昭和19年生まれ。 年齢早見表|昭和19年生まれ

年齢早見表|昭和19年生まれ

昭和19年生まれ

目次 Contents• 昭和19年(1944年)ってどんな年? 昭和19年(1944年)の概要 昭和19年(1944年)の動き 戦局の悪化に伴い,国民生活の窮乏化進む 昭和19年(1944年)の川柳 玉砕の二字一億の血をゆすり 藤沢石泉 昭和19年(1944年)のプロ野球記録 優勝チーム 阪神(監督 若林忠志) 最優秀選手 若林忠志(阪神) 首位打者 岡村俊昭(近畿日本) 本塁打王 金山次郎(産業) 打点王 藤村富美男(阪神) 昭和19年(1944年)の高校野球決勝戦 戦争により中止 昭和19年(1944年)の大相撲優勝力士 1月場所 小結 佐賀ノ花(最後の優勝・全1回) 5月場所 横綱 羽黒岩(全勝優勝) 11月場所 大関 前田山(最後の優勝・全1回) 昭和19年(1944年)の内閣 ~昭和19年(1944年)7月18日 東条英機(陸軍)内閣 7月22日~ 小磯国昭(陸軍)内閣 昭和19年(1944年)の政治・経済 1. 4 戦時官吏服務令・文官懲戒戦時特例公布。 7 大本営,インパール作戦を認可。 インド東北部のインパールを攻略,英・印軍の反攻の阻止と自由インド仮政府の拠点確保をねらう。 24 大本営,大陸打通作戦を命令。 京漢・湘桂・秀漢の3鉄道を占領して南方占領地との連絡の確保と米空軍基地の破壊を目的とする。 17 米機動部隊,トラック島を空襲。 日本海軍,艦船43隻・航空機270機を失う。 21 東条首相 陸相兼任 ,参謀総長をも兼任。 軍政両面で独裁体制確立。 4 政府,国内13道府県に非常警備隊設置を決定。 4月 軍令部,特攻兵器の回天・震洋を実現。 5 大本営,防衛総司令官に本土決戦準備の一環として本土内の各地上軍・航空部隊などの統率・指揮権を付与。 31 東条首相,軍需動員会議の彫上,7条件を提示して軍需生産力の回復を訓示。 15 米軍,マリアナ諸島のサイパン島上陸 7. 7日本軍守備隊3万人玉砕,住民死者1:万人。 16 中国の成都から飛来した米軍機47機,八幡製鉄所を爆撃。 19 太平洋戦争中最大のマリアナ沖海戦 ~20。 空母3隻・航空機430機を失っで惨敗。 4 大本営,インパール作戦の中止を命令 死者3万人,戦傷病者4万5000人。 18 マリアナ沖海戦の敗北やサイパン島陥落を契機に東条独裁体制への不満が表面化。 重臣・皇族らの内閣打倒工作で,東条内閣総辞職。 22 小磯国昭 陸軍大将 内閣成立。海相米内光政。 5 大本営政府連絡会議,最高戦争指導会議と改称。 首相の戦争指導への発言権強化を意図。 19 最高戦争指導会議「世界情勢判断」及び「今後採るべき戦争指導大綱」を決定。 28 最高戦争指導会議丿対ソ施策に関する件」を決定。 ソ連の中立維持・利用を図る。 12 台湾沖航空戦。 大本営,事実に反して「大戦果」を発表。 18 陸軍省,兵役法施行規則改正公布。 17歳以上を兵役に編入。 24 レイテ沖海戦始まる。 空母4・戦艦3ほか26隻,航空機215機を失い,連合艦隊事実上壊滅。 25 中国の各米軍基地から飛来したB29約100機,北九州一帯を爆撃。 25 海軍神風特攻隊,レイテ沖で米艦船に体当り。 3 陸軍,千葉県一宮,茨城県大津,福島県勿来から風船爆弾9300発を放球 ~昭20年3月。 24 マリアナ基地のB29約70機,東京を初空襲。 以後,日本本土各地への爆撃が本格化。 昭和19年(1944年)の世界 1. 20 ソ連軍,レニングラード攻防戦で独軍を撃退。 4 米・英軍,ローマ入城。 6 連合軍,ノルマンジー上陸 第2戦線結成。 15 独,V1号ロケットでロンドン爆撃開始。 1 米ブレトンウッズで連合国経済会議開催。 国際通貨基金 IMF ・国際復興開発銀行 世界銀行 創設を討議。 20 独国防軍によるヒトラー暗殺計画失敗 7・20事件。 1 ワルシャワで,郊外にまで迫ったソ連軍に呼応し,市民らが反独武装蜂起。 2ナチスSSが鎮圧,地下組織兵1:万5000人と市民15万人が死亡,ソ連軍は傍観。 21 米・英・中・ソ,ダンバートン・オークス会議開催。 9国際連合案を発表。 24 ルーマニア,連合国に降伏。 25 連合軍,パリに入城。 2 独,V2号ロケットでロンドン爆撃開始。 6 米大統領特使バーレー,重慶に到着。 以後蒋介石・毛沢東らと会談。 