神奈川 コロナ。 神奈川 新型コロナ 2人死亡 107人の感染確認

立正大と神奈川大がコロナ陽性疑いで試合を延期

神奈川 コロナ

新型コロナウイルスをめぐる緊急事態宣言の解除を受け、神奈川県は25日、県内の遊興施設などに出していた休業要請を27日午前0時に解除すると正式に決めた。 約1カ月半ぶりに休業要請はなくなるが、感染の第2波への懸念が消えないなか、人々の日常生活や経済活動がもとに戻るかどうかは見通せない。 27日午前0時から、事業者への休業要請や県民への外出自粛要請を解除するほか、飲食店への短縮営業要請、イベント自粛の要請を一斉に緩和する。 おおむね3週間後、感染の状況などをみて、全面解除に踏み切るかどうかを決める。 休業要請は4月11日から、パチンコ店やカラオケボックスなどを含む6業種を対象に出されてきた。 事業者が適切な感染防止対策をとることを前提に解除するが、当面は午後10時までの短縮営業を要請する。 飲食店への短縮営業の要請も、「午後8時まで」だった営業時間を「午後10時まで」に延ばし、酒類の提供を閉店までできるようにする。 6業種を含む短縮営業の要請は、おおむね3週間後に解除するかどうかを判断する。 県民への外出自粛の要請も27日に解除する。 ただし、県はおおむね3週間は、接待を伴う飲食店などクラスター(感染者集団)の発生歴があるような場所の利用や、帰省や旅行など県境を越えた移動を控えるよう求めている。 同日からは、小規模なイベント(屋内100人以下、屋外200人以下)は自粛要請が解除される。 中規模以上のイベントの可否は、おおむね3週間後に判断することにした。 そのほか、6月9日には県立の社会教育施設のうち、県立図書館や川崎図書館、金沢文庫、近代美術館、歴史博物館を再開館させると決めた。 会議後、黒岩祐治知事は報道陣に「宣言が解除されてもウイルスがいなくなったわけではない。 徹底した感染防止対策に取り組む中で、そろりそろりと経済を回し、新たな日常を作っていきたい」と述べた。 「長かったですね」 江の島振興連絡協議会の会長、湯浅裕一さん(69)は緊急事態宣言が解除された25日、そう語った。 江の島(藤沢市)を含む湘南地区は、「来ないで」と黒岩祐治知事や首長らが県内外に呼びかける状況になり、湯浅さんが営む和菓子店も休業を余儀なくされた。 宣言解除を受けて湯浅さんは「江の島は近くの水族館などの施設もオープンしていかないといけない。 島内のお店だけでなく全体で受け入れ態勢をつくるのが大事で、できれば週末に整うようにしたい。 店も和菓子の仕込みを始めたい」。 ただ、心配もある。 「商売を早くやりたいという半面、(感染拡大防止を考えると)まだ早いのかなという思いもあります。 だけど経済がこれだけ疲弊しちゃったから……」。 消毒液を置くなどの対策をして観光客を迎える構えだ。 箱根旧街道で江戸時代から旅人が休憩する「甘酒茶屋」。 24日、茶屋の歴史で初めてのドライブスルーを設置した。 甘酒のほか和菓子、そば、日帰り温泉入浴券も販売。 2日間で車約100台が利用し、石畳の街道を歩く人も十数人が立ち寄った。 13代目店主の山本聡さん(52)は「主に常連の方たちが『やっと飲めた』と喜び、疲れを癒やしています」。 6月4日まではドライブスルー限定で営業するという。 「豆腐かつ煮」で知られる箱根・強羅の店「田むら銀かつ亭」も24日に営業を再開した。 感染リスクを下げるため、店内の約40席を20席程度に減らした。 行列のリスクも避けるため、スマホに空席を連絡するサービスも始め、番が来るまで散歩などを楽しめる。 箱根登山鉄道強羅駅周辺では24日、小田原箱根商工会議所青年部の有志十数人が、観光客を迎える環境を整えようと清掃や草むしりをした。 