レース カーテン カビ 取り。 ショック!カーテンのカビが気になる人必見。取り方&予防方法を徹底解説します。

カーテンのカビは洗濯機で簡単きれい!早めの対処でレースも真っ白に|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

レース カーテン カビ 取り

オキシクリーンにはどんな効果があるの? カーテンを丸ごと洗えるというオキシクリーン。 一体どんな商品なの?と疑問を持つ方もいますよね。 オキシクリーンは、衣類などに使える 酸素系の漂白剤です。 塩素系の漂白剤は全ての色を落としてしまうため色物の洋服には使えませんが、酸素系のオキシクリーンなら大丈夫! しかも洗浄力はかなりのもの。 人気の秘密はこれなんですね。 もともとは衣類用の洗剤でしたが、その万能さから スニーカーの汚れ落とし・ 洗濯槽の丸洗い・ お風呂の床掃除などにも使われているんです! カーテンの汚れにもオキシクリーン? カーテンの裾の方にある、黒ずんだような汚れ。 これにオキシクリーンが効果的なんです。 でもその前に、そもそもカーテンの汚れって何が原因なんでしょうか? 空気中のホコリ 普段生活している部屋には、ホコリが舞っています。 このホコリが日々カーテンや絨毯などに蓄積されてしまうんです。 絨毯や床には掃除機をかけても、カーテンはほったらかしにしていませんか? ホコリは目には見えにくいですが、実はしっかり溜まっていますよ! カビ 窓のすぐ側にあるカーテン。 結露によって窓周辺の湿度は特に高くなっています。 じめっと湿った環境は、かびにとっては天国です。 ポツポツと黒いものが見えたら、それはカビかもしれません。 ニオイ汚れ 焼肉やお好み焼きをした部屋では、ニオイが充満。 カーテンはそんなニオイをしっかり吸収しています。 何種類ものニオイが混ざり合い、時間が経つと、かなりの悪臭になってしまいます。 また、タバコを吸う方は要注意。 ニオイだけでなくヤニなども付いてしまうんです。 オキシクリーンは 漂白・消臭効果を持っている洗剤。 日々の生活で溜まったこれらの汚れをしっかり洗い流してくれます! 実際にカーテンを洗ってみよう それでは早速、カーテンをオキシクリーンで洗っていきましょう! 風通しのいい場所でしっかり乾かしましょう。 湿り気が残っているとカビの原因になるので気をつけてくださいね! カーテンのカビを防ぐには? オキシクリーンで漬けて、カーテンが白くスッキリ! なんだか家全体がキレイになった気分ですよね! この綺麗なカーテンをなるべく長く保つために、日頃からできるお手入れ方法を伝えていきます。 窓のサッシのお手入れ カーテンの裾が近い窓のサッシ。 ここに泥汚れやカビが溜まっているとカーテンも汚れやすくなってしまいます。 細かく掃除しにくいですが、便利なアイテムもあるので、こまめに掃除をしてあげましょう! 窓のサッシの形に合わせたブラシ。 ささっと手軽に汚れを掃除できちゃいます! 窓の結露をとる 窓にびっしり付いている結露。 ここにカーテンが張り付くと、カーテンが濡れてしまいます。 湿ったカーテンは、カビにとっては天国。 結露をとって、窓の周りの湿度をなるべく下げておきましょう! 窓の水切りには、スクイージーが便利ですよ! 水切りに特化したワイパー「スクイージー」。 簡単にクリアな窓にできちゃいます! カーテンの丸洗い、効果は絶大ですが頻繁にやるわけには行かないですよね。 日頃から少し気をつけて、カーテンを綺麗に保ちましょう! まとめ いかがでしたか? カーテンって取り外しも大変だし、なかなか洗わないですよね。 でもカビや、見えない汚れも溜まっています。 オキシクリーンで漬ければ、カビ汚れやにおいまで一気にキレイにしてくれます! 季節の変わり目や、なんか臭うな、と思った時に洗ってしまいましょう。 頑固なカビはなかなか取れませんが、軽いうちなら大丈夫、今がチャンスです!.