9 仏でド=ゴール首班の共和国臨時政府成立。 18 ローズベルト・チャーチル,バイトパーク協定調印。 原爆開発の米・英独占,対日使用を検討。 9 モスクワでチャーチル・スダーリン会談開催。 南欧・東欧の英・ソ勢力範囲画定。 11 ソ連軍,東プロシアで独国境線を突破。 20 ソ連軍・ューゴ人民解放軍,ベオグラード解放。 7 米大統領にローズベルト4選。 10 南京国民政府汪兆銘主席,名古屋で死去 59。 陳公博,主席代理に就任。 昭和19年(1944年)の社会・文化 1. 26 内務省,東京・名古屋に改正防空法による初の建物疎開を命令。 29 『中央公論』・『改造』の編集者検挙。 以後昭和20年6月までに多数の言論知識人が特高に検挙される 横浜事件。 10 青山杉作・千田是也・東野英治郎・小沢栄太郎・東山千栄子ら,俳優座を結成。 23 『毎日新聞』の記事「竹槍では間に合わぬ」に東条首相が激怒。 新聞を差押え,執筆した記者を懲罰として召集。 7 閣議,学徒勤労動員の通年実施を決定。 31 松竹少女歌劇団,解散して松竹芸能本部女子挺身隊となる。 1 6大都市の国民学校,1食7勺の給食開始。 14 空襲に備え,都市住民に身許票の所持を通牒。 20 東京都内の幼稚園,無期限休園となる。 10 名古屋鉄道局に初の女性車掌勤務。 16 文部省,学校工場実施要綱を発表。 特に女子校の工場化を促進。 23 北海道洞爺湖畔で大噴火,新火山が生れる。 27昭和新山と命名。 10 情報局,中央公論社と改造社に自発的廃業を指示。 両社は月末に解散。 1 家庭用の砂糖,配給停止となる。 4 政府,一億国民総武装を決定。 竹槍訓練などが本格化。 4 学童集団疎開第1陣198人,上野を出発。 15 軍需省,精密兵器生産のためダイヤモンドの買上げを開始。 22 沖縄からの疎開船対馬丸,米潜水艦の攻撃により悪石島近海で沈没,学童738人を含む1504人が死亡。 23 女子挺身勤労令公布。 23 学徒勤労令公布。 理科系学徒中,科学研究要員以外の勤労動員を決定。 28 各官庁で第1・第3日曜が出勤となる。 8月 鹿島組花岡鉱山に中国人強制連行者986人強制就労。 死者続出。 15 軍需省,白金の強制買上げを実施。 20 日比谷で一億憤激米英撃擢国民大会開催。 25 5銭・10銭の小額紙幣発行。 1 たばこの隣組配給制実施。 成年男子1日6本の割当。 13 日本野球報国会,プロ野球の中止を声明。 7 映画配給社,生フイルム欠乏により731の映画館に配給休止を通告。 7 東南海地震。 大地震と津波で死者998人,家屋全壊2万6130戸。 昭和19年(1944年)の世相 2月 東京都で雑炊食堂開設 ビヤホール・デパート・喫茶店などを利川。 25都民食堂と改称。 3月 「決戦非常措置要綱」第7頑により東京歌舞伎座・東京劇場・新橋演舞場・大阪歌舞伎座・京都南座など19の劇場が享楽追放の理由で休場/宝塚歌劇団最終公演。 多数のファンが殺到,讐官隊が抜刀して整理/警視庁,高級料理店・待合・芸妓屋・バーなどを閉鎖。 芸者・女給・仲居など1万8000人が転廃業/日本新聞協会,夕刊廃止を決定 11月には朝刊も2頁に縮小。 4月 国鉄,1等車・寝台車・食堂車を全廃し,急行列車を削減。 5月 名古屋鉄道局で初の女吐車掌登場 7. 1からは東京でも勤務。 14京成電車で女性運転手が登場 /国技館が風船爆弾工場として接収されたため,大相撲夏場所を後楽園球場で開催。 9月 公募美術展 二科展・一水会展・新制作派展など ,輸送・資材難のため中止。 10月 貨物列車増発のため,旅客列車を削減,特急は全廃となる。 11月 輸送トラック不足で,西武武蔵野線,夜間に農村向けの屎尿電車輸送開始。 この年 食糧の欠乏でのら犬が野性化。 東京都では野犬を買上げ,毒まんじゅうを配布/硫黄マッチ登場/学童疎開の女児たちがお手玉の小豆を食用にする。 — がのグンビ岬へ上陸• — 開始• — がを認可• — ソ連軍がとで攻勢を開始• — のサンファンで地震• — イタリアのイギリス軍、を越える• — イギリス軍空襲。 2300トンの爆弾を投下• — 連合軍、開始• 大本営がを命令• スイカ・メロンなど不急作物の作付禁止• — 東京・名古屋で初の疎開命令(建物の強制取壊し)• — ソ連軍が• 「」「」の編集者が検挙される()• — 米軍がに侵攻• — 米軍がマーシャル諸島に上陸 昭和19年(1944年) 2月• 2月 — 東京火災、帝国海上、第一機罐の3社が合併し、安田火災海上保険(現:)を設立。 — 内の銀行合併により設立• — 米軍がマーシャル諸島占領• — ・での全面強化• — イタリア軍、で反攻開始• — 結成• — 米軍がを爆撃• 米軍による• — が閣議決定• — 米軍がを占領() 昭和19年(1944年) 3月• — 政府が三綱領発表(国民学校学童給食・空地利用食糧増産・促進)• — 休演前最終公演(ファンが殺到し警官が抜刀して整理)• — 決戦非常措置要綱により、・・が閉鎖される• — 全国の新聞でが廃止• — 日本軍がを開始• — 東京都が空地利用総本部を設置(戦時農園化、も水田に)• — 岩手県で豪雪(死者164名、全壊209戸)• — ドイツ軍がを占領()• — 会社設立(東京海上・三菱海上火災・明治火災が合併)• — 設立• — 初の疎開列車(夜に上野発、上越・常磐・東北へ)• が殉職()(公表は4月5日)• 解散(松竹芸能本部女子挺身隊結成)• 日本軍、中部と南部で攻勢開始。 昭和19年(1944年) 4月• — 旅行制限強化• — 日本軍がを開始( — 翌1945年1月)。 昭和19年(1944年) 5月• — 南海山手線(旧・)がにより国有化され、国鉄(現・)となる。 — ソ連軍、解放。 — ドイツ軍がから撤退• — ソ連がクリミアからを追放する 昭和19年(1944年) 6月• — とが合併し、設立。 — ( — )。 — 連合軍、に入る。 — 連合軍による(オーバーロード作戦)発動。 — ソ連軍、フィンランドを攻撃開始• — ので虐殺事件• — 米軍がサイパン島を含むに空爆開始。 ドイツ軍、でのイギリス攻撃開始。 米軍がに上陸。 米軍のB29が中国の成都を出発、翌日未明に北九州の八幡を爆撃。 (B-29の本土初空襲)• — がから独立• — 翌日まで。 — ソ連軍がを開始。 — でが起こり、新しく造山され、と命名される。 — 米軍がに入る。 昭和19年(1944年) 7月• ソ連軍、解放。 日本軍はインパール作戦を放棄。 — サイパン島で日本軍が全滅。 — イギリス軍とカナダ軍による占領。 — 日本の総辞職• — ドイツでが発生。 — 米軍が島に上陸し、が始まる。 日本で成立。 米において開かれていた連合国金融通貨会議においてが締結される。 ・が設立。 において(ルブリン政府)が結成される。 昭和19年(1944年) 8月• 独ソ戦:• がを吸収合併• — がドイツと断交• — 政府連絡会議をと改称する• グアムで日本軍全滅• 枢密院議長にを任命• — 連合軍、イタリアの占領• — が初飛行する。 — 在支米空軍約80機が九州・中国地方に来襲。 落下傘降下の米兵が逮捕される。 — 沖縄からの疎開船が米潜水艦の魚雷攻撃により沈没(学童七百人を含む千五百人が死亡)• でクーデター()。 国王が政権を掌握し、連合国と休戦して枢軸国から離脱• (当時の社名:東洋光学硝子製造所)設立• — 市民が反独武装蜂起• 連合軍による• ルーマニア王国がドイツに宣戦布告• — が枢軸国から離脱• で徴兵制実施• ソ連軍がルーマニアを占領 昭和19年(1944年) 9月• — がドイツと断交。 — 連合国軍がに入る• — ソ連がブルガリアに宣戦布告• — 召集(11日閉会)。 — 政府が本国に復帰。 — ドイツがによるロンドン攻撃を開始• によるフランス臨時政府成立• ブルガリアで祖国戦線によるクーデター。 — ブルガリアがドイツに宣戦布告• — フィンランドとソ連が休戦 昭和19年(1944年) 10月• — ワルシャワ蜂起がドイツ軍に鎮圧される• イギリスのとソ連のがモスクワで会談。 で連合国がを提案• — 米国機動部隊、をする。 連合国軍がに入城• 米軍が台湾を空爆、( — 16日)• — ドイツの将軍が自殺• — でドイツ軍とによるクーデター()。 摂政が退位しドイツに亡命。 — ソ連軍がを占領• — ドイツのが陥落• が始まる。 昭和19年(1944年) 11月• — 朝刊2ページに削減される。 — でが4選される。 11月7日 — 指導者が革命記念日の演説で日本を侵略国と名指しで批判。 11月7日 — : ・が処刑。 — 松代大本営が着工。 — の米軍基地からが東京を初めて空襲した。 