その一人、中嶋順さん(49)は「箱根湯本駅や仙石原の案内所もきれいにし、準備ができました。 観光を徐々に回復させたい」。 同鉄道は7月の運行再開を予定している。 例年ならこの時期、修学旅行生が行き交う鎌倉・小町通り。 おもちゃ屋「ちょっぺー」は緊急事態宣言で一度は店を休んだが、ストレスをためた子どもとその相手に疲れたおじいちゃん、おばあちゃんのために5月15日から時短で営業を再開したが、客は数人という日々が続く。 「観光客が以前の水準に戻るには1年以上はかかるでしょう。 今後の経営は非常に厳しい」と店主の今雅史さん(71)は話す。 ただ、7月から小町通り商店会の会長に就く今さんは「厳しい現実に対処した実績は力になる」と前向きだ。 「以前は(混雑のあまり)『観光公害』とも言われましたが、大勢の鎌倉来訪は本当にありがたいことだったと今はわかります。 古くからの会員の意識も変わり、新しい人の意見を取り込むチャンスです」 鎌倉駅近くでビストロを営む黒木伸太郎さん(43)は、外出自粛期間中に始めた料理のテイクアウトを、6月2日に店内飲食を再開した後も続けるつもりだ。 「これなら家でも楽しめる」と地元の年配客が何度も利用してくれた。 「地元に大切にされる店でありたいと思いました。 (テイクアウトに挑戦して)席数に制約されない新しい可能性も感じました」 帰宅は深夜が当たり前だったのに、午後8時には家に着き、子どもたちに「パパ、お疲れ様」と言ってもらえる初めての日々。 各業界は、手探りの中で再開の時を迎えることになる。 「宣言解除だからって素直に喜べない」 JR関内駅近くにある横浜市中区のスペインバル「バール・エスパニョール」の奈輪憲昭マネジャー(45)は不安を口にした。 現在、夕食時間帯の客は日に1、2組ほど。 県は休業要請の解除と同時に、飲食店への短縮営業の要請も緩和し、閉店時刻を「午後8時まで」から「午後10時まで」にする方針。 だが同店では、客足が戻るか分からないこともあり、実際に午後10時まで営業するかはまだ決めていないという。 「客が戻りすぎてもクラスター(感染者集団)が出ないか心配になるし、複雑な気持ちです」 4月8日から休館中の同区の映画館「ジャック&ベティ」は、6月1日の再開に向け準備を始めた。 当面は定員の半数ほどのチケットしか販売せず、間隔を空けて座ってもらった上で換気や消毒を徹底する。 梶原俊幸支配人(43)は「(宣言が解除されて)よかったが、遠方からの来館は難しいと思う。 徐々に取り戻したい」。 横浜市港南区にあるカラオケ店は、県の要請前から休業していたが、27日朝から再開を予定している。 客から寄せられた再開予定の問い合わせに答えられない状況だったという。 店員は「カラオケで大声を出すこともあるので、感染対策は慎重にやっていきたい」。 オンライン授業を続ける関東学院大学。 現段階で、対面授業再開の見通しは立っていないという。 担当者は「(新型コロナウイルスの)状況にあわせ、7月下旬から始まる前期試験に間に合うよう、段階的に対面での授業を始めていきたい」と話した。 早期の営業再開に慎重な事業者も。 JR川崎駅近くの「ラ チッタデッラ」は映画館や飲食店など51店舗を持つ複合商業施設。 12スクリーンを持つ映画館「チネチッタ」は、再開の準備は整ったが、まだ日にちは決定できないという。 「ラ チッタデッラ」を運営する「チッタエンタテイメント」の土岐一利事業企画本部長は「東京より(映画館などに対する休業要請の解除のタイミングが)早いので正直戸惑っている。 急に神奈川で開館していいといわれても大丈夫なのかという懸念が消えない」(林瞬、林知聡、斎藤博美).