次の

カーテン選びの案内人

レース カーテン カビ 取り

【カーテンの洗濯方法】• 最初にカーテンが洗濯できる素材かどうかを確認しましょう。 「洗濯機可」のマークがあれば、ご家庭で洗濯することができます。 「水洗いNG」マークの場合は、クリーニング業者に相談してみてください。 洗濯できることが確認できたら、カーテンからフックを外していきます。 カーテンフックをつけたまま洗濯すると、生地がひっかかり、破れたり傷んだりすることがあるので、必ずフックを外すようにしてください。 次にプリーツに沿って、カーテンを丁寧に畳んでいきます。 キレイに折りたたむことで洗剤が隅々まで行き渡るようになり、汚れの落ちが良くなります。 畳み終わったら、洗濯ネットに入れて準備完了です。 洗濯機に酸素系漂白剤を入れて、30度以下のお湯で洗濯します。 コースは「手洗い」や「ドライ」など、水流が弱めのコースを選んでください。 脱水に時間をかけるとカーテンの繊維が傷んでしまうので、レースカーテンなら30秒、布カーテンの場合は1分程度にしましょう。 脱水が終わったらカーテンレールに戻し、軽くたたいてしわを伸ばします。 扇風機を当てたり、エアコンの除湿機能を使ってしっかりと乾燥させて洗濯完了です。 酸素系漂白剤は繊維を傷めにくく、色落ちもしにくいのですが、それだけに必ずカビが落とせるわけではありません。 1回の洗濯で落ちない頑固なカビは、2回ほど洗濯してみましょう。 それでも落ちないカビの取り方 【カーテンに生えたカビの落とし方】• 歯ブラシでカビ部分をポンポンと軽く叩くようにはらい、表面のカビを落としていきます。 カーテンの反対側に布をあてて、中性洗剤を付けた別の歯ブラシを使って、同じように叩き洗いします。 カビが布に移ったら、水で濡らした別のタオルを使って、カビ部分を叩くように拭いていきます。 布にはカビ菌が付着しているので、繰り返して使わないようにしましょう。 拭き終わったら、最後にしっかりと乾燥させて完了です。 【カビ取り侍/amazon】• 業務用のカビ取りスプレー。 カーテンだけでなく、お風呂や壁紙、布団などのカビにも使えます。 【それでもカビが落ちない時は・・・】 そもそも洗濯ができないカーテンだったり、繊維の奥まで入り込んでしまった頑固なカビは、クリーニング店に依頼するほうが賢明です。 専門のクリーニング業者なら、ご家庭で洗濯するよりもキレイな仕上がりが期待できますよ。 カーテンに生えるカビを予防する、2つのポイント カーテンのカビは、窓にできた結露の水分と、カーテン自体のホコリや汚れがカビの栄養源となって発生することがほとんどです。 暖房器具の使用などで、室内と室外の温度差が大きくなる冬場は特に結露しやすくなるので注意して。 その原因をつくらないための予防法をご紹介しましょう。 窓の結露対策.

次の

カーテンカビの落とし方。カビ取りは重曹で洗濯する方法が簡単

レース カーテン カビ 取り

もくじ• オキシクリーンよりおすすめ!レースカーテンのカビの取りをワイドハイターでするには? まずは、レースのカーテンのカビ取り方法を紹介していきます。 我が家では愛用しているカビ取り剤があるのですが、それが ワイドハイター! 私が子どものころから実家でも愛用しているため、馴染みの深い漂白剤です。 同じ 酸素系漂白剤といえばオキシクリーンも有名ですが、私は断然ワイドハイター派です。 理由は、オキシクリーンは近くのお店で簡単に手に入らないし、量が多すぎるというのがあります。 私の住んでいる地域のホームセンターでは、オキシクリーンが販売されていないのです。 そのため、オキシクリーンを手に入れるためには、ネット通販を活用するしかありません。 まず熱湯にワイドハイターを入れ、しっかり馴染ませましょう。 このとき、ワイドハイターに表示されている規定の量を守るようにしてください。 次に、カーテンを漂白液の中にしっかり入れましょう。 このままお湯が冷めるまで待ちます。 お湯が冷めたら、ゴム手袋をはめ、カーテンをしっかり揉み洗いしましょう。 揉み洗いをしてカビが落ちたのを確認したら、そのまま洗濯機に入れ、普段通りに洗濯を行いましょう。 これで、すっきりキレイなレースカーテンの復活です! 洗濯が終わっても、カビが残ってしまうようなら、もう一度上記の方法を繰り返してみてくださいね。 酸素系漂白剤はしぶといカビは落ちにくいことがあるため、何度か繰り返すことにより、キレイに落とすことができるようになります。 カビ取りが面倒にならないためにも、少しカビが付いたら早めにカビ取りを行うようにすることをおススメします。 スポンサーリンク レースカーテンのカビ防止方法 レースカーテンにカビが付いていると、残念な気持ちになってしまいますよね。 レースの質感はもちろん、デザインも気に入っていることが多いので、カビが付いているのを見るとガッカリしてしまいます。 そこで、カビを防止する方法を紹介していきましょう! カビを防止しておけば、カビ取りをする面倒も省くことができるようになりますよ。 レースカーテンにカビがつく原因 まずは、カビが付いてしまう原因から探っていきましょう。 原因がわかれば、防ぐ方法も見えてきますよ。 まず、 窓やサッシの結露が原因でカーテンにカビが付いてしまいます。 冬の冷え込みが強い季節は、窓に多くの水滴が付き流れていることがありませんか? これが結露です。 この水滴がカーテンに付き、そのままカビが発生してしまうのです。 カーテンを濡れたまま放置し、そのまま縛ったりすると更にカビが発生してしまう原因となります。 レースカーテンのカビを防ぐには? しっかりカーテンを乾かしてあげたり、寒くても窓を開け喚起することが大切です。 さらにカビを発生させないためには、 結露したままの窓を放置せずに拭いてあげることも必要ですね。 冬場以外にもカーテンが濡れてしまうことはあります。 雨が降って湿度が高くなっているときや カーテンのそばで洗濯物を干した時、 加湿器を利用しているときです。 カーテンが濡れてしまう原因を作ることがカビの発生を誘発してしまうことになります。 カーテンにカビが付かないようにするためには、こまめにカーテンや窓を拭き、水分が残らないようにすることが不可欠のようです。 カーテンを拭くときはゴシゴシ拭くのではなく、乾いたタオルで優しくポンポンと叩いてあげると、カーテンの生地を傷める心配がないですよ。 また、 朝と夕方1回ずつの換気も効果ありです。 外の新鮮な空気や風をカーテンに当ててあげましょう。

次の