昭和19年(1944年) 12月• — 戦死。 — 沖で発生。 M()7. 9、死者・行方不明者1,223人、建物全壊36520件。 この地震によって、軍需工場に大被害が出たことにより、での日本の敗北が早まったとも言われている。 — 仏ソ相互援助条約調印• — の三菱発動機第四工場に空襲。 死者330人、負傷者356人。 — 軍によるが始まる。 — 名古屋市の三菱航空機大江工場と周辺の・など3か所に空襲。 死者334人、負傷者253人。 — 名古屋市の三菱発動機第四工場に再び空襲。 この時は、やなども空襲に遭う。 負傷者3人。 — 召集• — の独立戦線臨時政府がドイツに対して宣戦布告 昭和19年(1944年)の文学• 第19回(1944年上半期) — 『登攀』• 第20回(1944年下半期) — 清水基吉 『雁立』• 第19回(1944年上半期) — 岡田誠三『ニューギニヤ山岳戦』• 第20回(1944年下半期) — 該当作品なし 昭和19年(1944年)のスポーツ• (幕内最高優勝)• 春場所• 夏場所• 秋場所 昭和19年(1944年)の音楽• — の初演。 昭和19年(1944年)の映画• 昭和19年(1944年)生まれの著名人 昭和19年(1944年) 1月生まれ• — 、元• 1月1日 — 、元プロ野球選手、元陸上選手• 1月1日 — 、• 1月1日 — 、アナウンサー・元参議院議員• — 、俳優• — 、• 1月4日 — 、元プロ野球選手• 1月4日 — 、元プロ野球選手• — 、女優• 1月7日 — 、女優• — 、・歌手• 1月8日 — 、プロ野球選手• — 、• — 、• — 、プロ野球選手• — 、• — 、元プロ野球選手• — 、• — 、• — 、歌手• 1月18日 — 、元プロ野球選手• — 、• — 、• — 、プロ野球選手• — 、• — 、俳優・・• 1月25日 — 、・• — 、• — 、• — 、・奏者 昭和19年(1944年) 2月生まれ• — 、・• 2月3日 — 、・• — 、・• — 、• 2月5日 — 、政治家・• — 、俳優• — 、元• 2月8日 — 、• — 、小説家• 2月9日 — 、元プロ野球選手• 2月9日 — 、作家• 2月9日 — 、俳優• — 、・• 2月10日 — 、• — 、・• 2月11日 — 、• — 、元プロ野球選手• — 、• — 、演奏家・• — 、元プロ野球選手• 2月21日 — 、俳優• — 、• — 、• 2月24日 — 、・元アナウンサー• 2月25日 — 、映画監督• — 、選手• — 、• — 、• — 、コピーライター• 3月1日 — 、歌手• 3月1日 — 、元• — 、素粒子物理学者• — 、声優• — 、• — 、政治家• 3月12日 — 、プロ野球選手• — 、• 3月14日 — 、選手• — 、• — 、元プロ野球選手• 3月20日 — 、• — 、プロ野球選手• — 、• — 、最後の• 3月24日 — 、• — 、• — 、• — 、 昭和19年(1944年) 4月生まれ• — 、元• 4月1日 — 、・• — 、政治家• 4月5日 — 、• — 、元プロ野球選手• — 、コンピューター学者• 4月7日 — 、• 4月7日 — 、• 4月7日 — 、プロ野球選手• — 、画家• — 、• — 、• — 、元(元)、• — 、選手• — 、• — 、元プロ野球選手• — 、元プロ野球選手• — 、• — 、元プロ野球選手• 4月26日 — 、プロ野球選手• — 、・ 昭和19年(1944年) 5月生まれ• — 、高校野球指導者• — 、元• 5月5日 — 、• 5月5日 — 、プロ野球選手• — 、元プロ野球選手• 5月6日 — 、プロ野球選手• — 、元• 5月7日 — 、プロ野球選手• — 、• — 、• 5月14日 — 、・ラジオパーソナリティ• 5月14日 — 、プロ野球選手• — 、俳優• — 、・• 5月17日 — 、• — 、元プロ野球選手• — 、• 5月18日 — 、・・テレビ• — 、プロ野球選手• — 、元プロ野球選手• 5月21日 — 、• — 、歌舞伎役者• 5月22日 — 、元プロ野球選手• — 、選手• — 、政治学者• — 、ゴルファー• — 、元プロ野球選手• 5月28日 — 、高校野球指導者• — 、• — 、プロ野球選手• — 、 