年度入試倍率・受験者数・合格者数 学部・学科 入試形式 2017年 倍率 2016年 倍率 募集人数 志願者数 受験者数 合格者数 保健科学部 全入試合計 2. 2 2. 3 320 1390 1388 642 保健科学部 一般入試合計 2. 2 2. 3 163 1097 1095 498 保健科学部 推薦入試合計 2. 0 2. 2 157 293 293 144 保健科学部 セ試合計 2. 4 2. 2 35 465 465 195 保健科学部|医学検査学科 一般入試 1. 9 2. 2 40 200 199 105 保健科学部|医学検査学科 セ試前期 2. 7 2. 3 5 141 141 53 保健科学部|医学検査学科 セ試後期 4. 5 2. 0 5 9 9 2 保健科学部|医学検査学科 公募推薦 1. 7 2. 1 35 60 60 35 保健科学部|医学検査学科 指定校推薦 1. 0 1. 0 15 10 10 10 保健科学部|看護学科 一般入試 2. 3 2. 7 43 248 248 110 保健科学部|看護学科 セ試前期 2. 6 2. 3 5 143 143 55 保健科学部|看護学科 セ試後期 2. 5 3. 5 5 5 5 2 保健科学部|看護学科 公募推薦 3. 1 2. 7 32 98 98 32 保健科学部|看護学科 指定校推薦 1. 0 1. 0 15 12 12 12 保健科学部|リハビリテーション学科〈理学療法学専攻〉 一般入試 2. 8 3. 5 15 97 97 35 保健科学部|リハビリテーション学科〈理学療法学専攻〉 セ試前期 4. 1 2. 9 3 65 65 16 保健科学部|リハビリテーション学科〈理学療法学専攻〉 セ試後期 3. 0 2. 0 2 3 3 1 保健科学部|リハビリテーション学科〈理学療法学専攻〉 公募推薦 3. 7 3. 1 15 55 55 15 保健科学部|リハビリテーション学科〈理学療法学専攻〉 指定校推薦 1. 0 1. 0 5 5 5 5 保健科学部|リハビリテーション学科〈生活機能療法学専攻〉 一般入試 1. 4 2. 2 15 43 43 31 保健科学部|リハビリテーション学科〈生活機能療法学専攻〉 セ試前期 1. 6 1. 6 3 49 49 30 保健科学部|リハビリテーション学科〈生活機能療法学専攻〉 セ試後期 2. 0 2 2 2 1 保健科学部|リハビリテーション学科〈生活機能療法学専攻〉 公募推薦 1. 3 3. 1 15 19 19 15 保健科学部|リハビリテーション学科〈生活機能療法学専攻〉 指定校推薦 1. 0 1. 0 5 2 2 2 保健科学部|リハビリテーション学科〈言語聴覚学専攻〉 一般入試 2. 0 1. 8 15 44 43 22 保健科学部|リハビリテーション学科〈言語聴覚学専攻〉 セ試前期 1. 3 1. 8 3 47 47 35 保健科学部|リハビリテーション学科〈言語聴覚学専攻〉 セ試後期 1. 3 2 1 1 0 保健科学部|リハビリテーション学科〈言語聴覚学専攻〉 公募推薦 1. 9 1. 6 15 29 29 15 保健科学部|リハビリテーション学科〈言語聴覚学専攻〉 指定校推薦 1. 0 1. 0 5 3 3 3.

次の