ふくらはぎ 筋肉 痛 の よう な 痛み。 ふくらはぎの筋肉の痛みに効く筋膜ストレッチ

痛みを伴うひどい足のむくみの解消法!ふくらはぎのむくみを取りたい!【おぎないびと】

ふくらはぎ 筋肉 痛 の よう な 痛み

座骨神経痛の主な症状は腰痛、しびれです。 座骨神経に沿った部分に鋭い痛みやしびれを感じることがあります。 なかには直接部位が痛み出す人もいます。 人によって痛さや発症する部位は異なってきます。 腰から太ももへ痛みが移動し、太ももからふくらはぎへ、最終的に足の裏側に痛みが移動してしまう方も中にはいます。 症状が悪化するほど、足先へのダメージが拡大してしまうんです。 こちらは慢性化しやすいので、だんだん痛みに慣れてしまうこともありますが、早めに病院で治療を受ける必要があります。 ただの腰痛と勘違いされがちなので、しびれを伴う場合などいつもと違った痛みを感じた場合は早めに病院に行きましょう。 ふくらはぎのストレッチ方法 ふくらはぎは、「第二の心臓」とも呼ばれています。 なぜなら、ふくらはぎは心臓から足へ送られた血液を再度心臓へ送り返す、ポンプの様な役割を果たしているからなんです。 ポンプ作用は歩くことによって起きる現象です。 体を動かすことで座骨神経の痛みを軽減できるかもしれません。 運動もですがふくらはぎの痛みは筋肉をゆるめることで解消、軽減することが多いと言われています。 こちらを3セットほどやってみてください。 少しでも痛みや違和感を感じるようだと力の入れすぎです。 あくまでもストレッチなので、 気持ち良い程度に、筋肉が伸びている状態を維持するように試してみてください。

次の

放置は厳禁!ふくらはぎが痛い原因は意外な病気かも

ふくらはぎ 筋肉 痛 の よう な 痛み

Sponsored Link ふくらはぎに筋肉痛のような痛みがあるけど大丈夫? 急な運動や久々のスポーツなどの心当たりがなく、筋肉痛のような 痛みがあるときは、軽い痛みだからと軽視できない ケースもまれにあるので注意しましょう。 ふくらはぎに筋肉痛のような痛みを起こす原因として 考えられるものを、ここでは大きく3つにわけて説明します。 肉離れ 比較的軽度な痛みの肉離れを起こしていた場合、筋肉痛のような痛みとして 感じられることがあるようです。 適切な処置を行えば心配ありません。 腰部の疾患 「腰部椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」など、腰部の神経を 圧迫する疾患が原因となっていることがあります。 また、お尻の筋肉が硬くなってしまうことで腰部からの神経を圧迫し ふくらはぎに筋肉痛のような痛みを起こすということも考えられます。 これらも病院の受診・適切な処置により多くは重症化することはありません。 内臓の病気 考えられる原因として最も注意してほしいものが、内臓疾患によるものです。 高血圧の既往歴がある人などは、「動脈硬化症」の可能性も否定できません。 こちらは足の血行不良を起こすので、ふくらはぎに 筋肉痛のような重だるい痛みとして感じられることがあります。 そのほかにも、むくみがあるという場合は「腎疾患」も疑いますので ふくらはぎの筋肉痛のような痛み以外の症状にも注意が必要です。 Sponsored Link 固いしこりみたいなものがある場合は何かの病気? 続いて、ふくらはぎに固いしこりのようなものがある場合についてお伝えしていきます。 固いしこりがあるのはなんだか不安になってしまいますが 多くの場合は命にかかわるようなものではなく 重篤な疾患につながることはまれです。 固いしこりの痛みとして考えられるものとしては、「筋膜炎」が挙げられます。 筋肉の使い過ぎにより、筋肉や筋膜(筋肉を包む膜)に炎症を起こしている状態のことです。 出典:stretchpole-blog. com この筋膜炎を起こすと、固いしこりのようになって触れることがあるようです。 過度の疲労により誰にでも発生する可能性のあるもので、血行改善のために 温熱療法を行ったり、ストレッチを行うなどの対処をします。 病院には行ったほうがいい? いずれの場合も、病院を受診し適切な診断や日常生活での指示などを 受けておいたほうがより安心です。 以下で詳しく説明します。 筋肉痛のような痛みの場合 肉離れや腰部疾患を疑うときは「整形外科」を受診しましょう。 内臓の病気を疑う場合は「内科」をまず受診しておけば その後の診察により適切な診療科を紹介してもらうこともあります。 固いしこりがある場合 「筋膜炎」であることが考えられると説明しましたが こちらもやはり病院の診察を受けておいたほうが安心でしょう。 筋膜炎であれば整形外科の担当になりますが、その他の病気の 可能性があるときには医師に適切な診療科を紹介してもらえるでしょう。 筋膜炎と診断を受けたあとであれば、自分で温めたりストレッチしたりといったケアも大切です。 整骨院や鍼灸の治療を受けることも、痛みの緩和や症状の早期改善に効果があります。 まとめ 筋肉痛のような痛みも、固いしこりがある場合も ほとんどが筋肉の使い過ぎによる疲労からくるものです。 まずは十分な休息をとってくださいね。 また、ヘルニアなど腰部の疾患であった場合も 治療とあわせてセルフケアが大切になってきます。 いずれも病院の診断を受け、専門家の知識と技術に 助けてもらいながら、症状の改善を目指していきましょう。 Sponsored Link•