昭和19年(1944年) 6月生まれ• — 、• 6月3日 — 、プロ野球選手• — 、(株)代表取締役社長、• — 、元プロ野球選手• — 、第8代• — 、元プロ野球選手• 6月14日 — 、• — 、• 6月16日 — 、高校野球指導者• — 、元プロ野球選手• — 、元プロ野球選手• 6月23日 — 、• — 、元長• 6月24日 — 、• — 、元プロ野球選手• 6月28日 — 、元プロ野球選手• — 、元プロ野球選手 昭和19年(1944年) 7月生まれ• — 、元• — 、• 7月3日 — 、・• 7月3日 — 、児童文学作家• — 、元プロ野球選手• 7月5日 — 、• — 、元プロ野球選手• — 、プロ野球選手• — 、• — 、元プロ野球選手• 7月12日 — 、作家・• — 、・・• 7月13日 — 、政治家• — 、・・元TBS• — 、政治家• — 、元プロ野球選手• — 、ペルー政治家• — 、プロ野球選手• — 、元プロ野球選手• 7月29日 — 、プロ野球選手• — 、プロ野球選手 昭和19年(1944年) 8月生まれ• — 、• — 、元騎手・調教師• — 、声優• — 、俳優• — 、元• 8月11日 — 、• — 、俳優• 8月15日 — 、• — 、元プロ野球選手• 8月17日 — 、プロ野球選手• — 、元騎手・調教師• — 、・者• — 、• — 、• — 、女優• — 、・アートデザイナー 昭和19年(1944年) 9月生まれ• — 、• — 、プロ野球選手• — 、プロ野球選手• 9月11日 — 、元調教師• 9月11日 — 、元プロ野球選手• — 、・• — 、歌手• — 、調教師• — 、• — 、• 9月20日 — 、俳優・• — 、元防衛• — 、俳優・• — 、・• — 、作家・俳優• 9月28日 — 、ジャーナリスト・著作家 昭和19年(1944年) 10月生まれ• — 、・元議員• — 、• 10月4日 — 、• 10月9日 — 、• — 、• — 、認知• 10月17日 — 、プロ野球選手• — 、• 10月20日 — 、• — 、官僚• — 、元プロ野球選手• — 、• — 、高校野球指導者• 11月7日 — 、、元• — 、初代大統領• — 、政治家• 11月12日 — 、リングアナウンサー• 11月12日 — 、プロ野球選手• — 、警察官• — 、プロ野球選手• 11月17日 — 、メジャーリーガー• — 、政治家• — 、交通学者・学長• — 、元プロ野球選手• 11月29日 — 、• — 、元プロ野球選手 昭和19年(1944年) 12月生まれ• 12月1日 — 、元• — 、頭取• 12月2日 — 、・・• 12月4日 — 、格闘家・芦原会館創始者• — 、・• — 、高校野球指導者• — 、・• 12月12日 — 、・• — 、・• — 、監督• — 、元プロ野球選手• — 、• — 、 昭和19年(1944年)に亡くなられた著名人• — ()• — ()• — (アメリカ)、(アメリカ)• — ()• — フィクションに登場する昭和19年(1944年) 昭和19年(1944年)に起こったとされている出来事• 1944年 — 連合軍第501統合戦闘航空団「STRIKE WITCHES」達の活躍により、ネウロイの完全消滅が確認され、ネウロイの制圧下だったガリアが解放され人類の手に戻った。

次の

年齢早見表|昭和19年生まれ

昭和19年生まれ

1944年 昭和19年 生まれ 1944年に生まれた人が何歳か、小学校から大学までの学校の入学・卒業年、厄年、年祝い、出来事などを紹介しています。 なお、年齢は満年齢で記載しています。 誕生日を迎える前の場合、実年齢は1歳若くなります。 年齢は何歳? 誕生日前 誕生日後 75歳 76歳 入学年・卒業年 早生まれの方は1年早くなります。 ご注意ください。 小学校卒業 中学校卒業 高校入学 1957年3月 1960年3月 1960年4月 高校卒業 大学入学 大学卒業 1963年3月 1963年4月 1967年3月 干支 1944年は 申(さる)年です。 日本のできごと サイパン陥落、東南海地震 世界のできごと ノルマンディー上陸 1944年生まれの有名人 舟木一夫(歌手)、杉良太郎(歌手)、久米宏(タレント)、みのもんた(タレント)、高橋秀樹(俳優)、ジョージ・ルーカス(映画監督)、ダイアナ・ロス(歌手) 1944年生まれの年表 早生まれの場合、学校の入学・卒業は一年早くなります。 