次の

神奈川県警察/運転免許業務のご案内

神奈川 コロナ

/ 次のいずれかの症状がある方については、「 」にご相談ください。 センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「 」をご紹介しています。 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。 ( これらに該当しない場合の相談も可能です。 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の 強い症状のいずれかがある場合• 重症化しやすい方 (注意)で、発熱や咳などの 比較的軽い風邪の症状がある場合 (注意)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方• 上記以外の方で発熱や咳など 比較的軽い風邪の症状が続く場合(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) 妊婦の方へ 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。 お子様をお持ちの方へ 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 相談は、帰国者・接触者相談センターの他、地域によっては、医師会や診療所等で相談を受け付けている場合もあるので、御活用ください。 、、、、、にお住まいの方はそれぞれの市町村のホームページをご覧ください。 上記以外の市町村にお住まいの方は帰国者・接触者センター受付窓口にご相談ください。 帰国者・接触者相談センター受付窓口 電話:0570-056799、045-285-1015 受付時間:24時間対応 電話での相談が難しい方 聴覚に障がいのある方をはじめ、電話での相談が難しい方で、「帰国者・接触者相談センター」へのご相談をご希望の場合は、 1 電話での相談が難しいこと、 2 帰国者・接触者相談センターへの相談であること、 3 現在の症状(いつからどんな症状があり、現在はどのような状態か、医療機関は受信済みかなど)をご記入の上、ファクシミリ(045-285-0216)でお送りください。 現在、多数のお問い合わせをいただいておりますため、電話がつながりにくい状態となっております。 ご迷惑をおかけいたしますことを、お詫び申し上げます。 電話:0570-056774、045-285-0536 音声案内につながります。 (1)微熱や軽い咳などの症状のある方や感染の不安のある方、健康・医療に関すること (9)協力金に関すること (2)『神奈川警戒アラートに関すること』、『大規模イベント開催の事前相談に関すること』 (3)経営相談に関すること (4)『LINEコロナお知らせシステム』及びその他 受付時間 (1) 平日及び休日(9時00分から21時00分) 9 2 3 4 平日(9時00分から17時00分) 【注意】番号のかけ間違いには十分にお気をつけください。 メールやファクシミリでのご相談について 現在、「新型コロナウイルス感染症」に関する大変多くのご意見等をいただいております。 いただいたご意見等については、真摯に受け止め、今後の業務にできる限り反映していきますが、現在、個別にご回答することが困難な状況です。 このため、大変申し訳ございませんが、メールやファクシミリでのご相談につきましては、 体調不良に関するご相談など、緊急性の高いご相談にのみご回答させていただきます。 何卒、ご理解、ご了承いただきますようお願いいたします。 ファクシミリ:045-633-3770 横浜市にお住まいの方へ 新型コロナウイルス感染症についての一般のご相談はにご相談ください。 電話番号 045-550-5530• 受付時間 9時から21時(平日及び休日とも) 厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)• 電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)• 受付時間 9時から21時 電話番号 045-285-0636(受付時間 平日9時から17時) 新型コロナウイルス感染症への感染の不安や療養生活によるストレス等のこころの悩みについて、専門の相談員がご相談をお受けします。 電話番号 0570-024302• 受付時間 9時から17時(月曜から金曜)(祝日・休日・12月29日から1月3日を除く)• (がん・疾病対策課) 神奈川県のLINE公式アカウントと友だちになり、あなたの状態を入力いただくことで、あなたに合わせた、適切な情報をお知らせします。 そのほか、質問に自動で回答したり最新の情報をお届けしますので、ぜひ友だちに追加してください。 LINE相談• (がん・疾病対策課) 生きるのがつらい、苦しいなど、こころの健康に関する悩みの相談ができます。 (人権男女共同参画課) DV・デートDV等に悩む女性からのご相談をお受けしています。 (子ども家庭課) 子育ての不安、親子関係や家族の悩みなど、子どもにかかわる相談をお受けします。 保護者の方はもちろん、子どもの皆さんからの相談もお待ちしています。 (子ども家庭課) 神奈川県にお住まいの、ひとり親家庭の方を対象に、仕事、お金、子育て、教育費などの不安や離婚に伴う悩みなど、さまざまな相談にお答えします。 青少年課 働くこと、将来のこと、家族のこと、友達のこと、どこに相談したらよいかわからない等さまざまな悩みの相談ができます。 神奈川県助産師会の当番助産師が、妊婦の皆様の妊娠や出産の疑問や心配事について、ご相談をお受けします。 電話番号 045-502-3932• 受付時間 10時から16時(月曜から土曜)• 当番助産師の連絡先(電話番号)を音声でご案内します。 メモをお取りになって、あらためて、当番助産師へお電話をおかけください。 新型コロナウイルス感染症の影響により、上下水道料金の支払いが困難になった方を対象に、納入通知書の納期限又は口座振替日(1回目)から最長4か月間支払いの猶予をすることとします。 では、045-662-8110を設置しています。 次の相談窓口でも新型コロナウイルス感染症の影響による労働相談を受け付けています。 相談窓口 かながわ労働センター本所 電話:045-662-6110 かながわ労働センター川崎支所 電話:044-833-3141 かながわ労働センター県央支所 電話:046-296-7311 かながわ労働センター湘南支所 電話:0463-22-2711(代) 受付時間 平日8:30から17:15 (12:00から13:00を除く) 新型コロナウイルス感染症の影響により生活に困窮する方を対象に、くらし、すまい、しごとの相談をワンストップで受け付けています。 電話・FAXによる相談も受け付けています。 時間 時間 平日の9時から17時まで• 場所 神奈川県庁エネルギーセンター棟1階 生活援護課執務室内• 電話 045-285-0647(直通)• FAX 045-210-8859• 県が主体的に開催するイベント開催状況(中止・延期・縮小するもの)• 県立施設の休館や利用キャンセル時の使用料(利用料金)の取扱いについて•