次の

ふくらはぎが痛い!だるい!その原因は?病気なの?

ふくらはぎ 筋肉 痛 の よう な 痛み

そもそも「足の長さが違うってどういうこと?!」と驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなに珍しいことではないんですよ。 骨盤が歪むと足の長さは違ってきます。 よく足を組む人は気をつけた方がいいかもしれませんね。 足を組むと骨盤が歪みやすくなります。 右足が短い場合、骨盤の左側前方、右側後方にねじれていることが多いそうです。 この場合は仰向けになり、左側(もしくは痛くない方)の膝を腕で抱え込み、 股関節を胸に近づけるストレッチが効果的です。 この時、反対側の足は伸ばしておくのがコツですよ。 左側が痛い時は逆にしてストレッチをしてみましょう。 このストレッチは 歪んだ骨盤を整え足の長さを調整する効果があります。 痛みがある時や歩いている時に違和感を感じたらぜひ試してみてください。 スポンサーリンク 左ふくらはぎの痛みの原因や症状は? では、足の長さは同じなのに痛い場合は他に原因があるのでしょうか?実は 左右で痛みの原因が異なるんです。 まずは左ふくらはぎに痛みがある場合の原因や症状を見ていきましょう。 左ふくらはぎの痛みがある方、下記の症状は出ていませんか? ・足が常に疲れやすい ・冷え性、低体温 ・風邪をよく引く ・なぜか左側が凝りやすい ・花粉症などのアレルギーがある ・むくみが酷く気になる ・生理痛や便秘で悩んでいる 上記の症状があると左側のふくらはぎに痛みが出るようです。 ではなぜ左側に痛みが出るんでしょうか?そこには左側の内臓の働きが関係しているのだとか…! 内臓の働きが悪くなると体内の循環が悪くなってしまいます。 循環が悪くなると老廃物を上手く流すことが出来ず、疲労物質がふくらはぎに溜まります。 ここに溜まると痛みやむくみの症状が出ます。 もう少し詳しく見ていきましょう。 【脾臓(ひぞう)に疲れがある場合】 脾臓は左わき腹にあります。 脾臓は主に免疫と大きく関わっていて風邪やアレルギー、体温調節など体にとても重要な働きをしています。 ここが弱ると風邪を引いたりアレルギー症状が出るなどの影響が出てきます。 脾臓が弱い人の特徴として 左の股関節が硬いというのがあります。 左の股関節が硬いとふくらはぎに繋がる神経に悪影響を与えるようです。 【心臓や腎臓に疲れがある場合】 心臓や腎臓というのは水分をコントロールしています。 コントロールが上手くいかないということは循環が悪くなり足に溜まります。 これが むくみの原因にもなります。 この状態が長く続くと痛みになって現れます。 また心臓が疲れると足がつりやすくなりますのでよく足がつるという方は検査を受けてみるのもいいですね。 【生理痛や便秘で悩んでいる場合】 子宮など婦人科系に疲れが溜まると足の痛みやむくみとして現れます。 生理やお通じは体内の掃除です。 血液の循環がとっても大事になるのですが、もし血液循環が悪くなると生理痛や便秘として不調をきたします。 特に便秘の場合は S字結腸付近で詰まりやすいのですが、この場合左ふくらはぎに痛みが出やすくなります。 内臓疲労は日々の生活習慣が影響しますが、何より ストレスを溜めないこと!これが一番大事ですよ。 ストレスは上手く発散して内臓から健康を目指しましょう! スポンサーリンク 右ふくらはぎの痛みの原因や症状は? では次に右のふくらはぎが痛い場合の原因や症状を見ていきましょう。 右のふくらはぎに痛みがある場合、下記をチェックしてみましょう。 ・よくお酒を飲む ・つい食べ過ぎる ・薬をよく飲んだり、添加物を取る ・ストレスが溜まっている ・下痢 ・右の股関節が硬い 上記の方は右のふくらはぎに痛みが出やすいようです。 左側と同様に右側が痛いという場合、 右側にある内臓に何らかの疲れが出ていると思われます。 右側の内臓、肝臓や胆のう、右の腎臓です。 【肝臓に疲れがある場合】 肝臓は内臓の中で一番大きな臓器になります。 主に解毒作用や排泄・消化に働きます。 ここが上手く働かないと老廃物が溜まって血流が悪くなり、他の臓器へ影響を及ぼします。 肝臓はアルコールを分解してくれますが、他にも薬やストレスも肝臓で処理されるんですよ。 ですが酷使すると肝臓も疲れが出ます。 すると肝臓は重くなり下に下がります。 こうなると他の臓器に影響を与えてしまい、機能が低下していきます。 酷くなると右のふくらはぎに痛みが出たり しびれを起こしたりするようになります。 【胆のうに疲れがある場合】 胆のうは油ものなどを分解する働きがあります。 脂肪の吸収や消化は胆のうで行い、お腹が痛くなるのも胆のうが原因ということが多いようです。 胆のうの疲れを取るには 油ものを控えるようにしましょう。 【右の腎臓に疲れがある場合】 こちらは左の腎臓と同じです。 水分を上手く排出出来なくなり体内環境が悪くなります。 内臓以外にも右の骨盤が開くと股関節も開くのでふくらはぎに負担がかかります。 骨盤の開きを直して歪みを戻してあげるとふくらはぎの痛みも落ち着くでしょう。 整体などで歪みを矯正してもらうといいですよ。 そうすることで血液循環も良くなり 内臓への負担も軽減されていくはずです。 左右両方のふくらはぎが痛い原因は? 右足と左足の両方のふくらはぎが痛い症状の原因は、 【下肢静脈瘤】であるケースが考えられます。 正確な原因については、医療機関で精密検査を受ける必要がありますが、 女性の場合は下肢静脈瘤である可能性が極めて高いです。 下肢静脈瘤について 両足のふくらはぎに静脈が浮き出ている場合は、ほぼ間違いなく【下肢静脈瘤】です。 ふくらはぎの痛みだけでなく、 ふくらはぎがむくんでいる場合も下肢静脈瘤を患っている場合があるので、気になる方は医療機関を受診してください。 下肢静脈瘤の原因は、遺伝や環境因子など様々です。 もし自分の母親や祖母が下肢静脈瘤である場合は、下肢静脈瘤を患う可能性が高まるので確認しておくと良いかもしれません。 デスクワークなどで長時間同じ姿勢で仕事をしている人も下肢静脈瘤になりやすく、妊娠や出産を繰り返し行っている女性も下肢静脈瘤になる場合が多いです。 下肢静脈瘤の症状は? 下肢静脈瘤の症状は、左右両方の足のふくらはぎの痛みやむくみ、静脈が浮き出るといった症状があります。 目に見えるので、自覚しやすいものではあります。 下肢静脈瘤になると静脈が浮き出てしまうため、足の見栄えが悪化します。 ミニスカートなど足を露出する服を着られなくなる女性も多く、 美容を損ねる原因にもなります。 下肢静脈瘤を治療するには、医療機関を受診することが必要です。 つぎでは、下肢静脈瘤の治療法についてご紹介しますね。 下肢静脈瘤の治療法とは? 医療機関の中には、下肢静脈瘤の治療だけを専門に行っている病院があります。 血管外来や血管外科、末梢血管外科などの診療科目でも治療が受けられるので、最寄りの医療機関を探してみてください。 下肢静脈瘤の治療方法は、注射やレーザー治療が一般的。 エルベスレーザーで治療する場合は保険診療が可能で、 1割~3割負担で治療を受けることができますよ。

次の