西暦 和暦 年齢 人生の出来事 世の中の出来事 1944 昭和19 0 誕生 1945 昭和20 1 ポツダム宣言受諾。 国際連合成立 1946 昭和21 2 天皇の人権宣言 1947 昭和22 3 1948 昭和23 4 朝鮮が南北に分裂 1949 昭和24 5 中華人民共和国建国、湯川秀樹がノーベル賞を受賞 1950 昭和25 6 朝鮮戦争 1951 昭和26 7 小学校入学 1952 昭和27 8 1953 昭和28 9 日本でTV放送開始 1954 昭和29 10 自衛隊発足 1955 昭和30 11 1956 昭和31 12 水俣病が初めて認定される 1957 昭和32 13 中学校入学 1958 昭和33 14 1959 昭和34 15 1960 昭和35 16 高校入学 ベトナム戦争開戦 1961 昭和36 17 1962 昭和37 18 キューバ危機 1963 昭和38 19 大学入学 ケネディ暗殺 1964 昭和39 20 成人 東京オリンピック 1965 昭和40 21 1966 昭和41 22 ビートルズ来日 1967 昭和42 23 大学卒業 第3次中東戦争 1968 昭和43 24 三億円事件 1969 昭和44 25 本厄 男性 アポロ11号人類初の月面着陸 1970 昭和45 26 大阪万博 1971 昭和46 27 1972 昭和47 28 札幌オリンピック、沖縄復帰 1973 昭和48 29 オイルショック 1974 昭和49 30 長嶋茂雄が引退 1975 昭和50 31 ベトナム戦争終結 1976 昭和51 32 ロッキード事件 1977 昭和52 33 本厄 女性 日航機ハイジャック事件 1978 昭和53 34 日中平和友好条約調印、成田空港開港 1979 昭和54 35 1980 昭和55 36 イラン・イラク戦争開戦 1981 昭和56 37 本厄 女性 1982 昭和57 38 1983 昭和58 39 大韓航空機墜落 1984 昭和59 40 グリコ・森永事件 1985 昭和60 41 日航ジャンボ機墜落、ロス疑惑 1986 昭和61 42 本厄 男性 チェルノブイリ原発事故 1987 昭和62 43 1988 昭和63 44 リクルート事件 1989 平成元 45 東西冷戦終結、天安門事件、昭和天皇死去 1990 平成2 46 東西ドイツが併合 1991 平成3 47 湾岸戦争 1992 平成4 48 1993 平成5 49 38年ぶりの非自民政権となる細川連立内閣発足 1994 平成6 50 松本サリン事件 1995 平成7 51 阪神大震災、地下鉄サリン事件 1996 平成8 52 1997 平成9 53 香港が中国に返還、山一証券・北海道拓殖銀行破綻 1998 平成10 54 長野オリンピック、サッカーW杯日本初出場 1999 平成11 55 ユーロ導入 2000 平成12 56 2001 平成13 57 小泉内閣発足、アメリカ同時多発テロ事件 2002 平成14 58 日韓サッカーワールドカップ 2003 平成15 59 イラク戦争 2004 平成16 60 還暦 2005 平成17 61 本厄 男性 2006 平成18 62 サダム・フセイン処刑 2007 平成19 63 消えた年金問題、安倍首相が所信表明前に辞意表明 2008 平成20 64 秋葉原無差別殺傷事件 2009 平成21 65 緑寿 衆院選で民主党が大勝し鳩山内閣発足 2010 平成22 66 2011 平成23 67 東日本大震災 2012 平成24 68 2013 平成25 69 古希 2014 平成26 70 2015 平成27 71 2016 平成28 72 2017 平成29 73 2018 平成30 74 2019 令和元 75 2020 令和2 76 喜寿 東京オリンピック開催 2021 令和3 77 2022 令和4 78 2023 令和5 79 傘寿 2024 令和6 80 2025 令和7 81 2026 令和8 82 2027 令和9 83 2028 令和10 84 2029 令和11 85 2030 令和12 86 2031 令和13 87 米寿 2032 令和14 88 2033 令和15 89 卒寿 2034 令和16 90 2035 令和17 91 2036 令和18 92 2037 令和19 93 2038 令和20 94 2039 令和21 95 2040 令和22 96 2041 令和23 97 2042 令和24 98 白寿 2043 令和25 99 百寿 2044 令和26 100 1944年生まれはどんな世代? 