次の

新型コロナ:市民の1%がコロナ抗体 神奈川・横須賀市が抽出検査 :日本経済新聞

神奈川 コロナ

ねこくんととりくんがわかりやすく教えてくれます。 日々の暮らしを一変させ、新たな社会課題を突きつけています。 しかしながら、神奈川県内では、アイデアと行動、そしてSDGsの17番目のゴールであるパートナーシップにより、地域のつながり・活力を維持していこうとする取組みが展開されています。 また、新規感染者は57名、新規死亡者は2名となりました。 これに加え、これまでにチャーター便で感染者15名、空港検疫で感染者232名が確認されており、合計すると17,382名となります。 また、国内死亡者は924名となります。 受付時間:平日(18時00分~21時30分)、土日祝日(14時00分~21時30分) SNSによる情報発信 厚生労働省公式TwitterやFacebookでも最新の情報を発信しています。 また、LINE公式アカウントで、新型コロナウイルス感染症の発生状況や予防方法などの情報を確認することができます。 家計への支援として市民1人あたり10万円の特別定額給付金。 児童1人あたり1万円の給付金を支給。 市立学校の一斉臨時休業の延長か解除かは5月6日までに決定をして発表する。 7月以降に段階的に再開していく予定です。 80代の女性は再陽性。 県警伊勢佐木署の巡査部長も。 1人が死亡。 市内の死亡者累計は24人に。 1人が死亡。 2人が死亡。 横浜甦生病院で6人の陽性を確認。 うち聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院に入院していた60代男性1人が死亡。 新たに医師1人、看護師4人が感染。 横浜市内事例数は327件。 全国的な感染拡大が収束しておらず、医療提供体制も依然として厳しい状況であることから、やむを得ない措置であると思います。 横浜市は、緊急事態宣言の期間延長に伴い、市立学校の一斉臨時休校をはじめ、横浜市が主催するイベント等の中止、延期や市民利用施設等の閉館を、延長していきます。 病院名公開せず。 30代の中区福祉保健センターの女性が20日に実施したPCR検査で陽性が判明。 同居家族以外の濃厚接触者はなし。 これは何より、市民の皆様、事業者の皆様、医療従事者の皆様のご理解とご協力の賜物です。 改めて感謝申し上げます。

次の