1944年(昭和19年)生まれの方は第二次世界大戦が終戦する前年に生まれています。 誕生の翌年には日本は降伏し、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ が設置され、連合国の管理下に置かれました。 連合国側は再び日本が軍国化することを避けようとし、GHQは日本の非軍事化、民主化、軍国教育からの教育改革などの変革を急速に進めていきます。 1944年生まれの方はそのような民主化ていく日本の中で育ち、連合国によって改革された教育を受けて育ちます。 第二次世界大戦後、ジェネレーション・ギャップという言葉が世界中で流行します。 これは戦争を経験してきた世代と戦争を知らない世代の考え方の違いを表現した言葉ですが、日本は大戦前後でとりわけ大きく社会が変わっており、ジェネレーション・ギャップも大きいものでした。 そのような考え方の違いが戦争を知らない若い世代を学生運動に駆り立てます。 日本の学生運動は1960年から1970年代初頭にかけて活発に行われました。 1944年生まれの方はちょうどこの頃学生であり、学生運動に積極的に関わった世代です。 生年別年表 生まれた年ごとの、学校の入学・卒業年、厄年、年祝い、過去の出来事などの一覧表です。

次の

1944年(昭和19年)生まれの年齢早見表|西暦や元号から今何歳?を計算

昭和19年生まれ

1943年 昭和18年 生まれ 1943年に生まれた人が何歳か、小学校から大学までの学校の入学・卒業年、厄年、年祝い、出来事などを紹介しています。 なお、年齢は満年齢で記載しています。 誕生日を迎える前の場合、実年齢は1歳若くなります。 年齢は何歳? 誕生日前 誕生日後 76歳 77歳 入学年・卒業年 早生まれの方は1年早くなります。 ご注意ください。 小学校卒業 中学校卒業 高校入学 1956年3月 1959年3月 1959年4月 高校卒業 大学入学 大学卒業 1962年3月 1962年4月 1966年3月 干支 1943年は 未(ひつじ)年です。 日本のできごと 学徒出陣 世界のできごと カイロ会談 1943年生まれの有名人 関口宏(タレント)、桂三枝(タレント)田村正和(俳優)、北大路欣也(俳優)、輪島功一(ボクサー)、アントニオ猪木(プロレスラー)、樹木希林(女優)、ロバート・デ・ニーロ(俳優) 1943年生まれの年表 早生まれの場合、学校の入学・卒業は一年早くなります。 西暦 和暦 年齢 人生の出来事 世の中の出来事 1943 昭和18 0 誕生 1944 昭和19 1 1945 昭和20 2 ポツダム宣言受諾。 国際連合成立 1946 昭和21 3 天皇の人権宣言 1947 昭和22 4 1948 昭和23 5 朝鮮が南北に分裂 1949 昭和24 6 中華人民共和国建国、湯川秀樹がノーベル賞を受賞 1950 昭和25 7 小学校入学 朝鮮戦争 1951 昭和26 8 1952 昭和27 9 1953 昭和28 10 日本でTV放送開始 1954 昭和29 11 自衛隊発足 1955 昭和30 12 1956 昭和31 13 中学校入学 水俣病が初めて認定される 1957 昭和32 14 1958 昭和33 15 1959 昭和34 16 高校入学 1960 昭和35 17 ベトナム戦争開戦 1961 昭和36 18 1962 昭和37 19 大学入学 キューバ危機 1963 昭和38 20 成人 ケネディ暗殺 1964 昭和39 21 東京オリンピック 1965 昭和40 22 1966 昭和41 23 大学卒業 ビートルズ来日 1967 昭和42 24 第3次中東戦争 1968 昭和43 25 本厄 男性 三億円事件 1969 昭和44 26 アポロ11号人類初の月面着陸 1970 昭和45 27 大阪万博 1971 昭和46 28 1972 昭和47 29 札幌オリンピック、沖縄復帰 1973 昭和48 30 オイルショック 1974 昭和49 31 長嶋茂雄が引退 1975 昭和50 32 ベトナム戦争終結 1976 昭和51 33 本厄 女性 ロッキード事件 1977 昭和52 34 日航機ハイジャック事件 1978 昭和53 35 日中平和友好条約調印、成田空港開港 1979 昭和54 36 1980 昭和55 37 本厄 女性 イラン・イラク戦争開戦 1981 昭和56 38 1982 昭和57 39 1983 昭和58 40 大韓航空機墜落 1984 昭和59 41 グリコ・森永事件 1985 昭和60 42 本厄 男性 日航ジャンボ機墜落、ロス疑惑 1986 昭和61 43 チェルノブイリ原発事故 1987 昭和62 44 1988 昭和63 45 リクルート事件 1989 平成元 46 東西冷戦終結、天安門事件、昭和天皇死去 1990 平成2 47 東西ドイツが併合 1991 平成3 48 湾岸戦争 1992 平成4 49 1993 平成5 50 38年ぶりの非自民政権となる細川連立内閣発足 1994 平成6 51 松本サリン事件 1995 平成7 52 阪神大震災、地下鉄サリン事件 1996 平成8 53 1997 平成9 54 香港が中国に返還、山一証券・北海道拓殖銀行破綻 1998 平成10 55 長野オリンピック、サッカーW杯日本初出場 1999 平成11 56 ユーロ導入 2000 平成12 57 2001 平成13 58 小泉内閣発足、アメリカ同時多発テロ事件 2002 平成14 59 日韓サッカーワールドカップ 2003 平成15 60 還暦 イラク戦争 2004 平成16 61 本厄 男性 2005 平成17 62 2006 平成18 63 サダム・フセイン処刑 2007 平成19 64 消えた年金問題、安倍首相が所信表明前に辞意表明 2008 平成20 65 緑寿 秋葉原無差別殺傷事件 2009 平成21 66 衆院選で民主党が大勝し鳩山内閣発足 2010 平成22 67 2011 平成23 68 東日本大震災 2012 平成24 69 古希 2013 平成25 70 2014 平成26 71 2015 平成27 72 2016 平成28 73 2017 平成29 74 2018 平成30 75 2019 令和元 76 喜寿 2020 令和2 77 東京オリンピック開催 2021 令和3 78 2022 令和4 79 傘寿 2023 令和5 80 2024 令和6 81 2025 令和7 82 2026 令和8 83 2027 令和9 84 2028 令和10 85 2029 令和11 86 2030 令和12 87 米寿 2031 令和13 88 2032 令和14 89 卒寿 2033 令和15 90 2034 令和16 91 2035 令和17 92 2036 令和18 93 2037 令和19 94 2038 令和20 95 2039 令和21 96 2040 令和22 97 2041 令和23 98 白寿 2042 令和24 99 百寿 2043 令和25 100 1943年生まれはどんな世代? 1943年(昭和18年)生まれの方は、戦中生まれの世代で、第二次世界大戦終戦の2年前に生まれています。 第二次世界大戦が終わると、連合国はダグラス・マッカーサーが司令官を司令官とする連合国軍最高司令官総司令部(GHQ を設置します。 このGHQが中心となって戦後の日本では非軍事化、民主化、教育改革などが一気に進められ、社会が大きく変わっていきます。 1943年生まれの方はそのような民主化されていく日本の中で育った世代で、教育も戦中の戦闘員の育成を目的とする軍国教育から個人を尊重した新しい教育へ変わっていきます。 そのような育った戦後に教育を受けた世代と、戦前・戦中に教育を受けた世代では考え方や価値観の違いが生じ、「ジェネレーション・ギャップ」が生じました。 この世代の方たちは上の世代の行う政治に疑問を持ち、学生運動に積極的に参加していきます。 日本で安保闘争やベトナム反戦運動などの学生運動が活発に行われた1960年代から1970年代は、まさにこの世代の人たちが学生として過ごした時期です。 1943年生まれの方もたくさんの方が学生運動へと参加していきます。 生年別年表 生まれた年ごとの、学校の入学・卒業年、厄年、年祝い、過去の出来事などの一覧表です。

次の